【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

いわゆる「伴性劣性遺伝」といわれる、血友病や色覚異常、デュシャンヌ型筋ジストロフィーなどは、性染色体のうちX染色体のみに存在する遺伝子型ですよね。

では、Y染色体上のみに存在する遺伝子や遺伝病は存在するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Y染色体上は小さな染色体で、大部分は意味のない回文配列で男性を決定付ける遺伝子くらいしかcodeされていません。

よって、Y染色体の異常はちゃんとした精子をつくれず子供を残せないので遺伝性は問題にならず、生存に必要なのはX染色体上にあるので生存にはあまり関与しません。強いて言えば、身長伸長蛋白室(SHOX)遺伝子異常での低身長くらいかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ネットで調べても文献をあさってもなかなか答えが見つからなかったので、とても助かりました。

お礼日時:2008/07/24 19:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「常染色体性優勢遺伝」「常染色体劣勢遺伝」とはどのようなもの?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

「常染色体劣勢または優勢の遺伝です。」とよくいわれます。

「常染色体性優勢遺伝」「常染色体劣勢遺伝」とはどのようなものなのでしょうか。

医学的にはどのような病気がありますでしょうか。


要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

kouraさんがある程度知識を持たれていると失礼に当たるかも知れませんが、もう少し簡単に説明してみます。

まず、人間には22対(44本)の常染色体と2本の性染色体(男:XY、女:XX)があります。
常染色体優性遺伝および劣性遺伝の場合はこの常染色体のどこかに起因となる遺伝子が存在することになりますが、この二つの違いはその遺伝子の発現する「力」によると単純に考えて良いでしょう。

遺伝子は父母からそれぞれ22本の常染色体と1本の性染色体を受け継ぐのですが、この際に例えば父方の遺伝子に強力な発現力を持つ疾患遺伝子が存在すると、母方のペアとなる遺伝子の発現は正常に働かず、父方の疾患遺伝子が優位に発現し、発病します。これが常染色体性優性遺伝です。
この際もし父方の疾患遺伝子が単独で優位に発現することができない場合は、正常の母方の遺伝子が優位に立ち、正常な発現をするために発病には至りません。しかしこの疾患遺伝子が父母双方から受け継がれた場合、優劣の競合は存在しませんので、発病することができます。このようなパターンが常染色体劣性遺伝です。

また、性染色体のX染色体にこのような弱い疾患の遺伝子が存在したとします。もしこの疾患遺伝子を持つ父親と正常な母親の間に子供が生まれた場合、女の子であれば100%の確率で発病することはなく、この女の子はこの疾患遺伝子の保因者となります。そして男の子が生まれた場合は、これも父親からは疾患に関係のないY染色体が受け継がれますので、これもまた100%発病しません。
ところが、この保因者となった娘が正常の男子と子供をなした場合、生まれてくる男の子の50%は疾患遺伝子がある方のX染色体を母親から受け継ぎ、さらにそのペアとなる性染色体がY染色体であるため、このX染色体の疾患遺伝子より優位に立つ正常遺伝子が存在しないため、疾患発現を抑制する因子がないことにより発病します。これはいわゆる「伴性劣性遺伝」です。この形式で有名なものには色盲がありますね。

遺伝子のこのような発現形式はそのほとんどが遺伝子の間の優劣関係で決まります。しかし、同じ疾患でも多種多様な遺伝形式を持つ場合があり、どの疾患も一概に同じ型にはまるものではありません。

kouraさんがある程度知識を持たれていると失礼に当たるかも知れませんが、もう少し簡単に説明してみます。

まず、人間には22対(44本)の常染色体と2本の性染色体(男:XY、女:XX)があります。
常染色体優性遺伝および劣性遺伝の場合はこの常染色体のどこかに起因となる遺伝子が存在することになりますが、この二つの違いはその遺伝子の発現する「力」によると単純に考えて良いでしょう。

遺伝子は父母からそれぞれ22本の常染色体と1本の性染色体を受け継ぐのですが、この際に例えば父方の遺伝子に強力な...続きを読む

Qどうして男性だけに発現するの?

はじめまして。生物学初心者です!

「血友病:多くは伴性劣性遺伝のため男性だけに現れる。」

これは不思議に思いました。なぜ「伴性劣性遺伝」だと「男性だけ」に発現するのですか?

Aベストアンサー

まず、性染色体について説明です。
性染色体は、女性はXXの組み合わせ、男性はXYの組み合わせになっており、子どもは両親から一つずつ受け継ぎます。

例えば仮に
母の性染色体を大文字でXX
父を小文字でxy と表記してみましょう。
母のXXを二つ区別つけるために、X(1)X(2)としておきます。

生まれる子どもは父母から性染色体を一つずつもらいますからその組み合わせは

X(1)とx→娘になる
X(1)とy→息子になる
X(2)とx→娘になる
X(2)とy→息子になる

の4種類の組み合わせになります。 
以上の様にして、子どもの性別は決まるわけです。

さて、血友病は性染色体Xに乗っている遺伝病です。

仮に、両親のどちらかが血友病の乗っているX染色体を持っていたとしましょう。
娘がそのX染色体を受け継いでも、女性はX染色体が二つありますから、片方が正常なら血友病は出現しません。
血友病は劣性遺伝ですから、女性の場合血友病の乗ったX染色体が二つそろわなければ血友病は出現しないのです。
X染色体一つに血友病が乗っている女性は、「保因者」(病気は出現していないけど病気の遺伝子を持っている人)になります。

それに対して息子の場合は、血友病の乗っているX染色体を受け継げば、必ず血友病になります。
男子はX遺伝子をひとつしか持たないので、その一つに異常があれば、必ず病気が出現するのです。

ただ、必ずしも「男性だけに現れる」というわけではありません。
滅多にないことですが、もし父と母両方から血友病が乗っかっているX染色体を一つずつ受け継げば、XX両方とも血友病の遺伝子がそろうので、女性にも病気が出現します。

ちなみに、他の回答者の方がお書きの「伴性優性遺伝」は「優性」なので、その病気が乗っているX染色体一つだけを受け継げば必ず病気が現れます。
劣性遺伝のような「保因者」はありえません。
病気は男子の方がおもくなりがちですが、女子のみ発症ということはないと思います。

まず、性染色体について説明です。
性染色体は、女性はXXの組み合わせ、男性はXYの組み合わせになっており、子どもは両親から一つずつ受け継ぎます。

例えば仮に
母の性染色体を大文字でXX
父を小文字でxy と表記してみましょう。
母のXXを二つ区別つけるために、X(1)X(2)としておきます。

生まれる子どもは父母から性染色体を一つずつもらいますからその組み合わせは

X(1)とx→娘になる
X(1)とy→息子になる
X(2)とx→娘になる
X(2)とy→息子になる

の4種類の組み合わせになります。 
...続きを読む

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Q脳の「錐体路」と「錐体外路」の役割と違いについて

錐体外路は錐体路の運動刺激を微調整する?というようなことは少し理解できましたが、今ひとつはっきり分かりません。役割や違いについて簡単に教えて下さい。位置する場所などは分かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路と錐体路の件ですが、
一般的には錐体路が随意運動錐体外路が不随意運動と言います。
しかし、前の説明を見ていただくとおり、どちらも、数万のうちの一つにすぎません。特に錐体路は、全体に占める役割は本当はとても少ないのです。これは、高校などで習う事実とかなり相反するかと思います。

では、本題の説明に入ります。
錐体路は、大脳皮質から始まるニューロンが直接αモーターニューロンを支配している物です。一方、錐体外路は、大脳皮質からの直接投射はなく、脳幹の網様体などから投射される物です。前者は意識運動というイメージと繋がりやすいですね。
しかし、後者は何か??簡単に理解できる例として、、
1.腕を曲げる時は伸ばす筋肉は弛緩するでしょ??誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
2.コップに水をくみます。だんだん重くなりますが、腕は下がりません。誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
3.空気椅子で一分間我慢、、、。でも、人間の筋線維は連続して収縮できないのです。じゃあどうするの?それは、沢山ある筋線維を、入れ替わり立ち替わり収縮させて、見かけ上連続して収縮しているように見せかけるだけ、現に、疲れてくるとぷるぷるするでしょ? じゃぁ、誰が入れ替わり立ち替わりを制御してるの?頭(大脳皮質)では考えていません。

つまり、この辺のことをうまくやってくれているのが錐体外路系なのです。現にこの制御が壊れると、じっとしているのが出来なくなるんですよ。マイケルJフォックスさんのパーキンソン病もその一つです。

前の方で錐体路の働きは少ないといいましたが、それでも多くのかたは、錐体路は随意運動には欠かせない!!とおもうでしょ?
でもね、進化の上で錐体路はごく最近出来たんですよ。
現には虫類にはありません、ほ乳類でも錐体路の構成は極めて不安定です。
ヒトでも完全に純粋に錐体路のみを障害しても、時期随意運動は出来るようになると聞いています。

個人的には、錐体路と錐体外路で単純に機能分けをするのはどうかと思いますし、この考え自体少々古い考え方になっていると思います。元々corticospinal tract(皮質脊髄路)が錐体(延髄にある膨らみ)を通るので錐体路と呼び、それ以外にも運動に関わる神経路があるから錐体外路と呼んだだけですので、敢えて機能云々言わないほうがいいと思います。
また、両者は常に一緒に働きますから、それぞれが運動制御の一部分を構成して居るんだと思えばいいのです。

錐体路=随意運動
錐体外路=不随意運動
と言うのは、強いて言えばアメリカ人と日本人の気質を一言で断言するのに近いかもしれません。
ただ、多くの教科書や、先生方はそのように断言するかもしれません。完全に正しくはありませんが、大きく間違っても居ませんから、素直にそう思いつつ、世の中は、(特に生物は)そんなに簡単には割り切れないんだけどね、、。とニヒルに笑っておけばいいと思いますよ(^^;

PS錐体外路の全体像が(解剖学的にでも)解っているならたいした物ですよ!!

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路...続きを読む

QALSと筋ジストロフィーはどう違うのですか?

筋萎縮症候群のALSと筋ジストロフィがありますが、どう違うのでしょうか。

確か筋ジスは先天的なもので、生まれたときからその情報がDNAか何かに組み込まれていたと思うのですが、ALSも同じく先天的な病気なのでしょうか。それとも後天的なものなのでしょうか。
またALS(筋萎縮性側索硬化症)の、 側索と、硬化とはどういうことを意味するのでしょうか。
分かる方、教えて頂けますか。

出来ればそれぞれの比較があれば、分かりやすいです。

Aベストアンサー

 筋ジスは先天的に遺伝子に異常があり、筋肉自体が変化して機能しなくなり運動障害が現れます。
 一方、ALS等は運動ニューロン病ともよばれ、筋肉に動くように指令(刺激)を送る神経細胞に変化が起こりその機能を失い結果として筋肉が動かなくなります。よって、筋肉自体に変化はありません。ASLの原因として遺伝説ウイルス説など様々説が出ていますが、今のところ不明です。
 側索とは脊髄の文字通り側面を指し脳から末梢へと続く運動神経の通り道です。硬化とは神経細胞を覆っているミエリン(髄鞘)という神経細胞を覆う鞘のような物質がなんらか原因で失われて(脱髄)写真上あたかも硬くなったように映っている状態です。

Q低たんぱく血症、低アルブミン血症でも心不全と似た症状が出るのですか?

肺がうっ血して息切れや呼吸困難を起こす
心臓が大きくなる(心拡大)
腎臓の血流が減る為尿の量が減り、からだ全体に水分がたまって体重が増える。
胃腸の粘膜や肝臓もむくみ、食欲がなくなる
すねや足の甲が浮腫む。
右心室が弱くなって起こる症状「右心不全」(足のむくみ、肝腫大、体重増加、食欲不振など)、主に左心室が弱くなって起こる症状を「左心不全」(息切れ、呼吸困難、起座呼吸、肺水腫など)なんでしょうけど。

この様な事って、低たんぱく血症、低アルブミン血症でも似た症状が出ます。
と書いていました。
①本当でしょうか?
②心不全・低たんぱく血症だと この様な症状が心臓が悪化しておきているのかが分からなくなるのでしょうか?
③心不全で起きているのか、低たんぱく血症で起きているのか、これを分ける検査項目であったろ。症状であったり、それはあるのでしょうか?

http://w01.tp1.jp/~a110115141/styled-167/styled-170/

Aベストアンサー

(1)低アルブミン症でなる人もいれば、ならない人もいます。低蛋白、低アルブミン血症だが、右心不全症状がない人はたくさんいます。
(2)右心不全や腎不全があるとご飯も食べないし血液が希釈されるので低蛋白・低アルブミン血症をきたしやすく低蛋白・低アルブミン血症が随伴症状・結果の事もあります。
(3)その辺は難しく、みやみにアルブミン製剤を投与するマヌケ医師もいるくらいなので、医師でも低蛋白、低アルブミン血症が原因なのか結果・随伴症状なのか分からない人もいます。医師になって10年目くらいにアルブミン投与大好きという時期がきますが、20年くらいこういう人をたくさん診る医師をやっているとアルブミンを投与してよくなる人もいれば逆にNa負荷になって悪化する人もいる事がわかってきます。医師の腕が問われるところです。

Q腫瘍と腫瘤のちがいは?

腫瘍と腫瘤のちがいはなんでしょうか?
たとえば肝臓に発生で例えると前者は内部、後者は表面発生のニュアンスでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

私の文章が悪かったようです。腫瘤と腫瘍は比べることが不適当な☆別次元☆の言葉です。

とはいえ、腫瘍は腫瘤とは★区別されるものではありません★。

白血病を除く殆どの腫瘍は腫瘤を形成します。

字が似ていて混乱するのはやむを得ません。

腫瘤という呼び方をやめて、単に「かたまり」と言い換えてもいいでしょう。そうすれば、腫瘍と区別するとかしないとか考えずに済みます。

■子宮に腫瘤があり、調べてみたら良性腫瘍だった。→子宮にかたまりがあり、調べてみたら良性腫瘍だった。

と言い換えることができます。

「肝腫瘤」という言い方はあまりしません。また、「肝臓についている」という表現を拝見すると誤解なさっているようです。肝臓の内部にかたまり状の病変があるときは、「肝内に腫瘤を認める」という表現をします。

■肝内に径3cmの腫瘤を認め、エコー下針生検を施行したところ、病理組織は肝細胞癌(悪性腫瘍)であった。

■肝内に径3cmの腫瘤を認め、エコー下針生検を施行したところ、病理で膿瘍(怪我のときのうみのようなもの)と判明した。

というような例文が正しいのです。

私の文章が悪かったようです。腫瘤と腫瘍は比べることが不適当な☆別次元☆の言葉です。

とはいえ、腫瘍は腫瘤とは★区別されるものではありません★。

白血病を除く殆どの腫瘍は腫瘤を形成します。

字が似ていて混乱するのはやむを得ません。

腫瘤という呼び方をやめて、単に「かたまり」と言い換えてもいいでしょう。そうすれば、腫瘍と区別するとかしないとか考えずに済みます。

■子宮に腫瘤があり、調べてみたら良性腫瘍だった。→子宮にかたまりがあり、調べてみたら良性腫瘍だった。

と言い換...続きを読む

Q【医療従事者の方へ】針刺し事故をしてしまいました。。不安です

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。一刻も早く検査とグロブリン投与をしてほしいところですが、専門医がそういわれるので、それに従うしかありません。が、そんなに悠長なことで大丈夫なんでしょうか?
チクっとしか刺していないし、すぐに流水洗浄をしましたが、時間が短くやや不十分であったこと(穿刺部をもっと爪でギュっとしごくようにすればよかった)と、消毒をアルコールで軽くしかしなかったことをすごく後悔しています。
点滴の針なので、血液の付着も(見た目的には)ないと思うので、感染の確率は低いとは思いますが、やはり不安で仕方がありません。

職場には針刺し事故に関するマニュアルがあり、グロブリン投与や今後定期的に肝機能検査を行うことなどの記載があり、体制としてはしっかりしていますので、それに準じていれば安心かなとも思います。ただそれにはHIVのことが一切含まれていないので、自費で抗体検査をするしかないかなと思います。
私の周りで針刺し経験者は何人かおり、みな健在ですが、全国では亡くなった医療従事者も少なからずいるみたいで、不安が募る一方です。
このままだと連休中、ずっと悶々としそうです。
できればちょっと安心できるような回答がいただけたらなあと思って質問してみました。

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。...続きを読む

Aベストアンサー

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量は少ないので感染する可能性は少ないと思います。また、貴女自身の免疫力も関係しますので、貴女が免疫力が正常で、その時の体調が悪くなければ、それほど問題にはならないと思います。あと、患者さんの疾患名が書いてありませんが、肝疾患患者ではないですね。肝疾患でなければたとえB型、C型が陽性であってもウイルス量が少ないので心配ないと思いますよ。それにHIVが心配と言うことですが、増加しているとはいえ、HIV患者はまだ日本には少なく、針刺し事故に関係した患者がHIV陽性であったという可能性は非常に低いと思います。いずれにしろあまり心配なされない方が良いかと思います。

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量...続きを読む

Q筋腫核摘出(腹腔鏡)術後がなんだか変なんです

はじめまして☆不安で仕方ないので教えてください
先月の23日に筋腫核(子宮後ろ側4cm、手前3cm)を
腹腔鏡下手術にて、摘出してもらいました。
手術もネットサ-フィンして下調べをし、術後の回復も
早いとのことで安心して受けました。
手術をしてから術後2週間に検診があり、腹痛、腰痛が激しく
先生に相談すると、「子宮の傷口がまだくっついてなくて、痛いんだろうと思うので、もう少し様子を見ましょう」との事で
抗生物質、炎症止め、痛み止め、胃薬をもらいました。
また1週間してもしつこく痛いので、受診すると、
「子宮の大きさは、ほぼ正常範囲に戻っていますが、まだ傷口が
痛むのでしょう」と言われ、引き続き薬と腰痛用に湿布を
貰って帰ってきましたが、術後としては今日で3週間も経つのに
こんなに痛んだ人の話が、情報としてなくて不安になっています。未だに下腹部の痛み(軽くなりましたが)、腰痛(ひどいです)、以前よりお腹が妊娠しているように全体に丸く膨らんでいる事とお腹全体が膨満感で苦しいのです。先生の話では、診察時の経過は普通のようですが、体調が全然優れません。
膨満感は、日に日に気になるようになったので、来週の火曜日に
(予約)受診したとき聞こうかと思っているのですが・・・。
情報みても皆さん、大体は術後2週間には痛みもほぼなくなり、元気になっているようで、自分は?と疑問です。
同じような方、おられますでしょうか?
ちなみに、同期に卵巣手術の方が早くに回復してるのにと
先生に尋ねたところ、部位が違うので痛み方が違うとの事でした。卵巣手術の方は、痛みはなく元気にしています。
私はというと、肋骨の下辺りも違和感があり、
息がしにくい気がして背中も痛くて全身変な感じがします。

はじめまして☆不安で仕方ないので教えてください
先月の23日に筋腫核(子宮後ろ側4cm、手前3cm)を
腹腔鏡下手術にて、摘出してもらいました。
手術もネットサ-フィンして下調べをし、術後の回復も
早いとのことで安心して受けました。
手術をしてから術後2週間に検診があり、腹痛、腰痛が激しく
先生に相談すると、「子宮の傷口がまだくっついてなくて、痛いんだろうと思うので、もう少し様子を見ましょう」との事で
抗生物質、炎症止め、痛み止め、胃薬をもらいました。
また1週間してもしつこく...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、腹腔鏡手術の経験者です。
まだ痛みますか?術後はいろいろ心配になりますよね。ご心痛お察し申し上げます。

私の経験談でよろしければ、ご参考下さい。

私も同じように術後、おなかが張り、胸や肩や横隔膜のあたりがとても痛くなりました。
(傷よりも、こちらの不快感でとてもつらかったです。)

私の痛みは、腹腔鏡手術の際に手術をしやすいように
ガスを入れたからだったのですが、
質問者さんもガスを使用しての手術だったのでしょうか?
お医者様に聞いてみるといいかもしれません。

私の場合は、手術前に「ガスを使用するので、痛みが出る場合がある」と説明を受けていたので、
さほど心配はしなかったのですが。
痛くなる人とならない人と個人差があるようです。

私の痛み・不快感は、2,3週間は続きました。
お腹の張りがなくなって、もとのサイズに戻るまで
2ヶ月くらいかかりました。

私の病院では使用しなかったのですが、
病院によってはガスを抜くための薬を使う
ところもあるそうです。
(また聞きなので確かではないです^^;)

お大事になさってくださいね。

こんにちは、腹腔鏡手術の経験者です。
まだ痛みますか?術後はいろいろ心配になりますよね。ご心痛お察し申し上げます。

私の経験談でよろしければ、ご参考下さい。

私も同じように術後、おなかが張り、胸や肩や横隔膜のあたりがとても痛くなりました。
(傷よりも、こちらの不快感でとてもつらかったです。)

私の痛みは、腹腔鏡手術の際に手術をしやすいように
ガスを入れたからだったのですが、
質問者さんもガスを使用しての手術だったのでしょうか?
お医者様に聞いてみるといいかもしれませ...続きを読む

Qヌクレオチドとヌクレオシドの違い

光合成の炭素固定のところで
デオキシリボヌクレオチド、デオキシリボヌクレオシド
というものが出てきました。
これって同じものではみたいです。何が違うんでしょうか?
          

Aベストアンサー

ヌクレオシドは糖に塩基がついたもの、ヌクレオチドはそれにリン酸がついたものです。

デオキシリボヌクレオシドリン酸がデオキシリボヌクレオチドです。


人気Q&Aランキング