出産前後の痔にはご注意!

現在、労災保険で療養中です。
都内で一人暮らしをしていますが、海外に暮らす家族と同居し、転医も考えているのですが、このよう場合でも、引き続き労災保険の受給ができるのでしょうか。
ご回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ANo.2です。

回答への補足を見て当方も補足します。

>現在、会社は退職しております。
退職していれば、休業補償は請求できません。療養のため働けないのではなく、退職しているため働いていないのですから。しかし(余計なことでしょうが)、何故退職したのか、私には疑問が残ります。会社は業務上の怪我のため労災からの補償を認められて療養中の者を解雇することは出来ません。折角、治癒するまで(会社からか労災からか)休業補償を受けることが出来るのですが。もっとも自らの意思で退職したのなら、それは自由ですけど。

>上肢障害があり、日常生活レベルの動作においては困難な点はある
現在は治癒して(完全に元通りにはなっていないが、これ以上治療してもよくならなければ、それも治癒です)医者にはかかってなければ、療養費の支給はありません。障害が障害が残っていれば症状に応じ障害補償を受けられるますから、主治医の指示に従って労基署に申し出てください。

この回答への補足

>何故退職したのか、私には疑問が残ります。
当時、派遣社員として勤務しており、休業後の復帰を希望したものの、派遣先の終了要請により派遣契約は解約となりました。
その後、派遣会社そのものが営業を終了してしまったという経緯ですので、自らの意志による退職ではありません。

>医者にはかかってなければ、療養費の支給はありません。
病院に通院し、また各種療法を受けています。
主治医の先生からは、今後改善の余地があり、治療を継続すべきという診断です。

補足日時:2008/09/03 13:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足へのご回答ありがとうございます。
療養中に海外転居、および保険については現実的には難しいと考えていますが、しかしながら、一般論が聞けて参考になりました。

発症時は、まさか自分がという気持ちでしたが、今は医師や労基署とよく相談して、再スタートの方法を考えたいと思います。

お礼日時:2008/09/03 13:28

理論上は可能ですが、実際はいろいろ注意が必要となります。

以下は、具体的なことが分かりませんから一般論です。
1.外国の医療機関・医師は恐らく日本の労災制度については全然ご存じないでしょう。従って、まずその説明をして理解してもらい協力を得なければなりません。また、請求書や診断書に記入するのも日本語ではないでしょうから、それを翻訳しなければいけません。これらにかかる費用は個人の負担です。
2.労災での治療は原則は労災指定病院でですが、当然ながら外国にはありません。従って、請求は一旦全額本人が負担し後日7号用紙(療養の費用の請求用紙)で請求します。会社の印等をどのようにするか、会社の協力が必要ですね。請求の時効は2年です。
3.休業補償については更に問題があります。仕事が出来ない者が、その身体状態で海外に行き、外国での生活が出来るかどうかです。この判断は労基署長がしますが、まずは日本でかかっていた従来の医者が認めるかどうか、その判断が重要です。
4.休業の請求も手続き上、上記療養の場合と同じ問題があります。ただし、こちらの時効は5年です。その期間内に治って帰国してからでも間に合いますね。
5.為替レートは支給の決定の日のレートです。払った実費ではありません。

以上のとおりですから、まずはお医者さんと相談して下さい。その上で会社と労基署に詳細を聞いて手続き上の打合せをして下さい。

この回答への補足

海外での治療に関する問題はある程度想定できたのですが、保険の関しては全く分からなかったので、助かりました。

現在、会社は退職しております。
上肢障害があり、日常生活レベルの動作においては困難な点はあるものの、可能です。
その点を労基署にきちんと説明できるかが、ポイントになりそうですね。

むしろ、家族が一緒ならば、身体的負荷の低減はもちろん精神的な支えにもなりますので、できれば転居を希望していますが
休業補償が難しいとなれば、かえって迷惑をかけてしまうことにもなり得ますし・・・。

早速、主治医と相談してみます。ありがとうございました。

補足日時:2008/09/03 00:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔かつ詳細なご説明、ありがとうございます。
非常に参考になりました。

お礼日時:2008/09/02 23:51

私が聞いている限りでは治療費は一応自腹です。


帰国後「療養補償給付たる療養の費用請求書(様式第7号(1))又は療養給付たる療養の費用請求書(様式第16号の5)(1)」を
領収証と共に提出すれば、治療費の返還が有ったと記憶しています。

記憶違いかもしれませんので一応労働基準監督署で確認した方が良いと思いますよ。

この回答への補足

なるほど、治療費は返還されるようですね。
では、休業補償の請求は可能なのか、どなたかご存知でしょうか。

補足日時:2008/09/02 22:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私が調べて限りでは、このような事例が見当たりませんでしたので、質問させていただきました。具体的なご説明ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/02 22:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労災保険で通院中に退職

こんにちは。
検索してみたのですが、見つからなかったので質問させていただきます。
以前の質問と重複しておりましたら、申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

当方、鋳物の木型製造業に約1年間従事しております。
2006/07/27日に、自動かんな機で作業をしていたところ、誤って左手薬指の爪根本約5mm残して
指の先端部分を欠損し、労災保険(療養給付)で通院中です。
しかし、社長に
「おめーは、センスがねーし、仕事は遅せーし...」など等言われ、ほぼ今月中に退職させられそうです。
(ここ一ヶ月間、罵倒をあびせられていたので、予感はしていましたが...)

そこで、タイトルのとおり、
" 労災保険で通院中に退職した場合に、残りの治療費は、労災保険が適用されるのか? "
" 退職した時点で、労災保険は打ち切られるか? "
ご承知の方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。

よろしくお願いいたします。

補足ですが、当方、うつ病で約5年間通院中です。

Aベストアンサー

退職しても、法律上権利はなくなりません。

労働者災害補償保険法
第12条の5 保険給付を受ける権利は、労働者の退職によつて変更されることはない。
2 (略)

解雇はできないというのは以下の規定によります。
労働基準法
(解雇制限)
第19条 使用者は、労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり療養のために休業する期間及びその後30日間並びに産前産後の女性が第65条の規定によつて休業する期間及びその後30日間は、解雇してはならない。ただし、使用者が、第81条の規定によつて打切補償を支払う場合又は天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合においては、この限りでない。

貴方が今労災により休業している、ということだとすると、休業期間終了時点から30日後以降しか解雇できません。
したがって、会社としては辞めさせたければ退職にするしかないわけです。退職の場合は解雇制限は適用になりません。
退職と解雇の違いですが、「貴方に拒否権があるかないか」です。
嫌がらせでも「辞める気はない」ということならば、退職にはできません。会社からの申し出であっても「了解」してしまえば退職になります。
少なくとも今辞める理由はないと思われるので、休業期間中は退職は拒否した方が利口だと思います。

退職しても、法律上権利はなくなりません。

労働者災害補償保険法
第12条の5 保険給付を受ける権利は、労働者の退職によつて変更されることはない。
2 (略)

解雇はできないというのは以下の規定によります。
労働基準法
(解雇制限)
第19条 使用者は、労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり療養のために休業する期間及びその後30日間並びに産前産後の女性が第65条の規定によつて休業する期間及びその後30日間は、解雇してはならない。ただし、使用者が、第81条の規定によつて打切補償を支払...続きを読む

Q労災保険給付請求書に医者の診断書が必要ですか?

労災申請に休業と療養補障請求書があり、この休業補償の請求書の文中に医師の証明を貰う箇所があります。これで証明して貰えると診断書と兼ねられるのでしょうか。個別に診断書を申請すると何千円かかると思ってましたので。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

労基署の方に聞いたところ、労災の場合診断書は特に必要ないらしいです。労災申請用紙には医者の診断を書くところがあるので・・・。

ただ会社によっては診断書を請求するところがあります。
その場合は会社に請求しても問題ない(会社が要求しているのだから)、と労基署の方から回答をもらったことがあります。

Q労災&休業補償給付申請について

労災申請&休業補償給付申請について
今は会社を通じて労災の申請をしてるところでが少し分からない事がああるので質問させてください。
先日、会社から連絡があって今は社会保険労務士?と書類を作成してる最中とも事。
少し質問されてから今週中には作成した書類を自宅まで送付してくれるようです。
それを持って病院に行けばいいのでしょうか。
労災の申請は病院に持って行って担当の医師に何かを記入してもらい、病院から労基署へ送付してくれるのでしょうか。
休業補償給付ですが、その書類も会社が送付してくれるのか分かりませんが、それは自分で労基署へ送付するのでしょうか。
労災認定と休業補償給付の認定は同時に行われて連絡が来るのでしょうか。
分からない事だらけで不安な毎日を送ってます。
仕事も出来ないので収入がないと生活もかなり厳しい状態です。
早く給付されればいいのですが・・・

Aベストアンサー

社会保険労務士の方から、労災5号用紙が送られて来ると思います。私も、つい最近、質問者の方と同じ状況でした。

5号用紙の下の欄に、質問者の方の名前が有りますので、右側に、印を押して、病院に出して下さい。

但し、病院は、月末に、他の方の労災用紙の書類を一括で、労働基準監督署に郵送します。

休業補償給付の件ですが、病院に提出し、病院側の署名が必要になりますので、概ね、2週間、時間が必要に

なります。

労災認定は、社労士の方が、労働基準監督署に書類を提出した時点で、請求が始まり、そこから、調査などが

有るので、休業補償支給まで、1か月ほど、間が空きます。

私も、質問者と同じ、社労士が、間に居るので、監督署に、労災の請求が遅れて、生活も出来ず、イライラして

います。で、休業補償の支払いですが、東京の労働局の方に、全国から、請求されて、一括で、それぞれの

口座の方へ振り込みになる様です。  振り込み日は、毎週金曜日。

仕事して、怪我をした時の間、生活が出来ない為の制度、国で何とか、作って欲しいと思います。

Q退職後の労災について

現在労災での治療中です。先月職場の方から、退職を勧められ退職することにしました。
ほかの方の質問を拝見させていただいたところ、退職後も労災は適応されるということで安心しています。
休業補償の事業主の証明も2回目以降ならいらないということなんですが、退職後のことでまだわからないことがあるのでわかる方がいましたら教えてください。

1.退職したことは基準局に伝えないといけないのか?
2.退職後の住民税や健康保険税、国民年金税などはどうなるのか?
  (労災は非課税と聞いていますが退職したら税金を払うのか)
3.休業補償の金額は退職に関わらず同じか?

以上のことを教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.休業補償請求書の事業主証明欄に「退職」と記入する。
2.休業補償給付は非課税。住民税は前年度の所得に課税される。健康保険は、継続任意か国民健保か、いずれにしても所定の保険料を払う。国民年金は当然保険料を払わねばならない。ただし、所得が少なければ免除制度もある。
3.基本は同じ。物価変動によるスライドによる増減はある。

しかし、何故退職をするのですか。業務災害なら辞めなくてもいいのですがね。

Q労災 症状固定と言われましたが・・・。

こんにちは。
昨年6月末、仕事中に手首粉砕骨折し、7月初旬に手術。一部整復に失敗したとのことで翌日再手術。7月末に退院し、9月頃からリハビリ。今年1月に抜釘手術。現在もリハビリ中です。
現在手首関節が下へ20度、上へ30度ほどしか曲がりません。仕事は基本的にはキーボードが打てれば良く、それには問題ありませんが、荷物を運んだり、軽作業では無理がある場合があります(そのたまにある業務の時に骨折しました)。
手首をかばってか、左肩も痛みがあり真上まで腕が上がらない状態。朝ベッドから起き上がる時に左手を付いて起きれず、左肘を支点に起きます。手をつくと痛いです。手首の小指側に骨折時に跳んだ骨の破片が残っていて、手を小指側に傾けると痛みあります。

主治医より7月一杯で症状固定で診断書を書きますと言われました。これは、8月よりリハビリが労災では受けられないということでしょうか? 私としては年内くらいはリハビリを続けたいと思いますし、もっと良くなると感じています。おそらく時間的に「1年たったから症状固定です」と言っているのだと思います。その先生は労災の認定医もしていて、厳粛に法を適用させる立場にあるようです。

さて、質問は
リハビリ出来ないとすれば、自然に治すのでしょうか?
また、治るのでしょうか?
別の入院者に障害が残れば、一時金が出るという話も聞きましたが、この程度の障害で出るのでしょうか?また、どのくらい出るのでしょうか?

よろしくお願いします。

こんにちは。
昨年6月末、仕事中に手首粉砕骨折し、7月初旬に手術。一部整復に失敗したとのことで翌日再手術。7月末に退院し、9月頃からリハビリ。今年1月に抜釘手術。現在もリハビリ中です。
現在手首関節が下へ20度、上へ30度ほどしか曲がりません。仕事は基本的にはキーボードが打てれば良く、それには問題ありませんが、荷物を運んだり、軽作業では無理がある場合があります(そのたまにある業務の時に骨折しました)。
手首をかばってか、左肩も痛みがあり真上まで腕が上がらない状態。朝ベッドから起き上が...続きを読む

Aベストアンサー

労災では1年から1年半で現在続けられている短期療養給付の状態を労働基準監督署が審査をして、これで治療を終了するか、それとも長期療養が必要なのかを判断します。
判断は担当医の意見を求めますが、これが診断書や意見書というかたちで記載してもらうものになります。

労災での症状固定というのは「医学的にこれ以上治療してもよくならない」状態とされています。
治るとか軽減するとかを第三者が判断することは難しいものです。それは医師とて同じです。
ここでの症状固定というのは、他の同様の事例やレントゲンなどの各種検査結果を総合して、あくまで医学的な見地から記載するものとお考えください。

症状固定とされると労働基準監督署では障害等級認定を行います。等級によって一時金を支払って治療終了とする場合もあれば、障害者手帳を発行して年金として支給する場合などさまざまな治療後の対応がとられます。

障害等級認定は医師の診断書が重要なポイントとなりますが、本人なしで進められることはありません。ですので、認定審査の際には本人の意見として述べてみてください。
その前に担当医には本人意見は伝えておくことは重要です。

労災では1年から1年半で現在続けられている短期療養給付の状態を労働基準監督署が審査をして、これで治療を終了するか、それとも長期療養が必要なのかを判断します。
判断は担当医の意見を求めますが、これが診断書や意見書というかたちで記載してもらうものになります。

労災での症状固定というのは「医学的にこれ以上治療してもよくならない」状態とされています。
治るとか軽減するとかを第三者が判断することは難しいものです。それは医師とて同じです。
ここでの症状固定というのは、他の同様の事例やレン...続きを読む


人気Q&Aランキング