出産前後の痔にはご注意!

現在、写真撮影を生業にしています。
今はまだ若いのですが、40、50歳になってから仕事って有るのでしょうか?若い人の方が、安いし、動けるし、元気だし。50才で雑誌の仕事って貰えるか不安です。広告や物撮り専門になった方がいいのかと悩んだりもします。実際40~50代でカメラマンをやっている方、そんな方と仕事をされている方、もうしてない方、実際仕事が減ったor無くなった方、色々なご意見聞かせてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

 職業カメラマンの人数は間違いなく減っていきます。

現時点ですでに
その兆候が各所で表われています。

 #1さんのご指摘は好例です。記者会見の現場では数年前から専門職の
カメラマンが減り、記者が自分のデジカメで撮影するようになってきて
います。新聞社はまだカメラマンを送り込んでいますが、雑誌媒体や
ウェブ媒体ではほぼ皆無になってきました。

 次に顕著なのが、スポーツカメラマンです。とくにプロスポーツでは
主催団体が、撮影自体を制限するようになって来ています。その理由は
ネットの普及です。デジカメの画像をネットで簡単に配信できるように
なったので、主催団体がオフィシャルカメラマンを用意し、彼らが撮影
した画像をマスコミに使わせるという方向になってきています。

 近年は海外スポーツの写真は Getty Images やロイターなど、一部の
業者による寡占状態となっています。ヨーロッパにも大きな業者があり、
サッカー画像は数社の業者から購入するのが常態化しています。よって、
日本のメディアが自前のカメラマンを送り込むことは少なくなり、仮に
送り込みたくても撮影パスが発給されなくなってきています。

 あとはグラビアなどの商業写真ですが、こちらもネットの普及にあい
まって、需要が減ってきています。写真集よりも DVD という傾向に
あるため、スチールの仕事自体が急減しています。グラビア系のカメラ
マンはどんどん仕事が減り、名のあるベテランでさえも物撮りなどの
バイトをこなしています。

 若手にいたっては悲惨で、自分のクレジットさえ出れば無給でもどん
どん仕事を引き受けています。そうしないと仕事がないからです。広告
分野でもデジタル化が進んだ結果、フォトショップで精密な加工ができ
ないカメラマンには仕事がなくなってきています。

 そのなかで「 化粧品ならAさん 」、「 フードならBさん 」みたいに
ごく一部の大御所だけがコンスタントに仕事をこなしているのが現状です。
そこに歳をとってから食い込んでいくのは至難の業でしょう。

 最後に指摘したいのは、歳を取ったカメラマンは、若い記者や編集者と
うまくコミュニケーションが取れないという事実です。発注側がどんどん
若くなっているため、彼ら自身、同じくらいの年齢のカメラマンと仕事を
したがります。そのほうが精神的にラクだからです。

 以前なら、ベテランカメラマンと仕事をして、会話を通じて業界事情を
教えてもらったり、人脈を広げるという努力があちこちで見られました。
ところが最近は、職場環境が促成栽培になっており、ジックリと人を育て
るより即戦力を使う風潮になっています。若い者はダメという意味でなく、
若い人ほどジックリ研鑽する機会が失われているのです。

 そのため「 昔はこうだった 」みたいな話を有り難がる人が減りましたし、
技術自体が大幅に変わったため、昔話が持つ価値自体が少なくなっています。
オジサンのカメラマンが、「 昔は試合が終わったらトイレに駆け込んで
その場でフィルムを現像したんだよ 」なんて話をしても、まんが日本昔話
なみにリアリティーがないんですね。残念ながらこれがいまの現実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほーかなり具体的な、情報ですね。
そうですね、デジカメ買えば仕事が増えるなんて思わない方がいいですね。加工したく無いなら、カメラマンで飯は喰えませんね。

知人に、オペレーターとコンビ組んでる人がいますが、ガンガンメディアに取り上げられてますもの。

今や、カメラマンとゆう言い方は無いに等しいですね。
写真家か、映像作家か何かですね。しかし、そこまで会わせ技を持つ人間って器用な方ですよね。それでギャラ同じは厳しい業界になった物です。

質問に対する明確なお答え、ありがとうございます。
何かが見えた気がします、これからのカメラマンが自分に合っているかを考える上で、貴重な情報でした。

お礼日時:2008/03/10 01:59

以前は編集関係の会社にいて、今は通販業をやっています。



>一つ聞きたいのですが、なぜデジタルの方がいいのですか?
>フィルムの人間を選択しない理由をお聞かせ戴けたら、幸いです。

お金プラス時間の節約ですね。
カタログ通販だけの時代と違い、今は同時にネットショップを運営している場合がほとんどでしょう。製品カタログも同様で、紙ベースのカタログを作るのと同時にサイトの製品紹介ページを作ります。このように、サイトとの連携が必要なので、最初からデータがデジタルであった方が使い回しも簡単です。
以前ならポジを印刷屋に有料でスキャンしてもらってデータをもらって、とやっていたので金も時間もかかりましたが、今はどちらもかかりません。

>基本カメラのレベルはブローニーバックなのでしょうか?
>デジタルの画像に違和感を感じることあ有りますか?

うちがメーカーなどからもらう画像はサイズからするとほとんどがデジタル一眼レフのようです。社内でもデジタル一眼レフですね。大判のポスターでもない限りそれで十分ですし、デジタルだからという違和感はありません。場合によっては、一眼レフと同時に抑えのつもりで撮っていたコンパクトデジカメの上位機種のデータを採用することもあります。
社内だといっぱい撮って、これ使ってこう修正しよう、という感じです。カメラマンが選んだ「この1枚」という感じはなくなりましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

使用用途ですよね、デジタルにしないと未来は明るく無いかもしれませんね。大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/03/12 11:02

No.10です。


『ブローニーバック』という言葉、知りませんでした。
早速ネットで検索してみましたが、ナルホド。
いつも簡単にお願いしておりましたが、デジタルカメラも奥が深いのですね。
ですので、あまり専門的な事までは分からないです。
でもその方は、商品写真などがメインのお仕事みたいですので、
そうなのかも知れないです。

いつも『こんな感じに使用したい』と説明して、あとはお任せしています。
人物のアップとかビジュアルメインの物ではないのがほとんどですので、
そこまでこだわっていないレベルなのです…。

ちなみに、デジタル画像はどうしてもねむたい感じになるように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、ネムイですか~
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/12 10:58

グラフィックデザイナーです。


数年前まではポジで納品していただいてましたが、
以降はデジタルデータ納品にしていただいてます。

理由はデザイナーがラクだから、でしょうか。
まずお仕事にされている雑誌広告(ですよね?)の場合ですが、
完全データ受付がほとんどになってきました。

ポジの場合でしたら、まず社内のスキャナーで解像度の軽いアタリデータをスキャニングして、
そして入稿の際そのポジを一緒につけて、
「高性能な印刷屋さんのスキャナーで画像をスキャニングして差し換えて下さい」となります。
同時に複数の仕事に使う場合もありますので、ポジは複製しておかないといけませんし、
少ないながらも複製代がかかります。
たま~に雑誌編集さんの所にお貸しするとなくされたり…。

その点、デジタルだとすぐ使えるんです。
簡単な加工は自分でしてしまいますし、複製もPC内でコピーするだけ。
保管もコンパクトです。
雑誌広告入稿も完全データ(印刷屋は一切さわらず色校正を出せる)にできます。

通販カタログの場合、商品写真がすごい数になります。
印刷屋を変更する時なんて、1日かかって古い写真探しまくって…大変でした。

自分の手間の種類が変わったものの、便利にはなったと思います。

この回答への補足

そうなんですね~デザイナーさんが楽なんですね。

基本カメラのレベルはブローニーバックなのでしょうか?
デジタルの画像に違和感を感じることあ有りますか?
カメラマンとのキャルブレーションはどうされていますか?

補足日時:2008/03/11 04:11
    • good
    • 0

広告デザインのディレクターをしています。


普段多くのカメラマンさんと仕事をする機会がありますが、
私がカメラマンさんを選定する基準はやはり、その仕事にマッチしているかどうかですよね。
例えば商品を上手に撮れるブツ撮り専門カメラマン、人の表情をとらえるのが上手い人物撮り専門カメラマン…など。
その判断基準に年齢はほとんど関係ありません。その人の“得意分野”で突出しているかどうか、それのみです。

他の方も仰っていますが、年齢が気になるのはどんな職業の方でも同じではないでしょうか?
一流企業のサラリーマンだとしても明日突然リストラされるかもしれない御時世なのですから…。
私が日々仕事をする上で大事と思うのは、時代やクライアントのニーズに常に応えられるよう自分を変えていく姿勢、それからコミュニケーション能力。この二つだと思います。
職業柄かもしれませんが、デザイン・芸術系の職業の方はこの二つに関して壊滅的な方、多いです…。
こだわりも本当はとても大事なんですけどね。

それから、差し出がましいかもしれませんが一つだけ。
今後デジカメ撮影のニーズは高まる一方です。
弊社でもフィルムでしか撮れないカメラマンさんには、まず仕事を依頼することはありません。
できるだけ早いうちにデジカメに移行なさったほうがよろしいかと思います。

参考になれば幸いです。

この回答への補足

なるほど、現実的なご意見恐縮です。
一つ聞きたいのですが、なぜデジタルの方がいいのですか?
フィルムの人間を選択しない理由をお聞かせ戴けたら、幸いです。

補足日時:2008/03/10 01:42
    • good
    • 0

このまま写真を続けていくのであれば、仕事とは別に、


本当に自分の撮りたいものを自主的に撮りためておくことでしょうか。
雑誌もまぁ楽しいかもしれませんが、おそらく本当に撮りたいものは
撮れてないでしょう。でも自主制作をやると、
雑誌の方でもそれで得た技術が反映されるでしょうし、
自主制作作品そのものが誰かの目に留まることもあるでしょう。
そうやって「自己を高める努力を忘れない」事が重要かと。

プロ野球のピッチャーも、投げたことのない変化球を
試合で突然投げることはしないでしょう。
必ず練習し、モノにしてから試合で投げるはずです。
日々の仕事は「試合」です。経験は積めますが、
新しい技術の取得はムリです。やっぱり「練習」もしないと。
仕事だけしてては枯れますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「自己を高める努力を忘れない」
それがあれば生き残って行けるのでしょうか?
誰にも解らないですね、やれるだけやってダメならそれまでですね。
No5の欄のように、上手くなくても行ける人は行けるんでしょうか?
口が上手いとか、色んな要素が絡んでくるのでしょうね。
それも、「上手い」ってことなのかもしれませんが。

「若くて安い」に勝てる「何か」を探すしか無いですね。

貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/09 17:44

 私は趣味or道楽で写真撮影を40年以上もやっています。

むかしは銀塩写真でレリーフとかソラリゼーションとか合成写真も経験を積み、それがひとつの腕前になりましたが、いまはほとんどディジタル化し、画像処理で素人でも簡単に編集加工できるようになりました(私はもともとパソコンの扱いが得意なので、何とか付いていけていますが)。
 写真の世界も、もっと技術面で急速に進歩し、まだまだ変革を遂げると思います。やがて街の写真屋さん(DPEショップ)は消え、写真というジャンルさえ消滅するかも知れません。
 あなたよりもっと若いカメラマンは、そうした時代の変革に溶け込めるでしょうが、歳とともに頭が硬くなると難しくなります。素人カメラマンでも(将来の)老練カメラマンの貴方より上手い芸当が出来るようになるかも知れません。

 ですから、何の変哲もない写真を生業にしていると、生き残りは難しいような気がします。土門拳のように誰にも撮れない深みのある写真家(あえてカメラマンとは言わない)を目指すか、他の多数のカメラマンと何か違う(時代の技術の変化に影響されにくい)固有技術なり腕前なりをもつようにしないと、10年、20年後も安定した生業にするのは難しいと思います。

 アマチュアの60歳の私が、もし生まれ変わって写真を生業にするのなら、プロペラつきのハンググライダーを駆使して、ふつうでは撮影できない写真を撮りますね(すでにそういうプロがいますが)。あるいは三次元写真(立体写真…撮影したものをプリントすると、遠近に応じて凹凸ができる写真)をやります(これはまだ世の中にないので、技術開発が必要ですが)。それとも100mも伸びるシュノーケル(開発が必要)の先にカメラをつけて、高いところ(ヘリでは無理な場合)からの撮影を専門にするかも知れません(これでお城を撮りたいと思っています)。
  誰もやっていないことに、無理がきく若い今のうちから挑戦すべきです。貴方しかできない写真の世界を創らないと、20年先は暗いように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

得意分野、オリジナルな技術、持ちたいですね。
現在フィルムでしか撮影を受けていないので、デジタルや作品での技術を上げる努力を惜しまないように頑張ってみます。

isoさんの構想の成功をお祈り致します。
ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/09 17:36

ラーメン屋はうまければ流行るわけではありません うまいという表現ほど抽象的なものはありません 流行っている店でもマズいところはいっぱいあります ここでいうマズいというのはワタシの感覚です つまりそういう判断基準なんです



カメラマンしかり、社員としてやていくのか、自営なのか どの種類のカメラマンなのかにもよります 自営でやる場合は営業力とコネみたいなものもあるでしょう 顧客としてどの層に重点を置くかという事です ワタシの先輩はコマーシャルフォトと呼ばれる分類の仕事をしていますが
黙ってては仕事はきません
常に営業をかかしません
職業などとりまきの環境が変われば天と地
ひっくるかえる事もあるものです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、価値観はそれぞれですね。

自営なので営業力をUP出来るように頑張ります。
ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/09 17:29

将来性のある仕事って何ですか?



例えばラーメン屋
流行る店もあればダメな店もあります
将来性なんて誰にもわかりません
自分がどうやっていくか そういう話では無いのですか?

この回答への補足

将来性は「年齢が高くなっても出来る職業」という方向性で、年齢に左右されない、職業という意味。ラーメン屋さんで、若いから売れる、歳取ってるから売れないは無いのではないでしょうか、旨ければやって行けそう。(旨いかどうかが大事ですが・・)

結局カメラマンも、スポーツ業に近い気がしてしまって・・・年齢が上がると生き残りがかなり大変なのかなと。旬が若い時のような気がしていて、まだ、若いので、歳を取った時のイメージがわかなくて。

体力は、どの職業でも同じだとは思いますが、ただ若い人が重宝する職業のような気がします。

補足日時:2008/03/09 08:01
    • good
    • 0

>広告や物撮り専門になった方がいいのかと悩んだり



って事は今は違うの?それ以外の写真が生業って何やってるんですか?


40,50,60,70,80でもカメラマンやってる人は沢山居ますよ。
http://www.apa-japan.com/http://www.jps.gr.jp/
の会員の8割以上が40代以降ですよ


仕事が無くなるのは年齢じゃないですから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

雑誌が9割です。広告やりたくても、入んないんですけどネ・・
この方達は、食べて行けているんですかね?
そうですね、年齢じゃないんでしょうね。
頑張ります!ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/09 08:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフリーの写真家なのですが、広告代理店や、アートディレクターへの作品の売り込み方がわからずに困っています。

現在東京在住のフリーの写真家です。将来的にファッション広告で写真の仕事をしたいと思っているのですが、広告代理店や、アートディレクターへの作品の売り込み方がわからずに困っています。広告業界で働いている方、詳しい方にアドバイスをいただけたらと思います。

私は、ニューヨークで美大を卒業し、その後6年程美術系写真スタジオで働きながら、アート+ファッション系のブックをつくっていました。(去年末、帰国。)最近になりブックの内容もある程度まとまり、表現したいスタイルなどがはっきりしてきたので、生活費の為のバイトや雑誌の仕事などをしながら、広告業界へアプローチをかけたいと思っています。

ニューヨークでは、メインの写真スタジオの仕事(といってもコマーシャル写真ではなく完全な美術スタジオ)以外に時々ローカルな雑誌のインタビューでのポートレートなど撮っていましたが、これから日本では雑誌よりも広告の仕事をしたいと思っています。おそらく、多くの写真家の方はそういった希望をお持ちだと思いうので競争も激しい世界だと覚悟はしております。アメリカではある程度ブックが完成した時点でレップ探しをするのが一般的だと思うのですが、日本にそういった”レップ”にあたるものが存在するのでしょうか?やはり広告代理店や、アートディレクターに売り込みという形になるのでしょうか?海外生活が長かったので日本の広告業界に強いコネは現在はありません。初歩的な質問ですが、どういった所にアプローチするのが効果的か、広告写真業界にどういう形とっかかりを掴むのが一般的なのか、など何でも結構ですので教えていただけますか?よろしくお願いします。

現在東京在住のフリーの写真家です。将来的にファッション広告で写真の仕事をしたいと思っているのですが、広告代理店や、アートディレクターへの作品の売り込み方がわからずに困っています。広告業界で働いている方、詳しい方にアドバイスをいただけたらと思います。

私は、ニューヨークで美大を卒業し、その後6年程美術系写真スタジオで働きながら、アート+ファッション系のブックをつくっていました。(去年末、帰国。)最近になりブックの内容もある程度まとまり、表現したいスタイルなどがはっきりして...続きを読む

Aベストアンサー

売り込みを受ける側です。

フリーのカメラマンは世の中にたくさん居るし、
制作も自分でカメラを持つのが普通ですから、
正直言って、飛び込みで
売り込みを受けても迷惑なんですね。
それも、熱意のある方ほど.....

友人知人は居ませんか?
そういう人にどんどんと、自分の仕事をPRしておいて
そこでカメラマンが必要になったときに
声をかけてもらうようにしておくと役に立つのですが、
まあ、数ヶ月は仕事は来ないでしょう。

今仕事をもらっているカメラマンが居るわけですから。

あとは、WEBサイトをしっかりと作っておくこと。
これは見本展示場でもあり、
つてが無い人が飛び込みで探すときに役に立ちます。

日本の場合、
広告代理店に入社 → そこで写真中心の仕事をする
→ あるていど仕事を確保してから独立
というパターンが普通で、
クライアント(代理店ではなく、最終発注者)の
信頼を得てからでないと独立しないのが普通です。
クライアントの信頼があれば、
広告代理店からみると、
クライアント(お客)を引っ張ってくるカメラマン
ということで、営業的メリットが出るのです。

と、言うわけで、すぐに効果があるアプローチは
少ないです。
海外の知人ルートを活かすのは無理なのでしょうか?

売り込みを受ける側です。

フリーのカメラマンは世の中にたくさん居るし、
制作も自分でカメラを持つのが普通ですから、
正直言って、飛び込みで
売り込みを受けても迷惑なんですね。
それも、熱意のある方ほど.....

友人知人は居ませんか?
そういう人にどんどんと、自分の仕事をPRしておいて
そこでカメラマンが必要になったときに
声をかけてもらうようにしておくと役に立つのですが、
まあ、数ヶ月は仕事は来ないでしょう。

今仕事をもらっているカメラマンが居るわけですから。

あとは...続きを読む

Qテレビカメラマンってそんなに大変ですか?!

ワタシの彼が地方局でカメラマンをしているんですが、
かなりしんどいようです。
・休みがなかなか取れない(もしくは決まっていない)
・休みの日でも急な取材などで呼び出される
・とにかく寝る暇がないので休日は寝るのみ
…と、ナカナカハードの様子です。
だからもちろん連絡もナカナカ出ず。

ここで質問です!カメラマンを相方にお持ちの方達はどのように会っているんでしょうか?!
また、カメラマンをしてる、あるいはしていた、
テレビ局で働いている、などの経験お持ちの方、
夜の23時に撮影を行ったりするもんなんでしょうか?!
どれくらいハードなのか詳しく教えて下さい。
納得できない点が多々ある為、なんだか彼を信じていいのか
迷っております。
ハードな仕事だからしょうがないよね…
と理解はしていますが、かれこれ1週間も会えない状態が
続いています。お互い独り暮らしで
家はチャリで5分くらいにもかかわらず。です。
ちっとも会ってくれません。そりゃあ、疲れてる時は一時も早く寝たいものです
そんな時に恋人のことなど考えられる時間もない・・・・
んですか???!!!
その辺教えて下さい…ワタシと会うよりも寝る方が先決となってしまうほどハードなのかどうか!!!!
じゃないと、なんだか納得いきません…
ちなみにワタシもかなりハードな仕事をしてますが
それでも頑張ろうと思えば会いたいって思います。
一応彼は「努力する」というメールをしてくれ、
その後は「今から野球の中継」などコマカに
メールはしてくれます。有難いと思います☆
しかし、カメラマンにとってメールを打つのが誠意イッパイなのでしょうか。

いろんな人がいますから100%の答えではないのはわかります。
ただ、知りたいのはそんなにハードな仕事kなのか?
ってことです。

具体的にどうハードなのか教えていただければ幸いです…

ワタシの彼が地方局でカメラマンをしているんですが、
かなりしんどいようです。
・休みがなかなか取れない(もしくは決まっていない)
・休みの日でも急な取材などで呼び出される
・とにかく寝る暇がないので休日は寝るのみ
…と、ナカナカハードの様子です。
だからもちろん連絡もナカナカ出ず。

ここで質問です!カメラマンを相方にお持ちの方達はどのように会っているんでしょうか?!
また、カメラマンをしてる、あるいはしていた、
テレビ局で働いている、などの経験お持ちの方、
夜の23時に撮影...続きを読む

Aベストアンサー

テレビ業界のカメラマンの仕事は大変です。
(でもディレクターほどではありませんが。)
休日も早朝・深夜もほとんど関係無く仕事がありますし、報道の場合は突発で急に仕事する場合もありますから、休める日が不定期で一般的な会社の人のような友達付き合いは難しいです。

プロの現場では失敗が許されないし、撮り直しのできないロケ等もありますから神経を使うし、機材も高額で重い物を持つので体力も消耗します。現場への移動中や休みがあれば、少しでも寝て疲労回復をはかりたいはずです。

疲れた身体で仕事すると、集中力が欠けてミスを犯したりして、本来クリエイティブであるべきカメラマンとしての業務を全うすることが難しくなってしまいます。
プロとしての将来を見据えたカメラマンであれば、彼女との付き合いや家庭の用事等を犠牲にすることも多いはずです。
なかなか逢えない彼女もかわいそうですが、カメラマン本人はもっと辛い想いをしていることだと思います。

そういう事を理解してもらえる彼女は物凄く少ないので、事情を知っている同じ業界で結婚する人も結構います。(そのように結婚しても、忙しくて一緒に居られる時間は普通の家庭より少ないです。)

仕事の合間に携帯で電話したりメールするカメラマンやVEは多いですね。

中継だと、放送時間の半日前あるいは前日から放送機材の設営や調整をして、綿密な打ち合わせをしますし、中継後の撤収もかなり疲れます。

そのような疲労した心身状態でする彼女へのメールは、ささやかなリフレッシュ手段であり、精一杯の彼女に対する誠意なのかもしれません。

> 具体的にどうハードなのか教えていただければ幸いです…

信じられないかもしれませんが、ある人の場合の実例を挙げます。

2月にオーストラリアに2週間の海外ロケ。季節が逆なので真夏での野外ロケと夜も観光地での撮影で労働時間が長く、体力を消耗。
日本に帰国して翌日に北海道に移動。雪の稚内、宗谷岬等で寒風に晒されながらの野外ロケや、夜のコンサート収録なので設営・リハーサル・本番・撤収と休みなし。
30℃以上の真夏の気候から氷点下の真冬に一気に変わり、よく皮膚感覚が順応できたものだと思います。

その北海道に3日間居て、1日おいて今度は韓国へロケハンと打ち合わせ。
3日間韓国各地を巡り深夜に帰国。休む間も無く、数時間後の早朝5時に地方ロケに出発。1週間の地方ロケ。

地方ロケから帰り、翌日から雪の残る冬の山中を徹夜で歩く人たちを撮影する追っかけロケ。山道を重い機材を担いで48時不眠不休で撮影する超過酷なロケ。

働き詰めでも休めず、都内でスタジオ収録。例により、深夜にまで及ぶ長時間拘束。

翌日は、某タレントさんがイメージキャラクターを務めるCMの撮影。

カメラマンがすべてこのように殆ど休み無く働いているとは言いませんが、神経と体力を使い、過酷な仕事がありますので、大変であることは間違いないと思います。
それをこなしている人は、精神力が強く、自己管理がしっかりできる人といえるでしょう。

テレビ業界のカメラマンの仕事は大変です。
(でもディレクターほどではありませんが。)
休日も早朝・深夜もほとんど関係無く仕事がありますし、報道の場合は突発で急に仕事する場合もありますから、休める日が不定期で一般的な会社の人のような友達付き合いは難しいです。

プロの現場では失敗が許されないし、撮り直しのできないロケ等もありますから神経を使うし、機材も高額で重い物を持つので体力も消耗します。現場への移動中や休みがあれば、少しでも寝て疲労回復をはかりたいはずです。

疲れた身...続きを読む


人気Q&Aランキング