ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

二液性エポキシ接着剤を70℃で硬化しているのですが、
ピンホール・ボイドが発生します。
ピンホールとボイドを発生させないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。
尚、物性は主剤がビスフェノールA型液状エポキシ樹脂とフタル酸ジ-n-ブチルで硬化剤が変性脂肪族ポリアミンです。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はい、No.1さんのが正解ですね。


で、補足しときます。

配合により可使時間を長く取って、使用前に真空脱泡処理
使用後目視でボイドが見られるようであればさらに真空脱泡を行います。

もしくは主材の流動性を確保するためにブチルグリシジルエーテル・フェニルグリシジルエーテルを5%~15%混合します。
フタル酸エステル・ベンジンアルコールなどが使われることもあります。

この回答への補足

ブチルグリシジルエーテルの引火点は65℃と言うことが調べて分ったのですがエポキシの硬化条件が70℃なので
危険性についてはいかがなものでしょうか。
 またフタル酸エステル・ベンジンアルコールについて調査したのですがフタル酸エステル・ベンジンアルコールについてはインターネットでもみつからなかったので情報をお願いします。

補足日時:2002/10/30 09:25
    • good
    • 0

下地にクラックや隙間があったり多孔質だと気泡が出てきます。

アンダーコートで埋めてしまうか、真空にして含浸するなどがひとつの方法です。

混合時にまきこんだ気泡が成長する場合もあります。一般的には真空脱法するとそこそこ取れます。混合の方法でもかなりまきこみが違います。
    • good
    • 0

多少硬化までに時間があるなら、密閉できる容器にいれて、


内部を減圧にします。

ある程度、暖めると更に効果は高いですが、硬化も早まる。

飲み残したワインを酸化しないように保存する為に、ワイ
ンボトルの口に逆支弁付きのゴム栓をはめ込んで、小型手
押し(引き)吸引ポンプで、ビン内部の空気を抜くパーツ
(\1,000 ~ ?)が有りますので、吸引口のサイズが合うよう
な適当な容器が有れば使えます。案外強く吸引しますので、
電動ポンプなどが無い場合は、手軽に利用できます。


次案としては、遠心分離機にかける。上手くやれば、洗濯機
の脱水機も使える。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエポキシ樹脂の気泡を取るにはどうすればいいでしょう

2液混合の透明エポキシ樹脂を混ぜるときに気泡が入ってしまいます。
それを型に流し込むと気泡は浮かんでくるのですが、内部にたくさん残ってしまい見苦しいので気泡が出ないようにしたいのです。
大きさは小物で人の指くらいです、すぐに固まらなくてもかまいません、塗装はしません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

え~っとね~。硬化時間の長いやつで、又は硬化剤を少なくするんよ。
注射器に入れてくんさい。
ほんで、ドライヤーで温めてくんさい。泡が浮いてきますよ。
まだ足りない場合は注射器にひもつけてぐるぐる振り回してくんさい。
(やったことないけどアセトンかアルコールで希釈できるかも)
うふ、いかがかしら。

Q粘度の単位換算について教えてください。

今接着剤の粘度について調べています。
粘度の単位でmPas, cP, cpsとありますが、cpsをmPas, cPへ変換する方法を教えてください。
もしかしてcpsとはcPasのことでしょうか?

Aベストアンサー

MKSとcgs系の記号の区別が紛らわしいのでご注意下さい。

〔MKS(m,kg,s)系の場合〕
圧力の単位:N/(m^2) =Pa(パスカル)
粘度(次元は 圧力×時間)の単位:Pa・s(パスカル秒)

〔cgs(cm,g,s)系の場合〕
圧力の単位:dyn/(cm^2)
粘度の単位:dyn・s/(cm^2) =P(ポアズ)

ここで、m=(10^2)cm、N=(10^5)dyn であることを使うと、
P = 0.1 Pa・s

したがって、
cP(センチポアズ)= 0.01 P = 0.001 Pa・s = mPa・s

cpsはセンチポアズの別表記法と思います(私としては、counts per second の方を連想してしまいますが、、)。

Q真空脱泡の方法について

キャストを片に流し込んで泡が出来てしまいます。
自作の真空の器械で真空引きしたら逆に泡だらけになってしまいました。
真空脱泡の正しいやり方を教えてください。
キャストは日新レジン製のクリスタルレジンです。(ポリエステル)
真空のポンプは車のエアコンの真空ポンプを使い圧力鍋を改造しています。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

真空引きを行うと、沸騰したように泡が出ます。
粘度が高いとパンのように膨れあがります。
この状態からさらに引くと、次第に体積が減っていき、泡も少しずつしか
出ないようになってきます。
この状態まで引かないと真空引きした事にはなりません。

 多分、最初の膨れあがりの所で止めてしまったのでしょう。
物にもよりますが、粘度が高いと数倍の体積に膨れあがりますので、
その分の余裕が必要になります。
吸引中の状態が見られる状態でしたら、膨れあがったところで一度止め、
落ち着いてからさらに引くことを繰り返すことで対処できますが、
硬化時間が短いとこの間に固まり始めます。

 自分も会社でモールドを行うことがありますが、その時は一度混ぜた素材を
真空脱泡してから型に流し入れ、その後に流し込んだ型を真空容器に
入れて少し吸引した状態でしばらく保持して注入時に入った気泡を抜いています。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q比重の計算

本当にバカな質問してすいません。

ある溶剤の比重が1.2とします

10ml取った場合は12グラムでいいでしょうか?


もう一つ比重が0.8とします

10ml取った場合8グラムでいいのでしょうか?

バカな質問ですいません。頭がこんがらがってきました。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 合ってますよ^^

 比重の単位は、g/cm3です。
 cm3とmlは同じ単位ですから、g/mlと置き換えてもかまいません。


>ある溶剤の比重が1.2とします
>10ml取った場合は12グラムでいいでしょうか?

さて、こういう場合は、単位もまとめて計算するといいです。

10ml×1.2g/ml = 12g

「ml」に「g/ml」をかけるということは、
「ml」に「g」をかけて「ml」で割るということです。
「g」だけが残りますよね。

0.8の場合も正解です。

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む

QNをPaに単位換算できるのか?

大変困ってます。
皆さんのお力をお貸しください。

加重単位Nを圧力単位Paに変換できるのでしょうか?
もし出来るとしたらやり方を教えてください。
具体的には30Nは何Paかということです。
変換の過程も教えていただければ幸いです。

是非、ご回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No.1さんがおおまかに答えておられますが、補足します。
 N(ニュートン)は力の単位です。対して、Pa(パスカル)は圧力の単位です。これらは次元が違うので、単独では変換はできません。
「30 Nは何Paか」
というのはナンセンスです。
 NとPaの関係は、
Pa = N/m^2
です。質問が、
「30 NをPaを使って表せ」
というのならば、
30 N = 30 Pa・m^2
となります。m^2(平方メートル)という単位が必要になります。物理量の間の関係、
圧力 = 力/面積
および、単位の間の関係
Pa = N/m^2
を整理して覚えてください。

Q透明の紫外線硬化接着剤について教えてください!

ガラスとガラスを平行に重ねて接着をするのに、紫外線硬化接着剤(通称UV硬化タイプというそうです)の使用を考えています。というのも、「透明」と書いてある接着剤を試しましたが、透明ではあっても「塗り跡」のようなものや、「気泡」ができてしまい、仕上がりが納得のいくものになりません。全く透明になるものを探していたところ、紫外線硬化タイプを勧められました。みたことも聞いたこともないので、使ったことがある方に、教えてもらいたいです。どこで、いくらくらいで、手に入り、透明度、強度はどんな感じですか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

接着剤は専門じゃないけど、塗り跡や気泡は、作業者のテクニックの
問題だと思います。バーコーター スピンコーターで完全に膜圧を
均等にして、ガラスの透過性が落ちるかですね。
アクリル系のUV接着剤で、探してみてね・
透明性が高いと思うので。

参考URL:http://www.geocities.jp/gluelabo/gl1000.html

Qプリント基板の封止剤はエポキシ以外ではだめ?

プリント基板の樹脂封止は一般的にエポキシが主流ですが、(と認識しているだけかもしれませんが)
比較的高価で、粘度が高め、且つ硬化時間が非常に長いにも拘わらず好まれる理由はなんでしょうか。
二液で手軽に入手・扱えるウレタンやポリエステル系の樹脂は安価で硬化時間が短いですが、
発熱が多いこと、寸法精度が低めだということを許容できるとすれば、エポキシと比較して
デメリットはどのような点があるでしょうか。

Aベストアンサー

・ガスバリア性が高い--硫化水素・二酸化硫黄など銅に禁忌なガスに対するバリア性が高い
  ウレタンやポリエステル系、シリコーン系は劣ります。
・強度が高く耐熱性が大きい
  ウレタンやポリエステルは熱軟化性樹脂です。
・電気絶縁性が高い
  シリコーン系はエポキシより高い
・収縮がない
  これは大きな特徴
・余分な気体を発生しない
・硬化時間が非常に長い
 特にこれが最大の長所です。
 大量に混ぜて、順次作業して入っても硬化しない。
 封止剤はクリープ性がありすから粘度が高くても十分行き渡ります。

 欠点としては、たまにかぶれる人がいる。漆に似た構造がありますから・・


人気Q&Aランキング