女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

企業が株主還元策の一環として自社株買いを行うというニュースはよく耳にしますが、消却を行わず、そのまま自己株式として保有し続けている企業が散見されるのは何故でしょうか?(松下、キャノンなど)

個人的な意見ですが、再放出の可能性を株主から疑われるリスクを考えると、M&A対策という理由だけではそのリスクに対抗できるほど強くない気がするのですが、他に理由があるのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1の方の回答に補足すると、持ち合い解消によって起こる株価低迷への対策が金庫株解禁の目的の一つでした。



日本では株の持ち合いがあり外国から固定化した資本市場を批判されてきました。
そこで株の持ち合いを解消したいわけですが、一気に解消されては大量の株が市場に出回り株価が下がってしまいます。
これは既存株主にとっても好ましい話ではないわけです。
そこで一旦、自社で引き取って、徐々に株価が大きく変動しない範囲で売りさばいていきたいわけです。

このような目的で平成13年の商法改正で、金庫株は解禁されました。
なお、ストックオプションへの活用については、実は取締役や従業員へのストックオプションの活用は商法改正以前から認められていました。
したがって、よくいう金庫株のストックオプションの活用はやはりM&Aの際の活用です。

ただし、松下の場合は系列企業再編時の株式交換に用いるのが目的ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。金庫株解禁にそんな経緯があったんですね、知りませんでした。

松下の場合はそれも考えたのですが、金庫株よりかは新株発行でほとんど賄っていて金庫株があまり減ってないんですよね…

お礼日時:2008/05/06 10:03

回答にはほど遠い素人の意見です。



消却を目的とする自社株買いは1994年に解禁2001年には買い取った株式を手元に残す「金庫株」制度も解禁。
  ↑ の事は調べられてご存知だと思います。
>自社株買い後、何故消却しないのでしょうか?
質問者さんの意見のM&A対策がかなり重要な理由になっているのでは。
他に積極的な大きな理由は見つからないと思います。
消却する方が企業また業績にプラスになると思いますがあえて金庫株とするのはM&Aを企業側は重要な戦略として位置づけしている表れかメッセージをだしているのではないかと感じます。
自社株買いのメリットを秤にかけると株主の利益より企業側の利益のほうが重い?
本当の理由は直接企業側に質問してみないと分かりませんが・・。

参考
金庫株としてのメリット
株式交換によるM&A(企業の合併・買収)また従業員などへのストックオプション(株式購入権)に備える等
消却するメリット
一株利益の向上、株主資本利益率(ROE)の改善等
                                    
                          
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。やはり、M&A対策、企業側の利益の方を優先しているんですね。私もそのような気がします。大変参考になりました、ありがとうございます

お礼日時:2008/05/06 09:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株 税金

株の税金について、
A社の株を1000円で5株買って、1000円で5株売った場合。(利益なし)
税金は、どれぐらいかかるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

儲けがないので税金はかかりませんが、証券会社に手数料とられます。
なので、結果、損します。

Aベストアンサー

 法人株式の専門家ではないので私の認識、というレベルですが。
 自社株買いをしてそれを消却するタイプの場合、その株自体が消滅してしまいますので、それを売りに出すことは出来ません。このタイプはそうすることで一株当たりの価値を高めるために行なわれるものです。

 また、数年前に新しく登場したものとして「金庫株」というものがあります。これは確か会社同士の株式持ち合いが絶対悪のように言われどの企業も争って持ち合い解消を始めて市場が暴落した時に生まれたものだったと記憶しています。
 この場合は持ち合い解消で相手の会社がその株式を市場で売り払うのではなく元の会社に買い取ってもらって、その会社はそれを一旦棚上げしておく、というものだった筈です。さらにこれが市場から買い上げた株でも同様に出来たような気がします。

 で、こちらの場合金庫株、というように単に保管しているだけなので株自体はそのままです。そして、これは確か市場の状況を見て適当な時期に市場で売却したりして良かった、のではなかったかと思います。
 ここまで書いて検索したら以下のサイトが出てきましたので、こちらを御参照下さい。
 やはり売っても消却しても転換しても良いようですね。

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/kaisha/kais_015.htm

 法人株式の専門家ではないので私の認識、というレベルですが。
 自社株買いをしてそれを消却するタイプの場合、その株自体が消滅してしまいますので、それを売りに出すことは出来ません。このタイプはそうすることで一株当たりの価値を高めるために行なわれるものです。

 また、数年前に新しく登場したものとして「金庫株」というものがあります。これは確か会社同士の株式持ち合いが絶対悪のように言われどの企業も争って持ち合い解消を始めて市場が暴落した時に生まれたものだったと記憶しています。
...続きを読む

Q売買する株数が多くなると売買しにくくなりますか?

株の売買について質問があります。

あるA社の株を1000株売ろうとしたとき、1000株買いたいという人がいるときのみ売買が成立するのですか?仮に、100株を買いたいという人が10人いた場合、売買は成立しますか?

株の売買の優先順位は速い者順ですか?
たとえば500円で売りたい人が100人いたとして、
自分も500円で売りたい場合100人の人の
売買が成立した後に自分の株も売買されるのですか?

そのほか、株価の変わり方や板の見方について
説明されているホームページがありましたら
教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>あるA社の株を1000株売ろうとしたとき、1000株買いたいという人がいるときのみ売買が成立するのですか?

100株買いたい人が10人であっても成立します。しかし、これは売買単位が100株であった場合ですね。銘柄によって売買単位(単元株数)は異なっています。(例えば、ソニーは100株単位ですが、シャープは1000株単位)
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=6758%2C6753&d=t&k=c3&h=on&z=m

>自分も500円で売りたい場合100人の人の売買が成立した後に自分の株も売買されるのですか?

基本的にはその通りです。500人で売りたい人の列に並ぶのと同じです。それを待てない場合、499円で売りに出せば500円の人よりは優先されます。

>そのほか、株価の変わり方や板の見方について説明されているホームページがありましたら教えてください。

下記を参考にしてください
http://www.kabudream.com/hajimete/hajimete2_5.html

Q「自社株買い」を行っている企業を調べる方法はございませんか?

これから投資をはじめる上でどうしても知りたいと思う情報に「自社株買い」および「ストックオプション」があるのですが、この「自社株買い」および「ストックオプション」を行っている企業を一覧のリストで見れるサイトや方法がございませんでしょうか?

Aベストアンサー

例えば

参考URL:http://www.toushi-radar.co.jp/finance/jisyakabu.htm

Q関西電力の株

買ったのは、数年前で今の倍はする値で買いました。
未だに 関西電力株をもっています。

で、電力会社の株価暴落で、しばらくほったらかしにしていましたが、
今週値を上げて来たかと思ったら、また下がり出しました。どうしてですか?

売り時って、みなさんはどのタイミングでされるのですか?(自分で考えなさいと
言われるのは 承知しています)

株初心者で私は興味がないのに、引き継いだため えらく困っています。

Aベストアンサー

とりあえず、今期の決算通知が来てから考えても間に合います。
一先ずは5月から家庭向け料率改訂が認可されました。企業向け(500A以上)は相対取引な為、料率引き上げを呑まない(他社と相見積りを取る)場合も出て来るでしょう。
可能なら関電よりは大ガスをお勧め致します(関電は大ガスから仕入れてます)が…。

Q自社株買と消却

自社株買いをした場合
1.金庫株として保管
2.消却
と2つの場合があると聞きました。
ここで2の消却とはどのようなことをするのでしょうか?
(例が悪いかもしれませんが、焼いてしまう等で)株券を
なくしてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

発行済み株式から消却するという意味で、公開会社であれば市場からその分は減ることになります。
例えば、発行済み株式100万株という会社が、自己株式を20万株取得して、それを消却すれば、発行済み株式80万株になるという意味です。

経理的な処理で言うと、自己株式は取得した時点では純資産の部に▲(マイナス)となっていますが、これをその他資本剰余金などのプラスと相殺して消すことになります。

まぁ、紙の株券なんて今はほとんどありませんから、数字上の抹消ですね。

Q株の空売りについて

私は株はやりませんが、株に興味があります。
株の空売りについて、本でよみましたが、良く解りません、下記のことわかる方よろしく。
1)空売りする株は誰の株をどうやって借りるのですか。
2)株の借り賃はいくらぐらいですか、
3)空売り本人に売買の実績がないとできないのですか
4)利益が出た場合の税金は?
5)借りてから、売るまで、いつまでもかりていて
いいのですか?

Aベストアンサー

(1)証券金融会社や証券会社もしくは生命保険会社などの機関投資家(法人の大手の投資を行う団体のことですね)などから借りることになります。手続き一切は証券会社が代行します。

(2)株を借りる時(空売りする時)はその株の売却代金を証拠金として担保にするため証券会社に預けれいなければなりません。そのため預けているお金に金利がつきます。これを「日歩(ひぶ)」と言います、金利は新聞にのってます。逆に信用買いした人はお金を借りているのと同じなので日歩を払うことになります。ただし証券会社や証券金融会社は通常信用買いした人の株をそのまま信用売りの人に貸しますので預かってるお金に金利を払えるのですが、下げ相場などでは信用売りの方が多くなり信用買いが少なくなる為、信用売りの人のために機関投資家などにお金を払って借りることもあります。その場合は株を借りた人が金利を払うことになります。これを「逆日歩」といいます。この場合信用買い(株券を差し出した方)に金利が入ります。日歩の金利は貸し借りの需要と供給で変わります。

(3)証券取引法では明確な規定はありません。各証券会社が独自の基準で信用口座開設を決めます。ネット証券などは規制が緩いことが多いです。

(4)通常の取引と同じです。

(5)6ヶ月が期限です。6ヵ月後に反対売買(買ったのなら売り、売ったのなら買い)を行う必要があります。
差額のみ決済(差金決済)か現物決済があります。差額は儲かった額だけ受け取ったり損した額だけ払う方法です。あまりやりませんが現物決済は株を借りて空売りした場合は借りていた株と同じ物を同じ株数返したり、信用買いしていてお金を借りていた場合はその代金を返す方法です。信用買いの現物決済などは信用で買って6ヶ月の期限が来てしまい、その時下がってて儲かっていないんだけどもう少し待ったら絶対上がると確信している時などにお金を払って株を引き取ったりします。

(1)証券金融会社や証券会社もしくは生命保険会社などの機関投資家(法人の大手の投資を行う団体のことですね)などから借りることになります。手続き一切は証券会社が代行します。

(2)株を借りる時(空売りする時)はその株の売却代金を証拠金として担保にするため証券会社に預けれいなければなりません。そのため預けているお金に金利がつきます。これを「日歩(ひぶ)」と言います、金利は新聞にのってます。逆に信用買いした人はお金を借りているのと同じなので日歩を払うことになります。ただし証券会社や...続きを読む

Qアステラス製薬自社株消却について

株をはじめて初心者ですが、実はアステラス製薬(4503)の株を500株だけ持っています。会社のHPによるとここの株は2007年3月期には4000万株の償却すると書いてあります。このような状態は株式の売買にとって「有利」と考えていいのでしょうか?
またアステラス製薬の今後の展望について何でも結構ですのでご存知の方、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

>この株は2007年3月期には4000万株の償却すると書いてあります

自社株買いした株式を「金庫株」でなく「消却」してしまうのは以下の点からして株主に恩恵を与えます。
(メリット)
1.1株利益EPS(=当期純利益/株式発行数)が大きくなり、結果、PERが低くなり割安度が増し、買いが入りやすくなる。(株価が上がりやすくなる)

2.配当性向が同じなら配当金をよりもらえるようになる
・・・配当金の原資をこれからはより少ない人数で分けるのですから、もらえる配当金は理屈では多くなるはずです。

まあ、自社株消却は「増資」の対極にある行為ですから、株主の利益向上に寄与することとなります。

~アステラスの今後の展望~
分かりません。自分で考えて下さい。私も以前、薬品株をディフェンシブ銘柄として持っていましたが、業界の常識や医薬品に関する知識が無かったために決算書の内容が今ひとつ理解出来ず、不安になって手放しました。

ただ、Yahooファイナンスでチャートを見るとほぼTOPIXに連動する形で株価が形成されていますね。(2つのチャートを重ね合わせてみてください)今後株価が堅調に上がると思えば、ホールドしても良いかも?そろそろ調整と思えば、ご自分の判断で対処してください。

>この株は2007年3月期には4000万株の償却すると書いてあります

自社株買いした株式を「金庫株」でなく「消却」してしまうのは以下の点からして株主に恩恵を与えます。
(メリット)
1.1株利益EPS(=当期純利益/株式発行数)が大きくなり、結果、PERが低くなり割安度が増し、買いが入りやすくなる。(株価が上がりやすくなる)

2.配当性向が同じなら配当金をよりもらえるようになる
・・・配当金の原資をこれからはより少ない人数で分けるのですから、もらえる配当金は理屈では多くなる...続きを読む

Q親から相続した株ですが名義は私の名義で証券会社の特定口座です市況は問わず換金が目的です換金する

親から相続した株ですが
名義は私の名義で証券会社の特定口座です
市況は問わず換金が目的です
換金する際に注意する事はありますか
教えてください

Aベストアンサー

「但し、20万以下の利益ならば 確定申告しなくてもよいことに なっています。」との説明があるような気がするが、少し言葉足らずなので、横から補足させてください。
この説明は「ご質問者がサラリーマンであることが大前提」の説明です。

給与所得者(サラリーマンのことだと思って良い)で年末調整を受けられる状態にある方は、その給与以外の所得が20万円以下なら、あえて確定申告書の提出をしなくても良いことになってます(所得税法第121条)。
つまり「20万円以下なら確定申告しなくてもよい」というには、サラリーマンで年末調整を受けられる状態である方であるという条件があります。

自営業者にはこの規定は該当しません。
また、サラリーマンであっても、住宅ローン控除を受けるとか配当控除を受けるとか、あるいは医療費控除を受けるなどで確定申告書の提出をする場合には株式売却で得た20万円以下の所得も確定申告書に記載する必要があります。
20万円以下は非課税という意味ではない、ということです。

気をつけるべきことは、確定申告書の提出義務がない「20万円以下の所得」でも、住民税の申告書の提出義務があることです。
「確定申告義務をしなくてもよい=住民税の申告もしなくても良い」ではないです。
地方税法には所得税法第121条と同じ内容の規定がないからです。

所得税法第121条(確定所得申告を要しない場合)の規定は、結構複雑でして、「20万円以下なら申告不要」の前に処々条件がありますので、注意してください。

なお、全く無収入で「株の売買利益だけ、20万円ある」ケースでしたら、所得が基礎控除額38万円以下ですので、確定申告書の提出義務がありません。その意味では「所得が売買利益だけなら、38万円までは確定申告不要」と言えます。

「但し、20万以下の利益ならば 確定申告しなくてもよいことに なっています。」との説明があるような気がするが、少し言葉足らずなので、横から補足させてください。
この説明は「ご質問者がサラリーマンであることが大前提」の説明です。

給与所得者(サラリーマンのことだと思って良い)で年末調整を受けられる状態にある方は、その給与以外の所得が20万円以下なら、あえて確定申告書の提出をしなくても良いことになってます(所得税法第121条)。
つまり「20万円以下なら確定申告しなくてもよい」とい...続きを読む

Q自社株買い

による、株主、株価の影響について教えて下さい。
また、自社株買いの理由についてもお願い致します。

Aベストアンサー

PBR1倍を超えている場合と1倍以下の場合、買い入れた自社株を消却する場合としない場合で異なります。

まず、買い入れた自社株を消却しない場合、単に株の持ち主が変わっただけなので、理論的には1株の価値は変わらず、株価は変動しません。
(市場から買い集めた場合、実際には玉不足で株価が上がることが多いですが。)

PBR1倍以下で、自社株を消却した場合は、1株当たりの解散価値が増加し、1株当たりの利益も増加するため、1株の価値が上がり、株価は通常上がります。

PBRが1倍を超えていて、自社株を消却した場合は、1株当たりの解散価値が減少し、1株当たりの利益は増加するため、どうなるかはケースバイケース、ということになります。


上記は、会社の保有資産を用いて自社株買いを行なう場合の話ですが、実際には、自社株買いの資金は当期利益から捻出し、その分配当を削る…ということも行なわれます。
こうなると、直接的には解散価値に影響がなく、
 ・短期的には配当が減るため株価は下ぶれする
 ・長期的には1株利益が増加する(配当も増える)ため、株価は上がる
ということになります。

また、自社株買いの最中の会社は、あまり株価刺激策を取らなくなります。
(自社株買い中に株価が上がると、購入単価が高くなるため。)

「自社株買いは、完了してから株価が上がる」という話がありますが、それはこうした理由によるものです。


また一般的に、自社株買いを行なうということは「その会社自身が現在の株価を割安と判断している」というシグナルでもあります。
このため、自社株買いをする会社は買いだ=株価が上がる、ということも起こります。

経営者によっては、これを逆手に取り、経営状態が悪いにもかかわらず自社株買いを強行して株価の上昇を図る…という場合もあるので注意が必要ですが。
(昔、痛い思いをした経験があります…。)

PBR1倍を超えている場合と1倍以下の場合、買い入れた自社株を消却する場合としない場合で異なります。

まず、買い入れた自社株を消却しない場合、単に株の持ち主が変わっただけなので、理論的には1株の価値は変わらず、株価は変動しません。
(市場から買い集めた場合、実際には玉不足で株価が上がることが多いですが。)

PBR1倍以下で、自社株を消却した場合は、1株当たりの解散価値が増加し、1株当たりの利益も増加するため、1株の価値が上がり、株価は通常上がります。

PBRが1倍を超えていて、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報