お酒好きのおしりトラブル対策とは

通し貫について!!
建前後からの貫の施工方法を教えてください。
また、楔のやり方等も併せて教えてください。

A 回答 (3件)

 こんにちは。



<貫工法について>
 私の地域では、
 現在は「HM」におされて「在来工法」と呼ばれる建て方さえあまり見かけなくなりました。

 その在来工法も更に30年~40年遡ればご質問者さんの言われる、建てる時に貫を入れながら組み立てる工法がありました。

 建築様式の流れの中の、所謂一つの「文化住宅」の前までの段階にその様な工法があったのですが、現在は貫を入れるにしても「後から、行って来い」で入れ、釘或いはビスで止めています。

 組み立て方法は、概ねANO2さんの通りです。これがまた大変だったのです。手で貫穴を掘ったり、浚ったりすれば良いのですが、角鑿で掘ったにしても、微妙にずれていれば入らない訳です。角鑿以前のチェーン鑿で掘った貫穴は(中が逃げるので)最悪です。

 上記の様な状態でも(貫を)入れなければ建てられないので、2尺間隔の貫を下から上まで7段~8段入れ組み上げれば、もうそれでまず動きません。
 ですから、壁全体が角度が出ていない状態で起こして、家全体を(適当に)組んでしまうと、建て方が終わった後に垂直に治す事は(限りなく)不可能に近いのです。
 これだけで、横方向からの応力に対して物凄く強度が上がってしまうのです(楔、釘を打っていない状態でさえも)。

 柱に貫穴を掘る場合、決まったパターン、方向性を予め決めておいて、角の柱は貫一枚分ずらして掘ります。
 貫は予定の場所まで入れたら、下側の貫は下から、上側の貫は上から、各々楔を打ち込みます。
 これで、角の柱は貫と貫が上と下から柱の真ん中で強く密着する訳です。場合に拠っては、内部の貫もその様な施工をします。
 開口などがあって何処も全てという訳には行きませんが、なるべく、交差する貫同士は上記のように仕組みます。

 貫を止める作業が終われば、これで、家全体がほぼ動かなくなります。
 しかし、動かない理由は他にもあります。このころの住宅は化粧でなくともかなりの数の鴨居、敷居に大きな角材が使われていて(貫を止める前に込み栓は絞めます)、横からの力に対して強度が上がっていて、家が揺れても元の位置に戻してしまうのです。

 貫穴は、楔が入る分大きく勾配に掘っておきます。

 この様な工法は、(特に)3×6や定尺の様々な建材が出回るようになると共に逆に廃れていきました。
 (折り合いが付かなかったんでしょう・・・)
    • good
    • 0

貫は組み立てる順番により、最初にある程度入れておく場所もあれば、建てた後に入れる場所もあります。


その時の組み方・建て込み方によって経験により判断します。説明すると長くなるので割愛しますが、西側の壁はすべて塞ぎますし、下屋にする場合が多いので先にあるていど入れて置くことが多いですね。(もちろん寝起きを出す前なのである程度差し込んでおくだけです)

窓台・まぐさに付ける束なども、貫を差し込んで上げる場合も多いです。その時ほぞの部分に釘あるいは込み栓は打ちません。
建て込みの時に束を斜めにしなければならない場合もあるからです。
片方の管柱にのみ繋いで吊り上げる場合もあるので、その場合落ちないように要らない貫などを使って振りっぱなし側の上下をとめ、貫と窓台などを紐で縛って上げる場合もあります。

建った後、貫は一番奥まで差し込んだ後しるしを付け、鋸で切って少し戻します。
状況にもよりますが、下の方(あるいは状況により真ん中くらい)を先に差し込んでしまったほうが、上の高い位置の貫を差し込む時に足を掛けたり踏ん張ったりするのに都合がよいです。
クサビは場所によりますが、上に打ち込む場合が多いです。

足を掛けるとはいいましたが、登り降りには絶対に利用しないようにしなければなりません。そういう事から事故・ケガが起きますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/20 21:48

北国の設計屋さんです。


通し貫は、柱建てする時に貫長さ3.64m毎に入れながら柱建てします。
この時は、仮止め程度に止め付けます。
建物の垂直・水平を完全に行った後に、釘で本打ちした後に楔を側と上又は下に打ち込みます。
この際、楔に木工用ボンドを付けるとなお良いでしょう。
ご参考まで
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貫工法についてご意見ください

現在新築一戸建てを建築中です。
完全自由設計で間取り的には大満足なのですが、諸経費を含めると少々予算オーバーな状況です。
で、今採用する予定の工法が「貫工法」なのですが、これをやめようかどうしようかで悩んでいますが、ネットで調べてもなかなか情報が得られず、判断に困っています。
そこで
 ・貫工法のメリット、デメリット
 ・施工する場合のチェック点
 ・採用するべきか、こだわるほどのものではないか
などのご意見を聞かせてください。
工務店は「値引きをするからやらせてほしい」と言っています。
私も「(工法の工賃としては)かなり格安」だと思っているのですが、その基準すらよくわからない状況です。
ちなみに、「無垢材のフローリング」「土壁+珪藻土」が我が家の基本的な仕様です。貫工法を採用すると大壁になるそうなので、廊下などの幅が狭くなりそうなのも少々気になっています。

Aベストアンサー

>貫工法を採用すると大壁になる
という記述から察するに,伝統的工法で,大壁になることはありませんから,#2さんの解釈が正しいのかもしれません。
もし,躯体を含む伝統工法としての貫構造,即ち,筋かいを無くして,耐震要素として「貫」の採用をお考えでしたら,多少勘違いされているようです。

建築基準法の木造建築物は,土壁,筋かい又はこれらに代わるパネル等に水平力を抵抗させる,所謂,在来軸組工法を前提にしています。建築基準法の木造関係規定上,「貫」は,耐震要素として認められていませんので,建築基準法の木造関係規定に関して適用外の工法です。

筋かい工法は,建築基準法で決められている簡易的な筋かい量のチェックをするだけで,取り敢えず所定の強度を確保できる事になってますが,仕様規定のない貫構造は,簡易的な構造強度の検討方法がないので,限界耐力設計等の構造計算によって,耐震性能を確認する必要があります。

実際に計算してみると,#4さん仰有るように,思ったより柱が大きくなったり,胴差しを併用しないと耐震強度が確保出来ない,壁を通す必要がある,そのため自由な間取りは出来ないなど,設計プランに相当な制約が生じます。
つまり,限界耐力設計によって設計するとなると,構造のみでなく,平面プランも,例えば,田の字形にするなど伝統的平面プランに近いものにしないと強度の確保が困難です。

特に,木材は,材料個々によって物理的性能が異なりますので,限界耐力設計による貫構造の設計の経験のある構造専門家による設計が不可欠と思います。

参考に,
http://www.mmjp.or.jp/jsca-kansai/

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/jsca-kansai/

>貫工法を採用すると大壁になる
という記述から察するに,伝統的工法で,大壁になることはありませんから,#2さんの解釈が正しいのかもしれません。
もし,躯体を含む伝統工法としての貫構造,即ち,筋かいを無くして,耐震要素として「貫」の採用をお考えでしたら,多少勘違いされているようです。

建築基準法の木造建築物は,土壁,筋かい又はこれらに代わるパネル等に水平力を抵抗させる,所謂,在来軸組工法を前提にしています。建築基準法の木造関係規定上,「貫」は,耐震要素として認められていま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報