共働きの者です。私の会社から「保険料控除申告書」を提出するようにと言われたので、引出しを開けて今年の証明書を探していたら、奥から夫の去年の損害保険の証明書が出てきました! どうやら夫ってば申告し忘れたらしいのです。それは家にかけてる損害保険で、保険料は35460円です。4000円以上は同じと聞きましたが、それにしても、
(1)去年の申告はもう無理でしょうか?
(2)申告しなかったことにより、いくらくらい損したことになるのでしょうか? 単純に言えないと思いますが・・・。ちなみに夫の所得(年収から経費を引いたもの)は480万円くらいだったと思います。あと、家は去年購入し、住宅ローン控除は受けました。
(3)でも、夫は、別の証明書で申告した気がすると言っているのですが、そんなこと有り得るでしょうか? 去年申告したかどうか、確かめる方法ってあるでしょうか。
なんだか、いい加減な家庭のようで、申し訳ありません。諸般の手続き漏れがないよう、一生懸命やっているつもりなのですが、去年はついつい住宅ローン控除の方に頭が行ってしまっていたようです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>夫の所得(年収から経費を引いたもの)は480万円


ご主人はサラリーマン?個人事業主?
どちらにせよ、住宅ローン控除(通称住宅取得控除)を
受けるために確定申告はしたんですよね!?
(1)去年の申告をやり直して、多く支払いすぎた税金を
戻してもらうのを、「更正申告」と言います。もしご主人が
サラリーマンで、年末調整を受けただけなら「還付申告」と言って
5年過ぎても出来るんですが、今回の場合、一度確定申告をして
しまってますから、その申告を”更正する”形になります。
更正申告の期限ですが、確定申告後、翌年の3月15日までに
なりますからもし昨年分のやり直しをするなら、来年3月15日までに
すれば大丈夫です。
(2)損害保険の控除額は契約形態によって異なります。
契約期間10年以上、なおかつ満期でお金が返ってくるものを
長期損害保険、それ以外は短期損害保険と呼びます。
長期の控除限度額が1万5千円(保険料2万円以上で)、
短期のものが3千円(保険料4千円で)になりますから
内容を確認してください。(控除証明書に、契約期間、
満期返戻金の有無は書いてあります)
そこから逆算すると、その損害保険が長期で、ご主人の税率が
20%適用なら、、、、
15000円×20%×80%(定率減税)=2400円(最高で)
以上、損した金額です。
(3)確定申告書の控を見ていただければ、ズバリ!なんですが
ご主人の言う「別の証明書」とは生命保険のことでは?
生命保険料控除も証明書必要ですから。

この回答への補足

納得行ってから締め切りたいというポリシーがあるので、いろいろ調べたりしており、締め切るのが大変遅くなり申し訳ありません。


20%適用なら、、、、
15000円×20%×80%(定率減税)=2400円(最高で)
↑この計算式がとても参考になったのでNO.3さまに20ポイント、源泉徴収票を見るというのがなるほどと思ったのでNO.2さまに10ポイント入れさせて頂きます。

補足日時:2003/02/07 17:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます!!
実行してから、報告がてらお礼しようと思ったのですが、なかなか実行できないので、まずはお礼を・・・。
夫はサラリーマンです。生命保険ではないそうです。

お礼日時:2002/11/19 14:03

>別の証明書で申告した気がすると言っているのですが


会社でやったのでは?

調べるのは、会社でやったとしたら、源泉徴収票を見ればわかります。
昨年のを見てください。
損害保険料の控除額・・とあります。ここに金額があれば、しています。なければしていません。全部が出来るわけではなく、限度額があるので、超えていればその証明書は既に出来ないのかも。。。
例えば給与控除で、損害保険に加入していたりすると、それだけでオーバーしたりしますよ。(証明書などはいらないこともある。)
取りあえず、昨年の税務署の控え、源泉徴収票などを確認して見てください。
いずれにしても、損害保険の控除の戻しは大きな金額にはならないです。
今年でも出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます! 源泉徴収票、見てみます。
損害保険はこれ以外には入っていませんので、そういう場合は、金額記載の有無でずばり控除したかしてないかわかるということですよね。

お礼日時:2002/11/01 13:18

簡単です。


5年前まで遡及して「申告すれば還付されます」

損害保険料は「長期と短期」の2種類ありますが、もし申告済みなら当然「還付されません」

短期と長期の違いは「満期払戻金の有無」で区別します。

5年以内に「添付書類」付けて過年度分として申告すれば問題無し。

「別の証明書で申告した」とは「損保会社から毎年控除証明用に来るハガキ」を「税務署か市町村の住民税担当課に提出した」等で、可能は可能です。
(自分は課税担当でしたから。ただ多忙な会社の勤務のだんなさんがするのか?とは素朴に思いますが…)

また、会社の保険料控除書類にはまだ昨年分が保管されています。(来年は今年度分が一緒に職場で配布)

最後に損保は確かに大金では無いですが「戻るものは戻る」が鉄則です。(すべての控除に限らず税金は。ただし証明書が必要です)

最後に簡単な簡単なHPのページを紹介します
http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/zeikin/zeikin00. …
上記では詳細無しも「損害保険料は医療費・寄付金同様の控除対象項目です。」
その点まで確認したければ多少不親切も下記を紹介
http://www.taxanser.nta.go.jp/
国税庁HPの「タックス・アンサー」です。
更に詳細や他の情報ならズバリ国税庁HPも
http://www.nta.go.jp/

P.S.
>一生懸命やっているつもりなのですが、去年はついつい住宅ローン控除の方に頭が行ってしまっていたようです。
大変だったと推測します。「住宅関連」は税金だけでなく(税金だけでも面倒だが)色々手続きが多すぎます。「損保の申告漏れ」だけでおさまってくれれば良かったと考えては?
「支払う税金の取締」は厳しいのに「戻る申告の通知」は各自がしないとそのまま(5年といってもそれ以上経過でパー。延滞金なら莫大になるのに)
いまや「税金は、専門家でさえ全分野パーフェクトな人はいない!」と断言出来る状態です(株をやってると分かるが)

では~!!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。納得行く説明プラス優しい言葉までかけて頂き・・・。

タックスアンサー等のHPも読んだんですけど、私のケースは書いてない気がしたのですが、でも、少し知識をつけた上で読むと新たな発見があるかもしれませんね。

>(来年は今年度分が一緒に職場で配布)
ここだけがちょっと意味がわからなったのですが、でも、no.2の方が提案してくださった、去年の源泉徴収票を見るという方法で、去年の申告の有無を調べ、してなかったら今から行なえばいいですよね。

頑張ります。本当に感謝いたします。

お礼日時:2002/11/01 13:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去にさかのぼって年末調整をできるか

お恥ずかしい話ですが、私は最近まで年末調整の意味がわかっていなく、いつも名前と判子を押して提出していたのですが、そこに扶養者や任意保険の金額などいろいろ記入することによって、収めすぎた税金がかえってくることを知りました。

過去の年末調整をさかのぼって実行し、数年分の収めすぎた税金を返してもらうことはできるのでしょうか?

お詳しい方、ご教授願いますm(__)m

Aベストアンサー

ご自分で確定申告です。還付の場合は5年間さかのぼれます。

還付申告
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q03

確定申告
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

Q過去の分の確定申告・生命保険料控除証明書紛失

色々検索したのですが当てはまるものが見つからなかったので教えてください。

平成14年7月に退職し、年内は無職でした。
その後退職した職場より平成14年度源泉徴収票が送られてきましたが送られてきたのはこの用紙1枚のみ、私も何も知らなかったので放置しておりました。

その後は平成15年~翌16年12月まで他の職場で働いていて現在は無職です。

ですがこのほど雑誌等で年内途中退職した場合は確定申告が必要で、5年前までさかのぼって申告できるとのことで申告してみようと思っています。

そこで必要書類の中の「生命保険料控除証明書」を紛失してしまいました。他の質問を見ると「もし紛失しても証書などのコピーがあれば大丈夫」と書いてあったのですが現在加入している保険は会社は同じなのですが当時のものを解約しそれを担保に入ったものなのです。

この場合もしも控除証明書を再発行してもらえないならば当時の生命保険は控除対象外となってしまうのでしょうか?

また平成14年7月から平成16年12月まで火災保険に入っていたのですが控除の対象になるとは思わず職場には提出しておりませんでした。しかし現在は引越をしたため解約をしております。この場合ももうダメなのでしょうか?

少しでもお金が戻ってくればと思っています。
どなたかアドバイスよろしくお願いいたします。

色々検索したのですが当てはまるものが見つからなかったので教えてください。

平成14年7月に退職し、年内は無職でした。
その後退職した職場より平成14年度源泉徴収票が送られてきましたが送られてきたのはこの用紙1枚のみ、私も何も知らなかったので放置しておりました。

その後は平成15年~翌16年12月まで他の職場で働いていて現在は無職です。

ですがこのほど雑誌等で年内途中退職した場合は確定申告が必要で、5年前までさかのぼって申告できるとのことで申告してみようと思っています。

...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

まずは、法律上の規定からお話しますと、

所得税法施行令262条(抜粋)

居住者は、次に掲げる書類を確定申告書に添付し又は当該申告書の提出の際提示しなければならない。

確定申告書に生命保険料控除に関する事項を記載する場合にあつては、当該申告書に記載したその控除を受ける金額に係る生命保険契約等のうちに当該契約に基づきその年中に支払つた生命保険料の金額が九千円を超えるものがある場合には、当該生命保険料の金額その他財務省令で定める事項を証する書類



つまり、生命保険料控除の適用を受けるには、誰が、いつ、誰に、どのような内容のものを、いくら支払ったかを証する書類を確定申告書に添付するか、申告の際に提示する必要があります。

そこで、解決方法としましては、次のような方法が考えられるかと思います。

1.控除証明書かそれに準ずる書類の発行をしてもらえるか、ダメもとで保険会社に聞いてみる。

2.保険料が引き落とされている通帳とその保険契約の契約書等をもって税務署に行き、事情を説明する。
(通帳でいつ、誰に、いくら支払ったかが証明でき、保険契約書等で誰が、誰に、どのような内容のものを支払ったかが証明できる。)


2の方法は、税務署になじみのない方にはかなり勇気のいる行為かと思いますが、控除証明書がない場合には、残念ながらこの方法しかありません。

火災保険は損害保険料控除の適用対象になるかと思われます。損害保険料控除の対象となる損害保険料を支払えば、所得控除の対象になります。この場合も生命保険料控除と同様に控除証明書等の書類の添付又は提示が必要です。

参考URLは、国税庁タックスアンサーです。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/1140.htm

こんにちは。

まずは、法律上の規定からお話しますと、

所得税法施行令262条(抜粋)

居住者は、次に掲げる書類を確定申告書に添付し又は当該申告書の提出の際提示しなければならない。

確定申告書に生命保険料控除に関する事項を記載する場合にあつては、当該申告書に記載したその控除を受ける金額に係る生命保険契約等のうちに当該契約に基づきその年中に支払つた生命保険料の金額が九千円を超えるものがある場合には、当該生命保険料の金額その他財務省令で定める事項を証する書類



つまり、...続きを読む

Q妻の国民年金は、妻が確定申告?夫が年末調整で申告?

妻の国民年金支払い分については、妻本人が申告しても夫の年末調整で申告しても良いそうですが、夫と妻では所得が全然違いますよね。所得の少ない妻が確定申告した方が還付率が大きいのでしょうか?
どちらにしても妻は仕事を中途退職しましたので確定申告はしなければならないのですが。

Aベストアンサー

国民年金を始めとする社会保険料控除については、夫婦どちらでも控除していいという訳ではなく、それを実際に支払った人でしか控除できません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1130.htm

ですから、ご主人が実際に支払われているのであれば、ご主人の年末調整で控除すべき事となり、奥様本人が支払われているのであれば、奥様の確定申告の際に控除すべき事となります。

実際に支払った方で控除するとの前提で、所得税は超過累進課税ですので、所得が高いほど税率が高くなりますので、国民年金等の所得控除がある場合は、一般的には所得が高い方が還付率自体は大きい可能性が高いとは思います。

それと、今年から改正により、国民年金については、控除証明書の添付が要件となりましたので、おそらく今月上旬ぐらいに証明書が送られてきますので、年末調整又は確定申告の際にはそれを提出すべき事となります。

Q夫の扶養に入っているが、確定申告と年末調整、どちらをすればいい?

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の健康保険に切り替え、扶養に入りました。

もうすぐ年末調整の時期ということで、派遣会社から源泉徴収票を取り寄せ確認したところ、1月~退職日までの収入金額が約113万円でした。

ここでお聞きしたいのが、
1)夫の扶養家族として、夫の会社から渡される年末調整の申請書に必要事項を記載すればきちんと処理されるのか?
それとも私の分だけ来年になってから確定申告をするのか?
どちらがよろしい(正しい)のでしょうか?
(無知すぎて質問自体がおかしいかも知れません‥)
2)また、もし私が確定申告をするのであれば、夫の会社から渡される年末調整の用紙には、扶養であっても私の事は一切、何もかかずに提出していいのか?

よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

本当に無知すぎてお恥ずかしいのですが、毎年、年末調整やら確定申告のことになると頭を悩ませています‥。
それに今年は途中で仕事をやめたり、夫の会社の健康保険に入ったりと色々あり、どうしたらいいのかと色々調べている次第です。
詳しい方がいましたら、どうか教えていただければ‥と思います。

よろしくお願い致します。

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず給与所得の収入金額等の欄に1130000と書きます、その横に650000とすでに印刷されていますね、1130000からその650000を引いた金額480000をすぐ右の所得金額のところに書きます。
次にその7つ下にAを四角で囲った欄がありますね、そこにその480000を書きます。
その下に配偶者特別控除額の早見表がありますね、左側のA欄の金額で先ほどの480000は「450000円から499999円まで」に当たります。
するとその右側の控除額が310000円となっています、この31万の31をその下のB(を四角で囲った)欄の金額のところへ書きます。
これが一応の手順です、これで夫は31万の配偶者特別控除が受けられます。

>(2)

繰り返しになりますが質問者の方の確定申告は妻側の税金の処理、夫の会社から渡される年末調整の用紙は妻の収入は書きますがあくまでも年末調整という夫側の税金の処理ですから混同しないように。
それぞれ別々の処理ですから、どちらか一方をやればもう一方はやらなくてもよいということはありません、どちらも処理もそれぞれ必要です。

>よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

103万を超えているいないにかかわらず所得税が天引きされていれば、確定申告をすることによって例えわずかでも還付がありますのでやったほうがいいと思いますが。

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報