OCN光で最大124,800円おトク!

見込み客とは、どのような人が対象になるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ターゲットとして選択した顧客層から、ある商品やサービスを購入する可能性のある具体的に的を絞った人や法人のことを言います。


マーケティング初心者でしたら下記のサイトを参考にお使いください。
http://marketing-yougosyuu.net/
    • good
    • 0

マーケティングの実務家です。


「見込み客」と言うのは自社や自社商品・サービスに関心を示しある程度好意的な反応を示す人たちだと考えるのが妥当だと思います。
古いですが水口健次氏のA(認知)-M(記憶・理解)-T(試用)-U(使用)-L(愛顧)で言えば、働きかけて認知されある程度好意的に理解されたA・Mのレベルを一定条件でクリアした人たちが見込み客と言えます。
一般顧客も組織需要などの法人客も同様に扱えます。

どんな人たちが「需要」をつくりその中からどんな人たちが自社の「売上」・「利益」を与えてくれるか・・・・見込み客が明確でなければマーケティング展開は困難です。
見込み客は「個別名称」で明らかにできるとダイレクトにアプローチし自社の「売上」・「利益」を生むマーケティング・販売活動が可能になります。・・・・個別名称の見込み客から情報を集め具体的にどんなマーケティング・販売活動をすればどの程度の「売上」「利益」が得られるか予測目標を持って対処できます。・・・・「見込み客管理」です。

一方で、事業展開の「可能性(アビリティー)」や「市場占有率(マーケット・シェア)」戦略的意思決定をするには、「需要管理」が必要です。見込み客の人口統計学的(個人の人口統計・法人の商業・事業関連統計)属性を明らかにして、需要量・需要の密度の高い地域などを推定することができます。
見込み客の心理学的属性(嗜好や価値観など)も重要ですが、これは商品(サービス含む)戦略や価格戦略・チャネル戦略・販売戦略・販促戦略や各戦術を構築し成果を出す確率・効率を高めるするのに役立ちます。しかし見込み客になりうる可能性の高いターゲット(標的客)を具体的に見つけ出すことには役立ちません。(個別の標的客名簿、またはそういう属性の人たちが多い地域を絞るなど)

ターゲット(標的)客に対してアプローチ(個別でもマスでも)して自社や自社商品・サービスに関心を示しある程度好意的な反応を示す人たちが見込み客(発掘客と言う表現がとられることもあります)・・・・だと私は捕らえています。
    • good
    • 0

一般の人達です。



例えば、この地にデパートを建てたらどの位の集客が見込めるかと言うことや、ここに駅を造ったらどの位の乗降客が見込めるか、デパートなどでこのイベント(物産展)を開いたらどの位の集客がありどの位の売り上げが見込めるかの予想をたてたりとマーケッティングのプロたちが考案します。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング