ほとんどの清涼飲料水の缶の原材料に果糖ブドウ糖液糖とありますが、これは体にとって
悪いものなのですか?あとなぜ飲料水に入れられているのですか?単に砂糖水なのですか?

A 回答 (5件)

 申し訳ない。

転化糖のことだと思いこんでいました。
以下のURLに詳しい解説があります。
作り方はこう。まずトウモロコシからデンプンを取り出す。何故トウモロコシかというと、値段が安いからである。それにアミラーゼ等の酵素を作用させるとデンプンは加水分解され、主としてグルコースからなる糖液が得られる。これにさらにグルコースイソメラーゼとよばれる酵素で処理すると、グルコースの一部がフルクトースに変化(異性化)する。この混合糖液が異性化液糖、通称コーンシロップと呼ばれるものなのである。
JISではさらに細かい分類がなされており、フルクトース含有率が50%未満のものを「ぶどう糖果糖液糖」、50%以上90%未満のものを「果糖ぶどう糖液糖」、90%以上のものを「高果糖液糖」と呼んで区別している。この異性化糖は砂糖より安く、甘いため使用されている。ただ砂糖にくらべて味の深みに欠け、単体では単調な印象を与える。

参考URL:http://home.highway.ne.jp/ichiro/colawp/seasonal …
    • good
    • 2

dragon-2先生の回答に対して、「これを、加水分解酵素によって分解してつくったもの」と言う表現が少し誤解される可能性がありますので・・・?



Sucrose→Glucose+Fructose
は加水分解ですよね。
安全性の説明の為に引用されたのでしょうが、工業的には砂糖からではなく、ブドウ糖からの転化糖ですよ?

コーン(とうもろこし)→ブドウ糖→転化糖
これをカラム分離・精製する事で製造されています。そのカラム分画成分で「果糖ブドウ糖」と「ブドウ働果糖」があります。
    • good
    • 2

Nakaさんの回答とおり、転化糖のことです。


砂糖(蔗糖:スクロースが正式名です)はブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)が結合してできています。これを、加水分解酵素によって分解してつくったものが、ご質問の「果糖ブドウ糖液糖」なんです。なんで、こんなことをするかですが、実は「果糖」の甘みは「砂糖」の約20倍なんです。少量で(ローカロリーで)甘さが大きいのです。砂糖が原料で、分解酵素も問題ありませんので安全です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。ローカロリーだということは聞いたことがあります。

お礼日時:2001/02/13 02:29

Nakaさんの回答がありますが、以下の参考URLサイトに関連質問の回答があります。



果糖とブドウ糖の混合液には「果糖ブドウ糖」と「ブドウ働果糖」があり、その含有割合で呼び方を変えてます。
「果糖ブドウ糖液」では果糖>ブドウ糖です。
ブドウ糖も果糖もその溶液(ある濃度で)は点滴液になってます。

さらに、糖尿病患者ではブドウ糖摂取量(炭水化物)のコントロールは重要です。

更に、詳細な情報(糖尿病との関連とか?)必要でしたら補足お願いします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/search.php3
    • good
    • 1
この回答へのお礼

含有割合の違いとは42%と55%のことですよね?
それはわかってたんですが、、、、。
できれば、どうして飲料水に入れられるようになったか、が知りたいです。
でも、回答してくださってありがとうございます。

お礼日時:2001/02/13 02:36

◆Naka◆


異性化糖のことですね?主原料はデンプンで、炭水化物から麦芽糖、そしてブドウ糖と工業的に分解されたものに異性化酵素を働かせて、ブドウ糖と果糖との混合にしたものです。これらの加水分解物の水溶液を転化型液糖と呼んでいます。

元々蔗糖(一般的に砂糖)はブドウ糖と果糖とが結合したものですので、一部の人口甘味料に比べると、くせのない砂糖のような甘さを出すことができるんです。
また価格の安さも大きなメリットとなっています。
健康に対する影響についてはわかりませんが、特に問題となるようなことは聞いたことがありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

価格の安さが大きなメリットだとは、、、、ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/13 02:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガーデニングの作り方

ガーデニングの簡単な作り方を教えてください。
鉢に限ります。

Aベストアンサー

こちらで

http://www.kenko-journal.com/my-little/back/005.html

Q砂糖とぶどう糖果糖液糖の違い

今ダイエットと健康をかねて朝食にウィダーインゼリーのエネルギーを飲んでいるのですが、ぶどう糖果糖液糖と砂糖はどう違うんでしょうか?
砂糖をなるべく取らない食生活にしたいと思ってるのです。

Aベストアンサー

砂糖の成分は皆さんの仰るとおり、ショ糖です。
ショ糖はブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)が化学的に結合しています。

ブドウ糖果糖液糖は異性化糖で、原料はでんぷんです。
でんぷんを分解してブドウ糖にした後、酵素を用いて一部を果糖に異性化して作ります。
ですから、ブドウ糖と果糖の混合物ということになります。

違いは物理的な性質や、味ですね。

体に入れば同じでしょう。

参考URL:http://sugar.lin.go.jp/tisiki/ti_0407.htm

QDIY、設計図、作り方

DIYに目覚めたものです。
ガーデニングのテーブルやイス、バーゴラ、
額縁のようなスタンド等いろいろ作りたいのですが、
寸法、繋ぎ方、板の厚みは?、強度の取り方。
これらを参考に出来るための設計図や作り方のアドバイスを
インターネットで提供していただいているところは
ないものでしょうか?
以前本屋さんに行きましたが作品集が少なく、
何冊も買わないといけないのであきらめました。

Aベストアンサー

こちらのサイトにテーブルの設計図や作り方が掲載されています。

参考URL:http://current-server.com/diy/

Q糖尿患者がブドウ糖でなく、砂糖を口から入れると、吸収はどこから?

糖尿病患者は低血糖用にビスケットや飴や砂糖を携帯することになっていますが、砂糖やでんぷんはどうやって速やかに体内に吸収されるのでしょうか?
以前、腸の絨毛上皮で単糖=ブドウ糖に分解され吸収されると聞いたのですが、口や医などの上部消化管ではブドウ糖より大きな糖類はどのような形で吸収されるのでしょうか?
とても、低血糖の時に、小腸に行くまで待ってはいられないと思うのですが。

Aベストアンサー

経口インスリンスプレーのように薬剤が皮膚や口腔内粘膜を通過するのだから、グルコースもいけるかもしれません。
ただ小腸からの吸収に比べたら微々たる物だと思います。
薬学の方で調べると研究とか論文があるかもしれません。

二糖類や多糖類が粘膜を通過するのは大きすぎて無理だと思います。

Qマックのナゲット・ソースの作り方

マックのナゲットとナゲットソースが大好き
です。自分で作ってみたいのでお知恵を
貸して下さい。
○ナゲットの作り方
○バーベキュウソースの作り方
○マスタードソースの作り方
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

チキンナゲットの作り方は以下です。

<材料>
皮なし鶏むね肉・・・200g
タマネギ・・・1/4個
砂糖・・・大盛り大さじ1
塩・・・大盛り小さじ1
天ぷら粉・・・大さじ2
卵黄・・・1個

<作り方>
1)鶏肉、タマネギを適当な大きさに切り、材料を全部入れ、フードプロセッサーにペースト状になるまでかける。

2)スプーンで形を整え、油に落とし、キツネ色になったらできあがり。

ソースの作り方は知らないのですが、マックで一つ10円で売ってくれるのでたくさん買ってはどうでしょう?2ヶ月くらいは賞味期限がありますよ。

Qお茶系(玄米茶・そば茶)清涼飲料水の効果はあるか

健康ブームにのってか、玄米茶やそば茶、ヘルシア等の清涼飲料水が売られるようになりました。

このような製品の効果は、実際どの程度のものなのでしょうか?
清涼飲料水という時点でだめですか?
アミノ酸・クエン酸等の飲み物は糖分が多く入っており、逆に体に悪いと思っています。

しかし、お茶系はどうなのかなと思いました。
価格的にはヘルシアを除き、普通のジュースとかわりません。
効果なんて期待できるのでしょうか。

ミネラルウォーターが一番と言われますが
どうしても付加価値を求めてしまいます。
これも否定されれば、水を買おうかと思っています。
積極的に取るのではなく、喉が渇いたときに飲むものとしてです。

Aベストアンサー

>アミノ酸・クエン酸等の飲み物は糖分が多く入っており、逆に体に悪いと思っています
⇒これは使い方・使う人次第ですから、一概に悪いとは言えません。
 運動や頭脳を使う人には必要なものです。脳が疲れたときなどには非常に有効で、研究者などは良く飲んでいます。 勿論月に一回の血液検査は欠かしません(義務と成っているからですが、健康の評価には有効です)。

>価格的にはヘルシアを除き、普通のジュースとかわりません
⇒具体的な含有物と含有量が不明ではなんとも言えません。

何かしらの効果を考えるなら、必要な物質の入ったサプリメントを使ったほうが良いでしょう。

濃いお茶などは、かなり飲むと、眠たいときとか、はっきりしたいときなどはかなり効果がありますし、コーヒーなどよりも日本人はお腹に来ません。 其の主作用はカフェィンでしょうが、そのほかにも色色と脳にも体にも良い物質が発見されていますね。
其れを体で分かっていたので、昔々は支配者しか飲めない高級品だったわけです。

で、
例えば、蕎麦茶(日本に有るのか・内用物は何かなどは不明)などが有れば、血圧が高い人にはルチンが多いなら有効でしょう・・・・など。

>どうしても付加価値を求めてしまいます。
⇒そりゃソウですよね。結構高いものですから。
水だって、日本の上水道はそのまま飲める世界でもトップクラスですが、其の値段と比べると安いミネラルウォーターだって、かなりの値段って考えますし、飲み終わったボトルも直ぐに大量に溜まり、勿体ないですね(特に日本のペットボトルは頑丈ですから)。

私は水道水そのまま飲むのは危険・・・・って程でも無いが、多くの人はミネラルウォーターをガロン単位で家庭宅配で購入したり、各種飲料物を大型ボトル等で飲まざるを得ない地域なので購入していますが、宅配は引き取りに来ますが、それ以外は日本のボトルとは違い、ペコペコのものですが、沢山残るので勿体ないです。(^_^;;

質問内用からして、日本に在住だと思いますが(アドバイスして、後だしジャンケンの様に、実は日本在住ではないなんて人がいるので)、
上水道に病院で透析に使う技術を応用した、浄化装置が数千円で売っていますから、其れをつけて、冷蔵庫で冷やして飲めば、安上がりで良い水が得られるのではありませんか?  
私は毎回一時帰国時に其のカートリッジを購入しています。今はトリハロメタンも取れますしね。
此の技術は日本のが最高だと思います。

>アミノ酸・クエン酸等の飲み物は糖分が多く入っており、逆に体に悪いと思っています
⇒これは使い方・使う人次第ですから、一概に悪いとは言えません。
 運動や頭脳を使う人には必要なものです。脳が疲れたときなどには非常に有効で、研究者などは良く飲んでいます。 勿論月に一回の血液検査は欠かしません(義務と成っているからですが、健康の評価には有効です)。

>価格的にはヘルシアを除き、普通のジュースとかわりません
⇒具体的な含有物と含有量が不明ではなんとも言えません。

何かしらの効果...続きを読む

Qすすきのふくろう みみずくの作り方は?

むかしおばあちゃんが作ってくれた「すすきのふくろう」の作り方を知りたくなって、探してみたのですが、作り方を紹介しているページを見つけることが出来ませんでした。

どなたか、すすきのふくろう、あるいはみみずくの作り方を紹介しているページを御存知の方、ページを紹介していただけないでしょうか?
もちろん、作り方そのものを教えていただけるかたも歓迎です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

僕は小学生のときに作ったことがあったんですが、
作り方は忘れました。
作り方を簡単に紹介しているサイトを見つけたのでお知らせします。

参考URL:http://www01.u-page.so-net.ne.jp/fa2/sakaeya/MIMIZUKU.html

Q果糖ぶどう糖液糖とコーンシロップは同じものですか。

果糖ぶどう糖液糖とはどのような食品でしょうか。アメリカなど海外でよく使われているコーンシロップと同じものですか。教えてください。

Aベストアンサー

果糖ぶどう糖液糖は食品ではなくて食品添加物です。清涼飲料水に食品添加物として使われる甘味料です。単糖類の一種である果糖とブドウ糖を液状化させたものです。果糖ぶどう糖液糖の原料は特定されません。とうもろこしかじゃがいもかさつまいもなどの澱粉を酵素分解して生成します。コーンシロップも形状と成分は似ていますが、果糖よりもブドウ糖の比率が大である点が異なります。厳密には両者は同じではありませんが、どちらも肥満・糖尿病を促進しますから、その意味では同じようなものと考えても間違いではありません。

Q醤油豆の作り方

テレビで醤油豆の作り方見たのですが、ソラマメのとる時期や 作り方が
よくわからず 去年はあまりよくできなかったので 本当の作り方を
教えてください

Aベストアンサー

参考URLをはっておきます。
ソラマメのとる時期?というのが良く分からなかったのですが、
醤油豆の作り方が知りたいということで解釈しました。

参考URL:http://www.kbn.ne.jp/kagawa/products/nousann1.htm

Qカロリーゼロとかの清涼飲料水

甘いジュースとかが好きなのですが、最近血糖値が気になるのでダイエットコーラなどのカロリーゼロのジュースを飲むようにしています。
それでそういう飲み物には人工甘味料(アスパルテーム、スクラロース、エリスリトール、アセスファルケム)などといわれる物が使われていますが、これらは砂糖などの糖分と違って血糖値には影響しないのでしょうか?
人工甘味料には発がん性やおなかがゆるくなったりとか未解明の問題もあるようですが、そういうのは別としてあくまで血糖値の観点では全く心配しなくて(摂取して)よいものなのでしょうか?

Aベストアンサー

下記の糖尿病専門医のブログによると、血糖値への影響はあまりないようです。
ただ、人工甘味料には一日の許容摂取量というものがあるそうです。

参考URL:http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-367.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報