ハリー・ポッターと秘密の部屋に兎口という表現があることが、みなさんからの回答でわかったのですが、何ページのどの辺にあるのか、詳しく教えてください。

前回の質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=40550
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=40550

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 438pです(16章「秘密の部屋」ロックハート先生の台詞)。

この差別表現の問題について知ってどうするのでしょう。(素朴な疑問です。気にしないで下さい。ただ知りたいだけなのかもしれませんが。)
 ちなみに原書(英語ペーパーバック版320p)での表記は「hare lip」でした。直接確認していませんが、米語版でもおなじだそうです。

 昔話や少し前までの小説には、今で言う差別表現がたくさん見られます。そういう表現に気を遣うようになったのはほんとに最近のことです。ほとんどの場合、別に作者が悪意で使ってたわけでなく、皆そういうことに無頓着だったのです。そういう時代性も理解した上で読むことが必要なのではないでしょうか。「ちびくろサンボ」の時は過剰反応でしたよね。

 現在の小説でも差別表現が使われていることもありますが、たいてい「必要性」の断り書きがあります。古い作品でも断っているものもあります。読み手も敏感ですから出版する側も細心の注意をはらうようになっていますよね。それでも差別表現が活字となってしまい、指摘を受けたというニュースを時々耳にします。著者の方々はたいてい真摯に受け止め、謝罪し、表現を訂正に応じていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん参考になりました。
差別問題について調べたいというよりも、この本を今後どう取り扱うか(仕事上で。)の判断を上司に仰ぐため、その部分を指し示さなくてはいけない必要があったので。
個人的には、違和感なく読みすごしてしまっていたし、ホント過剰反応だと思います。

お礼日時:2001/02/17 19:10

蛇足です。



 スコットランド人男性に確認したところ、「hare lip」は日本語の「みつくち」と同じ状態を表すそうですが、医学用語であるということでした。もともと同じ意味を持っていても、日本語では嘲りの気持ちが加味され、差別表現となっていったんですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハリー・ポッターと秘密の部屋の差別表現について

ハリー・ポッターと秘密の部屋で「先天性疾患」についての差別表現があり、ある所では、本を引き上げる等行っているみたいですが・・・
この表現は、何ページの何という表現なんでしょうか??
読み終えたのですが、全然わからなかったのですが・・・

Aベストアンサー

Harelip  n.兎唇(としん), 口唇裂,みつくち. Cleft lip ともいう.[1567年]
Hare lip  口唇裂、兎唇
Cleft lip 口唇裂、兎唇

こうしん‐れつ【口唇裂】顔面裂奇形の一種。口唇の先天的破裂で、上口唇裂(兎唇/としん)が最も多い。稀に正中唇裂・下唇正中裂もある。

と‐しん【兎唇】上唇が縦に裂け、兎の唇の形をなすもの。胎生期における鼻突起と左右1対の上顎および下顎突起相互の癒合が不完全なために起る。みつくち。いぐち。口唇裂。欠唇/けつしん。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報