私の短大時代の友人が卒業後、ある証券会社に就職し
仕事のノルマがあるとかで、
“私の名義を貸して欲しい”との事で、
当時仲の良かった私は友人の頼みを聞き入れる事にし、
私名義の口座を作り、そこには友人のお金が入っております。
10万円程の株を買う為だとか言っていました。
(口座を作ったのは、もう4~5年前になると思います。)

それが最近突然友人から、1通の手紙が来て
“口座を解約しようと思うので
書類に押印して、身分証明書を添えて送り返して欲しい”
という、内容のものでした。

私には何の関係もない口座なので、解約してくれるのは
問題ないのですが、
上記の書類(身分証明書や私個人の情報、印影)を返送して、
悪用されないとも限りません。
今でもお付き合いのある友人でしたら、
こんな事は思わないはずですが
何分、信用が出来なくなって疎遠にしている状況なので
心配でなりません。

証券会社のメール相談では、(抜粋)
 
 ご相談いただいた弊社といたしましては、きちんと調査を行い適切な
 処理を行いたいと存じますので、お客様とご友人のご住所、ご氏名を
 どうか明かしていただきますようお願いいたします。
 ご友人の方をおもんばかってのお気遣いが、逆にあだとなる場合もご
 ざいます。
 また、ご氏名を明らかにされない場合、お客様ご自身にご迷惑がふり
 かかる可能性も考えられますので、よろしくご判断の上、あらためて
 ご連絡くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

上記のような返答を頂きました。
まだ、私の名前を明かしてはいない状況ですが、
私はどのようにするのが、最善の方法なのでしょうか?

どうぞ宜しくお願いします!

A 回答 (4件)

結論から言いますと、まずそのご友人に「今後名義貸しはできない」旨をきっぱり通知し、ご自身で解約手続きをすべきと思います。



「口座解約」のためなら、あなたの新しい印影や身分証明などは不要なはず。今までやっていた取引の延長として、ご友人自信で「解約」できるはず。
わざわざ新たにあなたの個人情報や身分証明が必要というのは、不幸なことですが何か不都合が起きている可能性と疑って当然と思います。とにかく個人書類をご友人に送るのだけは避けるのが懸命です。

ご友人とあまり連絡を取りたくないのは分かりますが、現在口座に入っているのは実質的にはRi-ckyさんのお金ではないですし、解約手続きに必要な現在の印影はご友人がお持ちなのでしょうから、同行するかRi-ckyさんが印鑑を受け取るかして解約手続きした方がいいと思います。

ひとつ認識しておいて戴きたい事実があります。
結果的には2年間実施が延長されることになりましたが、昨秋の時点では2001年4月から株式の譲渡益に掛かる税制が申告分離制に一本化されることになっていました。
現在は基本的には源泉分離課税で、儲かろうが損しようが株式の譲渡代金の1.05%を売買の際に証券会社を通じて支払えば課税関係が終了するのですが、申告分離課税になると株の売買を行った人は毎年その損益を計算して申告して儲かった分だけ税金を払うことになります。Ri-ckyさんの貸し名義口座で売買された株についてはRi-ckyさんが税制申告しなくてはならないのです(2003年4月から)。
ご友人もその辺のことがあって「口座解約」を言い出したのではとも思われますが・・・。

上のような事情もありますので、Ri-ckyさんもそのご友人との関係を気遣っている場合ではなかろうと思います。きちんと解約を確認したい旨をご友人に伝え、貸し口座は早急に処理すべきです。休眠口座だったり、取引額がさほどでない場合は、その場で引き出したものをご友人に直接渡してしまえば大事にならずに終わるでしょう。

問題は解約についてご友人の誠意ある対応が得られなかったり、既にその口座で問題になるような取引が行われていて、解約がスムーズに行かない場合ですが・・・。
その際は証券会社の相談室のお答えの通り、Ri-ckyさんとご友人の氏名を明かして対処を求めるしかありませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

何も考えずに名義を貸してしまっていたので、
今となっては後悔の荒…
けど、大変勉強になりました。
こういう問題が起きるからこそ、「借名取引」は禁止されているんですよね。

友人に手紙で《届出印変更届》への記入と証明書の添付は出来ない旨を伝えました。また、証券会社にネットで相談し、ネット上で解決できるかも知れない事も書きました。その返事はまだ返ってきていない状態です。

税制のことなんて、知らなかったので助かりました。
友人はそんなこと、一言も書いてくれてなかったですが・・・
とにかく早急に解約できるよう、努力します。

お礼日時:2001/02/20 11:05

>《書類》は印鑑を変更するという内容の物です。

(届出>印変更届)
>私が契約した時の印鑑を、友人が新たに購入する私の姓>の印鑑に変更するという事でした。
と、云うことはこれからは、新しい印鑑であなた名義で何でも出来るということです。
今後、友人関係を継続しないのでしたら、きっぱりと断わってしまうことです。
そして、証券会社に連絡して、口座解約の書類を送ってもらい解約してしまうことです。
それと、現在の残高明細と今までの取引経過のコピーを貰って、どういう経過になっているか知っておくのも必要かと思います。
それと、彼からの手紙は保管して置いてください。
万が一の場合の証拠となります。

今まで、取引関係の書類が送られてきていませんか?
来ていないとすると、今まではその口座を使っていなかったか、住所を変えていたかですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

今までの取引関係の書類はたくさん送られてきました。
けれど、それを保存したりはしていません。

一度、kyaezawaさんが教えてくださった書類を
証券会社に請求してみたいと思います。

お礼日時:2001/02/20 10:50

 証券会社に勤めている人間は、名義を他人から借りるとか一工夫しないと、自分で株の売買が出来難いという制約があります。


 
 彼らの中には顧客にも頼み込むような非常識なのがいて、それに応じてしまうお客さんも多いようで、名義貸し借りについては麻痺しているようです。

 あなたの名義がどのように使われたかについては不明ですがあらゆるケースを考えないと危険だと思います。

証券広報センター(03-3667-8020)に電話をされ、苦情受付け相談窓口に相談されてはいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
電話してみようとも思います。

お礼日時:2001/02/20 10:52

その書類はどのような名称で、記入する項目は何と何ですか?。


それから、返送先は友人宛ですか、あるいは証券会社宛てですか?。
添付書類は身分証明をするものだけですか?。
以上を補足願います。
基本的に、証券会社に直接送るのであれば、問題は無いと思いますが、友人宛の場合は、上記の補足の回答によってアドバイスをしたいと思います。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
文字数制限上、削除した文章があったので分かりにくくなってしまいました。

《書類》は印鑑を変更するという内容の物です。(届出印変更届)
私が契約した時の印鑑を、
友人が新たに購入する私の姓の印鑑に変更するという事でした。
《添付書類》は“本人確認の保険証などのコピー”です。
《記入項目》は住所・氏名・電話番号です。
      あと、契約時の印鑑での押印です。 
《返送先》は友人宅でした。
*友人は3年半程前に退職しています*

メールで証券会社さんに名前を明かせば、
あとは証券会社さんの方で何かしてくださるとは思うのですが、
母に相談したところ・・・
私のお金が入っているわけではないので、勝手にするのは良くないかも?
という、アドバイスを受け
友人に手紙で《届出印変更届》への記入と証明書の添付は出来ない旨を伝えました。また、ネットで相談し、ネット上で解決できるかも知れない事も書きました。その返事はまだ返ってきていない状態です。

補足の補足になってしまいますが・・・
軽率に名義を貸してしまった私にも当然責任はあると思います。
当時(4~5年前)は仲が良かったので、聞き入れてしまいました。
しかし3年ほど前から、友人の人間関係のだらしなさに私が距離をおいたというような状況で、今となっては友人と連絡も取りたくないんです。
(だっだ子のような事を言ってスミマセン)

アドバイスよろしくお願い致します!

補足日時:2001/02/17 17:01
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報