「夏も近付く 八十八夜 (トントン)」
から始まる「茶摘み」と言う歌がありますよね。

最近ふと思い出し、1人で何となく手遊びをしようとしたのですがいまいちやり方を覚えていませんでした。
検索しても手遊び歌を動画で紹介するサイトにもこの歌は置いておらず、数件出た文章の解説で基本の動きは何となく思い出せたのですがトントンの辺りが理解出来ません。
恐らく地域差、年齢差もあったりするのでしょうが、ご存知の物で構いません。
やり方をご存知の方は手遊びの詳細を始めから解説して下さいませんでしょうか?
(見たサイトでは「左手を上にして右手で自分と相手の左手を交互に叩く~」と言ったような書き方をされていました)
よく知ってそうな祖父母は実家なので、気軽に聞きに行くことが出来ないんですよねぇ…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私の知っている限りでは夏も近づくの所は手を合わせて右を叩いて、自分の手を合わせて左を叩く、ただ両方の手を交互に、右手を握って相手の左手に乗せる。

というのが思い出しました。やはり地域とか時代で変わっているようです。だも八十八夜の後は両手を高く上げてとんとんとお互いの手を叩く動作はしていましたね。
書店で児童書に手遊び関係の本があると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
こういう遊びについて載せた本というのが出ているのですね!頭にありませんでした。
また書店や図書館で探してみたいと思います。情報有難うございました。

お礼日時:2008/06/08 18:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伊東駅近くで茶摘み体験できる場所探してます。

静岡に温泉旅行に行くついでに、茶摘み体験をしたいと思っています。
宿が伊東駅の付近なので、そのあたりで茶摘み体験できる場所を教えてください。
出来れば、雨天でも出来て、茶摘みの衣装もある場所がいいのですか・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

伊東駅近くには茶摘み体験できる所どころか茶畑そのものがありません。
一番近いところでは伊豆の国市韮山にある蔵屋鳴沢で茶摘み体験をすることができます。茶摘みの衣装もありますよ。伊東からは車なら1時間弱で行けますが、公共交通機関を利用するとかなり時間がかかります。
 蔵屋鳴沢 http://www.kuraya-narusawa.com/

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q香川県内で茶摘み体験ができるところ

現在香川県に住んでいます。
香川県内で茶摘み体験ができるところは
どこかありませんか?

Aベストアンサー

http://mainichi.jp/life/food/kyoudoryouri/archive/news/2009/04/20090421ddlk37040684000c.html
上のサイトは今年4月の記事の抜粋ですが、
「(4月)29日には、同市高瀬町佐股の同組合周辺で「ふる里まつり」(実行委主催)が開かれ、茶摘み体験や新茶の接待などがある」
と書かれています。
来春です。

Q歌遊び“手をたたきましょう~”の歌詞をおしえてください。

歌遊び“手をたたきましょう~、パンパンパン(タンタンタン?)”だったかな?
この続きを終わりまで知っている方教えてください。あと親子教室などで25人前後でできる遊び・ゲームを知っている方も、おすすめなものあったら教えてください。

Aベストアンサー

手をたたきましょう
作詞者・作曲者不詳   
補作 小林純一   編曲 中田 喜直

覚えてますが、確か歌詞をここに書くのは駄目だったのでHP探しました。
カラオケもついているのでお楽しみ下さい。

参考URL:http://www.interq.or.jp/japan/k3j/

Q茶摘み おお牧場はみどり など

茶摘み おお牧場はみどり など童謡や唱歌の英語版のCDのタイトル 歌手名など教えてください。

Aベストアンサー

「赤とんぼ イン・ニューヨーク~NY帰りの日本の歌~」
VICP-242
SELECTED:浅井愼平
PRODUCED:吉田次郎
VOCAL:KIM NAZARIAN

1:赤とんぼ[RED DRAGONFLY]
2:茶摘[GATHERING THE LEAVES]
3:荒城の月[MOON O'ER THE CASTLE]
4:夏は来ぬ[SUMMER'S HERE AT LAST]
5:早春賦[SPRINGTIME COMES ONLY IN NAME]
6:さくら[SAKURA]
7:月の砂漠[THE MOONLIT DUNE]
8:海[MOTHER SEA]
9:山寺の和尚さん[MON ON THE MOUNTAIN]

Q「ひだり」が「ひらり」、「しゅくだい」が「しゅくらい」になってしまう

こんにちは。

小学1年生の娘さんのいる方から相談されました。
話すときも書くときも「だぢづでど」が「らりるれろ」になってしまうらしく、
「宿題できたよ」と書くつもりが「しゅくらい れきたよ」となるそうです。

どのようにしたら正しく発音したり書いたりできるようになるのでしょうか。

教育、言語学、ご自身の体験など、どのような視点からでもいいのでアドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たぶん気にしなくても大丈夫だと思いますよ。自然に正しくなるはずです。

ダ行とラ行は、発音のときの口や舌の動かし方が似ているため、発育時の子供は混同して発音してしまいがちです。ジローシャ、とか、ダジオ、とか。
文字は当然似ていないわけですが、おそらく発音に引きづられて自分が発音しているとおりに書いているためにまちがいを起こしているのでしょう。

つまり、発音が正確になれば文字も同時に正しくなっていくと思います。
どのくらいの年齢までこの発音まちがいが起こるのが標準的なのかは調べていませんが、小学一年生が大人と同じように正確な発音でしゃべっていた記憶はあまりないので、わざわざ矯正する時期ではないと思います。

さりげなく訂正してあげれば、大人の言葉を聞いて、自分で学習するはずですよ。たとえば、「しゅくらい れきたよー」と言って話しかけてきたら、「そう。もう宿題できたの。えらいねー」と返事をしてあげるような。子供は音の違いを聞き分けて自分で訂正する能力を持っています。母国語というのはこの繰り返しで習得されます。子供全員が生まれつき備えている能力と言ってもいいでしょう。
無理やり言い直させたり、まちがえをきつく叱ったりすれば、自分から話したがらなくなる可能性もありますし、そうなると大人の正しい発音を聞くことも、自分の発音を耳からフィードバックして訂正していくこともなくなりますので、かえって学習の機会を奪うことになるのではないかと思います。
やさしく、さりげなく、訂正してあげてください。

たぶん気にしなくても大丈夫だと思いますよ。自然に正しくなるはずです。

ダ行とラ行は、発音のときの口や舌の動かし方が似ているため、発育時の子供は混同して発音してしまいがちです。ジローシャ、とか、ダジオ、とか。
文字は当然似ていないわけですが、おそらく発音に引きづられて自分が発音しているとおりに書いているためにまちがいを起こしているのでしょう。

つまり、発音が正確になれば文字も同時に正しくなっていくと思います。
どのくらいの年齢までこの発音まちがいが起こるのが標準的なのか...続きを読む

Q2/6に静岡、狭山、関東近辺で茶摘み体験できる場所

時期外れなのは重々承知ですが、
2月6日(土)に静岡、狭山、関東近辺で、
お茶摘み体験できるところを教えてください。

摘むのが無理でしたら、
せめて茶もみできるところだったらOKです。

結婚する友人にお茶をプレゼントしたいんです。

時期外れなのは重々承知なんですが。。
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

静岡の、「香りの丘 茶ピア」では、お茶の製造体験をすることができます。
http://www.ja-shizuoka.or.jp/enchu/chapia/shisetsu/chapia.html

茶摘みは季節的に出来ませんが、お茶の製造やお抹茶の粉を挽く「茶挽き体験」はできるところがあります。石臼で茶挽きをしたことがありますが、挽きたてのお抹茶は香りがよいですよ。
http://www.yushoku.net/tea/htm/tea_taiken.html

お問い合わせを。

Q数学「I」II「II」「III」「A」「B」「C」の違いについて

数学には、「I」「II」「III」「A」「B」「C」というような
いろんな種類がありますが、そもそもどうしてこのように
分かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

文部科学省が「学習指導要領」で決めています。

指導要領が変わると、「I」「II」「III」「A」「B」「C」の区分も変わったりして、迷惑な話です。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603.htm

Q「茶摘み」の手遊びについて

「夏も近付く 八十八夜 (トントン)」
から始まる「茶摘み」と言う歌がありますよね。

最近ふと思い出し、1人で何となく手遊びをしようとしたのですがいまいちやり方を覚えていませんでした。
検索しても手遊び歌を動画で紹介するサイトにもこの歌は置いておらず、数件出た文章の解説で基本の動きは何となく思い出せたのですがトントンの辺りが理解出来ません。
恐らく地域差、年齢差もあったりするのでしょうが、ご存知の物で構いません。
やり方をご存知の方は手遊びの詳細を始めから解説して下さいませんでしょうか?
(見たサイトでは「左手を上にして右手で自分と相手の左手を交互に叩く~」と言ったような書き方をされていました)
よく知ってそうな祖父母は実家なので、気軽に聞きに行くことが出来ないんですよねぇ…。

Aベストアンサー

私の知っている限りでは夏も近づくの所は手を合わせて右を叩いて、自分の手を合わせて左を叩く、ただ両方の手を交互に、右手を握って相手の左手に乗せる。というのが思い出しました。やはり地域とか時代で変わっているようです。だも八十八夜の後は両手を高く上げてとんとんとお互いの手を叩く動作はしていましたね。
書店で児童書に手遊び関係の本があると思います。

Q「さむー」「くさー」‥‥「い」を言わない人

最近TVなどで若い人の言葉に
「寒い」を「さむー」、「暑い」を「あつー」、「臭い」を「くさー」、というように、形容詞の語尾「い」を省略する言い方をよく聞きます。
こういう言い方は、東京ではこれまで聞かなかった言葉ですが、
本来、どこの地方での言い方なんでしょうか。

Aベストアンサー

再登場です。
「寒い寒い」「暑い暑い」「臭い臭い」‥というふうに重ねて使う場合には語尾を普通の言い切りの形にしていますし,
「今日は寒いなぁ」という風に,形容詞のあとに言葉が続く場合や文章の中では「い」をつけて使いますネ。
ただ,大阪を含む関西圏では
「目」は「目ぇ」,「手」は「手ぇ」,「木」は「木ぃ」
というようにのばして発音します(一文字の言葉の場合)。
文章になっていない単語だけを発する場合には「寒い」「暑い」「臭い」の「い」を省略してのばし,「目」や「手」のように言い切りの発音がキツクならないように和らげているのかも知れないですネ。
単独で「暑い!」というのはキツく聞こえます。
以上kawakawaでした


人気Q&Aランキング

おすすめ情報