ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

片側5車線(左折レーン、直進3車線、右折レーン)→
片側4車線(左折レーン、直進2車線、右折レーン)に車線減少する箇所で
車同士の接触事故を起こしてしまいました。(幸い双方に怪我はありませんでした。)
・自分(小型車:直進レーンの中央)
・相手(ベンツ(左ハンドル):直進レーンの左側で車線がなくなる箇所)
状況は、双方、同スピードでほぼ併走している状態で、
相手側が、ウィンカーを出さずに車線変更しました。

ネットで調べると(車線減少が無い状態では)9:1~8:2の割合で
相手の過失とありました。車線減少が伴う場合の過失割合はどうなるのでしょうか?

また、過失相殺しても相手の車の修理費のほうが高くなる可能性が
あるのですが、その場合(相手が悪くても)、相殺し切れなかった金額を負担する必要があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

基本的にお互い、速度違反など他のルールは一切守っていたという前提でお話します。



まず、過失割合ですが、ご存知のとおり停車中に追突されるのが10:0で、それ以外のケースはかなり、不条理な結果が出ることが大いにあります。

今回のケースも相手は余裕を持って車線を変えようとしたがあなたが猛烈に加速してきたからぶつかったと主張するでしょう。当然ウインカーも出していたと言い切るでしょう。又は忘れたとかとぼけるかもしれません。

経験上半々まではいかなくても6:4(あなたが4割過失)くらいで決着するのではないでしょうか?

次に修理代の話ですが相手の車が修理に100万、あなたは50万とします。

万一、運悪く、6:4で決着した場合でも相手へはあなたの契約している任意保険会社から40万円を相手に支払い、あなたは相手の任意保険会社から30万円を支払ってもらうことになるわけです。

当然に、不足分は自腹か車両保険に加入していれば車両保険で修理するか、軽微な凹みなら修理せずに保険金を受け取るだけでも良いです。

相手が60万修理代金が足りないから払えといってきても支払う必要は一切ありませんし、相殺してうんぬんということもありません。

ただし、あなたが任意保険に加入していなかった場合は相手にあなたの過失分4割(100万×4割=40万円)は支払うことになります。

最後に、相手の車がいくらベンツでも古いぼろぼろのベンツなら修理に1000万円かかっても数万で決着するケースもあると思います。逆にあなたの車が小型車でも新車で1週間しか乗っていないピカピカの車なら新車で査定してくれることもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
> 今回のケースも相手は余裕を持って車線を変えようとしたがあなたが猛烈に加速してきたからぶつかったと主張するでしょう。当然ウインカーも出していたと言い切るでしょう。又は忘れたとかとぼけるかもしれません。

上記のことは、警察での事故説明したときに、相手方がいる前で
> 状況は、双方、同スピードでほぼ併走している状態で、
> 相手側が、ウィンカーを出さずに車線変更しました。
と説明しました。相手方は反論しなかったので(多分?)大丈夫かなぁと思います。

> 最後に、相手の車がいくらベンツでも古いぼろぼろのベンツなら修理に1000万円かかっても数万で決着するケースもあると思います。逆にあなたの車が小型車でも新車で1週間しか乗っていないピカピカの車なら新車で査定してくれることもあります。

自分のは約4年前、相手方のは多分7~8年前(事故説明した際の車の型式からの推測)と思います。

一応、双方とも任意保険に加入しています。
修理の負担額にもよりますが、自腹で払うか、(等級が下がってしまうけれど)保険で払うかは迷っています。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/21 08:52

>その場合(相手が悪くても)、相殺し切れなかった金額を負担する必要があるのでしょうか


任意保険加入なら対物賠償で支払いします。負担はありません。
ただし、車両保険未加入なら、自車両の損害は相手過失割合に応じて一部対物賠償して貰えますが、残りは自己負担となります。
    • good
    • 0

車線変更車と直進車との過失割合の基本は70:30です。


車線変更するほうは、直進車の妨害をしてはいけませんので、車線減少のあるなしは関係ありません。
ウィンカーの有無は水掛け論になりますので、相手が認めなければ。そのまま70:30で落ち着くでしょう。

相殺しきれなければ、当然持ち出しとなりますが、保険に加入しているのであれば、さして問題ではないでしょう。
    • good
    • 0

車線減少があろうが無かろうが、車線変更による事故ですので通常の車線変更時の事故と変わりありません


判例からは大体、あなた20:相手80位の過失割合でしょう

後者の質問は、過失割合に応じて相互の損害を負担しあう事になります
相殺しきれなかった分は持ち出しになりますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ネットの検索では、車線減少した場合のケースが無かったので不安でした。
(知り合いからは「合流してくる車に譲らなかったから悪い」と言われていたので自分の過失割合が増えるのかなぁと心配していました)。

 

お礼日時:2008/03/21 08:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幅員減少 優先

片側2車線以上ある道路にて幅員減少している場合、幅員減少する車線・しない車線で優先の有無はあるんですか?
もちろん譲り合いや状況判断は必要ですが。
道交法的に決まりがあるのであればご教示を。

Aベストアンサー

ご質問はおそらく、「幅員減少」ではなく、「車線数減少」のことかと推測します。
道路交通法第26条の二 「車両は、みだりにその進路を変更してはならない。2 車両は、進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。」とあります。
また、同法第2条1項22号で「進行妨害 車両等が、進行を継続し、又は始めた場合においては危険を防止するため他の車両等がその速度又は方向を急に変更しなければならないこととなるおそれがあるときに、その進行を継続し、又は始めることをいう。」となっています。

Q合流車線では、だいぶ手前から合流するのがマナー?

片側2車線の直線道路で、左車線が工事などで車線減少するとします。
このとき、左車線にいた車はあらかじめ右車線に移動し、右車線は渋滞。
左車線は工事現場まで100m以上残してガラガラ。
ときどき、混んでいる右車線を尻目に工事現場ギリギリまで進んで渋滞の列に割り込む車。

という光景が田舎では結構見られます。

このとき、最後まで車線変更しないでギリギリで割り込む車は、マナー違反だと思いますか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

再回答です
中々面白い質問ですね。
交通ルールとマナーと、心理的な面も絡む問題ですしね。

まあ交通ルールだと「別に問題なし」になります
マナーは人によって判断が分かれますが「迷惑、安全面に配慮すればOK」と言う所だと思います。
心理的な面からすると「オレより前に入りやがって!」とNGを出す人が結構いると思います。

私も後ろから来た車に前に入られるとチョット「面白くない気分」になる時も有ります。
でもそれでウインカーをあげている車に「道を譲らない」「車間距離を詰めて入れない」等の嫌がらせはしませんよ。
そのような事をする車もよく見ますが合法であってもそれこそ「マナー違反」だと思います。

20代前半の運転経験が未熟な時は前に入られるとかなり気分が悪くなりましたが、自分も急いでいたりして同じ立場になる場合が有るんですよね。

結局「お互い様」って所と、教習所で昔習った「交通ルールが絶対ではなく「譲り合いの精神」が大事」って事じゃないですか。

Q急な車線変更時の接触事故の過失割合について

急な進路変更による接触事故の過失割合について教えてください。(乗用車同士です)
当日は晴天の日中。
片側2車線+右に右折レーン有の交差点直後の地点。
信号赤でいったん止まり、青に変わってからの走行スタート。
スタートしてすぐに右車線に3.4台つまっていて、ウィンカーを出していました。
このとき全ての車がウィンカーを出していたか、接触してきた車両も絶対に出していたかは
断言できませんが、多分先頭に右折する何かがあって、その後車は左からよけて通ろうとしていたのだと思います。とにかく、そんな感じのことには気が付いていました。
しかし、左車線は流れていたし、ほぼ交差点のところだったので、上記の部分を気にしながらもとまらず走行(ちなみに、その前からずっと左を走っていました)。通り過ぎようとした時、右車線から急な車線変更で左に進入・接触してきました。(正確につまっていた車の何台目か分かりません)
それにより、私の車は運転席側の後部ドア~後部バンパーまで。相手は左前角のバンパー破損。
という事故になってしまいました。幸いお互い怪我はありませんでしたが・・・。

現在は保険屋さんに対応してもらっていますが、まだ連絡がない為良く分かりません。
事故も初めてで、動揺しています。
確かに私も走行している以上過失は免れないとは思いますが、相手に(40代くらいの女性)にこれは5・5ですかね?的なことを言われ全く納得できないのです。
たとえ交差点付近でも、停車して入れてあげないと駄目だったんですかね?
分からない事だらけで、わかりやすく説明できているか自体分かりませんが、
アドバイスをいただけたら嬉しいです。宜しくお願い致します。

急な進路変更による接触事故の過失割合について教えてください。(乗用車同士です)
当日は晴天の日中。
片側2車線+右に右折レーン有の交差点直後の地点。
信号赤でいったん止まり、青に変わってからの走行スタート。
スタートしてすぐに右車線に3.4台つまっていて、ウィンカーを出していました。
このとき全ての車がウィンカーを出していたか、接触してきた車両も絶対に出していたかは
断言できませんが、多分先頭に右折する何かがあって、その後車は左からよけて通ろうとしていたのだと思います。とにかく...続きを読む

Aベストアンサー

 セオリーだと質問者様の過失割合の方が低くなるでしょう。

 質問者様の車は半分より後方に接触している事と、相手側が前側が接触している事から5:5はあり得ないです。つまり相手側の進路変更は質問車様の車がすでに横に並んだ時点でしてはいけないわけです。にもかかかわらず進路変更したわけですし、しかも質問者様の車の後方にぶつかっているということは質問者様の車がすでに相手側の車より前に出てから進路変更したことを意味します。この場合の注意義務は相手側にあるのが当然です。

 今回の場合は分かりませんがウインカーを出していなかった等も重なればケースによっては10:0もあり得ます。よく動いてさえいれば10:0はあり得ないと巷で言われていますが、それはただの都市伝説です。相手の信号無視や追突、ブ対向車線はみ出し、は双方が動いていていても10:0なんて事例はいくらでもあります。

 以前、自動車整備会社に勤めていて、何件か加害者側の保険屋との事故の仲介をしたことがあります。相手側の保険屋は少しでも支払いを安くするために過失割合が高いと分かってはいても妥協を望んでくるのが常です。車の修理は安くありませんから質問者様側の保険屋さんにも十分主張を訴えましょう。少なくとも、質問内容の通りのことであれば5:5は絶対にあり得ませんよ。

 セオリーだと質問者様の過失割合の方が低くなるでしょう。

 質問者様の車は半分より後方に接触している事と、相手側が前側が接触している事から5:5はあり得ないです。つまり相手側の進路変更は質問車様の車がすでに横に並んだ時点でしてはいけないわけです。にもかかかわらず進路変更したわけですし、しかも質問者様の車の後方にぶつかっているということは質問者様の車がすでに相手側の車より前に出てから進路変更したことを意味します。この場合の注意義務は相手側にあるのが当然です。

 今回の場合は分...続きを読む

Q速度制限の標識のない道路での法廷速度

私の住んでいる地域には速度制限標識のない道路があります。
速度制限標識のない道路での法廷速度は60km/hだと思っていましたが人に聞いたら、40km/hだと言われました。
もし40km/hだとしたら60km/hだと思って走っていたら20km/hオーバーで捕まる可能性がありますよね。
本当のところはどうなのでしょうか?

また、同じく速度制限標識のない「農道」はどうなのでしょうか?

法廷速度はしっかり把握しておく必要がありますので、お教え願います。

Aベストアンサー

参考URLにもあるように一般道の法定速度は60Km/hです。

http://k-square.s12.xrea.com/know01.shtml

参考URL:http://k-square.s12.xrea.com/know01.shtml

Qドライブレコーダーで録画したものを警察に提出すると

ドライブレコーダーで録画したものを警察に提出すると対応してくれるものなんでしょうか?


例えば、まえの車。交差点が完全に赤信号にも関わらず信号無視し左折していきました。
その際、右折してくる車と接触しそうになって怒鳴られていたようですが、構わず曲がって行きました

この様子をドライブレコーダーで録画した場合、警察に提出すれば対応するのでしょうか?

Aベストアンサー

無理かと思います。
以前、朝の通学路の車両通行禁止のところを何度も通っている車(軽バン)がいたので、その写真を撮って警察に郵送したところ、しばらくして警察官がやってきて、“送っていただいた写真にはナンバーも撮れていましたので、きちんと対処しました”と言われました。

どうやらその後、その場所に警官が隠れて当該違反車両を現認した後に、その車の事業所まで行って厳重注意したそうです。
相手がシラを切ることがあったらこの写真を見せるつもりだったそうですが、相手は違反を認めて二度としないことを誓ったそうです。

要するに、ドラレコも写真も証拠のひとつですが、あくまでも違反行為を現認するための道具であって、それで警察官がその目で確認して初めて違反とすることだと思います。
こういう映像は意図的に作り変えることもできますから、それを何でもかんでも信じていたら、何もやっていない人を検挙する恐れも出てきます。
そういう危険性を防止する上でも、採用はされないということでしょうね。

ただ動画サイトに、得意げになって違反行為(ヘラーリでスピード違反)をしている様子を投稿した人がいましたが、これに対して、“警察は何をやっているんだ?こういう違反を見逃していいのか?”という批判が殺到したことがありましたね。
これを受けて、警察は動画を解析して速度を割り出し、投稿者を逮捕したことがありました。
なので、一方でもしかしたら社会の声(反響)次第で動く可能性もありそうですね。

無理かと思います。
以前、朝の通学路の車両通行禁止のところを何度も通っている車(軽バン)がいたので、その写真を撮って警察に郵送したところ、しばらくして警察官がやってきて、“送っていただいた写真にはナンバーも撮れていましたので、きちんと対処しました”と言われました。

どうやらその後、その場所に警官が隠れて当該違反車両を現認した後に、その車の事業所まで行って厳重注意したそうです。
相手がシラを切ることがあったらこの写真を見せるつもりだったそうですが、相手は違反を認めて二度としない...続きを読む


人気Q&Aランキング