先日「戦争論(著クラウゼビッツ)」という本を買いましたが、難易度が高すぎて最後まで読めませんでした。

高校生ですが哲学書や思想書などの難しい本を読める大人になりたいと思っています。

難易度のそう高くない本を教えてください。
頭の良い、話の上手な大人は格好いいですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

僕も高校1年生の時に戦争論を読みましたが(無謀)、何の予備知識もなしに読み始めるとかなりつらいと思います。


歴史のみならす哲学的な要素も含まれているのでかなり難解な本です。
「図解雑学 クラウゼヴィッツの戦争論」という本がでていますのでこちらから読まれてはいかがでしょうか?
また中公や岩波のものよりは、日本クラウゼヴッツ学会「戦争論レクラム版」がいいと思います。

難易度の高低は人それぞれですが国際政治についての本なら
「国際政治とは何か」中西寛
「国際関係論」中島峰雄
「国際政治」高坂 正堯
この三冊から読んでみてはいかがでしょうか?
この三冊は高校生でも十二分にとは言いませんが、ある程度理解できると思います。
実際当時の僕でも面白く読めました。
また「軍事学入門」「安全保障学入門」も専門的ではありますが面白いです。

本の読み方、或いは読書というものについて考えのであれば
加藤周一「読書術」
W.S.モーム「読書案内」
ショウペンハウエル「読書について」
モーティマー・J・アドラー「本を読む本」
P・G・ハマトン「知的生活」
渡部昇一「知的生活の方法」
    「楽しい読書生活」
清水幾太郎「本はどう読むか」
外山滋比古「読書の方法」
がお奨めです

僕自身も本の虫で知識欲に突き動かされ、また質問者様の言うようなかっこいい大人を目指して図書館通いをし、バイト代は本の購入代金につぎこんでいました。
僕は共通の趣味をもつ友人を得ることができ、それなりのスクールライフを送ることもできましたが、一歩間違うと「本が友達」状態になるのでお気をつけ下さい

個人的に読んでいただきたい著者を10人挙げると(ジャンルばらばら)
坂本多加雄 三島由紀夫 佐伯啓思 小林秀雄 里見岸雄 葦津珍彦
上山春平 福田恒存 会田雄二 江藤淳 村上陽一郎

この間まで高校生だった者より
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンの故障で返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。

戦争論は序章を理解するだけで、半時ほどかかりました、やはり予備知識は必要ですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/02 20:08

戦争論は未読ですが(名前は知ってます、有名ですから)


興味を持ったら手を出してみるのは大変良いことだと思います。
でも、見てみたら読めなかったということも多いです。

活字に慣れていても、予備知識がないと読めない本があります。
知識の積み重ねが必要なのでしょう。

一方、予備知識がなくても理解できる内容であっても、文体や言葉遣いが難しいというのもあります。
これは慣れです。

難しい本を読んでいる人も、最初から突然、読めたわけではないと思いますよ。
少しずついろいろな本を読んでいった結果でしょう。

大学で勉強して・・・でないと読めない本もあるでしょうが、
一般向けに売られている本は、ある程度読みなれていけば読める内容だと思います。
周辺知識、関連する本などを読んでいくうちに、だんだんエスカレートして行く感じがします。

最終的な読みやすさには、好みや相性もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

パソコンの故障で返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。

戦争論を呼んでいると、ちょっとした接続詞だけでも調べないとわからないようなものばかりで・・・
経験地が必要ですね。

お礼日時:2008/06/02 20:11

役人のオジサンです。

私が読んできた本の一部を参考URLのNo.4で挙げて
おりますので、読んでみてください。そんなに難しくはないと思います (^o^)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3884402.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンの故障で返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。

何冊か読んだ本、読みたいと思っていた本がありました。
参考にさせてもらいます、ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/02 20:09

難易度のそう高くなぃ本ッて事実上あるんだケド、著者に対して失礼のような><;



ぁぃもクラウゼビッツ持ってるケド、読ンでなぃょ!!
解説本も買ってあるっwわらっ
タイトル / 図解 クラウゼヴィッツ「戦争論」入門
著者名 / 是本 信義

池田ちゃんの「14歳からの哲学」どぉ??
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200 …

あとわぁ土屋くんかな♪
土屋賢二くん!!!

ぁぃが中学だッたかな;
「ソフィーの世界」を読むよぅに言われてたょぉ*

頭の良ぃッてのゎ一種のファッションかなあ;
この価値を認めなぃ人もいるケドね☆

ばぃばぃ!!(〃ゝД・☆)v{バィセコー  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

土屋賢二さんなら知ってます。「われ笑う、ゆえに我あり」は愛読書のひとつですよ。

頭が良いのがファッションというのは僕には納得できませんが、参考にさせてもらいます。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/30 19:52

>難しい本を読める大人になりたいと思っています



あなたが今までどの程度の読書をしてきたのか不明ですが、もしあまり活字に慣れていない段階だとすると、いきなり難しい本を読むのはお勧めしません。読書習慣は一種の慣れです。

で、私の持論としては「読書を継続する秘訣は、つまらないと思ったら放り出して他の本を読め」です。面白いと思えない本を無理して読もうとしてもページは進まないし、手に取るのも嫌になり、却って読書の妨げになります。
そういう本を無理に読破することを自らに課す必要はありません。

それよりも最初はどんなジャンル(エッセーでも小説でも)でも良いので面白いと思える本だけ読むことです。
活字に慣れてくると徐々に長編も読めるようになるし、多少難解な本にもチャレンジできるようになります。
一番いけないのは、活字に慣れる、読書に慣れる前につまらない本により読書自体を挫折してしまうことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

慣れ、ですね
読書をする習慣は自分ではあると思っています(物語などがメインですが)。

難しい本に手を出すタイミングといいますか、やはり経験値がまだたりなかったようです。

お礼日時:2008/05/30 19:37

ほほえましいですね。

えらいな。
「漢字」「国語」「古語」「四字熟語」「故事ことわざ」「難読漢字」「語源」「類義語」の辞書は横において、いつも確認するようにしているといいですよ。私は最初の6種は持ってますよ。
今の売れてる小説は読む必要はないと思います。100年以上たたないとホントの評価は定まりませんよ。小説を読むならそれくらい年数のたったものでいいんですよ。人間なんてそれほど本質は変わりはしないですからね。鴎(化けるのでこの字を使ってます)外か漱石を読めば十分です。あとはどうでもいいおまけ。それと歴史に関するものは読んでおいた方がいいな。理想は古典がすらすら読めて理解できるといいですねぇ。
好き好きがあるからお勧めはしませんが、古い人を除いての私のすきな現代作家を数人列挙しておきます。
高島俊男、山本夏彦、河上徹太郎、司馬遼太郎、滝口康彦、関川夏央、櫻井よし子、中村彰彦、などなど。
東海林さだお、小林よしのり(この2人は漫画家)。時には「あははは」とか「うふふふ」とか「ひっひっひっ」と笑わなくちゃ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

入学祝に買ってもらった電子辞書が役に立ってますよ、タッチペンなんかが付いてて漢字が直ぐに調べられたりします。

森鴎外や夏目漱石は教科書とかで何度か読んだことがあるんですが、いまいち好きになれないというか・・・
司馬遼太郎の「二十一世紀に生きる君たちへ」は良かったです。

参考にさせてもらいます。

お礼日時:2008/05/30 19:23

戦争論とかムズカシ過ぎですよ~!私が一年の頃、大学の授業で使ってたのに。


有名どころから始めたらどうですか?
フロイトの精神分析とか、ヒトラーの我が闘争とか…
一人で読みこなそうとしないで、解説本もあるやつがいいです。

あと、私は大学に入っていろんな人と接するようになってからわかったのですが、
頭のいい人や話の上手な人のアタマは本のみで出来てるわけでは無いようです。
たくさんの人々と出会い、衝突し、バイトし、遊び、苦労し、議論し、恋し、勉強し、そして読書し…
余計なお世話ですが本だけではなく、音楽や絵や人や、様々なものからも学べると思いますよ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

様々なものからも学べる、僕もそう思います。
友人との何げない会話からでも「そんな見方があるのか」と、気づかされることも多いですし。

色んなことを経験したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/30 19:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分数のかけ算が難しいという職場の先輩への対処方法

僕は大学生の時に近所にある工場へアルバイトに行きました。
レンズを作るラインの仕事で、機械がレンズをつくっているのを監視、不良品がでたときだけ、機械を止めて治具の取り替えをするという誰でもできる単純な仕事です。
当時僕は、一般教養科目のデータベース設計論で数学の部分がわからなくて困っていました(ちなみに法学部です)
そのことで職場の先輩(社員で主任、高卒)と数学の話になりました。
先輩は数学が得意だと言います。
ところが話がかみ合わない。僕が話しているのは回帰行列の話なのです。一方先輩が話しているのは、分数のかけ算程度の話なのです。

先輩の話です。
「数学が苦手なんだって、お前本当に馬鹿だなぁ~。俺は数学が得意だ。分数のかけ算だってできるぜ。お前に分数のかけ算ができるのかよ」
つまり先輩にとっては分数のかけ算は難しくて他の人にはできないと本気で思っているのです。

これに対して貴方ならどんな返事をしますか?
1.「分数のかけ算の話なんてしてませんよ。それぐらいできて当然です」と本音を言う。
2.「いや、本当に分数のかけ算手難しいですね。僕も分数のかけ算ができなくて困っています」と相手のレベルに合わせる。
そのほかうまい返事の仕方があれば教えてください。

ちなみに僕は、「分数のかけ算なんて小学校で習う算数じゃないですか?それぐらい誰だってできる簡単なことですよ」と答えて、その後先輩に睨まれました。

要点、先輩は分数のかけ算が難しいと本気で思っている。それを新人に簡単だといわれて侮辱されたと感じた。一方僕は普通に喋っただけで侮辱する気持ちはない。人間関係をうまく保って行くにはどう返事をしたらよいかを教えてください。

なおこの質問は僕が昨日質問した
http://okwave.jp/qa2529264.html
がわかりにくかったようなので、実話に基づいた具体例として再度質問させていただきました。

僕は大学生の時に近所にある工場へアルバイトに行きました。
レンズを作るラインの仕事で、機械がレンズをつくっているのを監視、不良品がでたときだけ、機械を止めて治具の取り替えをするという誰でもできる単純な仕事です。
当時僕は、一般教養科目のデータベース設計論で数学の部分がわからなくて困っていました(ちなみに法学部です)
そのことで職場の先輩(社員で主任、高卒)と数学の話になりました。
先輩は数学が得意だと言います。
ところが話がかみ合わない。僕が話しているのは回帰行列の話なの...続きを読む

Aベストアンサー

世の中には、分数のかけ算が本当にできない人がいます。「分数の計算は誰にでも出来る」という判断は誤りです。

分数のかけ算が誤らずにできることと、上のような判断が誤らずにできることとは、比較の対象とはならないかもしれません。

しかし、何事においても、正しく物事が出来るということは、すばらしいことだと思います。

「数学が苦手なんだって、お前本当に馬鹿だなぁ~。俺は数学が得意だ。分数のかけ算だってできるぜ。お前に分数のかけ算ができるのかよ」

「すごいですね。私はときどきまちがうことがあるんです」とでも言えばいいのではないですか。

自分にできる範囲のことを正しくやれる自信を持っている人のほうが、自分にできない範囲のことで自信を持っていない人より、賢いと思います。先輩が「お前本当に馬鹿だなぁ~」というのも一理あると思います。

Q【戦争】「戦争は無駄で何の意味もない」 戦争は意味があるものなのでしょうか? 戦地に乗り込んで、

【戦争】「戦争は無駄で何の意味もない」

戦争は意味があるものなのでしょうか?

戦地に乗り込んで、乗り込まれた側が攻撃して、乗り込んだ側に犠牲者が出て、犠牲者、味方の為に反撃をする。

そもそも乗り込まなければ攻撃を受ける事が無かったのに、わざわざ敵地に乗り込んで攻撃を受けたから反撃をしているというのは正当性に欠けると思います。

乗り込んで味方がやられたからこっちは反撃しているんだ。

最初に攻撃して人を殺したのは敵であって、我々は攻撃を受けなかったら反撃はしなかった。

最初に攻撃した側が悪いと言っているのがアメリカで、

最初に自国に乗り込んで来たのはアメリカの方だと言って、黙ってアメリカに乗っ取られというのか!と現地の人が激怒している。

で、現地の人はアメリカが来るまでは自国は大量殺人兵器は無かったのに、今では自国民が大量殺人兵器を持って武装していてアメリカが来てからもっと治安が悪くなったと言っている。

戦争は兵士の殺し合いだが殺し合っている兵士が死んでも何も変わらないし、憎しみだけ増えていく。

戦争は無駄で意味がないものでは?

戦争自体には意味があるけど、現地で殺し合っている兵士は意味がない無駄なものではないでしょうか。

違いますか?

戦争で何か生み出せましたか?

【戦争】「戦争は無駄で何の意味もない」

戦争は意味があるものなのでしょうか?

戦地に乗り込んで、乗り込まれた側が攻撃して、乗り込んだ側に犠牲者が出て、犠牲者、味方の為に反撃をする。

そもそも乗り込まなければ攻撃を受ける事が無かったのに、わざわざ敵地に乗り込んで攻撃を受けたから反撃をしているというのは正当性に欠けると思います。

乗り込んで味方がやられたからこっちは反撃しているんだ。

最初に攻撃して人を殺したのは敵であって、我々は攻撃を受けなかったら反撃はしなかった。

最初に...続きを読む

Aベストアンサー

「戦争で何か生み出せましたか?」ってオマエは言っているけど、そういうなら、オマエがどうにかしろよ。

言うだけなら馬鹿でもできる。

Q超~難しい英訳

私の父は優しく、母は怒りんぼです。

 う~ん英語むずかしいいいいいいい。誰か教えてくださいいい<(_ _)>

Aベストアンサー

My dad is genial.
And my mom is short-tempered and tends to get angry easily.

「優しい」って単語が難しい。

Q小説で参考になる戦争の軍全体の動きについての本

こんにちわ。
小説で軍人を動かしたいのですが
多少のリアリティーを出したいと思い、それに対して参考になる本を求めています。
虐殺器官の伊藤計劃さんMGSの小島秀夫さんは美術大学、普通大学出身だそうですが、どのように知識を得られているのでしょうか・・・。

とりわけ、銃器や戦術についてはある程度理解したのですが
戦争中の軍全体の動き(敗戦も含め)、階級ごとの役割、各々がどように動くか、流れについては未だに浅学です。
上記について、包括的に知識の得られるものを探しています。また、これを読んでおくと役に立つかもしれない本を挙げて頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 No3.補足
 スティーブンハンター;「真夜中のデッドリミット」独立したICBM基地を襲撃占領する謎の特殊部隊。
           ;「魔弾」第二次大戦末期、凄腕のドイツ軍狙撃手の秘密行動。
 大石英司氏の一連の作品:ヒーローものではないので、軽いですが、分かりやすい作品。
 雑誌「歴史群像」学研、隔月刊;データとして役に立ちます。

 翻訳小説系;二見文庫;ボブメイヤー「チャイナウォー13」元特殊部隊員として、作戦開始までの流れが分かります。
       二見文庫;ラリーボンド「レッドドラゴン侵攻」砲兵の意味がよく分かります。トムクランシーよりうまい。
       ヴィレッジ・ブックス;ジョー・バフ「深海の雷鳴」潜水艦関連では、おそらく一番。他2冊既刊

 ボードウォーゲーム関連;コンピューターゲームではありません。内容上戦力計算などで、資料が豊富です。
             http://commandmagazine.jp/
             http://www.sunsetgames.co.jp/
             こういったゲームを実際にプレイしてから、小説化するというのもありました。「レッドサン・ブラッククロス」のようなシュミレーション小説の元。小は歩兵一人から、大は銀河戦争に至るまで、何でもあり。

 No3.補足
 スティーブンハンター;「真夜中のデッドリミット」独立したICBM基地を襲撃占領する謎の特殊部隊。
           ;「魔弾」第二次大戦末期、凄腕のドイツ軍狙撃手の秘密行動。
 大石英司氏の一連の作品:ヒーローものではないので、軽いですが、分かりやすい作品。
 雑誌「歴史群像」学研、隔月刊;データとして役に立ちます。

 翻訳小説系;二見文庫;ボブメイヤー「チャイナウォー13」元特殊部隊員として、作戦開始までの流れが分かります。
       二見文庫;ラリーボンド「...続きを読む

Q告白とキスとどっちが難しい?

男の人は、好きな子に対して、告白するのとキスするのとどっちが
むずかしいと思いますか?
どっちが勇気いりますか?
(付き合う前で良い感じの関係だったとして。)

Aベストアンサー

人によるんじゃない?

その状況だと
むずかしいのは キス
勇気がいるのは 告白


なんでって?
告白は相手の意向無視して一方的にできる。だけどそうでないキスは難しい。
キスは雰囲気でもっていけるかもしれないけど告白は雰囲気が良くても否定の可能性を拭えないから勇気が要るでしょ。

Q太平洋戦争

史実では太平洋戦争は日本の敗戦に終わりました。しかし珊瑚海海戦やミットウェー海戦では日本が勝つ可能性もあったし、その結果歴史は変わったかもしれません。
後知恵ですが当時の両軍の戦力や国力から考えて、史実のような悲惨な敗戦を避けるためには、日本軍のとるべき最適の戦術と戦略や講和のタイミングはどのようなものでしょうか。敗戦するにしても、史実のようなあそこまで悲惨な終戦を迎えることは避けられると思うのですが。

Aベストアンサー

アメリカに勝つ可能性があるとすれば、同盟国であるドイツがヨーロッパを征服し日本に加勢することがあるときだけです。
それでもアメリカに勝つかどうかわかりませんが、それ以外は日本がアメリカに勝つことは考えられません。
また、結果論になるかもしれませんが、真珠湾攻撃のときにアメリカ本土まで行って決戦をするべきでした。
真珠湾を攻撃しながら東南アジアを攻略するという、中途半端な作戦はアメリカに息を吹き返し、ただ怒らすだけだったようです。
日本はアメリカをなめていたとしか思えません。
ルーズベルトとしては世論の後押しもできたため、日本と戦争をするいいきっかけができ、内心喜んだのかもしれません。
講和のタイミングは我々は歴史を知っていますので、いつすれば良いかわかっていますが、当時はわからないかもしれません。

Qスイング短期売買が一番難しい?

 デイトレ(テクニカル売買)
 長期投資(ファンダメンタルズ売買)がありますが

 一番むずかしいのは、スイング売買(1週間~2ヶ月)単位での売買でしょうか?
 うまい方、コツがあればヒント教えてください。当方は中国株専門ですが...

Aベストアンサー

昨今流行のディトレーダーよろしく、目先の一時的な儲けを追求されるのはどうかと思います。本来はいかなる相場環境や政情背景などであろうとも、多少の損失を出そうとも、結果としては確実に資産を増やして(or利益を上げて)こそが投資ではないでしょうか?確かに相場を張る者として、目先の利益確定はしておきたいでしょうが、目に見える収益を実現する必要のない一般(素人)投資家であるならば、あくまでも中長期をお薦めします。ましてや中国株でしたら、為替差益の楽しみもあるのではないでしょうか?

Q戦争責任について

カテゴリー違いかもしれませんが、迷った末にここで質問させていただこうかと思います。

A国とB国が戦争したときに、A国が勝利したとします。
B国は戦争責任をとらされ、指導者以下責任をとり、
死刑などの形で責任を負うことが普通にあると思います。

しかし、よく子供同士の喧嘩では弱い者いじめをしたA君のほうが先生に怒られるという形で責任を負い、
A君がB君に謝って解決することがあります。

戦争には双方の言い分があり、子供の喧嘩のような単純なものではないかと思いますが、
勝利した国の論理としてはどのような言い分でB国に責任を求めるのでしょうか?
私にはこじつけのような言い分しかないのでは?と思っていますが・・・・・

私は歴史について、まったくの素人ですが、戦争責任という言葉に違和感を覚え、
今回こういった質問をさせていただきました。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

国内法と国際法の最大の違いは、前者には究極の執行権力である国家が存在するのに対して、後者には最終的な執行権力が存在しないことです。したがって「国際法とは法ではなく道徳に過ぎない」という意見の学者もいるのですが、普通は「国際法とは強制執行能力が不完全な法である」というのが、ヨーロッパ大陸や日本での主流の考え方です。

グロチウスというヨーロッパ大陸の法学者が「戦争と平和の法」という本を書き、戦争時においても外交官の身分は保証されなければならないという原理をうちたてたのは、400年ほど前のことです。このグロチウスの議論、ヨーロッパ大陸諸国と日本くらいしか、まともに受容している国は思いつきません。イギリス法(アメリカ、オーストラリアなどを含む)の国はこんなことを気にしませんし、イスラム法にいたっては「目には目を、歯には歯を」といった古い復讐理論を継承している例すらあります。(復讐の連鎖を止めない限り、犯罪や戦争はなくならないという発想は、ヨーロッパ大陸法、日本法、かわったところでは仏教に見られるもので、それ以外の文化圏では、必ずしも明確に提起されているわけではありません)

ブッシュはイラクに侵攻した際、同盟国に対して「今のイラク政府は正当なものとは認められないから、イラク大使を国外追放しろ」という前代未聞の要求を行っています。グロチウスの理論を受け入れている国から見たら、驚きものの無茶であり、ヨーロッパ人が激しく反発したのも当然のことです。日本政府はしばしばアメリカの言いなりであるなどと批判されますが、ブッシュの発言を無視し、イラク大使を国内にとどめておきました。日本がヨーロッパ大陸法の系譜に入る国であることを示す、良い事例です。他方、本当にイラク大使を喜々として国外追放してしまったアフォは、オーストラリアのハワードで、昨今、ハワードが選挙で破れたのは非常に喜ばしいことです。ハワードのバカさ加減を語り始めるときりがないのですが、良識派のオーストラリア人を国の恥だと言って嘆かせる人物だったとだけ指摘しておきます。

戦争責任を裁くにあたっては、国際法廷はほとんど機能しておらず、ユーゴスラビア内戦の処理くらいしか、案件が思いつきません。したがって必然的に、戦勝国が戦敗国を裁くというパターンが増えてしまいます。

第1次世界大戦が終わった時、戦勝国フランスはドイツが2度と再興できないように莫大な賠償金を課しました。ドイツは一時期、アメリカ資本等によって経済が復活しかけたのですが、経済はその後、急展開して極度に悪化、結果としてドイツ人の間に被害者意識をうえつけ、ヒトラーのような危険な人物を支持する人が増え、ナチスは選挙を通して合法的に政権を握ってしまうのです。

第2次大戦が終わった時は、第1次大戦の戦後処理の反省から、戦勝国は戦敗国に対する賠償を放棄するという原則で講和が実現されました。したがって日本は中国や韓国に賠償金を払う義務はないのですが、隣国に迷惑をかけた事実には違いはなく、中国へはODAという形で実質的な賠償金を払っています。従軍慰安婦に対しては、国家からの賠償はできないという原則を守るため、特別な基金を作ってそちらから実質的な慰謝料を払うという方式をとりました。多くの国の元従軍慰安婦がこれを受け入れたのですが、韓国の従軍慰安婦は国家による直接補償を求めており、これには別の手段での対応が必要でしょう。

なお、敗戦国が戦勝国に、講和条件を飲ませた例外的事例が存在します。ナポレオンがヨーロッパ中を引っかきまわした後、フランスは戦争に敗れ、ウィーンで講和会議が開かれるのですが、フランスから参加した豪腕外交官のタレイランは、敗戦国代表でありながら、自国の要求を戦勝国に飲ませてしまうのです。だてに「外交の天才」と呼ばれているわけではありません。タレイランはフランス語としては異例の綴りであるため、本当の発音はよく分からず、タレランになっていたりタレーランになっていたりするほか、ナポレオンにはタレユランと呼ばれていたことも知られています。

国内法と国際法の最大の違いは、前者には究極の執行権力である国家が存在するのに対して、後者には最終的な執行権力が存在しないことです。したがって「国際法とは法ではなく道徳に過ぎない」という意見の学者もいるのですが、普通は「国際法とは強制執行能力が不完全な法である」というのが、ヨーロッパ大陸や日本での主流の考え方です。

グロチウスというヨーロッパ大陸の法学者が「戦争と平和の法」という本を書き、戦争時においても外交官の身分は保証されなければならないという原理をうちたてたのは、400...続きを読む

Q難しい単語の発音

日本人が難しい漢字を発音できないときがあるように、英語が母国語の人でも、むずかしい単語は発音できない、ということはあるのでしょうか。
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

つづりが読めないというときがありますか、と言う質問ととりましたので、その点で簡単に回答させてもらいますね。

答えは、はい、あります、です。

日本語の漢字と同じように、英語のつづりも、口で出す単語を文字に表したものですね。 ですから、読めない、間違って発音する、と言う事はあります。

また、その単語自体はよく知っており、発音しているにもかかわらず、その単語が紙に書かれてしまうと口ではいえる単語と同じものだと言う事が分からない、ということなんですね。

余談になりますが、私の会社の従業員で、ある程度教養はあるはずなんですが、ひとつだけ、ある単語を間違って発音しています。本人は全く気がついていませんが。 なんだと思いますか? 難しい単語ではないんですね。 askと言う単語です。 彼女は a-k-sと発音しているんですね。 全く、完全なくせになってしまっているんですね。

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。

Q戦争について

戦争史に興味があります。
心のそこから、戦争反対、です。

どうして戦争と言うものが起こってしまうのか、
どうして戦争を止めることができないのか、
どうすれば戦争の犠牲になる人を少しでも減らすことができるのか、

理論的な点から・また実際的な点から「戦争」と言うものに
迫りたいと思っています。
今はただ、戦争について書かれた記事を読んだり、
講演などを聴くだけで、自分では全く何も出来ていません。

大学でそういった方向について勉強できるところはあるでしょうか?
また大学だけではなく、実際に戦争について取り扱っている組織などがありましたら、教えていただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

戦争についての考え方は、教科書に書いてある事を鵜呑みにして理解できたと言えるものではないと思います。いろんな人の意見を知ることは大事ですが、あなた自身の考えにたどり着くことが必要です。

既に他の人が挙げておられる「戦争論」は、確かに戦争に関して理論的に解析した有名な本ですが、著者はナポレオン時代にフランス軍に捕虜にされたクラウゼヴィッツという人です。彼は憎むべき敵であるフランスを滅ぼすことを最終目的として、本の中で博愛主義を全面否定し、人命や地方都市などにどんな犠牲を払っても最後に戦争に勝つことを目指して議論を展開しています。そして、自衛隊の内部でも「戦争論」の勉強会が開かれたことがあります。そういう意味で、「戦争論」を学ぶことは現代の各国の軍隊や自衛隊の在り方を理解する役には立つでしょうが、それで戦争の全てを理解は出来ません。この本はあくまでも ”戦争を肯定する者の論理”です。

一方で、「戦争論」を学びつつこれを否定する立場の人もいます。広瀬隆という作家の「クラウゼヴィッツの暗号文」という本をご一読することをお奨めします。それで、もし共感できたなら、同じ広瀬隆氏の「赤い盾」を読んでください。これは世界経済を閨閥(けいばつ)という観点から捉えた本です。近代以降の戦争は、金融や資本家と切り離して考えることが出来ません。軍事費無くして大規模な戦争は有り得ないからです。そして、膨大な軍事費は、それを受取る者が必ず居るのです。死の商人と昔から呼ばれる悪人が暗躍しているという考えは新しいものではありませんが、実際にはもっと複雑でしょう。たとえば、ソ連が崩壊して東西冷戦が終わった途端に、民族紛争なるものが世界各地で起こり、国連が軍隊を派遣し始めたのは偶然でしょうか?軍事費が削られれば失業率が上がるほどに、世界経済に占める軍需産業のウェイトは大きいのではないでしょうか?

最後に、私個人の意見を要約しておきます。
戦争を起こし、続ける要因は主に4つ。
1)身内を殺されたり、大切な何かを失ったりして、恨みや憎しみを持って敵と戦う者。彼らは戦争の勝敗よりも敵を痛めつけることに執着します。
2)職業軍人として、戦争が始まれば必ず死の恐怖に直面するとわかっている者。彼らは自分の安全を確保するために、軍拡を進め、先制攻撃に走ろうとする傾向があります。
3)戦争に勝てば利益を得るか、負ければ不利益をこうむる立場の者。彼らは最後の勝利を求め、そのためには犠牲もやむを得ないと考えます。また、彼らは自ら最前線で死の危険に身をさらす必要が無い特権階級であることが多いように思います。
4)どちらが勝とうが、戦争や軍事的緊張の状態であれば利益を得る者。たとえば、世界的規模の兵器メーカーや、各国独裁者の秘密口座を抱えたスイスの銀行など。
これら4つの要因が複雑にからみ合って、戦争は続いていると私は考えます。戦争を止めることは不可能ではないが、多くの人の思惑が絡んでいる以上、非常に困難です。

戦争についての考え方は、教科書に書いてある事を鵜呑みにして理解できたと言えるものではないと思います。いろんな人の意見を知ることは大事ですが、あなた自身の考えにたどり着くことが必要です。

既に他の人が挙げておられる「戦争論」は、確かに戦争に関して理論的に解析した有名な本ですが、著者はナポレオン時代にフランス軍に捕虜にされたクラウゼヴィッツという人です。彼は憎むべき敵であるフランスを滅ぼすことを最終目的として、本の中で博愛主義を全面否定し、人命や地方都市などにどんな犠牲を払...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報