あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

固形の黒いものを熱でドロドロに溶かして舗装の継ぎ目などに接着剤として使うようなあの物体を何と呼ぶのか教えてください。
抽象的な説明で申し訳ありません。
検索したいのですが、名前がわからないので検索できなくて困ってます。

※添付画像が削除されました。

A 回答 (9件)

舗装工事でよく見るバーナーで溶かして使う物とありますが、舗装工事でよく溶かして使う物ような物は普通無いです。


私は以前舗装工事に監督業として携わっていた時期ありました。
他の方が言っている、乳剤(タックコート・プライムコート)は常温で液体です。
乳剤とコールタールはちょっと違います。乳剤の方が水に近い液体です。コールタールはかなり粘り気あります。
「アスファルト」と「コールタール」は、外観がよく似ていますが両者はまったく別物で、「アスファルト」は石油から製造され、「コールタール」は石炭から得られます。
舗装工事では使いませんが、防水工事(アスファルト防水)でアスファルトの塊をバーナーなどで溶融させて流し込むことはあります。
たしか、市町村などの道路補修工事ではこのアスファルトを道路のヒビに溶かして流し込んで補修していると思います。あまり道路屋さんはあまりしない工法です。
heezelnatt様が言っているのは、たぶんこれではないでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そういえばアスファルト防水で見たことがあります。
あした知り合いの防水屋に聞いてみます。

回答してくださった皆様のおかげで、かなり解明に近い所までたどり着くことができましたので質問のほう閉め切ります。
本当に困っていたので助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/22 00:53

そうですね,質問者さんが言っているブローンアスファルトで間違いないと思います。



暫くないですが,昔ちょくちょく販売していた頃,商品名としては「甲ブロン」(コウブロン)と言っていました。

製品としては今でもあると思いますので,古くからある建材販売店でお尋ねください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
もう非売品ぽいですね。
あした防水屋に詳しいことを聞いてみます。

お礼日時:2009/07/22 00:42

No.3,5です。


見た感じやっぱりコールタールでしょう。
ただ、その写真はどうやって入手されたのでしょう?
「アスファルト乳剤」で検索してヒットしたなら、その関連製品でしょうし、「コールタール」で検索したなら・・・
その写真と名称は一緒になかったのでしょうか??

この回答への補足

たびたびありがとうございます。
やはりこれはコールタールですか。
この写真は、
やはり私もウィキでのぞいた「ストレートアスファルト」や「ブローンアスファルト」なる語句でヒットし、拝借したものです。
もう少し調べてみたいと思います。

補足日時:2009/07/20 23:00
    • good
    • 0

 タックコートやプライムコートなどのアスファルト乳剤の場合、路盤や基層の上面には舗設用の機械で散布するので、写真にあるようなやり方は普通しません。


 ただ、舗装の継ぎ目部であればアスファルト乳剤を注入します。これはシールコートと呼ばれます。舗装のひび割れ補修などにも使われます。実際の施工は専用の機械を使うことが多いですが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9% …

 尚、上記サイトの説明文で「合材と路盤間に撒かれるものをプライムコート」と記載がありますが、正確には「砕石路盤と合材の間に撒かれるもの」です。路盤に安定処理材などの合材を使う場合もありますので。

この回答への補足

ありがとうございます。
最初の私の質問と写真がちょっとズレてますね。
やはり当方も目的はアスファルトのひび割れ補修です。
シールコートですか、今一度検索かけてみます。

補足日時:2009/07/20 22:56
    • good
    • 0

No.3です。


回答でなくて済みませんが、No.4さんのご回答で、やはり昔は「コールタール」だったんですね!
いやー良かったというか、古い人間って事ですよね。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
皆さんの回答を集計し自分なりに再び検索していった結果、自分のイメージと合致したものがありましたので、画像をアップしておきました。

この材料を求めています。

お礼日時:2009/07/20 21:49

使用されているのは、石油系のアスファルト乳剤です。


昔は、石炭系のコールタールが使われていましたが、現在はアスファルトになっています。
古い人は、今でも「コールタール」と言ってますね。
    • good
    • 0

heezelnattさん、こんにちは。


No.1さんがおっしゃっている「コールタール」私が子供の頃は皆「コールタール」って言っていました。
夏の暑い日にはどろどろ溶けてきて靴や服に付けて帰ると怒られたものです。
「コールタール」自体はあるのですが、何故に昔は道路のアスファルトの継ぎ目などの物質を「コールタール」と言っていたのか理由は分かりません。
ひょっとしたら昔は本当に「コールタール」だったのかも・・・
しかし現在ではNo.1さんのご回答にあるとおり、「乳剤」です。
タックコートやプライムコートなど。
ただ、継ぎ目だけでなく表面処理に用いるので、大きな隙間などには別の物を用いているのかも知れませんね。(まさにコールタール?)
ただ、アスファルトそのものではありませんが、道路業界では友人がガードレールやをやっていますが、コールタールのピッチを使っていますよ。
施工法は様々ですが、基礎ブロック無しに、ガードレールの支柱をを直接アスファルトに穴を空けて打ち込んだ後、隙間を埋めるときに・・・
で、まず現場に着いたら何よりも先にバーナーでピッチを溶かし始めています。
(時々手伝っていたので知っています。)

http://architectural-site.jp/archives/1403
    • good
    • 0

たぶんアスファルト乳剤だと思います。


舗装工事では、よくタックコートと言う、アスファルトを溶剤で溶かしたものを使います、
防水工事などでは、アスファルトプライマーというものを使用するようです。

ちなみに、両方共、液状のものですので、溶かす必用はありません(最初から液体ですので)

タックコートというのも(商品名)は古いアスファルトと新しいアスファルトの接着を強める為のもので、接着材とは少し異なり、正しくは接着強化材と言われているものです。

骨材(路盤)とアスファルト舗装の接着強化にも使われるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
最初から液状というよりは、
普段固形で高温により溶かして使うというものです。

お礼日時:2009/07/20 21:53

熱で溶かしているかどうかは知りません。

多分常温だと思います。
よくコールタールと間違われますが、「アスファルト乳剤」です。
熱を加えるのは継ぎ目に流し込んでからです。あれは乳剤の水分を飛ばすためにやっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
常温での使用ですか?それじゃ僕が言っている「舗装で使う物」というのが間違っている可能性もあります。。

お礼日時:2009/07/20 21:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコールタールは今でも道路を作るのに使われていますか?

昔道路を造るのによく使われていたコールタールは発がん性のベンゾピレンが含まれているため現在日本では道路を作るのには使われていないようです。
現時点で道路を作る際に関してコールタールに関する法律(規制)はあるのですか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コールタールは石炭を乾留して得られる副生物(液状および半固形物)で、石炭からコークスを作り、そのコークスを製鉄に使うといった石炭産業の副生物としてコールタールが大量に作られていました。日本では石炭産業が衰退して石油産業が主流になり、石油産業から発生する副生物のアスファルトは、道路の舗装やビルの屋上の防水舗装に使われています。
発癌性の立証は癌の発生まで約20年かかることから立証が非常に難しく、アスファルトの発癌性についての医療データが非常に少ないのが現状のようです。コールタールの発癌性物質のメインの原因物質はベンゾ(a)ピレンですが、この物質はコールタールに比べると少ないですが、アスファルトにも少量含まれています。
コールタールの国内生産は2004年現在で165万トン生産され、消費量は輸入分も含め173万トンとなっています。
世界にはまだまだ石炭鉱山を有する国があり、大量に石炭を利用する国々(中国を含む)では産業副産物としてコールタールが大量に生産されていますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB
現在もコールタールは芳香族化合物を多量に含むため、合成香料として食品、化粧品、芳香剤などの原料、ナフタリン、ベンゼンなどの防虫剤、クレゾールなどの消毒液、化学工業原料のフェノールなどの原料として使われていますが、タールに含まれる発癌物質のペンゾ[a]ピレンが1~3%含まれています。コールタールについては癌の発生研究で最初の実験に取り上げられたこともあって世界中で研究され発癌性についての医療データが多く公表されています。

アスファルトが大量に使われる交通量の多い主要道路では道路が削られアスファルトなどの浮遊物質が多く発生しますが、発癌率が高いのそうです。大量に石炭を使う石炭化学コンビナートによる大気汚染などのひどい中国では大気汚染で毎年約46万人の方が肺ガンなどの癌で亡くなっているようです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3475490.html

地球上で作られた化学物質が約4000万種類ある中で、発癌性が調べられている物質は2~3千種類といわれています。アスファルトについても、まだ調べられていないだけで将来発癌性物質とされる可能性もないわけではありません。石油コンビナートから大量にでる副生物のアスファルトからもタールが作られる(コールタールのコールCoalは石炭のことです)の産業廃棄物をうまく道路舗装材として片付けているに過ぎません。もしかってのアスベストのように、発癌性を大々的に明らかにすれば、アスファルトの捨て場がなくなり、量の多さから産業廃棄物処理や石油化学コンビナートのあり方が問われることになりかけません。発癌性の研究が行われなければ堂々と道路舗装で処理できるということかも知れません。真っ黒な生物の体内で分解されないアスファルトが人体に害を与えないはずがないと思いますがいかがでしょうか? 

アスファルトはコールタールに比べ、癌物質のペンゾ[a]ピレンの含有量は少ないですが、芳香族化合物を多く含むため、道路舗装だけでなく、タールの代用原料として合成香料、芳香剤、合成着色料の原料としても使われます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88

石油系化学合成食品添加物が大量にでまわり、食品の8割、練り歯磨き、化粧品などに添加され、日本の最大死因の癌が増加の一途をたどっているのが現状です。大気汚染や喫煙による肺ガンも増加傾向にありますね。

法律は大量に被害者が出て、公害患者が裁判が沢山おこされ社会問題化しないかぎり、産業優先の政策が行われるでしょう。
はっきり道路のコールタールが原因の癌患者と証明できる患者が多数発生していない現状や道路舗装の中心がアスファルト舗装に変わってしまったこと、石炭化学コンビナートの衰退と石炭炭鉱が国内からなくなってしまった現状では、コールタールを法律で取り締まる根拠がなくなってしまっています。ただ発癌性のあることはWHOでも認められていることですから、公然と道路舗装には使えないでしょうね。

コールタールは石炭を乾留して得られる副生物(液状および半固形物)で、石炭からコークスを作り、そのコークスを製鉄に使うといった石炭産業の副生物としてコールタールが大量に作られていました。日本では石炭産業が衰退して石油産業が主流になり、石油産業から発生する副生物のアスファルトは、道路の舗装やビルの屋上の防水舗装に使われています。
発癌性の立証は癌の発生まで約20年かかることから立証が非常に難しく、アスファルトの発癌性についての医療データが非常に少ないのが現状のようです。コールタ...続きを読む

Qアスファルトを焼く?

道路でアスファルトを敷いて大きなローラーで通過した後を
火炎放射器みたいなものでアスファルトを焼いてる人が居ます

これは何してるんですか?

Aベストアンサー

アスファルト(敷均すまえは一般に合材と言います)もちろん色々と配合で名称は変わります、その施工時の温度は140度程度有ります(プラントからでるときはもう少し高い)積み込みから施工まで時間が掛かり冷めるためです。

それが1の方の言われるように上手く施工が出来てないと思うときやすりつけの場所など施工の厚みが薄くなり上手く既存の部分と乳剤(糊の様な物と思ってください)を使用しても綺麗にならないことがありバーナーを使用して既存の物と上手く付けたり(余りしないですが)温度が下がっていて部分的に施工に問題があるとき使用もします。

合材を敷均すフィニッシャーと言う重機が有りこの重機にはアイロンと言って温度を下げないように(構造は忘れました)したりするのも使っていた(昔のことなので今と構造が違う可能性も有ります)ダンプの荷台に残って冷めていれば取れないためにバーナーで暖めて取り去るなど色々と使用します。

なお、質問のローラーの後と言うことなのでおそらくローラーマークが消えなくてそれを消すために暖めてその後プレート(ちいさいエンジン付きの物です)を使用して消していたのではないかと想像します(よほどのベテランでもローラーマークが残ることが偶にあります、本当はローラーだけでローラーマークが残らないように転圧しているのですが・・・ローラーも鉄の車輪だけのマカダム、タイヤが沢山付いた物はタイヤローラー等有りそれぞれ役目が違います。

今度見かけたらしばらくその様子を見ていれば色々と楽しいかも知れません(好きなら)でも慣れないとあの合材の臭いで食欲が落ちるかも・・・

アスファルト(敷均すまえは一般に合材と言います)もちろん色々と配合で名称は変わります、その施工時の温度は140度程度有ります(プラントからでるときはもう少し高い)積み込みから施工まで時間が掛かり冷めるためです。

それが1の方の言われるように上手く施工が出来てないと思うときやすりつけの場所など施工の厚みが薄くなり上手く既存の部分と乳剤(糊の様な物と思ってください)を使用しても綺麗にならないことがありバーナーを使用して既存の物と上手く付けたり(余りしないですが)温度が下がって...続きを読む

Qアスファルトの補修について

うちの駐車場はアスファルトなんですが
最近、陥没している箇所があります。
そのうちには全部をやり変えねばならないとは思っていますが、
とりあえずその穴を埋めるには何が良いでしょうか。
ホームセンターで売っているような「簡易セメント」では無理ですか?
見栄えは問いません。

女の私でもできる手立てをお教えください。

Aベストアンサー

舗装には2種類ありますね。
1.アスファルト舗装
2.コンクリート舗装
 強度はNo.2の方が数段、上ですが養生期間が長いこととコストが高くつくので一般的ではないようです。

 今回のご質問のような一般家庭のアスファルト舗装の場合は厚みが30mm~50mm程度ですので、ある一定期間を過ぎると亀裂が入ったり陥没したりします。

<原因>
 舗装の下に敷き詰めてある砕石及びその下層の地盤の支持力
 が下がったために陥没しています。
  掘ってみるとわかるのですが下は水が溜まっていて土は
 粘性を帯びてきているはずです。

<対策>
 民間・役所問わずこのような場合は応急処置をしてその場を
 取り繕って誤魔化します。
 
1.ホームセンターにある「常温合材」を購入してそれを
  くぼ地にまいて適当に転圧をして終了です。

2.手の器用な人は次のような処置をします。(結構本格的で
  かなりもちます。)

 *くぼ地を中心に40cm四方のマスを書く。
 *ダイヤモンドカッターでアスファルトを切断する。
 *砕石をとる。(土嚢袋いれておく)
 *その下の土を20cm程度40cmマスで掘り取る。
    ↓
   <改善策>
 *掘り起こした土に普通セメントを1:1の割合で混ぜた
  あとで元にもどす。
 *さらに掘り出した砕石を元にもどして、十分に叩いて
  転圧をかける。
 *常温合材をまいて転圧をかけて出来れば簡易ガスバーナー
  で暖めながらコテをかければかなりの完成度になります。

 まぁ、No.2は経験上のお話ですが疲れますので、No.1で十 分でしょう。あまりもちません。またすぐ下がります。
 これはアスファルトの下の層が悪いので仕方ありません。
  この層を専門用語で下層路盤といいます。 舗装の場合は
 土+砕石+アスファルトを含めと舗装という考えになります ので、下層路盤の強度がかなりの重要なポイントをしめてい ます。 
  セメントを混ぜて強度をあげる工法を「セメント安定処  理」といいます。 わたしは日常で花壇を作る場合などは
  土を掘り起こして混ぜて固めてから適当にブロックやレン ガを敷き詰めたりしています。 
  ある程度の強度と解体が楽なので重宝しています。ぬかる んだ通路はこのようにしています。
 

舗装には2種類ありますね。
1.アスファルト舗装
2.コンクリート舗装
 強度はNo.2の方が数段、上ですが養生期間が長いこととコストが高くつくので一般的ではないようです。

 今回のご質問のような一般家庭のアスファルト舗装の場合は厚みが30mm~50mm程度ですので、ある一定期間を過ぎると亀裂が入ったり陥没したりします。

<原因>
 舗装の下に敷き詰めてある砕石及びその下層の地盤の支持力
 が下がったために陥没しています。
  掘ってみるとわかるのですが下は水が溜まってい...続きを読む

Qアスファルトの重さ(t)をm3に置き換えたい。。。

アスファルトの重さ(t)をm3に置き換えるにはどのような計算になるのでしょうか?
誰か詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

アスファルトは重量(t)で出荷します。基本的には体積を算出し、単位重量を掛けます。通常使用する密粒度13mm、舗装厚0.05m(50mm)とします。面積(m2)×厚さ(m)×2.35となりますが、さらに転圧減量として1.08を掛けます。これで算出された数量が使用重量(t)となります。
(以上引用)
 ですから、Xtのアスファルトは、X÷2.538(立方メートル)となります。
例によって、受け売りでした。(^_^;)

参考URL:http://www.setsubi-forum.jp/cgi-bin/c-board/data/construction/log/tree_105.htm

Q灯油でアスファルトが溶ける?

ファンヒーターのシーズンも終わったので収納のためタンクに残った灯油をポリ缶の移しかえてたらアスファルトにコップ1杯程こぼしてしまいました。30分後くらいに水で洗い流したのですが、その1時間後くらいに地面を見てみるとアスファルトが溶けて指で穴が掘れるくらいに砂のようにジャリジャリした状態になっていました。アスファルトって灯油でこんなに簡単に溶けるものなのでしょうか?
又、溶けたアスファルトの補修方法を知ってる方がおりましたら併せて教えて下さい。

Aベストアンサー

 アスファルトは油に溶けます。そのため、ガソリンスタンドなど油性の液体を扱う施設は、必ずコンクリート舗装としています(荷重の問題もありますが)。

 舗装に使うアスファルト・コンクリートは、アスファルトに砂利などを混ぜたもので、アスファルトを固着材として使用します。アスファルトの代わりにセメントを使用したものをセメント・コンクリート(俗に言うコンクリート)といいます。

 溶けてしまったアスファルトは、下層の砂利層に浸透してしまってますから、その部分を何かで充填してやる必要があります。
 補修用の充填材が市販されていますから、試してみてはどうでしょう。
http://store.yahoo.co.jp/diy-tool/h005.html

Qアスファルト舗装の単価

アスファルト舗装の単価
自宅前の空き地をアスファルト舗装にしようと思っています。
平米あたりの単価はどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

事例で説明

条件 空き地
   排水溝なし(自然と端部に流れる勾配)
   面積 10m×10m=100m2
   基礎砕石 5cm
   アスコン 5cm(細粒加熱アスコン使用)

工事費
   材料
      砕石     100×0.05=5m3            25000円
      アスコン   100×0.05×2.3t/m3×1.2=14t    182000円
   労務機械
      整地、砕石工事、アスコン舗装工事         150000円 
   経費                           40000円
   合計                          397000円(税別)  
   
    

Qm3→tへの変換方法

土木関係初心者です。
コンクリートガラの計算で単位が「m3」になっているものを、「t」にして記入しなければいけない書類があるのですが、どうやって変換しらよいのかわかりません。

ちなみにもとの数量は、2378m3で代価表には「1.0m3あたり2.35t」となっています。
単純に2378×2.35=5588.3tでいいものなのか悩んでいます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.0[m3]当たり2.35[t]ですか.
2.0[m3]当たりは何トンになりますか?
3.0[m3]だったら?

2378[m3]だったら?
って考えればいいのでは?

Q砕石 クラッシャランと粒度調整砕石の違いは?使い分けは?

庭にレンガを敷設しようと思っているのですが、路盤材はクラッシャランC‐40がよいか、粒度調整砕石M‐30がよいか迷っています。
違いと、それぞれに向いた使い分けがわかりません。
解るかたいらしたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 クラッシャランも粒調砕石も路盤材として使用する材料ですが、クラッシャランは下層路盤か路盤を単層で施工する場合に使用するのに対し、粒調砕石は上層路盤に使用します。
 通常、道路の路盤は上層と下層に分けて設計・施工します。道路の舗装を設計する場合、大型車の交通量などから必要とする強度を求め、それをすべてアスファルト・コンクリートで施工した場合の厚さを等値換算厚さと呼びます。実際そのようにすると、非常に不経済となるので、より安価な材料で置き換えるわけですが、その場合にその材質がアスファルトに換算するとどのくらいの厚さに相当するかを算定するための係数があり、これを等値換算係数と呼びます。この係数が大きいほどよりアスファルトに近い効果があるといえます。
 クラッシャランの等値換算係数は0.25、粒調砕石は0.35です。つまり、同じ厚さであれば、粒調砕石の方が大きな強度を得られるわけです。
 ただし、粒調砕石はクラッシャランよりも高価で、地域によっては良質なものが入手しにくい場合もあります。そのため、一般的には粒調砕石の施工厚さを小さめにして、下層路盤であるクラッシャランを厚くします。歩道などの荷重が小さきところはクラッシャランのみで路盤を施工します。

 レンガ舗装とのことですが、車の荷重を考慮しないかもしくは駐車場程度の車載荷重であれば、クラッシャランで十分でしょう。ただし、レンガ自体が車などの大きな荷重に対して弱いので、下地としてコンクリート版の施工が必要な場合があります。コンクリートブロックを並べる場合でも、車載荷重が考えられる場合は10cm程度の厚さでコンクリート版を施工するのが普通です。
 群衆荷重(要は人のみ)を考えるのであれば、路盤の厚さは10cmもあれば十分ですが、その場合でも転圧による減量を考慮する必要があるので、投入量は必要な体積(面積×厚さ)の2割程度の割り増しを見込んだ方がよいです。

 クラッシャランも粒調砕石も路盤材として使用する材料ですが、クラッシャランは下層路盤か路盤を単層で施工する場合に使用するのに対し、粒調砕石は上層路盤に使用します。
 通常、道路の路盤は上層と下層に分けて設計・施工します。道路の舗装を設計する場合、大型車の交通量などから必要とする強度を求め、それをすべてアスファルト・コンクリートで施工した場合の厚さを等値換算厚さと呼びます。実際そのようにすると、非常に不経済となるので、より安価な材料で置き換えるわけですが、その場合にその材質...続きを読む

Q平米数の求め方

タイトルの通り平米数の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

rt02060825さん、こんにちは。

>縦が129cmで横が345cmです。
単純に縦と横をかければ平米数は出るのですか?

出ます。
面積ですから、縦×横ですね。

ただし、平米というのは、平方メートルですから、
それぞれ、センチをメートル単位に直さないといけません。

縦129センチ→1.29m
横345センチ→3.45m
なので、

面積は1.29×3.45=4.4505平方メートル=平米

ということになります。

Qステンレスの溶接

ステンレス寸胴にステンレスのフックを取り付けたいのですが
アーク溶接で溶接は出来るでしょうか?
先日、ホームセンターでステンレス用溶接棒が売っていたのですが
100Vのアーク溶接機で溶接は可能でしょうか?
鉄の溶接はちょくちょくしますが、
技術的には日曜大工程度です。

Aベストアンサー

理論的には可能ですが、失礼ながら日曜大工程度の技と100Vの溶接機では無理のような気がします。
練習して挑戦するのも面白いとは思いますが、ダメにする覚悟が必要かと思います。
アークのステンレス溶接は慣れていないと難しいですし(鉄とは要領が違います)、お互いの材料の厚みが最低でも2ミリ程度はないと難しいです。
ステンレスの溶接はほとんどの場合TIG溶接という方法で行います、物や状況に応じてステンレスワイヤーでの半自動溶接もできます、ステンレスのアーク溶接は通常は工場などで行うことは少なく(仕上がりが悪い、難しい)、主に現場用が多いです。
ステンレスは溶接した部分が黒く変色しますので気になるなら磨く必要があります(ヤスリ紙、コンパウンド、電解研磨など)
お近くにステンレス溶接をやっている工場などを見つけて依頼するのが1番確実ですし、ボルト留めで取り付けることを考えるのも手です。
溶接をやっている工場でも、持ち込み単品の仕事をしない、いやがる所も多いので注意が必要です。


人気Q&Aランキング