人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

道幅の狭い私から見て右カーブ(上り)の曲がりきったちょうどカーブの所で対向車と衝突しました。センターラインはありません。
私の方からは見通しはあまりよくなくカーブ先の左側にあるミラーでスピードを出してそうな対向車を見て止まっていました。
相手側からは見通しもよく私の車にも比較的早く気がついたようでブレーキをかけましたが、下り坂だった事もあり、タイヤがロック状態のようになり滑ってきて止まれず双方の右前方に衝突してしまいました。

道幅の狭い道路でセンターラインがなかった為、私にも過失がある事は承知していますが、保険会社に連絡した所、私の車の停止は停止にならないという事でした。
あくまでもセンターラインを超えたか超えていないか?だけで過失割合が決まるとの事です。
スピード超過も検証されなければ何の意味もないとの事でした。目測だけではダメと。

どうせ車両保険でまかなえるから、割合はどうでもいいでしょうみたいな事も言われました。
自動車事故の保険って、こんなものなのでしょうか?
初めての事故でよくわからないので、わかる方、ぜひ教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

僕は自賠責の代理店をしていたこともありますが自動車保険の専門家ではなく、保険一般のことをやっているので適切かどうかは分かりませんので、割り引いて聞いて下さい。



過失割合というと白黒の決着をきちんとつける感覚がありますが、裁判でもならない限りは、担当者の経験則みたいなもので判断をします。

また、警察の実況見分も自動車事故を確認しておきます程度です。
お互いの言い分を調整はしません。
民事不介入ですから、過失割合も言いません。

もちろん、保険の担当者はそれまでの似たような事例・判例・交通事故判例関係の雑誌記事などを参考にしますが、相手の会社と交渉が長引かなければお互い<まあまあ>のレベルで幕引きをします。

実際、それが一番解決が早いでしょう。
また、あなた自身の金銭負担が増える訳でないので、過失割合が多少変化しても事故登録をして処理したら次回の更新時には等級が下がりますから、結果として同じことなのです。

あなたのプライドからしたら、自分が過失割合的にも悪くないようだし、自分の加入している保険会社だから多少でも自分の言い分を聞いて、相手に強く出てもらいたいみたいな気持がおありでしょう。

でも、実際は事故処理優先で、お客の話は話半分みたいに聞くのが普通です。むしろ、担当者には相手の出方が一番気になるのです。

担当者の説明の仕方もよくないですね。
態度があまり悪いなら、「こちらの言い分をキチンと聞けない事故対応なら、他の保険に今度は入る」って、その担当者の上司に言うのも手ですがね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり申し訳ありませんでした。
とても建設的なご意見をありがとうございます。
現状、まさにkappa1zokuさんのおっしゃる通りです。とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/04/17 00:25

僕は行き交うことがやっとの狭い道、ごく軽い左カーブなところで信号待ちをしていました。

センターラインはありません。
交差点から青信号で進入してきた車が、僕の車の右後部をこすってしまいました。
相手方も右後部をこすっています。
すぐに担当の保険屋さんに電話したところ、停止していたのが明らかなら止まっている車にぶつかったという話なので僕の過失がない可能性がある。まずはすぐに110番するようにとのことで指示に従いました。

実況見分でも、僕の車は完全に停止していたことが明白で、私も相手方も異議ありませんでした。
そのような状況を、双方の保険会社にお伝えしたら、相手方の保険会社から私に電話があり、「今回は停止していた車への衝突ということで全額こちらの保険で修理させていただきます」ということになりました。

過失割合が10%でもあるなら、20%だろうが50%だろうが私の経済的な負担はなにも変わらないので何割になろうがいいのですが、過失無しと一部過失ありとでは翌年以降の保険料に多大な差が出ますので、「停止が明白で過失がない」という状況は大切だと思います。

ただ僕の場合、信号待ちをしていたということで前後に車がいて動けるわけがないって事と、相手方も「止まっていた車に接触した」と正直に報告してくれた件など、僕の不利になるような証言がなかったので幸いなことだったのかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
私の場合は、センターラインのない狭い道路なので、相手が自車について真ん中寄りを走って止まっていたと主張すると私の過失は発生してしまうようです。
また相手側は、これ以上保険を使うとブラックリストに載ってしまう為今回は保険を使わないという事ですので、相手側も過失を少なくするよう必死なのです。
やはり保険屋さんにお任せした方がスムーズに処理できそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/17 00:35

NO2さんの回答のとおりと思います。


事故は相手のあること 自分の主張 相手の主張 双方の言い分を尊重しながら、どこかで折り合いをつける。それが示談というものです。
警察、保険屋 いずれも事故後の対応 事故に至るプロセスは当事者にしかわかりません。
警察は民事不介入 衝突直前の停止は停止のうちにはいりません。
離合中の接触事故は通常では50:50あたり?、幸いに車両保険加入のようですから、過失相殺がどのような形になれ、あなたに自己負担はないと思われます。
示談は双方の譲歩、妥協のなかでしかなりたちません。少々の過失に固執して訴訟してまで決着つけたいと思うなら、否定するものではありませんが、賢い選択とも思えません。

>スピード超過も検証されなければ何の意味もないとの事でした。目測だけではダメと。
これは主張する側に立証責任があります。目測だけではなんの証拠にもなりません。

交通事故の解決、示談とは大体が今回のような形で対応・処理するのが一般的です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
まさに現状そのままのご意見をありがとうございます。
事故とは、そういう物なのですね。
私も過失がまったくなかったとは思ってはいませんので、保険屋さんにお任せします。ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/17 00:28

自車が完全に停止しており、かつ右側に対向車が通過できるスペースがあったのなら、あなたの過失は、限りなく0に近いと思います。



スペースがあったのに通過できず、スリップして衝突したのなら、スピード超過は明らかであり、ほとんどが相手の過失です。

スペースがない所に停止していたのなら、あなたにも過失はあるでしょう。(私の意見は、50%程度)

現場検証して寸法を測定すれば、結果は出ると思いますが、トラブルを避けるため、事故は必ず警察を呼んで、事故証明を取ることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
tent-m8さんがおっしゃる通り警察も呼んで処理はしております。
自車の停止から衝突までは3~4秒、対向車が通過できるスペースもあったかと思います。
が、すぐに車両は動かしてしまい警察も「すれ違い事故ね」と現場では何ら計測もしませんでしたので、実際は定かではないのが事実ですので、私の過失もあったかと認めざるを得ないのかと思っています。
ただ私の過失のが少ない可能性が高いという事がわかってよかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/17 00:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のすれ違いで相手にぶつけられました。

橋の上で対向車とすれ違うとき、ぶつかりそうだったので停車したところ、相手はそのまま進行してきて私の車の後部側面に車をぶつけてとまりました。
この場合、相手に私の車の修理代金を全額請求することは出来ないのでしょうか。

Aベストアンサー

示談と言うのは自分たちが納得すればよいわけで、ここで質問されても絶対という答えはありません。双方納得すればどちらか一方が全額出すでもいいですし、半分でもよい。
納得しなかったときに限って法律が介在します。保険屋に相談するものですので保険屋に聞けばよいのですが、保険屋としては自分のところが出すのは避けたいわけで、独自の過失割合基準を作ってます。
でもそれはあくまでも保険屋基準なわけですよ。よく保険屋がこう云ったから法律でもこうなんだと言う人も居ますが、それは間違いです。正しい、悪いの判断は裁判所でないと出ないのです。それも含めて双方が納得する事が大事なんですね。
で保険屋の基準からすれば車に乗ってエンジン掛けている以上は双方に過失があるという定義。そもそもその橋を通る事は過失では無かったのかと言う事。ですからこの場合相手60あなた40が妥当な保険の判断でしょう。
相手が全額出しますと言えば別にかまいません。たとえ脅したとしてもね。恐喝は別の罪ですから。

Q狭い道での接触事故

当方、外車、左ハンドル、車幅約2mで、相手、国産コンパクトカーです。
普通車がギリギリすれ違いできるか、できないかの狭い直線道路で、こちら側から見て突き当りはカーブになっています。
先に当方が、直進しているところに、相手の車がカーブから進入してきました。カーブのすぐ横(相手側から見て左側)には十分車を止められるスペースがあります。当方はまずいと思い車を止めて待っていましたが、相手の方は、当方の車の真横まで入ってきました。当方左側は畑で段差があり、相手左側は、民家のブロック壁です。そこで当方が、左側に十分寄せながら慎重に相手の車をかわそうとした瞬間、当方の後部右フェンダーと、相手の後部右フェンダーが接触しました。相手の方は十分まだ左側に車を寄せることは出来たのに、寄せようとはしませんでした。相手の方の言い分は、止まっていた。絶対止まっていたと言い張ります。

1、警察に電話をしましたが、警察の方は、警察署まで来てくださいと言いました。

2、当方、事故当日、納車されて、任意保険には未加入でした。

3、相手の方は任意保険に加入、事故当日、その保険代理店の方には、事故の事を詳しく説明しましたが、当方が任意保険に入っていない事を伝えたたら、こちらが動いていたということで、一方的に悪く言われました。

4、後日、保険会社の方から電話があり、過失割合の事、事故の説明等、何も説明無しで、相手の方の修理代を払って頂けますかと言われ、何も分からず返事をしてしまいました。何も聞かないこちらも悪いですが・・・

5、事故から約1ヶ月経過したころ、相手の保険代理店の方から電話があり
相手の修理代の請求を受けましたが、過失割合の事は、言わずこちらが聞いてはじめて、100対0と聞きました。
やはり、当方が、動いていたので、100対0になるのでしょうか?
説明がわかりずらいと思いますがよろしくお願いいます。

当方、外車、左ハンドル、車幅約2mで、相手、国産コンパクトカーです。
普通車がギリギリすれ違いできるか、できないかの狭い直線道路で、こちら側から見て突き当りはカーブになっています。
先に当方が、直進しているところに、相手の車がカーブから進入してきました。カーブのすぐ横(相手側から見て左側)には十分車を止められるスペースがあります。当方はまずいと思い車を止めて待っていましたが、相手の方は、当方の車の真横まで入ってきました。当方左側は畑で段差があり、相手左側は、民家のブロック壁...続きを読む

Aベストアンサー

◆1について

 物損事故の場合で、かつ自走可能な場合は、
 お近くの交番に出向くように言われます。
 なお、警察への届出を拒むと道路交通法で
 罰せられます。

◆2について

 客観的に考えまして、交通事故と何ら関係ありません。

◆3について

 質問者自身も、双方走行していた主旨を伝えます。
 また、相手車両の左側に余裕があったのならば、
 中央寄りを走行していた、という相手の過失を
 主張します。

◆4について

 過失割合については回答を取り消してください。
 本件事故の過失割合は狭路ですから、
 50対50となります。

◆5について

 前述の通り、50対50となりますので、
 100対0を受けることはありません。
 相手は保険会社ですよね?
 保険金を払いたくない、という気持ちが
 見え見えです。
 1ヶ月も経過してますから、素人の質問者さんが
 1人で解決するのは困難と思います。
 記憶が新鮮なうちに、調停などを検討されては
 どうですか?

Qすれ違いでこすった…??

先日、夜に細い道(中央線もない)でこちらは軽、相手はワンボックス?ですれ違いました。

そのとき違和感はなかったのですが後々、何と無くすれ違いざまに何か音がしたような気がしたような、と気になりだして帰ってから車をみても特にミラーやボディなどどこにも傷はありませんでした。
ミラーはウインカー付きなので傷がいくとしたらウインカーの出っ張りのところですがそこにも傷はなくボディなどにも全くありませんでした。
こすったと仮定して、こちらに全く傷がなくてこするとかありますか…?
こちらは軽で相手はワンボックスなのでこちらには傷がなくても相手はボディにつきますか…?

もしこすったとして相手にドラレコなどついていたとしてこちらのナンバーとかがわかれば警察から連絡はくるのでしょうか?そうなった場合はどうなるのでしょう…

確実にこすった、当たったという手応え?や傷はなくて、でも音は聞こえたような…という感じでもやもやしています。

こういった経験した方はいますか?

Aベストアンサー

通常、当たったと向こうが思ったならその場で止まるかクラクションを鳴らすなどして走り去る質問者様に対し何らかのアクションを起こす気がします。ですから可能性が高いのは小石か道路脇の枝や野草に当たったのでは無いかと想像します。

万が一当たっていたとして、まずミラーがあたると思うのですが…ミラーが動きも
しなかった程度なら相手に大きな傷があるとはあまり考えられないし相手が通報したとしても自車に傷が無いレベルなら、自車がこの状態だし小石が跳ねたのかと思いあたったとは思わなかったと説明すればわかるレベルかなと思ってしまいます。

どちらも動いている状態だったのならお互い様で終わる話になるのがほとんどですし、向こうが停止していてぶつけたなら修理してあげるという感じかと思いますよ。

Q対向車との接触事故の過失について

センターラインのない、狭い市道で対向車同士でミラーを接触しました。

前方から、道の真ん中をスピードを出してくる車が向かってきたので、すれ違うには狭いので、左に寄って減速したのですが、お互いの右のドアミラーが接触し割れました。

こちらは、よく出ていても30キロもスピードは出ていなかったと思います。

しかし、相手は、本人曰く4、50キロのスピードで、減速もせず対向してきたにもかかわらず、
事故処理後、相手の保険会社の担当が、五分五分でお互い自分で車を直すと言ってきましたが、
納得がいきません。

自分としては、相手の無謀な運転が原因と考えています。

自分にも過失はあるにせよ(停止しなかったこと)、
減速はしていたし、せめて6対4じゃないかと思うんですが。
相手は免許を取ってまだ3年ほどで、
最近軽四からオデッセイに買い換えたばかりで、
軽四のときも事故を起こしたことがある子です。

そんな乗りなれていない車で、
あんな狭い道を減速もせず走っておいて、
五分五分なんておかしくありませんか?

しかし、目撃者もいないし、
証明できるものがない場合は、
もう五分五分で折れるしかないんでしょうか。

どうしたらいいんでしょうか。教えてください。

センターラインのない、狭い市道で対向車同士でミラーを接触しました。

前方から、道の真ん中をスピードを出してくる車が向かってきたので、すれ違うには狭いので、左に寄って減速したのですが、お互いの右のドアミラーが接触し割れました。

こちらは、よく出ていても30キロもスピードは出ていなかったと思います。

しかし、相手は、本人曰く4、50キロのスピードで、減速もせず対向してきたにもかかわらず、
事故処理後、相手の保険会社の担当が、五分五分でお互い自分で車を直すと言ってきましたが、
...続きを読む

Aベストアンサー

半年ほど前に接触事故をおこされました。
私のケースは、見通しのよい道路だったこと、こちらは右折待ちで停止していたことをふまえて相手側の完全な過失ということで車は向こうもちで修理してもらえましたが、やはり相手は「むこう(私)が右折待ちラインをはみ出していた」「減速して曲がる途中だったのではないか」とゴネられて困りました。

ですので私は自分の保険会社に事情を説明し、「車の破損状況からこちらが停止していたことを証明できないか」とお願いしたところ、しっかり話をつけていただきました。

相手がスピードを出してぶつかってきた場合、相手のほうが損傷が激しいと思うのですが、それをなんとか照合して、ご自分の保険会社に相談しなおしてみるのがいいかと思います。
間違っても直接相手と話をつけてはいけません。
話がこじれるだけです。
あくまで毅然と、保険会社同士の話し合いで済ませたほうがいいかと思います。
がんばってください。

Q自動車事故の過失割合について

センターラインの無い道路で、相手の車がカーブを曲がりきれずに、ぶつかってきました。相手は、自分がはみ出てぶつかったのも、ブレーキをふんでも止まりきれずぶつかってしまったのも認めています。しかし、相手の保険会社が、過失割合は6:4と言ってきました。こちら側は、何も悪くなく、現場検証でも相手がはみ出してぶつかったとなっているのに、6:4は納得がいきません。通常は、こういう場合、過失割合はどれくらいなのでしょうか?また、話し合いがこのまま進まない場合は、どうすればいいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過失割合はその場その場の状況でパターンがあり、それに多少の上下を行います。
6:4は最初の提示ではないでしょうか?
これにお互いの過失を加味します。
(相手のセンターラインオーバーの他にお互いの速度超過、飲酒、夜間でしたら無灯火等)
しかしぶつかった瞬間に完全停止していない限り過失は発生します。
納得できないですよね、でもこれは判例を元に行っています。
交通法規は法規を守らない相手がいても事故を回避することを要求しています。
アジャスターという保険会社の調査員がある程度決めますが、あとは裁判するしかないでしょう。

お体はどうなのでしょうか。
お怪我されたなら割合が悪いと慰謝料も減額されるので頑張るところですが
物損だけなら結局双方の保険をつかうことになりますので頑張るだけ労力の無駄です。
頑張っても恐らく8:2までしか変わらないと思います。

私も対向右折の不注意で正面衝突しましたが、当初7:3→9:1止まりでしたよ。
気を落とさないで下さいね。

Q10:0の事故。車の修理費に疑問が。。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこちらから連絡すると「修理はもう終わっています」とのことで驚きました。なぜ概算見積りが出たときに連絡をくれないのか?というと「修理は止められませんので」と的を得ない回答でした。私は修理を止めるつもりはなかったのですが、概算見積りはとっくに出ていたのに連絡がありませんでした。
少し不信感を持ちつつ概算見積りの金額を聞くと修理費が22~3万で代車費用含めて30万ほどになるとのことでした。

相手の方の車が国産車の限定車でリアバンパーが高く、さらには部品取り寄せに時間がかかって代車の日数も増えたとのことでした。

ここで疑問なのですが、

ディーラーに確認したらリアバンパー代は塗装代込みで約7~8万と言われましたが、修理費に22万も必要でしょうか。
また、部品を取り寄せるのに時間がかかるなら自走可能車でも代車を出すのでしょうか?
これは私が判断することではないのかも知れませんが、バンパー交換は経験上1日で終わりますし、部品を発注している間は自走できるなら代車を出す必要はないと思うのですが。

私が起こした事故ですし、人身に切り替えられなかっただけ有難く思え、人を轢くよりましだろう、と言われるのは覚悟の上ですが、どうしても修理費に疑問があります。
もちろん、必要な修理費は払わせてもらいますが、あまりにも不必要に代金がかかっている気がしてなりません。

現在の状況は、保険会社が派遣したアジャスターと修理先の板金屋が値段交渉をしている最中で、修理費が確定するまで少し待ってほしいと言われています。

また、修理箇所の写真と見積書は保険を使う場合はお見せできない、と言われました。
見せられない内容なのですか?と聞くと「実費で払われるならお見せでます」と言われ、ますます不信感が募りました。
もう実費で払うから板金屋と直接話がしたい(部品代の領収書、工賃や代車の明細を知りたかったので)といったら、それは難しい、と言われました。もし直接話をするなら保険会社は介入できないとも。
詳しくは知りませんがそんなもんなんですかね・・・。自分が一番悪いとはわかっていますが、保険会社の対応も修理先の対応も疑問ばかりです。
ひょっとしたら、中の部品も破損していて値段が跳ね上がったのか、とも考えましたが、本当にコツンと当たった程度で凹みもなかったので考えにくいです。ただ、実際に写真を見てみないとなんとも言えませんが。。。

経験がないのでわかりませんが、自動車事故ってこういうことがよくあるんでしょうか。
今後、どのようにすれば良いのか悩んでいます。
相手に迷惑をかけた慰謝料と思えば良いのかな、とも考えますが、相手ではなく修理先が必要以上に代金を請求している気がしてしまいます。

すみませんが、よろしくお願いします。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこ...続きを読む

Aベストアンサー

 あなたの保険会社が闘わないんなら、そんなモンですね。あなたの懐は変わらないので、被害者である相手によりいい印象を与えるように逆もしているということです。保険会社同士で話し合い決着がついているから、それを覆すなら、裁判でどうぞということですな。値段的には、問題ないと思いますよ。バンパー付近も色あわせでなじむように塗るという「建前」になってると思いますからね。自損なら10万って事ですね。

Q自動車同士の物損事故の過失割合に不満があります。

私の主人のことです。

事故現場はT字路。
主人側の車は中央線なしの道路(T字の縦棒部分の道路)で、T字に入る前に一旦停止の標識ありの道路で一旦停止。右側は十分に車が通れる幅あり。

相手側の車は黄線の中央線ありの片側1車線道路(T字の横棒部分の道路)、
主人から見て左側から右折でT字に入ってきた。

そのとき、かなり相手が小回りに右折してきて、主人は避けるスペースなし、停止し続けていた。
相手は超低速で主人の車スレスレに通ろうとし、結局主人の車の右後ろの角に
車をこするように接触。

相手側の傷は運転席側ドアから後ろのドアまで横にすれた傷、
主人側は右後ろの角にすれた傷。

主人は動くと危険と思い、停止していたと主張、相手は主人も避けるためにじわじわ動いていたと主張。

主張が食い違うため、相手側の保険会社が選定した中立の立場(らしい)リサーチ会社に
調査を依頼。
リサーチの方は、主人側の車の傷を見た瞬間、主人側の主張(自分は停止していた)に同意するような意見だったらしい。

しかし、相手側の保険会社からは相手:主人=8:2の割合で提示をしてきた。
理由は、相手の方が優先道路だからとのこと。
主人は停止していたので無過失のはずと不服、任意保険の弁護士特約を使って弁護士に依頼するとのこと。

以上が経緯です。
お互いかすり傷なので、修理費用は高くても全部で20万もいかないと思います。
主人は、お金どうこうより、自分に過失が無いのに過失ありの扱いをされた事に
不満があって、弁護士に依頼するようです。
(余談ですが、免許取得後初心者期間を除き15年間ずっとゴールド免許で違反・事故なし、任意保険も最良の級を維持しています。運転はかなりうまいです)

ちなみに、事故当時、対応してくださった警察官の方がお互いに事情を聞いた時、
主人のほうはすんなり理解していただいたのですが、相手の方のほうは言い分が二転三転して
「何を言っているのかわからんよ」と言われていたそうです。

(1)主人側は停止している時点で過失割合は0だと思うのですが、相手が優先道路だっただけで
過失となるのはおかしくないでしょうか?
なぜ主人側に過失が付くのかわかりません。
(2)主人の任意保険は等級が下がらない特約も付いているので、弁護士特約を使うと言っています。
やはり弁護士に依頼したほうがよいのでしょうか?
少額訴訟も検討してはどうか?と私は思っています。
(3)主人側の保険会社にもリサーチ会社を依頼して、調査してもらうべきでしょうか?
(4)その他、何かアドバイスがございましたらお願い申し上げます。

私の主人のことです。

事故現場はT字路。
主人側の車は中央線なしの道路(T字の縦棒部分の道路)で、T字に入る前に一旦停止の標識ありの道路で一旦停止。右側は十分に車が通れる幅あり。

相手側の車は黄線の中央線ありの片側1車線道路(T字の横棒部分の道路)、
主人から見て左側から右折でT字に入ってきた。

そのとき、かなり相手が小回りに右折してきて、主人は避けるスペースなし、停止し続けていた。
相手は超低速で主人の車スレスレに通ろうとし、結局主人の車の右後ろの角に
車をこするように接触。

相手側...続きを読む

Aベストアンサー

>相手側の傷は運転席側ドアから後ろのドアまで横にすれた傷、
>主人側は右後ろの角にすれた傷。
 いくら前進したって、ご主人車のリアバンパーの角が
 相手車のドアからリアフェンダーにかけて接触することは基本的に無いので相手の偽証と見る。

 ご主人車が動いたことにより接触したと考えられるケースは2つだけ

1.相手がギリギリに近づいた後に、ご主人がグイッと左にハンドルを切って1mくらい前進、
  外側に膨らんだご主人車のリアバンパーが相手車と接触し、その状態で相手車が前進する

2.ご主人車がバックしながら相手車のリアフェンダーから運転席ドアの辺りまでキズ付けた
  相手がこの主張をして来ると、チョット反論は厄介かな。
  「優先道路に飛び出し過ぎたご主人がバックした」は一応通用しますから。

>相手は主人も避けるためにじわじわ動いていたと主張。
 ふ~ん、相手の人(保険会社も含め)はアホというかタコというか。
 百歩譲って動いていたとしても「避けるためにじわじわ」なら事故回避行為なので
 ご主人車の過失には値しない。
 「避けていくご主人車をワザワザ追いかけて接触した」と自爆していることになりますから。

リアバンパーの角なら8:2なんて無い、仮に動いていたとしても10:0が妥当です。
弁護士特約を使っても等級ダウンはありませんから、
弁護士に100:0で話しをまとめてもらうのが良いかと思います。

対向車線を逆走して右折進入したクルマなら、バスの運転手は記憶しているでしょう。
運行記録からバスの運転手は判るハズです。

>相手側の傷は運転席側ドアから後ろのドアまで横にすれた傷、
>主人側は右後ろの角にすれた傷。
 いくら前進したって、ご主人車のリアバンパーの角が
 相手車のドアからリアフェンダーにかけて接触することは基本的に無いので相手の偽証と見る。

 ご主人車が動いたことにより接触したと考えられるケースは2つだけ

1.相手がギリギリに近づいた後に、ご主人がグイッと左にハンドルを切って1mくらい前進、
  外側に膨らんだご主人車のリアバンパーが相手車と接触し、その状態で相手車が前進する

2.ご...続きを読む

Q緩やかなカーブでのありそうな事故の過失割合

この様な事故が起こった場合の過失割合ってどうなるでしょうか??


(実際に事故したワケではありません、ただもしそうなった場合はどうなるのかなという質問なので
状況は私の想像です)


緩やかなカーブを走行車線に沿って進行すると、対向車が中央線をまたいでカーブに入ってくるので、接触したという想定です


補足として
(1)緩やかなカーブで、それまでの直線を制限速度で走っていてそのままの速度でカーブ入っても曲がれる、せいぜい車内の荷物が横Gで動く程度の緩やかなカーブ

(2)荷物が動くのや横Gを嫌がってか、画像上方向に進む車は車線をはみ出しながら、画像下方向に進む車は中央線をまたいでのラフ運転する人がほとんど

(3)自分も相手も制限速度とします



自分がこの様なカーブでも基本は走行車線の中央寄りを走行しながら曲がる方なので、対向車の人が慌てるコトが多いので・・・

Aベストアンサー

基本はみなさんのご意見どおりでしょう。
問題はあなたの方の意見だけで、
相手も同じように言ってきた場合、
ブレーキ痕などあればいいですが、
接触、気づいて徐行でもしてたら、
裁定は五分五分だろうね。

Q駐車場内(こちら停止中)での事故で揉めています

 先日、私が大規模ショッピングセンターの地下駐車場内でこのような物損事故にあいました。
 その駐車場は対面して通行できる通用路がある場所です。当日は休日で大変混雑していた状況で、やっとのことで私が進行方向から見て右側に駐車スペースを発見したため、バックで駐車しようと一度左車線から右車線側にはみ出したうえ、通用路をまたぐ様な状態で車を斜めに止め、ギアをバックに入れました。
 右後ろをまず確認し、左後ろを確認しようとしたところ、目の前(斜めに止まっていたため、目の前に車両があったが実際は私の車の左側をすり抜けていった)を相手方が勢いよくすり抜けていき、私の車の左フェンダーと相手方の右リアバンパーが接触したのです。
 警察を呼び、事故の届けを出し、後は保険会社にまかせますということとなり、相手方からの謝罪も受けたので円満に解決するかと思ったのですが、相手の保険会社からは「うちのお客様はあなたの後ろを走っていて、あなたが右によられて道を譲ってくれたと思いいったのです。事故はあなたがバックしていたので五分五分です。」と言われました。
 こちらは「バックしておらず10対0以外あり得ない。駐車場のスペースに入れようとして止まっていたのにぶつけられ、納得がいかない。傷もバックしてできた傷でないことは明白だ。」と交渉が暗礁に乗り上げました。私の過失は認めたくないため保険会社も使えず、自分で交渉しております。
 私の主張としては
   1 駐車場内で駐車する車を見た場合、後ろからきた車は一旦待って安全確認する義務がある
   2 余地がない場所を強引に通り抜けようとしておきた事故である
   3 停止中の事故でありこちらには過失がない
   4 損傷部位からバック事故はあり得ないこと
を伝えましたが相手の保険会社の回答はかわりません。
 それで裁判にもちこんででも争いたいのですが、その場合の過失割合はどのようになるのでしょうか。
 図面がないのでわかりにくく、申し訳ありませんが何かアドバイス等あればよろしくお願いします。

 先日、私が大規模ショッピングセンターの地下駐車場内でこのような物損事故にあいました。
 その駐車場は対面して通行できる通用路がある場所です。当日は休日で大変混雑していた状況で、やっとのことで私が進行方向から見て右側に駐車スペースを発見したため、バックで駐車しようと一度左車線から右車線側にはみ出したうえ、通用路をまたぐ様な状態で車を斜めに止め、ギアをバックに入れました。
 右後ろをまず確認し、左後ろを確認しようとしたところ、目の前(斜めに止まっていたため、目の前に車両があ...続きを読む

Aベストアンサー

>それで裁判にもちこんででも争いたいのですが、その場合の過失割合はどのようになるのでしょうか。

裁判になった場合、過失割合と言う概念は消失します。

過失割合とは「示談を行う際に、双方で、それぞれが何割づつ負担するかを取り決める際の、割合」の事です。

示談が決裂し民事裁判になると、自己が受けた損害に対し、被告側に賠償請求するだけです。

「私の車の修理に10万かかるから、10万円を払え。裁判費用も負担しろ」との訴状を出すのみです。

そうなれば、相手も黙ってませんから「こっちの車の修理に20万かかるから、20万払え。裁判費用も負担しろ」と、貴方を訴えて来るでしょう。

で、勝つか負けるかは「証拠と証人しだい」です。駐車場の監視カメラの映像とか、近くに居た人の証言とか、勝てそうな材料が集められれば、裁判に勝てるでしょう。

それと
>こちらは「バックしておらず10対0以外あり得ない。
ですが、世の中、そんなに甘くはありません。

交通事故の過失割合で10:0が認められるのは、以下のケースのみです。

・信号待ち中での、後方、真後ろからの追突
・事故の瞬間にエンジンを切っていた場合
・事故の瞬間にギアがパーキングになっていたか、ギアがニュートラルになっていてサイドブレーキをかけていた場合
・基本9:1の過失割合で、9側が酒気帯びの場合
・基本8:2の過失割合で、8側が飲酒運転の場合

質問者さんの場合、上記の4つに当てはまりませんので「絶対に10:0になる事は有り得ない」です。

停車していても、エンジンが動いていて、ギアが前進か後進に入っていて、何時でも車が動く状態であれば、絶対に10:0にはなりません。

質問者さんは「動いてないのに有り得ない」と思うでしょうが、それが「自動車事故での示談の常識」なので。

示談するか、民事裁判して無駄に時間と裁判費用を費やすか、どちらか決めて下さい。

なお、民事裁判の場合、こういうケースでは、判決が出ずに和解勧告を受け、示談と同じ結果にされ、時間と裁判費用だけを無駄にしてしまうか、判決が出たとしても結審までの2年余り、平日の昼間に不定期に裁判所へ何度も何度も呼び出され、仕事に支障が出ます。

このケースでは、普通は8:2で、運が良ければ9:1で示談になるでしょう。

>それで裁判にもちこんででも争いたいのですが、その場合の過失割合はどのようになるのでしょうか。

裁判になった場合、過失割合と言う概念は消失します。

過失割合とは「示談を行う際に、双方で、それぞれが何割づつ負担するかを取り決める際の、割合」の事です。

示談が決裂し民事裁判になると、自己が受けた損害に対し、被告側に賠償請求するだけです。

「私の車の修理に10万かかるから、10万円を払え。裁判費用も負担しろ」との訴状を出すのみです。

そうなれば、相手も黙ってませんから...続きを読む

Q事故相手が支払い拒否について、支払わせる為には。

皆様 お知恵を貸してください。

事故をもらってしまい、相手は無保険 物損事故ですが、提示金額の支払いを拒否しています。
どのような解決法があるのか教えて下さい。

事故詳細

写真のように細い道で、私が対向車をスレ違いさせるために停止して対向車のすれ違いをまっていたところ、バックで出てきた軽トラックが私の車の後方へ ドンとぶつかってきた。

状況
私は、対向車すれちがいのため停止中
相手は後方確認せずバックして接触

問題点
ディーラーで見積もりをとったところ 修理費23万円 代車費用6万円 計29万円
この修理費が高いとゴネてきた。
ほかの民間工場や板金屋でやればもっとやすいだろ?払いたくない。


ご相談内容

・状況は 10:0 で過失は相手が100% これは相手も認めている。
・相手は支払う意志はあるが、提示金額は支払う気はない

・私はディーラーで修理を希望
(オイル交換すらディーラで全て面倒をみてもらっており、板金も一回もやったことない車をhitされてしまい、完全になおしてもらいためディーラーで修理を行いたい)

この場合、どうやったら、相手が支払ってもらえるように説得できるのか教えて下さい。

あくまで 高い高いと一点張りで話になりません。


皆様、どのように解決すればよいか、どのように言えばいいのか教えて下さい。

皆様 お知恵を貸してください。

事故をもらってしまい、相手は無保険 物損事故ですが、提示金額の支払いを拒否しています。
どのような解決法があるのか教えて下さい。

事故詳細

写真のように細い道で、私が対向車をスレ違いさせるために停止して対向車のすれ違いをまっていたところ、バックで出てきた軽トラックが私の車の後方へ ドンとぶつかってきた。

状況
私は、対向車すれちがいのため停止中
相手は後方確認せずバックして接触

問題点
ディーラーで見積もりをとったところ 修理費2...続きを読む

Aベストアンサー

>・相手は支払う意志はあるが、提示金額は支払う気はない
>この場合、どうやったら、相手が支払ってもらえるように説得できるのか教えて下さい。
>あくまで 高い高いと一点張りで話になりません。

「示談が締結できない場合」には「民事裁判にする」しか方法はありません。

「示談」とは「双方が納得した場合のみ締結が可能」です。

どちらか片方、または、双方が納得できないのであれば、示談の締結は不可能ですから、あとは、民事裁判するしかありません。

なお、民事裁判で勝っても、相手が支払い拒否すれば、1円も入って来ません。

勝訴判決を元に、法的手続きをして、法的差し押さえ、強制執行などを行って、自分で取り立てしないといけません。

差し押さえや強制執行には、裁判所に払う手数料が必要ですし、差し押さえは「空振り」する事もあります。

「双方が妥協して、不満だけど示談して示談金を受け取る」か「一切妥協せず、民事裁判に持ち込む」か、2つに1つ、どちらか一方を選ぶしかありません。

上記の2つ以外に道はありません。現状では「何の苦労もせずに、希望通りのお金が入ってくる」って事は絶対にありません。

>・相手は支払う意志はあるが、提示金額は支払う気はない
>この場合、どうやったら、相手が支払ってもらえるように説得できるのか教えて下さい。
>あくまで 高い高いと一点張りで話になりません。

「示談が締結できない場合」には「民事裁判にする」しか方法はありません。

「示談」とは「双方が納得した場合のみ締結が可能」です。

どちらか片方、または、双方が納得できないのであれば、示談の締結は不可能ですから、あとは、民事裁判するしかありません。

なお、民事裁判で勝っても、相手が支払い拒否...続きを読む


人気Q&Aランキング