とても困っています。私は、金属表面処理の業界で仕事をさせて頂いております。
槽(ウツワ)を製作したいのですが、材質の選定についてとても困っております。

 リン酸(60%)・硝酸(5%)・市水(35%)。
 液温度 80~100℃。
 液容量 約380リッター。

この液体に耐えうる材質が、何か?御存知の方教えて下さい。
宜しく御願い致します。

A 回答 (3件)

専門外ですが、以前リン酸の耐食材料で調べた事がありますが、硝酸の影響はわかりません・・・?



リン酸では
 SUS316L,チタン、ハステロイC
ではないでしょうか?

sus316Lですめば良いのですが・・・?

ステンレスメーカーかプラントメーカーに尋ねて確認されては如何でしょうか?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

To MiJun
御回答有難う御座います。
恥ずかしながら、私はハステロイCを知りませんでした。
早速 弊社取引のある鋼材屋さんに問い合わせたところ、価格がSUS304の約10倍。
との事でした。これでは私は、半年ほどタダ働きになってしまいます(笑!)。
でもハステロイCに付いて色々調べ、とても勉強になりました。
有難う御座います。
結局、槽は2重構造(保温を兼ね) 内槽厚肉でSUS316L&外槽SUS304。
内槽は(2~3年でしょうか?)消耗品とする・・・・と、なりそうです。
また機会があればアドバイス下さい。宜しく御願いします。
from hello_aki

お礼日時:2001/02/16 23:07

以前、王水系の液を95℃前後にして処理を行う槽にはチタンを使っていました。


多分、リン酸+硝酸にもチタンなら耐えられると思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

To sikiko
早速のアドバイス有難う御座います。
残念ですが、チタンでは持たないそうです。
でも“ 王水系の液を95℃前後にして処理を行う槽にはチタンを使っていました。”との事、勉強になりました。また薬品で質問すると思いますが、アドバイス宜しく御願いします。

from hell_aki

お礼日時:2001/02/16 22:17

 槽の容量が380リッターというのがネックになりますが、テフロン樹脂ではどうでしょうか。

液温が高いのでガラス繊維入りのものが柔らかくならず良いと思います。ただこの大きさのものを作るのは大変かも。高価だし、この大きさの材料を準備できるかどうか...
 テフロンコートという手もありますが、耐久性(摩耗等)についてちょっと自信がないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

To tuduki
御回答有難う御座います。
槽内面にPFA処理(テフロンの焼付けだそうです)を考えたそうですが、弊社での実績が無いので却下になってしまいました。
ガラス繊維が柔らかくならないとの事ですが、セラミックやジルコニアは、耐薬品に強くないのでしょうか?温度的には、問題ないと思うのですが・・・。
もしかしたら、予算的にオーバーかも知れませね。

また機会があったらアドバイス願います。有難う御座いました。
from hello_aki

お礼日時:2001/02/16 22:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリンタ 輸送用の保護具

さっき印刷しようとしたら、変なエラーが出てしまいました。
内容は、
『スプールマネージャの中の印刷データをすべて削除し、プリンタの電源をオフにしてください。その後、プリンタ内部に輸送用の保護具などの異物が残っている場合は取り除き、電源を入れ直してください』
といったものです。
スプールマネージャーの印刷データー消去はできたのですが、その後が意味がわかりません。
輸送用の保護具とはどういったものでしょうか?開けてみましたが、どれがそうなのかわかりませんでした。

どなたか、説明できるというお方は教えてください!

Aベストアンサー

新品プリンタは、ヘッド等がが輸送中に動かないように、
養生テープや発泡スチロールなどであちこち止めています。
これが「輸送用の保護具」です。

今まで普通に印刷できていたのなら、そんな物は無いはずだから
No2さんが言うような原因でしょう。

新品で初めて印刷する時に出たのなら、まだどこかに残っていると思うので
よく探してください。

QCOD アンモニウム 亜硝酸 硝酸 リン酸

COD アンモニウム 亜硝酸 硝酸 リン酸
これらのものについて、すくないとどうなる、多いとどうなる、
そもそも何なのか、を教えてください。

追記
 自由研究で早急に資料が必要です。検索してもここまでは出てきません。
  よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の内容をきちんと理解して頂くには、最低限、高校化学の「酸化・還元」の知識が必要で、ここではとても説明し切れません。ごくごく粗っぽい説明ですが、

1.CODは「化学的酸素要求量」で、水中の有機物による汚染の度合いを表します。

2.アンモニアは、富栄養化物質である窒素の化合物の一種で、生物の排泄物や腐敗物などから出ますが、この物質は好気性微生物(酸素がある環境を好む)の働きで亜硝酸、続いて硝酸に「酸化」され、硝酸から嫌気性微生物(酸素がない環境を好む)の働きで窒素ガスへと「還元」されてゆきます。

3.リン酸は、リンが水中で存在できる形の化合物です。リンはやはり富栄養化物質で、こちらは空気中に放出されることがありませんので、微生物に取り込まれるか、化学的な処理で取り除くしかありません。

少し内容が難しいかも知れませんが、図書館などで以下の本を探して頂くと、詳しい説明が出ています。
 「とことんやさしい水の本」谷腰欣司著、日刊工業新聞社
 「よくわかる水処理技術」栗田工業(株)著、日本実業出版社

Q遊戯王OCG カードの保護具について

かなり迷ったので質問します。
デュエリストカードプロテクターとは何でしょうか?
カードスリーブと似ている物なのでしょうか?
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の個人的な理解なので、必ずしも正しいとは限りませんが、それぞれトレーディング目的とゲーム目的の保護なのではないかと思っています。

スリープは、カードを保存用として保護する、もので単なる保護カバー、
一方カードプロテクターはデュエルをする時にカードを保護しかつシャッフルなどがし易い、競技者個々人で異なるプロテクターを付けて混ざってしまっても自分のカードが分りやすい、ものと理解しています。もちろんスリープに入れてもデュエルは出来ると思いますが、メーカーとしては上記の様な思惑なのではないのかな?と思っております。
なので、スリープはぴったり目のサイズ(一度入れたらあまり入れ替えをしない)で無色透明、プロテクターはやや余裕のあるサイズ(デッキ構築の時入れ換えることを前提)でカラーやデザインも様々。シャッフルしやすい様に多少すべりが良い等の仕様の違いがあるではないでしょうか。

実際スリープでデュエルしたり、入れ替えを頻繁にやると破けたりしますが、プロテクターは結構丈夫だったりします。値段も倍以上違いますしね。

コナミ純正遊戯王カード用スリープとプロテクターがあって当初私もその違いが分らなかったのですが、使ってみてそういうことなのかなと私の勝手思い込みで使い分けています。当らずとも遠からずと思っています。ご参考に。

私の個人的な理解なので、必ずしも正しいとは限りませんが、それぞれトレーディング目的とゲーム目的の保護なのではないかと思っています。

スリープは、カードを保存用として保護する、もので単なる保護カバー、
一方カードプロテクターはデュエルをする時にカードを保護しかつシャッフルなどがし易い、競技者個々人で異なるプロテクターを付けて混ざってしまっても自分のカードが分りやすい、ものと理解しています。もちろんスリープに入れてもデュエルは出来ると思いますが、メーカーとしては上記の様な思...続きを読む

Q硝酸67.5%を30%に希釈方法

硝酸67.5%  37.5g+水(純水)30gか?
硝酸67.5*1.4(比重)での式
67.5*1.4=97.4
97.4/100*30=29.2
水(純水)29.9g?

Aベストアンサー

67.5%溶液100gに水100gを足せば2倍に希釈されて33.75%溶液となります。
67.5%溶液100gに水200gを足せば3倍に希釈されて22.5%溶液に。
(求める濃度はこの2つの間ですね)
10倍に希釈すれば6.75%溶液です。
x倍に希釈した時の濃度は67.5/x(%)となります。

30%溶液にするには
 67.5/x=30
 x=67.5/30=2.25
2.25倍に希釈すればよいので、67.5%溶液100gに水125gを足して全量を225gにします。

Q半導体を王水に浸けて金を取り出すって王水って何ですか? Amazonで買えますか?

半導体を王水に浸けて金を取り出すって王水って何ですか?

Amazonで買えますか?

Aベストアンサー

王水は濃塩酸と濃硝酸とを混合した酸ですね。
配合は容積比で何種類かあって、1硝:2塩や1硝:3塩等、溶かしたり腐食されたりする金属に応じて使い分けたり配合をアレンジしたりします。
酸化力が強くAuや白金も溶解するのですが、Agは溶解しません。
危険な薬品ですけれど、私自身は何度も扱っていて合金の腐食試験に使用しました。
王水は塩酸と硝酸を混ぜて使うもので、王水単体で一般に売っていたり入手可能なものではないですね。

Q訂正 硝酸浴でのアノードの材質

濃度0.5-1mol/lの硝酸浴である金属の電解採取をしました。
金属の電着はしたのですが、アノードにカーボンボード(カーボンを何かのバインダで固めたようなもの)を使用したところ、表面がぼろぼろとはがれてしまいました。
SUS304に変えたところこんどはFeが溶出してしまいました。
比較的安価or実用的で硝酸に侵されにくいアノードはなにかないでしょうか?Tiなどは使用可能でしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

アノードではTiはNGです。酸化性の酸に加え、電解すると陽極酸化を起こし段々と電流が流れなくなるでしょう。やはりチタン白金板位でしょうか。(高価ですけど)

Q仮に、王水の海や湖が実現したらどうなりますか?

宇宙戦艦ヤマトで、ある星では王水の海により地下に住まざるを得なくなった、というような設定があったように思います。
非現実的なのは百も承知ですが、例えば海が段々と王水に変化していったら、自然の湖の水を王水に入れ変えたりしたら、地表にはどのような変化が起きるのでしょうか?
地表の表面から段々と溶けていくのか、大陸ならどうか、島ならどうか……。
原因や実現性の考証などは置いといて、「その状況が起こったら」というSF的空想シミュレートとして、回答者さんの考えに沿う形で構わないので、色々答えて頂けると有難いです。

Aベストアンサー

王水って、金を溶かすので、何でも溶かすと思われていますが、土塊(シリカ)は溶かしません。
この辺にヒントがあるかもです。

単に強酸の海になったらどうなるかは、火山近くの酸性湖にいってみるとすぐに分かりますよ。わりかし静かな「美しい」湖になっています。

Q85%(w/v)リン酸の作り方

85%(w/v)リン酸をリン酸水素二ナトリウムとリン酸二水素ナトリウム(無水)から作成する作り方を教えてください

Aベストアンサー

18金と12金から純金を作りなさいと言っているよなものです。
リン酸、それも飽和溶液に近い物はリン酸のナトリウム塩から作ることはできません。
(塩酸などを使えばできる可能性はありますが、精製が難しいです)

基本的には、P4O10 を少量の水に飽和状態まで溶かしたものが、
85%リン酸溶液ではないでしょうか?

Q王水

濃塩酸と濃硝酸を3:1の割合で混ぜると王水になりますが、王水中では濃塩酸や濃硝酸はどのような形で存在するのですか?

Aベストアンサー

形って↓ということではなく?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E6%B0%B4

Q硝酸硝酸銀

硝酸銀を金属の薬さじで測ると試薬瓶に残った硝酸銀はどうなりますか?

Aベストアンサー

銀はイオン化傾向が小さく、銀イオンが電子を取得して単体の銀に戻る性質があります。
ですから、有機物が触れるとそれが還元剤となって、銀が析出し黒くなります。
逆に言うと、還元剤となるものがなければ問題はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報