AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

社労士の勉強をしている者です。30歳未満の妻の遺族厚生年金は29歳で遺族基礎年金の受給権が消滅した場合、5年経過後の34歳で失権するのに、31歳で遺族基礎年金の受給権が消滅しても5年経過後の36歳以降も失権しないのでしょうか?なんとなく納得いかないような気がします。理解が足りなく勘違いかも知れませんが何卒宜しくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。

私もこの法改正のときに社労士に確認しましたが、ご理解のとおりです。気の毒なケースとしては、30歳未満で幼い子と残された妻が遺族基礎年金と遺族厚生年金の受給権を取得したあと、その子が死亡して遺族基礎年金の受給権だけが消滅して5年経過する場合。

 他国の遺族年金にも同様の厳しい制度があって、それを根拠に変更したのだそうです。若ければ就職も再婚も可能だろうとはいえ、1歳の差としては大きいですね。もっとも遺族基礎年金が妻だけというのも今どき困った問題ですけれど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答、誠にありがとうございます。うーん、納得はいかない制度ですが、それはそれで、多少,不平等な制度と言う理解で試験対策としての頭の整理はできました。本当にありがとうございます。

お礼日時:2008/05/05 14:48

今回の質問のケースは非常に稀なケースであると思われます。


遺族基礎年金の失権理由から考えると子供がいれば子供が18歳の
学年末になるまで失権にはなりませんし、本人が婚姻することに
なれば生計は維持されるため実際のケースではこの制度に該当するのは
ごく稀で子のない妻が30歳未満で遺族厚生年金をもらうようになった
ケースのみであると思われます。30歳という年齢が妥当かどうかは
わかりませんが子のない30歳未満の未亡人は自分で生計を維持できる
事も可能でありまた再婚する可能性も高いということで30歳という
年齢になっているものと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答、誠にありがとうございます。制度趣旨としては理解できるのですが・・・。もし、私の理解が勘違いでなければ不平等のような気がします。本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/05/05 14:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「直系血族」 と 「直系姻族」 の意味をわかりやすく教えてください

 こんばんは。

 タイトルの通り、「直系血族」と「直系姻族」 の意味をわかりやすく教えてください。
広辞苑を読んでもチンプンカンプンでした(TωT;)

Aベストアンサー

「血族」とは血の繋がった親族。
いわゆる「実の」親子,兄弟姉妹,祖父母,孫など。
法律的には養子縁組による養親子もこれに含みます。

「姻族」とは婚姻によって生じた親族。
いわゆる「義理の」親子,兄弟姉妹など。
自分の配偶者の血族のほか,
兄弟姉妹の配偶者,子や孫の配偶者なども含みます。

「直系」とは親子関係の直線的なつながりのこと。
…→祖父母→父母→自分→子→孫→…
が直系です。

よって「直系血族」とは
自分と血の繋がった実の祖父母,父母,子,孫などを指します。
これに対して
配偶者の祖父母や父母,自分の子や孫の配偶者などは
義理の関係なので「直系姻族」です。
6親等内の直系血族と3親等内の直系姻族を合わせて
「直系親族」と呼んでいます。

ちなみに対して兄弟姉妹関係は枝分かれなので「傍系」と呼びます。
自分の兄弟姉妹はもちろん,
伯(叔)父,伯(叔)母,甥,姪,いとこなどは「傍系血族」です。


人気Q&Aランキング