最新閲覧日:

現在、RPG型のゲームを作ってみたいと思っていまして、
ツクールを使用するとテンプレート通りの物しか作れそうに無い&
後学の為にもプログラミングができるようになっておきたいという理由で、
自分でプログラムを組んで作ってみようと思っています。
以前学校の授業でC言語を軽く扱いましたが、
ある所で高度な処理をさせるためにはC++がいいと聞き、
またある所ではjavascriptならコンパイルがいらないので簡単だと聞き、
正直どれを使えばいいのかよくわからなくなってます。

ジャンルは前述の通りRPGで、画面は基本ドット打ち、パソコンの使用環境はXPです。
以上の条件でゲームを作ろうとした場合、もっとも適しているプログラム言語はどれなのでしょうか?
また、このようなゲーム作成に関するお薦めのノウハウ本などありましたら併せて教えていただけると幸いです。
当方まったくの素人ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

Web上のゲームや、Androidアプリを除いて、


Windowsや、PS3やXBOX360などのコンシューマゲーム機の
ゲームプログラムの大半はCかC++言語で作られてます。

マイクロソフトのサンプルなどがC++の場合があるので、
C++をマスターしてるほうがよいです。
(C++はCの拡張なので、もちろんC言語も)
    • good
    • 3

 現在はC言語がゲーム開発の主流でしょうが、8ビットや16ビットの時代はアセンブラ言語で作った方が処理が速かった時代がありましたね。



 アセンブラ言語と言いますと、最も原始的な言語なのですが、機械語と1対1で対応した命令でプログラムを記述するものでして、プログラムの細かい調整まで出来るので、以前はパソコンゲーム開発の主流でした。

 アセンブラでゲーム開発をやっていると、コンパイラ言語で開発するのが面倒になりますが、開発時間がかかる割りにプログラムの無駄がほとんど無いので処理は高速になります。

 今更、アセンブラ言語を勧めたりはしませんが、アセンブラ言語で何かプログラムを書いて置く経験をして置くと、パソコンの理解度が増しますよ。
    • good
    • 0

体系的にプログラムを学ぶならC/C++がいいでしょう。

しかし趣味でゲームを作る程度なら高度な言語の学習はそれだけで障害です。必ずポインタで躓きます。オブジェクト指向などゲームに必須のものじゃありません。
そこで私は無料のHSP・なでしこを勧めます。文法が平易でそれなりのものが作れますし、情報量も十分だからです。現に私はこの路線で来ました。サンプルを改造していけば何か作れます
それらを使って物足りなくなったら、C#、Ruby、Python、Cに行けばいいのです
またGame makerというツールもあります
    • good
    • 1

まず、どのようなゲームを作ろうと思っているのか補足していただいた方がよいのではないかと思います。

その方が適切な回答がもらえると思います。
パソコン上で動作するゲームなら、普通はCかC++が多いですが、他の言語でも問題ありません。
ゲーム機(wii、DSなど)ならCかC++になります。この場合はメーカのSDKが必要です。
携帯ならjavaになります。
ご質問を見た印象ですとwebゲームのようにも見えますが、この場合は PHP、perlなどが多いですがCでも作れます。
C++はCに比べて便利な機能が多いですが、C++で出来ることは基本的にCでもできます。
    • good
    • 1

★アドバイス


 最初に次の本を紹介します。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4797316535/→『ゲームプログラミング遊びのレシピ―アルゴリズムとデータ構造』
 この本にはいろいろなゲーム(RPGも含む)作り方が書かれています。
 第1版にはC言語とDelphiのソースがCD-ROMに入っていました。
 第2版にCD-ROMが付いているか分かりませんがお勧めできます。
>以前学校の授業でC言語を軽く扱いましたが、
 ↑
 軽く扱ったことがあるならC言語でいいと思います。
 ただしC言語でグラフィックを扱うのはWindowsならGDIの概念を
 しっかりと学習する必要があります。
・フリーソフトのHSPならゲームの処理だけを考えれば作れます。
 でもプログラミングをしっかりと学習するのであれば
 真っ当なプログラミング言語をお勧めします。
 目的がRPGゲームの製作ならばHSPでも良いでしょうが、
 将来ゲーム・クリエータを目指しての質問であれば
 C/C++言語+DirectXの組み合わせを時間を掛けて
 学ぶことをお勧めします。
>ある所で高度な処理をさせるためにはC++がいいと聞き、
 ↑
 これはまさに『ゲーム・クリエータ』などの専門職のお話ですね。
・ちょっとした趣味ならJavaアプレット、JavaScript、C#を薦めます。
 理由は言語(文法)の習得が早い点、グラフィックの命令がすでに
 (簡単に)用意されている点などです。
・きめ細かい高度な処理を行うならC/C++言語が得意としています。
 下にC/C++とDirectXの基本講座らしきサイトを紹介します。
 ただしRPGゲーム作成方法ではありません。
 あくまでもすべてのゲームに共通する基本講座です。
 http://rina.jpn.ph/~rance/directx8/→『DirectX8による2Dゲームプログラミング講座』
 http://rina.jpn.ph/~rance/directx7/directx7study …→『VC++とDirectXでゲームを作る 座学編』
 http://f1.aaa.livedoor.jp/~zahyou/cgame/cgame.htm→『ゲーム創!』

書籍:
(1)http://www.amazon.co.jp/dp/4797333332/→『猫でもわかるゲームプログラミング』
(2)http://www.amazon.co.jp/dp/4797325453/→『Windowsゲームプログラミング 第1版』
(3)http://www.amazon.co.jp/dp/4797347597/→『Windowsゲームプログラミング 第2版』
(4)http://www.amazon.co.jp/dp/4797331976/→『ゲームエンジンプログラミング』
(5)http://www.amazon.co.jp/dp/4797332956/→『ゲームエフェクトマニアックス』

最後に:
・RPGゲームを本格的に製作したい場合はゲーム・エンジンを開発すべきです。
 RPGのマップやイベントをスクリプト・ファイルに記述してこれを処理するのが
 ゲーム・エンジンです。詳しくは(4)つ目の書籍をどうぞ。
・あと初心者がC言語からゲームを作るのはかなり難しいです。
 これを覚悟してプログラミングを勉強したい場合にはC/C++言語をお勧めします。
 まったくの素人なら簡単なものでも1年はかかると思ったほうが良いでしょう。
 RPGツクールの出来栄えまで作るには早くても2~3年はかかります。
 のんびりとやっていると軽く5、6年はかかってしまうでしょう。
 特にRPGでストーリーをしっかりと考えて作ろうとすると企画を考えるだけでも
 半年から1年がかりになります。でも実はここ(企画)が重要です。
※C言語でゲームを作ろうとして1、2年で挫折しないようにしましょう。3年目から勝負。
    • good
    • 1

後学というのが何を目指しているのかわからないのでなんともいえませんが、ゲーム作りで大切なのは、その内容ではないかと思います。


プログラム言語にしてもグラフィックスにしても、その実現のための一手段または素材にすぎないので、「もっとも適している」というのは何を作るにおいてもそうなんですが、環境や条件あるいは目的次第かと思います。
RPGに高度な処理(思考ルーチンとかあるんでしょうか)が要求されるかどうかは知りませんが、開発効率からみたばあいC++が良いとは思えません(昔よりははるかに良くはなりましたが)。ハードが良くなってるしリアルタイム処理が不要なRPGなら処理効率は気にしなくて良いでしょう。
まずは、RPGツクールも良いのですがHSPなど開発効率の良いもので試作(目標作り)してからC++などに移植なりをしてみてはどうでしょうか。手段ばかりに気を取られて目標を見失うのがおちです(一般的な話です。天才的なすごい人もこの世にはおります)。

書籍は、HSPのページからラトルズという出版社のリンクがありますので、そこに行けばほかの言語のゲーム作り入門書一覧があります。

そういえばゲームには向いてないけどRPGっていう変な記号ばかり使うプログラム言語もありましたねぇ。名前忘れたけど、かまぼこつぶしたみたいなRPG言語専用68000CPUラップトップが欲しかった記憶があります。
    • good
    • 0

適材適所。


でもC++なら間違いはないです。
一応次点としてJavaも推奨しておきます。

Javaのゲーム(たぶん)
http://eqmac.station.sony.com/index.jsp
JavaScriptのゲーム
http://www.illumia-rpg.com/

これらの言語は「Java ゲーム」「JavaScript ゲーム」で検索すれば、実際に遊べるページが数多く見つけられます。
    • good
    • 1

下記のHPを参考に


http://www.sbcr.jp/books/products/detail.asp?sku …
ロールプレイングゲームプログラミング 2nd Edition
    • good
    • 0

自分はできませんが・・・参考までに



C++のほかにC#などもいいと思います。
高度なものを作るには不足しますが、C#でも作れないことはないと思います。
でもほんとに高度なものならC++がいいと思います。
    • good
    • 0

C/C++をやるべし。



JavaScriptを使うということは、ブラウザで動作するゲーム?
んなわけないですよね?
コンパイルがいらないからプログラムを習得するのに簡単 という意味ではない。
動作確認などをするときの手間が省けるというだけ。
あなたの思い描くゲームに適しているとは思わないです。
ブラウザ上で動かすという事が前提であれば、無きにしも非ずです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゲームプログラマーになるには必要であるプログラミング言語は、どれですか?

ゲームプログラマーになるには必要であるプログラミング言語は、どれですか?

Aベストアンサー

今だとアンドロイドとかphoneとかのスマホアプリですね。
今だとJava。これからだとSwiftでしょう。

私はプログラミング言語より、「どういうルールのゲームを作るか」という創造性が大切だと思います。

Q(メモ帳 とか)普通の動作をするソフトを作るには、どんなプログラム言語が必要ですか?

Win7 ユーザーで、Java の勉強を始めた者です。テキストファイルのフォーマット変換をするプログラムが、曲がりなりにも動くようになりました。
コンパイルも実行も「コマンドプロンプト」なる真っ黒な画面でやってますが、はたと疑念が生じました。私としては、下記のごときプログラムが欲しいのです。

henkan.exe をダブルクリックすると 「変換」画面が出る
メニューバーで ファイル→開く すると「開く」画面がでる
同じく     編集→ で変換フォーマットを選択
・・・
最後は X で終端。

要する Word2010 とか メモ帳 とか、普通のプログラムのごとき表示・操作をさせるには、当サイトのプログラム一覧(になくても良いですが)にあるどの言語を使うのでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

Visual Studio Community & Express

Community 2013 update4
を、ダウンロード、日本語化も出来ます。無料です。

では、いかがでしょうか?
MFCが使えるので、使いやすいサンプルを少し変形すればよいと思います。
言語は、C++ です。

QHSPで作ったゲームを他の言語に変換したい

HSPでゲームを作りました。
しかし、それをアンドロイドアプリや、ブラウザゲームに変換する方法がわかりません。
どなたかわかる方いましたら教えてください。
javascriptは少しやってたので、できれば、javascriptに変換できたら嬉しいんですが。。。無理でしょうか?
またJAVAへ変換の仕方も教えてもらえると幸いです。(調べてみたんですけど、どうすればいいのかわかりませんでした。)
自分で調べろみたいなのはやめてください。本当に分からないんです。
やさしい方お願いします。

Aベストアンサー

HSP3Dish対応にすればスマホで動きます。
「HSP3Dishサポートページ」
http://hsp.tv/make/hsp3dish.html

ブラウザは、HSPLetでJavaアプレットに変換できるはずです。
これでブラウザに対応できます。
「HSPLet - HSPのプログラムをインターネットブラウザ上で!」
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/6130/hsp/hsp-hsplet.html

javascriptは、こんなのがありますがどこまで出来るか不明です。
「HSP on JS」
http://fujidig.s302.xrea.com/hsp-on-js/samples.html

Qゲーム制作で、壁にぶち当たってます。 ゲームエンジンは、Unityを使ってます。 言語の理解度は、C

ゲーム制作で、壁にぶち当たってます。
ゲームエンジンは、Unityを使ってます。
言語の理解度は、C♯とJava(Androidスタジオを使うつもりでもあったので。。)の入門書を理解した程度です。
また、Unityの入門書で、サンプルゲームを作成して基本的な操作も学びました。
具体的には、既成アセットを用いたオブジェクトやテクスチャの配置等、既成スクリプトによるゲーム作成です。
そこで、ぶち当たってる壁を書いてみます。いざ、自分で考えてゲームを作成しようとすると、以下の事が問題となり全く進みません。(まずは、単純なマップに主人公が居て、スライムが無限生成され主人公に向かってきてそれをオートで主人公が切り倒して、お金と経験値を得て、宝箱からアイテムを得る。そんなRPGのゲームの一場面を作りたいです。)
①アセットキャラの使い方。
入門書では、配置するだけで動くキャラを設定できたのですが、例えば、「スペースキーで攻撃」をしたい場合、おそらく「スペースキーで攻撃するスクリプト」と「攻撃するアニメーション」が必要で、「攻撃するアニメーション」が作れない。また、アニメーションの設定がわからない。
②スクリプトが書けない。
入門書では、書いてあるスクリプトの意味は理解できます。
でも、いざ自分で書くとなると、
どのクラスのどのメソッドを書けば良いのかがわからない。よく、入門書では「この動きをしたいときは、このクラスのこのメソッドを用いて引数にこれを渡せばオケ」とか書いてて、教えてくれれば意味は理解は出来るんですが、そもそも知識が無いと「このクラスのこのメソッド」が浮かんでこない。
③英語の壁
高校で偏差値60程度の、普通の学生よりちょっとマシなレベルだと、解説を読んでも分かりかねる。。。

以上のような壁で、出来そうで出来ない焦燥感があってイライラしてます。
①については今日また検索するなり試すなりして、もう少し前進させようと思うのですが、②が大きな壁に感じます。
おそらく、リファレンスなる物の使い方が全くショボいのが原因なのでしょうけど。何せ混乱してます。
ここから、スキルアップしていくには、どういう手順で学べばいいのか、何というか、方向性が見えなくなってしまいました。

ゲーム制作で、壁にぶち当たってます。
ゲームエンジンは、Unityを使ってます。
言語の理解度は、C♯とJava(Androidスタジオを使うつもりでもあったので。。)の入門書を理解した程度です。
また、Unityの入門書で、サンプルゲームを作成して基本的な操作も学びました。
具体的には、既成アセットを用いたオブジェクトやテクスチャの配置等、既成スクリプトによるゲーム作成です。
そこで、ぶち当たってる壁を書いてみます。いざ、自分で考えてゲームを作成しようとすると、以下の事が問題となり全く進みません。...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
簡単に一読させていただきましたが、まず、いきなりアニメーションやデータの整理やら考えだすと大変です。ゲームもプログラミングもまずはシンプルに物事を考えることが大切です。
いろいろとやりたいことがあるみたいですし、細かくステップを踏んでいけばOKです。

以下、2Dゲームで360度歩けるというゲームのベースを適当に作ってみるサンプルです。作法を追うのではなく、なぜそうするのかという考え方を追ってみてください:

まず、フィールドがあって、キャラクターが歩くという部分。
ここから作るとしましょう。フィールドもキャラクターもとりあえずGameObjectを作って、中にSprite2Dを配置すれば、とりあえずステージの完成ですね。
キャラの方のGameObjectは、Playerという名前にして、画像のOrderInLayerを1にしておきましょう。オーダーが同じだとちらつくので。

キャラクターを歩かせるためには、誰かが入力を監視して、誰かがそれを反映させないといけないですよね?
とりあえず、GameObjectでも作ってPlayerManagerという名前にリネーム、更に、PlayerManagerという名前のクラス(以降クラスはすべてMonoBehaviourを継承してくださいね)を作って、コンポーネントをアタッチしてください。

キャラクターを歩かせるには、動かす対象のオブジェクトがどれかわからないとダメですよね? なので、PlayerManagerに、public GameObject player = null; として、エディタ上で参照を渡せるようにしましょう。とりあえずビルドして、さっき作ったPlayerオブジェクトを、PlayerManagerのインスペクタから設定してください。

次に、まあ移動速は考えないで、毎フレーム入力チェックして、その方向に動かしてみましょう。
さて、アクティブなオブジェクトにアタッチされたコンポーネントは、初回1フレーム目前にStart、その後毎フレームUpdateが呼び出されることになっています。
ということで、void Updateを追加して、下記のようにすれば動くのではないでしょうか。

void Update () {
float dx = 0.0f;
float dy = 0.0f;
if (Input.GetKey(KeyCode.UpArrow)) {
dy = 0.1f;
}
if (Input.GetKey(KeyCode.DownArrow)){
dy = -0.1f;
}
if (Input.GetKey(KeyCode.RightArrow)){
dx = 0.1f;
}
if (Input.GetKey(KeyCode.LeftArrow)){
dx = -0.1f;
}
player.transform.position = new Vector3 (player.transform.position.x + dx, player.transform.position.y + dy, player.transform.position.z );
}

さて、キャラクターが動いたところで、そろそろ敵を配置してみましょう。
ところで、敵は任意の数がたくさん出てくるのですよね。そういう時は、敵オブジェクトをprefabにして、複製できるように作ると良さそうです。
さて、敵と味方ができたので、そろそろ仕切り役が必要そうですね。新しいクラス、GameManagerを作って、GameObjectをシーンに作ってGameManagerとリネームして、アタッチしてみましょう。

更に、GameManagerにはとりあえず以下のようにプロパティを設定してみます。
public GameObject enemyObject;
protected List<GameObject> enemies = new List<GameObject>();
(Listでエラーが出たら、using System.Collections.Genericを追加)

シーン内に、Enemyという名前のGameObjectを作って、中に敵の画像をつっこみましょう。(OrderInLayerを2にすることを忘れずに)ついでに、Enemyという名前のクラスを作り、アタッチします。
そのまま、EnemyをProjectウィンドウにドラッグアンドドロップし、prefabを作ります。prefabはオブジェクトのいわば設計図、ブループリント。これをGameManagerで後で生産します。

シーンのほうに戻ったら、GameManagerをインスペクタで表示して、enemyObjectに、Enemyのprefabを入れましょう。

あとはGameManagerのスクリプトを開いて、
void spawnEnemy(){
GameObject eo = Instantiate( enemyObject ) as GameObject;//実体化
eo.transform.position = new Vector3( Random.Range(-10f,10f), Random.Range(-10f,10f), 0 );//ランダムな位置に
enemies.Add(eo);
}
というものを追加します。あとは、GameManagerのStartで、
void Start(){
for(var i=0; i<10; i++) spawnEnemy();
}
とすれば、敵が10匹ランダムで出てくるようになるでしょう。

じゃあ、次は敵を動かしましょう。とりあえず、ランダムに動きまわってもらいます。
Enemyクラスを開いて、Updateを下記のようにしてみます。

void Update () {
float dx = Mathf.Sign( Random.Range (-1.0f, 1.0f) )*0.1f;
float dy = Mathf.Sign( Random.Range (-1.0f, 1.0f) )*0.1f;
transform.position = new Vector3 ( transform.position.x + dx, transform.position.y + dy );
}

さて、カサカサして相当気持ち悪い画面になったかと思います。
ハンズオンはここまでにしておきましょう。

このあと、位置からキャラの当たり判定をとったり、あたったらダメージを受けるようにしてみる、そのためにHPを追加したり、攻撃をできるようにして、攻撃範囲に敵がいたらHPを削るようにする、敵のスポーンをもっと複雑にする…とかまあいろいろとやることはあるかと思いますが…

基本的には、GameObjectを置く、prefab化すること、スクリプトをコンポーネントとしてアタッチして挙動を書いていくというのが一連の作成の流れです。
なぜ、ここでGameObjectを作ったのか、なぜここでクラスを作ったのか、一つづつご理解されるとよいのではと思います。

まずは、いろいろと遊んでみて、何ができるのか何ができないのかを知ってください。
与えられた機能を組み合わせれば必ずゴールに辿り着くことができます。
上記スクリプトを作成するにも検索を使いましたが、「キー入力 Unity」「Unity prefab 複製」「Instantiate Unity」みたいに検索するといろいろと情報が出てきますよ(日本語で)

個人的には、GameObjectでできることをリファレンスを見て知っていくのが最初の一歩かと思います。Unityは難しいことを考えず、とりあえずGameObjectやSpriteを置いて、必要なら参照を作ったり、prefabを作ったりして、あとはStartやUpdateにメインのロジックを書いていけば良いのです。
キッチリした開発、設計はもっとあとからでも良いので、まずは習作をたくさん作って感覚を掴んでください。

ゲームシステムを解説している書籍はかなり少ないと思います。
良書としては
http://www.amazon.co.jp/dp/4798021180
この辺りなんですが、この本で解説している部分の殆どをUnityが吸収しているし、もう少しプログラムに慣れてからでも良いのかもしれません。

補足で、アニメーションですが、おそらくメカニムか何かになっているのではないでしょうか?多分、設定されたトグル用プロパティに値を放り込めば、ステートが変わるはずです。その辺のキーワードで調べていってみてはいかがでしょうか。

他回答でも言った気がしますが、ぜひ頑張ってくださいね。

こんにちは。
簡単に一読させていただきましたが、まず、いきなりアニメーションやデータの整理やら考えだすと大変です。ゲームもプログラミングもまずはシンプルに物事を考えることが大切です。
いろいろとやりたいことがあるみたいですし、細かくステップを踏んでいけばOKです。

以下、2Dゲームで360度歩けるというゲームのベースを適当に作ってみるサンプルです。作法を追うのではなく、なぜそうするのかという考え方を追ってみてください:

まず、フィールドがあって、キャラクターが歩くという部分。
ここ...続きを読む

Qプログラミング言語をどれから勉強するか

プログラミングの勉強を本格的にしたいと考えていますが、どの言語を学んでいったらよいのでしょうか?
これを作りたいとかいうようなものは現時点ではありません。
Webはhtml、CSSはある程度使えます。会社ではサーバー管理等を行っています。VBAもある程度知識を持っています。また、アプリ開発に興味があります。

汎用性や、習得のしやすさ、順番、分野別の分類(Web:html、CSS、Perl、PHPとか)、
この言語はこういったことができる等アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

私の場合は20年くらい趣味でやっているレベルですので、参考程度にしてください。

ちょっと長くなるけど、私が知っている言語を簡潔にまとめてみます。
習得難易度、感想全て主観です。
(HTML、CSSの難易度を1~2としています)

・Perl
歴史がある言語だからか、モジュールが揃っている。
だいたいどんな環境でも入っているので、どこ行っても使える。
でもやっぱスクリプト言語だから実行速度は遅い感じ。
同じ用途のPythonやRubyの方が使いやすいから、今からあえてPerlを学ぶっていうのなら、あんまり意味はないのかも。
習得は、10段階中5くらい。

・Ruby
日本人が作ったから、日本語の資料が豊富で学ぶ敷居はとっても低い。
Pythonと迷うとこだと思う。
あんまりルールがぎちぎちじゃないから、なんか書いていて楽ちんな言語だと思った。
これもスクリプト言語だから実行速度は遅い感じ。
習得は4くらい。

・Python
ソースコードがあっさりしているから、素人の私が他者のコードを見てもとっても解りやすい。
Perlだと「There’s more than one way to do it.(TMTOWTDI)」やり方は一つじゃ無い!ってのがあるけど、Pythonだと逆に「There should be one — and preferably only one — obvious way to do it.」たった一つのわかり易いやり方があるぜ!って感じ。
だから私みたいなアマチュアにはとっても解りやすい。
実行速度はやっぱりスクリプト言語だね。
習得は、3~4くらい。

・PHP
完全にWEB系に特化した言語。
HTMLやCSSができて、WEB系をちょっとやってみたいなら、あっという間に習得できるのが利点。
あっという間に習得できるが故に、上達が解りやすいので、モチベーションを維持しやすい。
逆に言うと、WEB系以外じゃ使えないから、WEB系以外なら見向きもしなくて良い。
やっぱスクリ(ry
習得は、4くらい。

・C++
私は挫折した。
もうね、モチベーション維持が難しかった。
本来だったらCを勉強して、そこからC++にってのが一般的らしいけど、私の場合Cをすっとばして始めたからかも知れない。
メモリ管理とか趣味でやっている私には無理ゲーだった。
これからプログラミングってもんを勉強しようと思ってるって人が最初に始めるには敷居が高すぎると思う。
私も最初は気軽に始めたけど、大後悔時代だった。
ちょっとアウトドアでも始めるか~って言って、いきなり無人島に裸でナイフ1本もって行くような感じ。
でも、Windowアプリつくるなら覚えたい。
でも、何かの言語を覚えた、次の次くらいで良さげだと思う。
実行速度は超速。
習得は、言わずもがな10。

・JAVA
JAVAが出たての頃に手を出したから、私個人としてはちょっと馴染んでいる言語。
やっぱりマシンを選ばないで実行できるのが魅力なんだけど、簡単な処理の場合は、VM(仮想環境)が起ち上がるのに時間がかかって、逆に遅くなってる感じ。
基本的な実行速度は速い。
習得は、6くらい。

・Objective-C
iPhoneアプリを作りたくて勉強した。
基本的にCを知っていれば簡単に使いこなせるらしい。
C++で挫折した私にはキツイかと思ったけど、AppleのXcodeが優秀なせいか、iPhoneアプリを作るくらいなら簡単にできた。
ていうか、それ以外では使っていない。
最近はSwiftが出てきたから、またマイナー言語に逆戻りかもね。
実行速度は超速い。
習得は、Xcode込みで6くらい。
Xcode無かったら多分8~9はいってる。

・Swift
Objective-Cに変わって出てきたApple製品向けアプリの開発言語。
触ってまだ間もないから何とも言えないけど、Apple製品向けアプリを作るならこれからはSwift。
ただ、まだドキュメントも公式の英語版とかしかない。
逆引きのリファレンスなんかもまだ充実していないけど、これからどんどん増えていくと思う。
Objective-Cよりも書きやすい印象はある。
実行速度は超速い。
習得は、多分だけど6くらい。

アプリ開発に興味があるようですから、JAVAかObjective-C、Swiftでしょうね。
ただ、難易度5以上の言語だと、いきなりはちょっと難しいと思う。
PHPやPhytonをそれなりに使えるようになってからだと、ハードルは下がるんだけどね。

私の場合は20年くらい趣味でやっているレベルですので、参考程度にしてください。

ちょっと長くなるけど、私が知っている言語を簡潔にまとめてみます。
習得難易度、感想全て主観です。
(HTML、CSSの難易度を1~2としています)

・Perl
歴史がある言語だからか、モジュールが揃っている。
だいたいどんな環境でも入っているので、どこ行っても使える。
でもやっぱスクリプト言語だから実行速度は遅い感じ。
同じ用途のPythonやRubyの方が使いやすいから、今からあえてPerlを学ぶっていうのなら、あんまり意味は...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報