プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

実験で硝酸銀とアンモニアを混ぜると、褐色の酸化銀が生成するのを確認しました。
この反応を化学反応式で書きたいのですが、
アンモニアのNが反応後にどういう物質で残るのかが解りません。
この反応の反応式を教えてください。。
また、色々調べたのですが、硝酸銀とアンモニアを混ぜると、
雷銀という爆発性物質が生成すると書いてあったのですが、
実験では爆発もしませんでしたし(笑)
どういう条件下で生成するのでしょうか?教えてください。。

A 回答 (2件)

硝酸銀に少量アンモニア水を加えると


2AgNO3 + 2NH40H → Ag2O↓ + 2NH4NO3 + H2O
という反応式になります。
コレにさらにアンモニア水を加え続けると
Ag2O + H2O + 4NH3 → 2[Ag(NH3)2] + 2OHとなりますが。。。
この溶液を長時間放置し続けると雷銀(Ag3N)が生じるようです。

ちなみに雷酸銀(AgONC)は硝酸銀の硝酸溶液とエタノールの反応で生じます。
どちらも摩擦や加熱で爆発する不安定な物質です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございましたw
雷銀については認識不足なのでレポートにかくことはやめましたー
でもご回答いただきありがとうございました

お礼日時:2008/10/14 18:21

NH3 + H2O → NH4^+ + OH^-


2Ag^+ + 2OH^- → Ag2O↓ + H2O
です。
雷銀ですが、アジ化銀(AgN3)か雷酸銀(Ag-C≡N→O)どちらでしょう?どちらも爆発性です。

この回答への補足

回答ありがとうございますw
申し訳ないのですが、イオン反応式ではなく化学反応式で教えていただきたく思います。。
(AgNO3+NH3+H2O→…のような)
えっと、雷銀はどちらも生成する可能性があるのでしょうか?
全く無知なもので…
出来れば、両方の物質の特徴と、生成する反応式を教えていただけるとありがたいです。。

補足日時:2008/10/13 13:08
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング