【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

計算が苦手なので教えてください。
製造の仕事で、たとえば月に何個生産して何個不良品が出たときのロス率、とか月に何m生産してロスが○mのときのロス率(何%ロスがあったか)・・・のもとめ方を教えてください。

A 回答 (3件)

再びお邪魔します。



#1様への補足についてですが、

>>>たとえば、月によって生産量が全く異なる場合で、上記計算によって4月○%、5月○%、6月○%と算出された場合、その数値は比較の対象になるのでしょうか?

なります。
そして、そういう考え方(=#1、#2の回答の通り)をするしかありません。



なお、以下は、ちょっとだけ高度な考え方になりますが、

たとえば、
4月 総数1000個 ロス数20個 → ロス率2.0%
5月 総数100000個 ロス数2000個 → ロス率2.0%
というだとします。

両者ともロス率は2.0%ですが、
同じ2.0でも、統計的に、どちらのほうが、より信頼できるデータだと感じますか?

5月のデータののほうが、数量が多いですから信頼できると感じますよね?

統計的誤差(標準偏差)は、おおむね、データの個数(ロス数)の平方根で考えることができます。

すなわち、
4月のロス数は、20±√20 個
5月のロス数は、2000±√2000 個
と考えることができます。

それぞれ、全体で割り算すれば、

4月のロス率 = (20±√20)÷1000
 = 0.02±(√20÷1000)
 = 0.02±0.0045
( 2.0±0.45 % )

5月のロス率 = (2000±√2000)÷100000
 = 0.02±(√2000÷100000)
 = 0.02±0.00045
( 2.0±0.045 % )

というわけで、
データ個数が2桁違えば、率の信頼度は1桁違う、ということになります。
    • good
    • 1

こんにちは。



割合を求めるときは、「主役が分子、母体や全体が分母」と覚えてください。
そう考えておけば、今後、似たような局面で悩むことはないでしょう。

たとえば、学校で、
「100グラムの水に2グラム食塩をとかしたとき、濃度は何%ですか」
という問題は、
2/102 × 100 = 2÷102×100
で解けます。


さて、
ロス率を求めるのですから、ロスが主役(分子)です。
そして、生産個数が全体(分母)です。

ですから、割合は、ロスの個数/総製造個数 ですよね。
そして、%にするには100をかけます。

ロス率(%) = ロスの個数/総製造個数×100
 = ロスの個数 ÷ 総製造個数 × 100
    • good
    • 2

電卓でなさるなら、式はX÷Y で%のボタンを押す。



X=ロスした個数 ロスしたメートル
Y=生産個数  生産メートル

X=ロスした個数 ロスしたメートル
--------------  ---------------
Y=生産個数  生産メートル
分数で出来ますよ。
0.01なら1%です。
0.002なら0.2%です。
0.0003なら0.03%です。

この回答への補足

たとえば、月によって生産量が全く異なる場合で、上記計算によって4月○%、5月○%、6月○%と算出された場合、その数値は比較の対象になるのでしょうか?月別のロス率を出したいのですが、生産数量は毎月まちまちなので…。

補足日時:2008/07/01 16:09
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング