共働きの者です。私の会社から「保険料控除申告書」を提出するようにと言われたので、引出しを開けて今年の証明書を探していたら、奥から夫の去年の損害保険の証明書が出てきました! どうやら夫ってば申告し忘れたらしいのです。それは家にかけてる損害保険で、保険料は35460円です。4000円以上は同じと聞きましたが、それにしても、
(1)去年の申告はもう無理でしょうか?
(2)申告しなかったことにより、いくらくらい損したことになるのでしょうか? 単純に言えないと思いますが・・・。ちなみに夫の所得(年収から経費を引いたもの)は480万円くらいだったと思います。あと、家は去年購入し、住宅ローン控除は受けました。
(3)でも、夫は、別の証明書で申告した気がすると言っているのですが、そんなこと有り得るでしょうか? 去年申告したかどうか、確かめる方法ってあるでしょうか。
なんだか、いい加減な家庭のようで、申し訳ありません。諸般の手続き漏れがないよう、一生懸命やっているつもりなのですが、去年はついつい住宅ローン控除の方に頭が行ってしまっていたようです。

A 回答 (3件)

>夫の所得(年収から経費を引いたもの)は480万円


ご主人はサラリーマン?個人事業主?
どちらにせよ、住宅ローン控除(通称住宅取得控除)を
受けるために確定申告はしたんですよね!?
(1)去年の申告をやり直して、多く支払いすぎた税金を
戻してもらうのを、「更正申告」と言います。もしご主人が
サラリーマンで、年末調整を受けただけなら「還付申告」と言って
5年過ぎても出来るんですが、今回の場合、一度確定申告をして
しまってますから、その申告を”更正する”形になります。
更正申告の期限ですが、確定申告後、翌年の3月15日までに
なりますからもし昨年分のやり直しをするなら、来年3月15日までに
すれば大丈夫です。
(2)損害保険の控除額は契約形態によって異なります。
契約期間10年以上、なおかつ満期でお金が返ってくるものを
長期損害保険、それ以外は短期損害保険と呼びます。
長期の控除限度額が1万5千円(保険料2万円以上で)、
短期のものが3千円(保険料4千円で)になりますから
内容を確認してください。(控除証明書に、契約期間、
満期返戻金の有無は書いてあります)
そこから逆算すると、その損害保険が長期で、ご主人の税率が
20%適用なら、、、、
15000円×20%×80%(定率減税)=2400円(最高で)
以上、損した金額です。
(3)確定申告書の控を見ていただければ、ズバリ!なんですが
ご主人の言う「別の証明書」とは生命保険のことでは?
生命保険料控除も証明書必要ですから。

この回答への補足

納得行ってから締め切りたいというポリシーがあるので、いろいろ調べたりしており、締め切るのが大変遅くなり申し訳ありません。


20%適用なら、、、、
15000円×20%×80%(定率減税)=2400円(最高で)
↑この計算式がとても参考になったのでNO.3さまに20ポイント、源泉徴収票を見るというのがなるほどと思ったのでNO.2さまに10ポイント入れさせて頂きます。

補足日時:2003/02/07 17:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます!!
実行してから、報告がてらお礼しようと思ったのですが、なかなか実行できないので、まずはお礼を・・・。
夫はサラリーマンです。生命保険ではないそうです。

お礼日時:2002/11/19 14:03

>別の証明書で申告した気がすると言っているのですが


会社でやったのでは?

調べるのは、会社でやったとしたら、源泉徴収票を見ればわかります。
昨年のを見てください。
損害保険料の控除額・・とあります。ここに金額があれば、しています。なければしていません。全部が出来るわけではなく、限度額があるので、超えていればその証明書は既に出来ないのかも。。。
例えば給与控除で、損害保険に加入していたりすると、それだけでオーバーしたりしますよ。(証明書などはいらないこともある。)
取りあえず、昨年の税務署の控え、源泉徴収票などを確認して見てください。
いずれにしても、損害保険の控除の戻しは大きな金額にはならないです。
今年でも出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます! 源泉徴収票、見てみます。
損害保険はこれ以外には入っていませんので、そういう場合は、金額記載の有無でずばり控除したかしてないかわかるということですよね。

お礼日時:2002/11/01 13:18

簡単です。


5年前まで遡及して「申告すれば還付されます」

損害保険料は「長期と短期」の2種類ありますが、もし申告済みなら当然「還付されません」

短期と長期の違いは「満期払戻金の有無」で区別します。

5年以内に「添付書類」付けて過年度分として申告すれば問題無し。

「別の証明書で申告した」とは「損保会社から毎年控除証明用に来るハガキ」を「税務署か市町村の住民税担当課に提出した」等で、可能は可能です。
(自分は課税担当でしたから。ただ多忙な会社の勤務のだんなさんがするのか?とは素朴に思いますが…)

また、会社の保険料控除書類にはまだ昨年分が保管されています。(来年は今年度分が一緒に職場で配布)

最後に損保は確かに大金では無いですが「戻るものは戻る」が鉄則です。(すべての控除に限らず税金は。ただし証明書が必要です)

最後に簡単な簡単なHPのページを紹介します
http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/zeikin/zeikin00. …
上記では詳細無しも「損害保険料は医療費・寄付金同様の控除対象項目です。」
その点まで確認したければ多少不親切も下記を紹介
http://www.taxanser.nta.go.jp/
国税庁HPの「タックス・アンサー」です。
更に詳細や他の情報ならズバリ国税庁HPも
http://www.nta.go.jp/

P.S.
>一生懸命やっているつもりなのですが、去年はついつい住宅ローン控除の方に頭が行ってしまっていたようです。
大変だったと推測します。「住宅関連」は税金だけでなく(税金だけでも面倒だが)色々手続きが多すぎます。「損保の申告漏れ」だけでおさまってくれれば良かったと考えては?
「支払う税金の取締」は厳しいのに「戻る申告の通知」は各自がしないとそのまま(5年といってもそれ以上経過でパー。延滞金なら莫大になるのに)
いまや「税金は、専門家でさえ全分野パーフェクトな人はいない!」と断言出来る状態です(株をやってると分かるが)

では~!!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。納得行く説明プラス優しい言葉までかけて頂き・・・。

タックスアンサー等のHPも読んだんですけど、私のケースは書いてない気がしたのですが、でも、少し知識をつけた上で読むと新たな発見があるかもしれませんね。

>(来年は今年度分が一緒に職場で配布)
ここだけがちょっと意味がわからなったのですが、でも、no.2の方が提案してくださった、去年の源泉徴収票を見るという方法で、去年の申告の有無を調べ、してなかったら今から行なえばいいですよね。

頑張ります。本当に感謝いたします。

お礼日時:2002/11/01 13:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働保険料の消費税区分は?

非課税ですか?課税対象外ですか?教えてください。

Aベストアンサー

消費税の課税対象の要件に合致していますが、消費者に負担を求める税としての性格から見て、課税の対象とすることになじまない「非課税取引」です。
「不課税取引」ではありません。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/shouhi.htm

Q確定申告で去年までの年金や健康保険は控除されない?

確定申告の仕組みが全然わかっていない主婦です(汗)
昨年の10月に仕事をやめて、今回始めての確定申告です。
10月までは会社で入っていたのですが、失業保険手続き中なので扶養にも入れず、「失業保険が終わるまでは(終われば扶養に入れるので)いっか!」って感じで、今はどちらも入っていません。
でも去年までは入っていたのに、今入ってないと控除の対象にならない、となるのなら、なんかもったいない気もします。10月まで払っていた分はどうなるんでしょうか。
根本的になにもわかっていないので、どなたかご存知の方ご教授願います…

Aベストアンサー

確定申告の際に、国民年金や国民健康保険の保家寮を控除出来ますが、実際に保険料を支払った本人が、その年の1月から12月までに、実際にに支払った分が控除対象となります。

Q消費税区分について

法人で経理を担当している者です。消費税区分について教えて下さい。
「企業年金保険料」の消費税区分は「不課税取引」それとも「非課税取引」どちらに該当するのでしょうか?
また、「社会保険料の会社負担分」や「雇用保険料の会社負担分」などの法定福利費の消費税区分ついても教えて下さい。
色々なHPを参照すると意見がまちまちの様で今ひとつ解りません。回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://shouhizei.okumurayoshifumi.net/gaiyou/404.html

>「企業年金保険料」の消費税区分は「不課税取引」それとも「非課税取引」どちらに該当するのでしょうか?
また、「社会保険料の会社負担分」や「雇用保険料の会社負担分」などの法定福利費の消費税区分ついても教えて下さい。

両方、非課税です。

Q給与所得者の保険料控除申告書と確定申告について

こんばんは。
新しい勤務先から年末調整と確定申告をするために「給与所得者の保険料控除申告書」をいただきました。

この用紙を提出する際に、前の勤務先での源泉徴収票が必要で源泉徴収票を提出しないと会社で年末調整や確定申告ができないと言われました。
私は、今年1年いくつか仕事をかわり、1社の分しか源泉徴収票が手元にないのですがその場合でも今勤めている会社に提出しないといけないのでしょうか?それとも、働いた会社の分必要になるのでしょうか?
その場合、前に勤めていた会社に連絡していただけるのでしょうか?

また、現在一人暮らしで住民票を移していないのですが早めに今住んでいるところに移さないと年末調整や確定申告の際に会社や近くの市役所でできないのでしょうか?

全く知識がないのでお聞きしたいのですが、この年末調整や確定申告をすることで私自身が支払った保険料が戻ってくるということですか?

回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

会社辞めるときに源泉徴収票は必ずくれます。
もしもらっていないのであれば、miffy808さ
んがいまから電話してご自分でもらってくだ
さい。これがない限り後にも先にも進みませ
ん。

最悪は今手元にある一社分だけでも提出して
12月の給料のときに年末調整してくます。
そのときに年末調整後の源泉徴収票がもらえ
ますからこれと、あとは今手元に無い源泉徴
収票をなんとか手に入れて来年2月から始ま
る確定申告をmiffy808さんがご自分で行えば
いいわけです。
自分でできなければ税理士事務所でやってく
れます。2,3万かかりますが。

年末調整は会社がやってくれます。確定申告
は地域関係なくどこの税務署でも行えます。
なので住民票異動していくても、年末調整や
確定申告にはまったく問題ありません。

ただ会社の内部は別ですよ。なんで異動しな
いんだ!ってなりますから。法的には移動後
2週間内にいないにやることになっています。
交通費の絡みにもなってくるでしょうし。

年末調整や確定申告をすることで保険料が戻っ
てくるのではありうません。最大で約5000円
程度所得税が安くなるだけです。なのでたった5
000円なら面倒くさいから保険料控除申告書
は書かないっていう人もいますよ。

いずれにしてもH19年に給料をもらった会社から
すべて源泉徴収票をもらうところからスタートして
ください。これはmiffy808ご自分で行うべきことで
す。電話すれば書いてくれますよ。

会社辞めるときに源泉徴収票は必ずくれます。
もしもらっていないのであれば、miffy808さ
んがいまから電話してご自分でもらってくだ
さい。これがない限り後にも先にも進みませ
ん。

最悪は今手元にある一社分だけでも提出して
12月の給料のときに年末調整してくます。
そのときに年末調整後の源泉徴収票がもらえ
ますからこれと、あとは今手元に無い源泉徴
収票をなんとか手に入れて来年2月から始ま
る確定申告をmiffy808さんがご自分で行えば
いいわけです。
自分でできなければ税理士事務所...続きを読む

Q年金は消費税から支給する 野田総理が言った

野田総理が
「年金は100パーセント消費税から支給し、年金保険料の徴収は今期をもって廃止いたします。これまで納付していただいた方には、年金支給額の生涯上乗せを持ってご好意に対応いたします。それゆえに消費税のアップと年金保険料徴収制度の廃止を決意いたしました」
と言ったら、どうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

つまり、スウェーデンとか、オーストリアなどの福祉に力入れている諸外国をお手本にするという方法ですかね?

あちらでは税金が高いなりに老後の保証や教育などの国家制度がそれに見合った充実したものなので国民が税率について納得しているとのことですね。

ただ、今の日本においては、多くの国民が自分の老後の年金保険料さえ、もらえるかわからない、もらえるまで保険料納められる仕事にさえ就けない、今の生活、命を繋ぐことの方が将来の年金より優先順位という深刻な状況になっており、納められていない人の方が多くなっているのが現実ですから、国民は消費税率10%に引き上げる言い訳としか考えられないでしょうね。それより先にすべきことを忘れています。
税金からお給料をもらう人たちの保護が優先されてしまっていますから。
少なくともその方々は、国民と比較してかなり安定生活の、お金持ちのはず。
国民の貧困防止、仕事を増やし、失業状態をフォローすることの方が先のはず。

年金保険料はもちろん、国民健康保険税も支払うことができない人も増えてます。
徴収を何らかの対策で廃止しなければ庶民は死んでしまいます。
いつも優先順位がぐちゃぐちゃです。


消費税率引き上げる前に、

○税金から多額のお給料をもらっている国家公務員、議員さんの雇用、人件費削減問題、お給料、賞与の減給問題が第一、、、の課題と、大多数の国民は言っています。
○次に、あらゆる増税対策には、まず富裕層のみに適用、とか、所得の高い人から協力してもらう策、所得制限などが先、と。


これらを強く希望していると思います。
今日もマスコミで訴えてました。
この2点については総理大臣、大臣、他決定権ある方々はどうしても無視したいことなのでしょうか?
それを無視して全体に増税をしたら、過去の歴史に学ばなければならない最悪の暴動とか、起きてしまうのではないかと思ってしまいます。

つまり、スウェーデンとか、オーストリアなどの福祉に力入れている諸外国をお手本にするという方法ですかね?

あちらでは税金が高いなりに老後の保証や教育などの国家制度がそれに見合った充実したものなので国民が税率について納得しているとのことですね。

ただ、今の日本においては、多くの国民が自分の老後の年金保険料さえ、もらえるかわからない、もらえるまで保険料納められる仕事にさえ就けない、今の生活、命を繋ぐことの方が将来の年金より優先順位という深刻な状況になっており、納められていない人...続きを読む

Q専業主婦が「居住用財産3000万円」の控除を受けたら、サラリーマン夫の確定申告はどうなる?

我が家は私夫(サラリーマン)、妻(専業主婦)、それに長男(幼児)の3人家族です。家庭に入ってくるお金は私が勤務先から受け取る給料のみです。このため、私は配偶者控除とか扶養控除とかの特典を享受しています。

ところで昨年、妻は兄弟達と共有名義になっていた生家を売却し、代金を得ました。金額ははっきりと聞いていませんが、妻は数百万円を得たようです。これには
「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除」
が適用されるようで、妻は確定申告の準備をしています。つまり、彼女は税金を払う必要がありません。

なお、わが家は昨年の医療費支出が結構な額になったので、私も確定申告をして、いくらか税務署から戻してもらう予定です。

【質問】
・私が税制上受けている特典はなんらかの影響を受けますか?
・影響を受けるとすれば、それはどのような内容ですか、また、私の確定申告では、この件についてどう申告すればいいですか?

【その他】
・税務署に電話して聞けばすむことですが、平日の昼間にゆっくり電話する余裕がないので、事前に勉強してから論点を絞り、税務署には手際よく相談したいと考えています。
・会社の人事に相談したところ、「奥様に38万円以上の収入があればうんぬん。。」との返事が聞けましたが、「3000万円控除で税金を払わなくてすむウチの妻はどーなの?」って核心部分には答えが得られませんでした。

ご指導お願いします。
情報が足りなければ、可能な範囲で追記します。

我が家は私夫(サラリーマン)、妻(専業主婦)、それに長男(幼児)の3人家族です。家庭に入ってくるお金は私が勤務先から受け取る給料のみです。このため、私は配偶者控除とか扶養控除とかの特典を享受しています。

ところで昨年、妻は兄弟達と共有名義になっていた生家を売却し、代金を得ました。金額ははっきりと聞いていませんが、妻は数百万円を得たようです。これには
「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除」
が適用されるようで、妻は確定申告の準備をしています。つまり、彼女は税金を...続きを読む

Aベストアンサー

>・私が税制上受けている特典はなんらかの影響を受けますか?
配偶者控除を受けるためには合計所得金額が38万円以内である必要がありますが、この「合計所得金額」は特別控除前のものです。よって、売却益が38万円以上の場合は、配偶者控除が使えなくなるので影響を受けます。

※合計所得金額の定義
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/06/38.htm

>影響を受けるとすれば、それはどのような内容ですか、また、私の確定申告では、この件についてどう申告すればいいですか?

配偶者控除が使えません。確定申告書では配偶者控除を0として申告してください。
扶養控除には影響ありません。

ところで、3000万円特別控除は3年以内に住んでいたことが条件ですが、これは大丈夫なのでしょうか・・・?
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3302.htm

Q事務手数料の消費税について

生命保険料を団体扱いで給与天引しています。
その際、生命保険会社から事務手数料と消費税が支払われます。
この事務手数料は、課税売上(科目は雑収入になると思います)、消費税は仮受消費税で計上すべきだと思うのですが、会社の経理に確認したところ、事務手数料は、社員のサークルのような会に振込み、消費税は、福利厚生費の戻りとして計上しているとの回答を得ました。
回答の意味があまりよくわからないので、質問するのも申し訳ないのですが、正しい処理を教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

事務手数料は役務提供への支払いであり、may3さまの言われるように、会社の益金となり、課税売上となります。消費税等を仮受消費税等として計上するのは税抜経理方式を採用する場合の適切な会計処理です。貴社経理の方の言われるような処理は税務上の問題があるように思えます。適切な申告のためには、may3さまのお考えの処理が正しいと思います。

Q年末調整で旅行傷害保険(証明あり)を損害保険料控除してくれない

保険会社や税金についての本・サイトなどで知ったことですが、旅行傷害保険
は保険料控除証明書などの証明があれば、所得税の損害保険料控除(短期
保険料)として申告できると思うのですが、年末調整で会社の人事担当が損害
保険料控除として認めてくれません。
妹の勤務している会社では書類がそろっていれば年末調整のときに控除して
くれるそうですし、人事担当が交代された年に控除できないと連絡されたとき
でも、保険料控除証明を持っていって説明したら控除してもらえたりしたそう
ですが、私の会社では、私が説明しようとする前に門前払いされ、関係書類を
突き返されてしまったのです。
今回は確定申告(還付申告)をするのですが、旅行傷害保険を支払った年は、
年末調整でできるはずの損害保険料控除を、毎年確定申告をしなければいけ
ないのは面倒だと思っています。
会社の人事担当にかけあって、せめて今年の所得からでもいいので、年末調整
で旅行傷害保険(証明あり)を損害保険料控除してくれるようにお願いする
には、どのようにしたらよいのでしょうか。
ちなみに、ほかに私が支払っている損害保険は何もありません。
また毎年年末調整で申告している簡易保険は生命保険料控除してくれます。

保険会社や税金についての本・サイトなどで知ったことですが、旅行傷害保険
は保険料控除証明書などの証明があれば、所得税の損害保険料控除(短期
保険料)として申告できると思うのですが、年末調整で会社の人事担当が損害
保険料控除として認めてくれません。
妹の勤務している会社では書類がそろっていれば年末調整のときに控除して
くれるそうですし、人事担当が交代された年に控除できないと連絡されたとき
でも、保険料控除証明を持っていって説明したら控除してもらえたりしたそう
ですが、私の会...続きを読む

Aベストアンサー

困った担当者ですね。

参考urlをご覧ください。
この記事を印刷して、担当者に見せましょう。

それでも駄目でしたら、上司に見せて、担当者に話してもらいましょう。

参考URL:http://www.fps-net.com/fp/fp_zei/zei02_03.html

Qリース料に含まれる消費税について

社用車を諸費用、メンテナンス料込みのリース契約で使用しています。

自動車税、自賠責保険等の本来消費税は非課税のものが
リース契約となると、総額に対して課税となるので、非課税部分
まで課税されている事になってしまうのは仕方ないのでしょうか?

先日、リース会社より自賠責保険料率改正によるリース料差額精算の案内がきて、消費税が課税されていたので、疑問に思いました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に、リースになれば、所有はリース会社になるものと思いますので、保険や税金の諸費用もリース会社負担となる訳で、単に、それらも含んだ使用料のような感じで、リース料としてもらうようなものですので、全てが課税扱いとなるのは当然の事と思います。

要は、保険料等は、原価を構成するもの、という感じと思います。
原価が上がったから、売値を上げますよ、という感じと思います。
(3万円以上の振込みの場合に、銀行に支払う振込手数料に含まれている印紙代相当額200円と同じ理屈です、原価を構成するものですので、印紙分だけ非課税というわけではなく、総額に対して消費税が課されますので、630円とかいう金額になる訳です。)

それと、消費税等の「等」は、消費税については、創設当初は国税1本だったのですが、平成9年の改正により、国税である消費税4%、地方税である地方消費税1%という構成になりましたので、5%の内には、地方消費税を含むという事で、消費税及び地方消費税を略して、消費税等と呼ばれているものです。
下記サイトも、ご参考にされてください。
http://homepage2.nifty.com/og-net/text/126a.htm

基本的に、リースになれば、所有はリース会社になるものと思いますので、保険や税金の諸費用もリース会社負担となる訳で、単に、それらも含んだ使用料のような感じで、リース料としてもらうようなものですので、全てが課税扱いとなるのは当然の事と思います。

要は、保険料等は、原価を構成するもの、という感じと思います。
原価が上がったから、売値を上げますよ、という感じと思います。
(3万円以上の振込みの場合に、銀行に支払う振込手数料に含まれている印紙代相当額200円と同じ理屈です、原価を...続きを読む

Q贈与税の基礎控除額110万円の証明

贈与税の節税方法として、毎年110万円(贈与税の基礎控除額)を贈与する方法があると思います。この贈与が、毎年110万円実施された証明はどのような方法が一番適切ですか。
例えば、10年間続けば11,000,000円となりますが、10年後に一括で札束で贈与して、税務調査時に「10年間、110万づつ渡してた」言う事も物理的には可能のような気がします。贈与する子の銀行口座を作って、毎年振り込むようなことが、一番一般的ですか。稚拙な質問で恐縮ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が税理士事務所の職員の時には、生活費などを除く贈与税対象となるような金銭の贈与は口座間での振り込みを薦めていましたね。
しっかりと足跡を残したい顧問先では、110万円をわざと超えるように、120万円の贈与&贈与税申告(税額1万円)の申告を毎年していましたね。

贈与税が発生するような金額をポケットマネーやたんす預金で保有している人は少ないはずです。金融機関から引き出すことや預け入れることを考えると、振込の方が良いでしょうね。

あとは、任意の様式などで贈与証書のようなものを交わすぐらいですかね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報