あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

ALC 外壁塗装についてお聞きします。
工務店の仕様を伺ったところ、

(1) シーラーを塗る。
(2) 弾性吹き付けタイルでパターンを付ける。
(3) 仕上げ材を塗る。

となっていました。しかし、ホ-ムページを調べていると、
ALCは表面に目が沢山あるので、フィラーで目を潰した方が良いとの話も聞きました。
実際に、ALC への雨水の進入を抑えるためには、これで充分なのでしょうか?
弾性吹き付けタイルを使えば、フィラーを使わないでも、目は潰せるのでしょうか?

もし、フィラーを使った方が安全ならば、
フィラーは有機物の表面を調整して、上に有機物の塗料を塗るためのものとも聞きました。
フィラーを塗るときには、ALCの無機質の表面にシーラーで塗って、
その後、フィラーを塗るべきでしょうか?

そうなると、工程が多くなってしまうので、
フィラーを塗るならば、シーラーを省いても構わないものなのでしょうか?

工務店との打ち合わせは、営業の人を介して、伝言的に塗装屋さんと話すことになります。
なので、出来るだけ詳しい情報を知ってから、打ち合わせをしないと堂々巡りになります。
皆さま、お力をお貸し下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一言にフィラーといっても今いろんな種類があります


1 セメント系フィラー(無機)
2 樹脂フィラー(有機)
3 微弾性フィラー(有機)
主に上記の製品がありますが上に弾性タイルを塗装する場合、メーカー仕様では
1の上なら弾性シーラー+弾性タイル
2の上なら弾性シーラー+弾性タイル
3の上なら直接弾性タイルの仕様になります。

実際ALCにシーラー+弾性タイルで仕上られている場合もあるようですが
正規の仕様とは言いにくいです。
弾性タイルのメリットのひび割れ効力は一番に、下地の弾性ベースの下吹きにかかっているので
それが一番肝心なのでそちらを気にされる方が良いでしょう。
もちろんこれでもしっかり吹けばALCの目はつぶれます。

ただ正直モルタルと違って、ALCの場合は目地部分での動きが大半なので
壁の面材が割れることは少ない為、新築でのその仕様自体が少し?の気もします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
いろいろなホームページを見ていると、
微弾性フィラーをALCの場合の塗装の下地に使っている場合が多いのですが、
理由が分かったような気がします。
とても分かり易い説明ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/01 06:52

No.1です。



>シーラーは、通常、モルタル面や、無塗装のサイディングなどの無機質の面と、
塗膜の有機質との間を接着させるものだと伺いました。
一方、フィラーは塗り替えなどの有機質の面に、塗膜がのりやすいように使われると…。

間違ってはいませんが、それでひとくくりの解釈をすることはできません。
ひと言にシーラー、フィラーと言っても多種多様の商品があります。
今回の場合は、ALC面に弾性吹き付けタイルという仕様なのでそれに応
じたフィラー、シーラーを選択する必要があるのです。

>なので、心配していたのは、ALC の無機質の面にフィラーが上手くのるかと言うことでした。

そんな心配はございません。塗らないほうが余程心配です。

>なぜ、弾性吹き付けタイルの場合は、フィラーの上に、
シーラーを塗る必要があるのかご教授頂ければ幸いです。
ありがとうございました。

どんな吹き付け材を施工するとしても、付着性を高め、吸い込み止めとして、また、セメント系フィラーを使用した場合にはアルカリ止めとしてシーラーは必要不可欠です。
中には、シーラーレスの商品もありますが、いかがなものでしょう?
私としては、後々問題が発生する可能性を考えた場合、あまりおすすめ
できる商品ではないと思っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のお返事ありがとうございます。
セメント系フィラーは目潰しは出来ても単なる無機質面に仕上がるので、
上にシーラーでアルカリ止めが必要と言うことですね。
丁寧な説明ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/01 06:50

塗装業やってます


弾性タイルなのね
ならフィーラーやればいいかな
弾性タイルは乾くとゴムっぽくなるので
まず剥がれません、なので
シーラーは無用です
フィラーも弾性フィラー使うと良いですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。
理論的にはシーラーとは何か、フィラーとは何かを調べることは出来るのですが、
実際の使用方法に関する専門家の方のご意見は嬉しいです。
フィラーは、カタログでは有機質の面に塗るとありますが、
無機質の面にものるのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/30 08:18

仰るとおり、ALCの下地処理としてフィラーを塗るのは当たり前の事


です。一度、採用される商品のカタログ、見本帳の裏面の注意事項を
お読みください。どこのメーカーのものにも必ず明記されています。
手元になければ工務店に依頼すれば持ってきてくれます。
フィラーにもセメント系、樹脂系のフィラーがあり、どちらでもよい
と思います。
なぜフィラー処理をしなければならないか?
ALCは発泡軽量コンクリートと呼ばれ、断熱・遮音効果にすぐれる外壁
材ですが、無数の穴が点在し、気泡中に空気や水分がが含まれているの
でそれらが外気温度の上昇やその他外的要因により後々、外壁吹付け材
の膨れ現象などの事故が起こりやすくなります。
弾性タイルとなるとなおさらです。このような問題が起こらないように
するために、ALCの表面の穴をフィラーを用いて目をふさぎ、平滑な面
を作り、直接外壁吹付け材に悪影響を与えないようにするのです。

>フィラーを塗るときには、ALCの無機質の表面にシーラーで塗って、
その後、フィラーを塗るべきでしょうか?

その方がより丁寧です。

>そうなると、工程が多くなってしまうので、
フィラーを塗るならば、シーラーを省いても構わないものなのでしょうか?

普段ではよほど指示しないかぎりALC面に直接フィラーを塗ります。
そのことはなんら問題はありません。しかし、フィラーの上には必ず
弾性吹き付けタイル専用のシーラーは必要です。

それから、カタログ、見本帳の裏面を読んだついでに、工程表もチェッ
クしてください。1平米あたりの塗料の塗り付け量が載っています。
この前も申し上げたように、弾性吹き付けタイルは何と言っても中塗り
材の厚みが命です。その辺はご自身でチェックするしかないと思います
が、外壁面積 × 1平米あたりの塗料の塗り付け量 ÷ 一缶の重量
(ほとんど20kgです)で全部の使用缶数がわかります。(中塗り材だけ
ではなく、下塗り(シーラー)、上塗り(トップコート)もふくめて)
電卓をたたけばすぐ答えが出ます。その缶数と現場で施工された缶数に
誤差がなければ優良な施工がなされたと、それ以下であれば、それ以下
(手抜き)であると言う事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。
大変良くわかりました。

> しかし、フィラーの上には必ず
> 弾性吹き付けタイル専用のシーラーは必要です。

この部分が少し不明瞭なのですが、
シーラーは、通常、モルタル面や、無塗装のサイディングなどの無機質の面と、
塗膜の有機質との間を接着させるものだと伺いました。
一方、フィラーは塗り替えなどの有機質の面に、塗膜がのりやすいように使われると…。
なので、心配していたのは、ALC の無機質の面にフィラーが上手くのるかと言うことでした。
なぜ、弾性吹き付けタイルの場合は、フィラーの上に、
シーラーを塗る必要があるのかご教授頂ければ幸いです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/30 08:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「延焼のおそれのある部分」にかかる部分の構造について

敷地面積が約750m2の土地に鉄骨造平家建の事務所を新築する予定です。この敷地は防火地域または準防火地域ではなく、法22条区域となっています。
が、敷地を有効に利用するため、建物が延焼のおそれのある部分にかかっています。

そこで、この延焼ラインにかかる部分の外壁もしくは開口部はどのような構造にしなければならないのでしょうか?
自分なりに調べたところ、
屋根…不燃材料
外壁…(延焼ライン内に限り)準防火性能を有する土塗壁等の構造
にしなければならないと解釈したのですが、これを材料にたとえるとどのような構造にすればよいのでしょうか?

現状は
屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
外壁…防火サイディング
    内装…壁:PB12.5mm+クロス仕上
        天井:ジプトン9.5mm仕上
外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
で考えていますが、このような構造でも大丈夫なのでしょうか?

ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉄骨造は、重量鉄骨ですか?軽量鉄骨ですか?
一般に、鉄骨というと、重量鉄骨を意味する場合が多いのですが、平屋の事務所だと、重量鉄骨にする意味が無いので、軽量かな?と考えました。

とりあえず、軽量鉄骨として、一般的な防火構造のことを回答します。
(重量鉄骨であれば、準耐火建築物になるので、少し視点が違います。大枠は同じですが‥‥)

>屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
不燃材料の認定が必要!
屋根材として販売されていれば大丈夫だと思います。
ガルバリウムの折板なんてあるんですね。勉強不足でした。

>外壁…防火サイディング
    内装… 壁:PB12.5mm+クロス仕上
       天井:ジプトン9.5mm仕上
防火サイディングは、防火構造認定品だと思いますので、OK!一応確認しておいてください。
*確か断熱材の充填の要求があったと思います。

>外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
これはNGです。
防火戸認定品のアルミサッシで、網入りガラスを使用しなければなりません。
(網無しでも認定品が出ていますが、かなり高価です。)

金属板の屋根は、断熱性能に不安があります。
快適な事務所にするのであれば、屋根面の断熱をかなり強化したほうが、光熱費の助けになり、快適な空間が得られると思います。

鉄骨造は、重量鉄骨ですか?軽量鉄骨ですか?
一般に、鉄骨というと、重量鉄骨を意味する場合が多いのですが、平屋の事務所だと、重量鉄骨にする意味が無いので、軽量かな?と考えました。

とりあえず、軽量鉄骨として、一般的な防火構造のことを回答します。
(重量鉄骨であれば、準耐火建築物になるので、少し視点が違います。大枠は同じですが‥‥)

>屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
不燃材料の認定が必要!
屋根材として販売されていれば大丈夫だと思います。
ガルバリウムの折板なんてあるんです...続きを読む

Qベニヤに塗装する場合の注意点を教えて下さい。

思い切って子供部屋の壁を塗ろうと思います。壁の材質はベニヤなんですが、塗装する場合の注意点を教えて下さい。塗料は水性のつや消しを塗ろうと思うのですが、どうでしょうか?塗る前にはサンドペーパーなどで壁の表面を削った方がいいのでしょうか?
気がついたことが有りましたら教えてください。

Aベストアンサー

ベニヤといってもたぶん化粧合板ですよね。化粧合板とは表面に木目などがプリントされた表面がツルツルした感じの物です。

もしこれでしたら、大きな傷のあるような所だけパテ(ホームセンターなどで売っている木工用の物)で埋めて、パテが乾いてから回りの表面と平らになるようにサンドペーパーで削ります。その後ローラー刷毛などで2~3回に分けて塗ればきれいに仕上がるでしょう。

もし表面がざらついた感じの物であれば、先に表面を仕上げて置かないときれいに塗れませんので、砥粉(非常に細かい砥石の粉で、ホームセンターなどで手に入ります)を塗って目止め(必要以上に塗料が染み込んでしまうのを防ぐ処理)をしてから塗る必要があります。

まず、表面が荒れているようであればサンドペーパーで滑らかにしてそのあとに目止めをします。目止めをするにはバケツなどに砥粉をいれ水で溶いた物を雑巾などで表面に染み込ませるように塗り付けて、十分乾燥したところで乾いた雑巾など拭きあげるようにして磨きます。そのあとで塗装をすると無駄な塗料の染み込みが無く、きれいに仕上がります。

塗料を塗る際は、一度で色を決めようとせず、数回に分けて行うことが肝心です。水性塗料は薄めずにそのままでぬれる物も多いのですが、やや薄め程度に(一度塗りでは下地が透けて見える程度)水で調整し、ローラー刷毛にたっぷりと含ませ上から下に一気に塗ります。このとき多少ムラになっても気にする必要はありません。一度塗り終わったら、1~2時間程度乾燥させ再度塗り重ねます。最初にふちの部分など塗りにくい部分を塗ってから残りを塗る方が良いでしょう。

当然のことですが、塗料がついてはいけない部分はマスキングテープ(塗装用の紙テープ)や新聞紙でカバーしておくことを忘れずに、ローラー刷毛でもかなり飛沫が飛びますので床面や家具などは十分カバーしておかないと、ポツポツと塗料の水玉模様になってしまいます。

ベニヤといってもたぶん化粧合板ですよね。化粧合板とは表面に木目などがプリントされた表面がツルツルした感じの物です。

もしこれでしたら、大きな傷のあるような所だけパテ(ホームセンターなどで売っている木工用の物)で埋めて、パテが乾いてから回りの表面と平らになるようにサンドペーパーで削ります。その後ローラー刷毛などで2~3回に分けて塗ればきれいに仕上がるでしょう。

もし表面がざらついた感じの物であれば、先に表面を仕上げて置かないときれいに塗れませんので、砥粉(非常に細かい砥...続きを読む

Q建具の枠見込について教えて下さい。

建具を選択する際ですが、内部建具、サッシともに枠見込によって枠を選択します。例えば、内部建具の場合、固定枠90、155、169などとありますが、訳も分からず壁厚を上回る寸法で枠見込を選択しています。どなたか意味が分かれば教えて下さい。すみません、建築の知識が乏しいので、噛み砕いて説明して頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

1の方がお答のように壁の仕上げ面から枠の端(ちり寸法)をどの位とるかで内部建具の見込みを決定します。例えばLGSで45角のSTUDを使って12.5mmの石膏ボード両面仕上げの場合壁の厚さは45+12.5x2=70mmとなります。これに90mmの枠を取り付けると(90-70)/2=10mmがちり寸法となります。ちりは10~15mmくらいが普通ですからこれでOKです。このように、柱(あるいは間柱)+両側の壁の仕上げ厚に10x2~15x2を合計したものが枠の見込み寸法となります。

Q建築内装の「FFE」とは何の略語ですか?

専門家がよく建築内装の事を「FFE」と言っていますが、何の略語ですか?
仕事でちょくちょく「FFE」がでてきて困っています。

Aベストアンサー

F・・・家具furniture
F・・・什器(じゅうき)同じくfurnitureあるいはfixtureの類
E・・・備品equipment

それぞれのabbreviation(省略)だと思います。
とにかくその類のものでしょう。
内装関係だから間違いないと思います。

Q職長や有機溶剤の講習は意味あるのでしょうか?

職長、安責教育とか有機溶剤の講習修了者は
なんの効力があるのでしょう?
職長持って無くても職長になれるし
有機溶剤持って無くてもペンキ塗れるし。。
意味あるのでしょうか?

Aベストアンサー

素人です。一般論として読んでください。

質問者様は、法的な規制や制約がある点に、疑問をもたれていると解釈しました。

宮大工と叩き大工とでは、やはり「差」がでる場面があります。その差が生命財産にかかわるところで出る可能性があるため、少なくともその意味において宮大工には価値があります。

同様に、質問者様が疑問に感じている事柄についても、座学(=一定の知識水準の保証)の価値はあります。ただし、コストパフォーマンスの観点からは、別の見解があるかもしれません。

もう少し刺激的な見解としては、許認可制の導入による天下り団体の創出・維持が、割合の多少は別にして、目的にあります。

Q延焼の恐れのある部分

はじめまして。私は建築を勉強しているのですが、
『延焼の恐れのある部分』についての質問があります。延焼部分って
用途地域や防火地域、22条区域などの指定が無くても発生するものなのでしょうか?
また鉄骨の建物を増築して延焼にかかる場合、建具を防火設備にするだけでよいのでしょうか?

Aベストアンサー

防火地域や用途地域とは切り離して考えて下さい。
ようは自分の建物が燃えた時や隣の家が燃えた時に延焼を防ぐ為の法令です。隣地境界線から1階は3メートル、2階以上は5メートルまでが延焼のおそれのある部分で防火構造の壁(建築基準法に規定されてます。)で作らなくてはなりません。
同様に自分の敷地内でも2棟ある様な場合には建物と建物の中心から1階は両側に3メートルづつ、2階以上は両側に5メートルづつが延焼の恐れのある部分となり防火構造の壁で作らなければなりません。

鉄骨の建物の場合は外壁・軒裏を防火構造、建具は防火設備、屋根及びその下地は不燃性能を持たせた物で作らなければなりません。
例外もあり、国土交通大臣が認めたものについてはそのまま使用できます。しかし、大臣が認めたもの(すなわち大臣認定)はとても大変な作業になりますので、通常は前者の条件を満たす事で合法としています。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q鉄の塗装において、一般に防サビの効果が高いのはウレタンとシリコンのどち

鉄の塗装において、一般に防サビの効果が高いのはウレタンとシリコンのどちらでしょうか?

Aベストアンサー

鉄部には、必ず錆止めを塗るのが常識です、当然、塗る前に錆はキッチリ落とし下地処理をします。

一概に錆止めと言っても結構な種類がありますが、屋外の様な雨ざらしでは無く、屋内なら錆止めの品種にそれほどこだわる必要はありません、屋外なら拘っていい物を塗りましょう。

現在はウレタン系もシリコン系も昔は金額の差が大きかったんですが、現在では同価格に近いです、よって耐久性もシリコン系の方が上ですので、迷わずシリコン系塗料を選びましょう。

塗装は錆止めと塗料はセットで考える事が常識であり、錆止めと言う下塗りが一番重要なのですよ、錆止めが悪ければ、錆で塗膜が浮いてきたり、錆止めごと剥がれたりします。
ウレタンとシリコンは上塗り塗装と言うのですが、どんなに高価な上塗り塗装でも下塗りの錆止めが剥がれては意味がありませんよね。
錆止めの状態や屋外や屋内の様に環境にも左右されるので目安でしかありませんが、ウレタン系で8年~10年・シリコン系で12年~15年の一般的に耐久力があるとされてます。

用途にもよると思いますが、フッ素系はあまり使いませんね。高額ですが高品質なのは確かです。

下塗りにはエポキシ系で良いかと思います。

硬化方法による耐久性の違い
一般的な1液自然乾燥硬化塗料 < 硬化剤を混入し化学反応にて硬化する 2液硬化形塗料 < 空気中の湿気に反応する1液反応硬化形塗料

ウレタン樹脂塗料でも2液硬化形で強溶剤タイプなら水性シリコン樹脂より強く溶剤別で 一番 耐久性低い水性塗料でもシリコン樹脂で 反応硬化形ですと12年から15年の耐久性が有りますので2液強溶剤形ウレタン樹脂より強いのです、現在一番人気のあるシリコン樹脂塗料でも水性・弱溶剤・強溶剤・自然乾燥・応硬化乾燥・2液硬化・など沢山のタイプが有り 耐久性や価格も違うのですシリコンでも ウレタンより 劣る場合も 又その逆も 有ります。

ここからは参考に
ステップ1 ケレン
 剥がれかかっている旧塗膜や錆を落とす作業のこと、または、既存塗膜が活膜(新しい塗膜)の場合は密着を強くするための目荒らしをケレンといい、鉄部塗装全般において最も重要な工程といえます。

ステップ2 錆止め
 鉄部における下塗りの工程です。
  錆止め塗料には
・一般錆止め塗料(ホームセンターなどで入手可能)
・鉛丹錆止め塗料(鉛中毒の危険性あり)
・シアナミド鉛錆止め塗料(建築現場で多く使用)
・エポキシ樹脂錆止め塗料(一液、二液)

エポシキ系をお勧めします。

ステップ3 中塗り
 錆止め塗料は、下地に対する密着力や錆の抑制効果は優れているものの、紫外線に対し非常に弱いため、それに対する保護のため上塗り塗料を塗ります。上塗り塗料は通常2回塗ることによってその効果を発揮することができるので、上塗り1回目の工程を中塗りともいいます。

ステップ4 上塗り
 中塗りと同様の塗料を塗って仕上がりとなります。言い替えますと、上塗り材を2回塗ることによって、初めて適正な塗膜厚が確保され、その塗料の耐久性を十分に発揮されることとなります。

っと基本的な常識的なプロの工程作業です。

鉄部には、必ず錆止めを塗るのが常識です、当然、塗る前に錆はキッチリ落とし下地処理をします。

一概に錆止めと言っても結構な種類がありますが、屋外の様な雨ざらしでは無く、屋内なら錆止めの品種にそれほどこだわる必要はありません、屋外なら拘っていい物を塗りましょう。

現在はウレタン系もシリコン系も昔は金額の差が大きかったんですが、現在では同価格に近いです、よって耐久性もシリコン系の方が上ですので、迷わずシリコン系塗料を選びましょう。

塗装は錆止めと塗料はセットで考える事が常識であ...続きを読む

Qペンキの上からシーラーを塗ってしまいました

塗装したいのは窓の木枠(室内)で、元は茶色いペンキで塗装されています。
つるっとした感じで特に劣化(剥がれてくるなど)はしていません。
そこへ、ヤニアク止めようにシーラーを塗り、白いつやありの水性ペンキを塗りました。
一度塗りし2日乾かしたのですがつめで軽くこするだけで剥がれてしまいます。

まだ白いペンキを塗っていない窓枠も、すべてシーラーは塗ってしまっています。

油性ペンキなら問題なく塗装できるのでしょうか?
それとも一度、シーラーと元の茶色いペンキを剥がさなければならないのでしょうか?

また、すでに白いペンキを一度塗りし失敗してしまった部分も、
上から油性ペンキを塗れば解決しますでしょうか?

とても困っています。
どなたかご教示ください。

Aベストアンサー

オイルステイン=木にしみこませる塗装工法 木目を活かした染色塗装工法 色は様々
オイルペイント=不透明な油性塗料=油性ペンキ 木目を潰し 色は様々
エマルジョンペイント=不透明な水性塗料=水性ペンキ 主に壁、天井塗料として使います。色は様々

>足付け後は油性のペンキか、勧めて頂いたオイルペイントを塗ろうかと考えています。
なので、上記からすると 油性のペンキ と オイルペイント は同じです。

近年、アレルギーなどの原因から、体に害のないとされる水性塗料、自然塗料などに拘る建築もあります。
が、一般的にはまだまだ場所場所に適した溶剤塗料が使われていることも多く、木部を油性で塗ることもその一つです。 
溶剤系の塗料は臭いが出るので敬遠される方も多いですが、耐久的には水性より優れています。


下塗り材としてシーラーを使うのは壁や天井などの塗装なら◎です。
が、木部の下塗りとして・・あえて言うなら‘水性の艶消し’なら適しています。

「とことんやりたい!」なら・・ (白で仕上げる場合)
既存茶色の塗料まで戻す → ペーパーかけ → 水性艶消し白(下塗り) → ペーパーかけ → 油性オイルペイント(中塗り白) → 油性オイルペイント(中塗りと同じ塗料で上塗り白)
この場合の油性オイルペイントの‘艶’は自由ですが、あまり艶アリアリだと‘粗’が目立つので、3分~5分艶くらいがお勧めです。

これでバッチリ仕上がると思います。あとは施工者の‘腕’次第・・・頑張って下さい!

オイルステイン=木にしみこませる塗装工法 木目を活かした染色塗装工法 色は様々
オイルペイント=不透明な油性塗料=油性ペンキ 木目を潰し 色は様々
エマルジョンペイント=不透明な水性塗料=水性ペンキ 主に壁、天井塗料として使います。色は様々

>足付け後は油性のペンキか、勧めて頂いたオイルペイントを塗ろうかと考えています。
なので、上記からすると 油性のペンキ と オイルペイント は同じです。

近年、アレルギーなどの原因から、体に害のないとされる水性塗料、自然塗料などに拘る建築...続きを読む

Q耐候性塗装塗り(DP)の種別について

平成22年度版「公共建築改修工事標準仕様書(建築工事編)」の塗装工事の耐候性塗装塗り(DP)において,鉄鋼面での塗装はA種B種C種と3種別ありますが,この種別の使い分けはどのようになっているのでしょうか。
新規に塗装を行う場合はA種となっているそうですが…。

また,そもそも屋外の塗装は対候性塗装塗りでよろしいのですよね。

分かる方いらっしゃいましたら,教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足について

現況の状況によって違います。
公共工事の場合、入札で落札したら、役所と打ち合わせをして、現場状態を確認の後、検討してから決定する事となります。
塗装していない新規の鋼板の場合は、A種、塗装工程の一番多い工程にするのが普通です。
塗装改修等の場合は、現場の状態次第でB種、C種を決定する事となります。

以上


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング