今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

本日、フローリングにフローリング専用ニスを塗りました。塗り終わってから、ふとワックスでよかったのではと思いました。ニスとワックスではどう違うのでしょうか?また、ニスではいけなかったのでしょうか?どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ニスは、素材表面に塗膜を作り素材を保護し艶を出すのが目的です。


堅い皮膜を作るために、乾燥する為の時間も必要です。

ワックスは、その様な塗膜表面を保護し、艶を長持ちさせ傷が付くのを防いだり、小さな傷を目立たなくするのが目的です。

塗膜はそのままでは摩擦に弱く擦り傷が尽きやすい物ですが、その上にワックス(パラフィン成分。いわゆるロウ)を塗ることによって、滑りを良くし傷が付きにくくすると同時に、艶を出すことが出来ます。
また、表面に汚れが付くのを防ぎ、付いた汚れを落としやすくする効果も有ります。

詰まり、ニスは最初に素材の表面に塗って膜を作るのが目的で、一度塗って乾燥させれば完了です。
一方ワックスは、そのニス表面を守るのが目的であり、成分が完全に硬化する性質が無いので、メンテナンスのために定期的に塗り直すことになります。
    • good
    • 6

 ニス・・・塗料



  http://vicdiy.com/zairyo_knowhow/024/024.html


  ワックス・・・艶出し用、仕上げ剤

  http://www.pikapika-shop.jp/

  でしょう。
    • good
    • 0

ニスはつや出し、ワックスは傷つきを防止します。


つや出しワックスもありますので、両方の効果を得られます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニスとワックスの違い(フローリング)

フローリングについて質問です。
ニスとワックスの違いを教えてください。

通常のフローリングは、
・ニスの上に、ワックスがかかっている
・上のワックスは、除光液でも剥がれるが、下のニスは、除光液では剥がれない

このような理解で正しいでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

 本来は、ニス(varnish)は、乾性油--不飽和脂肪酸を含む油脂でヨウ素価が130以上--や松脂などの樹脂を溶剤で希釈したものです。油脂とは高級脂肪酸とグリセリンのエステルです。
 ⇒乾性油( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%BE%E6%80%A7%E6%B2%B9 )
 ⇒蝋( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%8B )
 ワックス(WAX)は、高級脂肪酸と高級アルコールのエステルのことです。これはアセトンでは溶けにくい。
 ⇒ワニス( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B9 )

 ---ここまでは、高校くらいの化学で習っているはずですから、当時の教科書をお持ちならそれぞれの用語を調べてください。---

 ただ、これは由来で現在ではニスのほうは様々な樹脂が使われています。特に床材の場合はポリウレタンが多いでしょう。

 除去液はアセトンが主体のものが多いでしょう。独特の臭気を持っているので判断できると思います。

 よって、お宅の場合は、
     ^^^^^^^^^^^^
 フローリングの塗装に反応硬化型のポリウレタン--一般的にはニ液型ウレタン塗装---が使われていると考えられます。
 
 よって
・ニスの上に、ワックスがかかっている
・上のワックスは、除光液でも剥がれるが、下のニスは、除光液では剥がれない
 ではなく、あくまでお宅の床はアセトンでは溶けにくい樹脂で仕上げられていて、その上を、本来のワックスでない樹脂ワックスが使われていると判断できるかな?
 と言うことです。

 床ワックスの目的は、床の保護とスリップ防止です。洗剤やアルコールなどで比較的簡単に落とせるため塗り替えができます。床ニスは木材の表面強度を上げて傷を付けにくくするためです。工業製品の場合は溶剤を使う量が少なくてすみ工業化しやすい反応硬化型が使われることが多いでしょう。市販されている床ニスは、業務用は兎も角、家庭用は溶剤型ですのでアセトンやトルエンなどの溶剤で溶けます。

 本来は、ニス(varnish)は、乾性油--不飽和脂肪酸を含む油脂でヨウ素価が130以上--や松脂などの樹脂を溶剤で希釈したものです。油脂とは高級脂肪酸とグリセリンのエステルです。
 ⇒乾性油( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%BE%E6%80%A7%E6%B2%B9 )
 ⇒蝋( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%8B )
 ワックス(WAX)は、高級脂肪酸と高級アルコールのエステルのことです。これはアセトンでは溶けにくい。
 ⇒ワニス( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B9 )

 ---ここまでは、高校くらいの化...続きを読む

Qテーブル塗装(オイルステン)後のニスについて

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょうか?
塗らなければ、使用しているうちに塗装が溶けて(暑い部屋に置いていたり)しまう、等になる可能性があるのでしょうか。
また、塗らなければならなくて、下記のような仕上がりにしたいのなら、どのような種類のニス?を使用すれば良いでしょうか?


仕上がりの質感的には、有名な所でtruck furniture(メーカー。使用している木の種類は、自分のとは大きく違うので無理があるかもしれませんがw)のような、あまりテカテカしていない、塗っているか塗っていないか分からないぐらいの木目がしっかり出たような自然な仕上がりにしたいのですが。
自分が使っている木材はカラーボード(芯材=パーティクルボード)です。


お手数ですが、ご返答宜しくお願いします。

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

使った塗料にもよるのですが、一般的にはステインだけだと塗料が固定しにくいので、例えば
椅子やテーブルなら着衣に色写りしたりすることがあります。
また水濡れやアルコール(酒とか)で退色、ムラになる可能性もありますね。

一般的には上塗りした方が塗装としては強固です。

かといってニスをそのまま塗ったら塗膜でテカテカになって、木の風合いが消えてしまいますね。
私もあまりそういう仕上げはスキじゃないです^^

私の場合、上塗りでよく使うのは蜜蝋ワックス、ワシンオイルとかですね。
施工も簡単ですし、風合いもよく残るのでオススメです。

蜜蝋ワックスはたまに上塗りして磨くと、深いツヤが蘇りますよ。

Qオイルステインと着色ニスの違い

今度、新しく購入した家具を自分で塗装してみようと思いたちました。
着色されていないパイン材なので、木目を生かせる塗装にしたいです。
ただ塗装等について全くの素人のため、塗料について教えて頂きたいことがあります。

自分でざっと調べたところでは、「オイルステイン」が一番目的に
合っているように思います。
が、後から「着色ニス」というものの存在も知りました。

私としては『オイルステインで着色→ニスで仕上げ』と考えていたのですが、
この「着色ニス」の場合だと、これ一つで着色から仕上げまでが可能なのでしょうか?
仕上がり具合などもそれぞれ違ってくるのでしょうか?

塗りやすさ、仕上がり具合なども含め、それぞれの違いについて
教えて頂けると助かります。
また塗り方のアドバイスなども併せて頂けると嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。
素地のままの材料と思って回答していました。
ウレタン塗装されているのなら、そのままではオイルステンはのりません。
組み立ててから塗装したい面を400~600#くらいのサンドペーパーで研磨してください。最初は400#くらいで全面的に研磨して塗装膜を落とします。次に600#くらいで表面を滑らかにします。
この作業は埃だらけになりますから防塵マスクをお勧めします。
全体が整ったら、オイルステンを一回すり込みます。布でこすり込む感じです。1日以上おいて600#くらいのペーパーで研磨します。ここで手触りを確認して、概ね満足できる程度まで研磨します。
続いてオイルステンを重ね塗りします。以後、乾燥してから研磨して、お気に入りの色合いになったら、仕上げのラッカーを塗ります。
クリアラッカーも乾燥させてペーパーをかける重ね塗りを3度以上したらきれいに仕上がります。
クリアラッカーの研磨はもっと細かい800#以上のペーパーの方がきれいになります

QDIY初心者です。ニス塗りに失敗してしまいました

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので困っています。

この場合、

1. 同じウレタンニスを薄め液で十分に薄めて塗りやすい状態にし、薄く何回か重ねてムラが目立たないようにした上で、最後に表面をちょっと粗めのサンドペーパーでやすりがけし、ツヤを消す。

2. 今の塗装にざっとサンドペーパーをかけ、不透明のこげ茶のペンキなどを重ね塗りし、ウレタンニスの失敗を隠す。

3.他の方法

のどれが良いでしょうか?
過去に2回位棚を作った程度のDIY初心者なので、家に電動のサンダーなどはありません。置く場所も無いので購入予定も無く、人力で塗装を全部はがすというのは難しく思われます。

現状の塗りムラだらけのツヤツヤの塗装を、濃い色である程度均一に塗られたツヤの無い(弱い)状態に近付けたいです。

お知恵をお貸し下さい!

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので...続きを読む

Aベストアンサー

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくしなくても済むはずです。多分、180♯くらいまでいけば・・・様子見ながらですけど。完全に削り取れずに多少残ってしまっても問題ないです(平滑になれば)。
今回は目止めしたのだと割り切ってしまえばそんなに悔しくないでしょう(笑)

指定の溶剤で少し薄目に割ればムラは出づらいです。
完全に硬化してから中研ぎして上塗りします(2回塗りですね、色見が重くなりますが)。
つや消しにするには(メーカーによっては半ツヤ消しの塗料を出しているところもあるようですが)さらに中研ぎしてから一液性ウレタンのつや消しスプレーを吹けばいいでしょう。
中研ぎは塗膜の層間剥離を防ぐ意味でも必要です。刷毛塗りですと硬化をちゃんと待ってから中研ぎしてください。

ステインは浸透系の着色剤ですから今回の場合はさらに悪いことになってしまう可能性が高く、向きません。

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくし...続きを読む

Qフローリングのワックスはするべき?しないべき?

フローリングのワックスはするべき?しないべき?

自分でフローリングにワックスを使用か迷っています。
ワックスはしたほうがコーティング効果で綺麗で傷にも強い。
反面、剥がれてくると見栄えが汚いなども聞きます。
しかも剥離剤で以前のワックスをはがさないといけない等聞くと
素人ができるのか・・・実際、素人がワックスを塗ろうというのも
どうなのか疑問に感じています。
どなたかご意見をいただければ幸いです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご自分でぜひどうぞ!
そもそも、自分の家のメンテナンスは専門性の高いものとかいったものをのぞけば、昔は自分達でやっていたはずです。法外な金額をとるなんじゃらコーティングはともかくとしてホームセンターで売っている樹脂ワックスととか水生ワックスなぞは、自分でやるのが普通です。

今の世の中は、家も家具を買うのと同じ感覚の人が多い(業界にも責任があると思うが・・・)ようにも感じますし、販売者(施工者)責任を楯に、自分で直せるものも一から十までいってくる人が本当におおくなったと思います。素人は素人なりに自分の家は自分達で維持をするという気持ちをもって家族が生活すべきだと思います。
子供は親の背中を見て育つといいますし、お父さんの威厳もたもて、家がハッピーになるかと思いますが・・・。

Qオイル塗装後に蜜蝋ワックス。その後オイルは浸透する

ワトコオイルやリボス等のオイルを塗装した後に蜜蝋ワックスを塗って仕上げたいのですが、その後のメンテナンスについてお聞きします。

メンテナンスで再度ワトコオイルを塗っても蜜蝋ワックスにはじかれてムラになる、もしくは吸収されないのではないかと想像するのですが、こういった仕上げ方をした材のメンテナンスはどのようにするものでしょう?

Aベストアンサー

ワトコはクリアーを使用する物と思いますが。

蜜蝋ワックスというものはオイル(乾性油=荏胡麻油・亜麻仁油・桐油など)が混ざっている物なので、それを使うなら単独でオイルを追加塗りする必要はないですね。(ちなみにワトコオイルの主成分は亜麻仁油=リンシードオイルです)
それとワックス仕上げの場合メンテナンス用として水性タイプが指定されている場合も多く。この場合は最初にオイル混合品を塗ったらあとは水性タイプだけを使うのがマニュアルです。

あとからオイルをまた塗りたいと言う事でしたら、ワックスリムーバーでワックスを除去すれば可能だと思います。(蜜蝋あるいは植物蝋+オイル混合タイプのワックスでしたらそんなに神経質に考える必要はないと思いますが)
うちに板壁をオイル仕上げにしている部屋がありますが、オイルの追加というのは部分的にした事があるだけです。あとひどい汚れを落とした場合、そこだけをレタッチでオイル塗布した事があります。
床の場合は使っている部屋ならまずワックスだけでいいのではないでしょうか。家にも無垢の板張りの部屋がありますが、20年以上メンテナンスワックスのみです。
私は基本的にはオイルの再塗装は必要の無い物と考えています。長年放置して干からびているような場合は別ですが。

ワックスを塗ったからといって取り返しがつかないとか、二度とオイルが塗れないという物ではないので神経質になる必要はありません。ただし水性エマルジョンのリンレイオールみたいなワックス(樹脂タイプ)は完全にはがさないとオイルとの相性は悪いでしょうね、あれは塗料とワックスの中間のような物です。オイル仕上げの上に使うにはそもそも不向きと思います。

私は日頃のメンテ用にはたとえばアウロのようなタイプ(水性の植物蝋)をお奨めします。
http://www.auro-jp.net/item_page/auro431.html
つや消しになるのでピカピカとか濡れたような仕上がりにしたい場合はこの製品は不向きです。
その場合は油性タイプとか乾性油混合ワックスを薄ーく塗るあるいは塗ってからほとんど拭き取るような手順になると思います。

ワックスやオイル仕上げにしたら水拭きしてはいけないような事を書いているのもありますが、びしょびしょにして放置するならともかく、固く絞った濡れぞうきんで拭く程度では特に悪影響も見られません。

http://www.maedamokuzai.com/miturou.html
http://www.mokuzai.com/in_di-61-12

ワトコはクリアーを使用する物と思いますが。

蜜蝋ワックスというものはオイル(乾性油=荏胡麻油・亜麻仁油・桐油など)が混ざっている物なので、それを使うなら単独でオイルを追加塗りする必要はないですね。(ちなみにワトコオイルの主成分は亜麻仁油=リンシードオイルです)
それとワックス仕上げの場合メンテナンス用として水性タイプが指定されている場合も多く。この場合は最初にオイル混合品を塗ったらあとは水性タイプだけを使うのがマニュアルです。

あとからオイルをまた塗りたいと言う事でしたら、...続きを読む

Qつや出しニスとつや消しニスの違い。

つや出しニスとつや消しニスの違い。

現在日曜大工にて、ラワン材を利用し箱型の楽器を作成中です。
最終の塗装の段階に来ているのですが、そこで困っています。

墨汁で塗装した上からニスを塗る面と柿渋を塗った上から塗装する面があり
どちらも、テカテカ、ピッカピカに光るようにはしたくありません。
かといって、保護膜を作るわけにもいかず…。
このような場合、つや消しニスを塗ればよいのでしょうか。

つや消しニスを1回塗った場合、重ね塗りした場合等の効果、状態を
ご教示いただけますでしょうか。。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

艶消しは表面のテカリを出したくない場合に使用します。
また、ニス一回仕上げは普通ないです、最低でも3回はほしいです。
ニスは保護膜になりますので、重ね塗りをすれば保護効果が上がりますが、手塗りの場合は塗膜が厚くなります。
薄く均等に塗るには吹き付けが一番です。

また、ニスを重ね塗りする場合は、目の細かいペーパーで研ぐ方がよいです。

Q蜜蝋ワックスで塗装。水性ステインで着色はできますか

60年以上も前の箪笥があります。引き出しの表はケヤキ材、箪笥の本体は杉材です。全体の木地がいたんできたので塗装しなおししようと思っています。引き出し部分と本体部分を色代わりに仕上げたいと考えています。

 (1)仕上げは蜜蝋ワックスとして着色料に水性ステインは可能ですか。
 (2)金具がさびているのでこれも黒く塗装したいのですがとういうものが良いでしょう(はずせる技術  がないので取り付けたまましたい)。

よろしくご教授をお願いします

Aベストアンサー

No.2です。
補足は通知しない設定の人が多いと思います。ご承知ください。

原理としてはステインというのは塗膜成分をほとんど含まない顔料・染料を水や油に混ぜた物です。これを木に塗ると木の繊維にしみ込んで、蒸発しない顔料・染料が残って木肌を染めるわけです。

ですから塗装(ニスとか、クリアーとか呼ばれている透明の塗膜を形成する物。ワックス仕上げならワックスがそれに当たる。)をする前にステインを使って着色する必要があるわけです。必ず塗装の前です。
もし塗装をしてある物でしたらそれを剥がす必要があります。(クリアーの塗膜の上に塗っても本来の効果が無いし、拭いたら取れてしまいますし、触ったら体や衣服に移染してしまいます。)
ワックスを塗ってある物でしたら前述のようにワックスを一旦除けば水性でも油性でも塗れるはずです。
http://www.washin-paint.co.jp/product/details.php?item_id=100055
ワシンの場合水性ステインの上には油性でも水性でも塗れると書いてあります。他メーカーでも同じだと私の経験上は思います。
(ニッペのオイルステインはその上に水性ニスの上塗りOKになっています。http://www.nippehome.co.jp/prd/mn_001.html)
ご心配ご不明があれば使用される製品の説明書、ウェブカタログなどでお確かめください。

私の仕事場の床は着色した板を無塗装でワックス仕上げしてある物ですが、油染みなどを掃除して色やワックスが剥がれたところは油性のステインで復元でき、ワックスを掛ければ目立たないようになります。一応の参考までに。

油性のステインの毒性ですが、よく乾かせば有機溶剤成分などは出てこなくなるはずです。水性でも乾くまでの換気は必要です。

No.2です。
補足は通知しない設定の人が多いと思います。ご承知ください。

原理としてはステインというのは塗膜成分をほとんど含まない顔料・染料を水や油に混ぜた物です。これを木に塗ると木の繊維にしみ込んで、蒸発しない顔料・染料が残って木肌を染めるわけです。

ですから塗装(ニスとか、クリアーとか呼ばれている透明の塗膜を形成する物。ワックス仕上げならワックスがそれに当たる。)をする前にステインを使って着色する必要があるわけです。必ず塗装の前です。
もし塗装をしてある物でしたらそれを剥...続きを読む

QDIYで色落ち(色褪せ)したフローリングの補修

階段に数日前に塗ったワックスをやり直そうと、「リンレイオール床クリーナー」の原液を塗って1~2分待ち、ブラシで擦ったところ、茶色い汚れみたいなのが出てきて、念入りに水拭きしてみてみるとワックスの光沢は剥がれたんですが、同時に色落ちしたようになってしまいました。

この後、ワックス「リンレイオール」を塗ったところ、ワックスが「乗る」と言うより「染みこむ」ような感じで、乾燥させて塗るを5回くらいでようやく艶が出ましたが、なんだか古ぼけた木材がテカテカ光ってるような変な仕上がりになってしまいました。

我が家は築26年の戸建てで、以前は階段のワックスは塗っていなかったと記憶しています。

問題の箇所は階段の1段目と2段目のみで、他は塗り直し作業はせず、数日前に塗った状態のままです。

最初に塗った時の下地処理は「リンレイオール床クリーナー」を薄めて拭き、その後に水拭きと言った方法です。(今回のように原液ではない)

うちには障がい者がいて、帰宅時に一旦この階段の2段目に座るので、画像右上にあるように擦ったような傷が出来ています。この傷を埋めるために半年以上前にクレヨンタイプの補修剤を使った事があります。

今思い返せば、クリーナーの水拭きからワックスまでの時間が短くて乾燥が不完全だったかもしれません。

これらを踏まえて、色落ちを自分で補修できる方法をご教授下さい。
また、色落ちと同時に座った時の傷も直す(目立たなくする)方法があれば、併せてよろしくお願いいたします。

できるだけ年内になんとかしたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

階段に数日前に塗ったワックスをやり直そうと、「リンレイオール床クリーナー」の原液を塗って1~2分待ち、ブラシで擦ったところ、茶色い汚れみたいなのが出てきて、念入りに水拭きしてみてみるとワックスの光沢は剥がれたんですが、同時に色落ちしたようになってしまいました。

この後、ワックス「リンレイオール」を塗ったところ、ワックスが「乗る」と言うより「染みこむ」ような感じで、乾燥させて塗るを5回くらいでようやく艶が出ましたが、なんだか古ぼけた木材がテカテカ光ってるような変な仕上がりになっ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

つくりにもよりますけど、変形しているわけでも無いので大丈夫と思いますよ。
築80年で殆んど補修なしの家も有ります。添付写真では、寿命の根拠は感じません。

こういう時は、YouTubeですかね。
https://www.youtube.com/watch?v=xUcQHbDAuD4
https://www.youtube.com/watch?v=SkHMYht-cr8

他にも出て来るので、YouTube内で検索してみてください。
カラーワックス等は、ホームセンターで売っているもので良いと思います。
これ!という動画に辿り着くまで視聴時間も要すでしょうけど、見付かると思いますよ。
補修法が分かれば、言い包められることもなくなります。
店員さんにも話が進め易くなりますね。

>色落ちと同時に座った時の傷も直す(目立たなくする)方法があれば
イマイチ伝わりにくいですけど、商品購入ですかね。椅子による傷でしたら、椅子の足裏に貼る物も売っています。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%A4-Seiei-%E5%BA%8A%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%82%BA%E9%98%B2%E6%AD%A2%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%97/dp/B000B78IWY

ご参考になれば幸いです。

こんばんは。

つくりにもよりますけど、変形しているわけでも無いので大丈夫と思いますよ。
築80年で殆んど補修なしの家も有ります。添付写真では、寿命の根拠は感じません。

こういう時は、YouTubeですかね。
https://www.youtube.com/watch?v=xUcQHbDAuD4
https://www.youtube.com/watch?v=SkHMYht-cr8

他にも出て来るので、YouTube内で検索してみてください。
カラーワックス等は、ホームセンターで売っているもので良いと思います。
これ!という動画に辿り着くまで視聴時間も要すでしょうけど、見付かると...続きを読む

Q水性アクリルニスの上に油性ウレタンニスを塗ると

ほんとにしつこくてすいません・・・

経緯を簡単に申しますと、
DIYの木製の棚に水性アクリルニスを塗ったところ耐久性に問題があったので、油性ウレタンニスに塗り替えようと思っています。
そこで、元の水性アクリルをペーパーである程度剥がしましたが、先の質問では、そのまま上に塗っても問題ないとの回答をいただきました。

そこで、明日にでも塗装にかかろうと思いましたが、たまたま塗装会社のサイトを見つけ、そこでQ&Aを受け付けていたので念のためこちらにもこの重ね塗りが大丈夫かをメールで聞いてみました。
すると、水性アクリルの上に油性ウレタンは、密着性がよくなく剥がれ落ちやすいので、あまりよくないとの回答をいただきました。

というわけで悩んでいます。
先日の回答者様のアドバイスを信用しないわけではないのですが、塗装会社からこのように言われると、ちょっと躊躇してしまいます。
もう少し削ったほうがよいのでしょうか・・・。
すみませんが再度アドバイスをいただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

 水性アクリルは、アクリル樹脂塗料・・いわゆるラッカーと同系統・・を界面活性剤---いわゆる洗剤--で水に分散してあるものです。水が蒸発すると、その後シンナーが蒸発して塗膜を形成します。
 なので、性質としてはラッカーや速乾ニスと同じと考えてよいです。そのうえにウレタンを塗るとガラスの上に塗ったようなもので密着性が悪いので、ペーパーで表面を研削する必要があるのです。(前回の説明で省略しました)
 ウレタンはとても乾きが遅いですが、そのぶん丈夫です。硬度はラッカー系に比べて劣りますが、耐熱性、耐薬品性、耐衝撃性は高い。
 高温のものを置かなければ、ラッカー系は完全に取り除く必要はありません。


人気Q&Aランキング