教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

庭の傾斜がうまくないのか、雨が降ると南側の犬走りに水が溜まって、
なかなかはけません。

昨年11月に建て替えで入居しました。
古い家の時は気にならなかったのですが、今年、まとまった雨の時など
ふと見ると、水が溜まっていて、家の基礎が傷まないか心配です。

庭の傾斜を直して側溝など、付けるべきでしょうか。

しかし、今年やっと一面の芝生を貼って根付いたところなので、
できればはがしたくありません。
ちなみに金銭的にももボロボロなので、あまり大がかりにはできないのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たしかに心配ですね。

そうした水は長い間に基礎周りの土を少しずつ浸食して流していってしまいかねません。うまく排水してやる必要があります。

お金がないというのでしたら、とりあえず自分で"排水溝"を掘りましょう。スコップでただ"溝"を掘ればいいでしょう。その溝に砂利と大きめのゴロタ石でも敷いてやれば十分ですよ。水をどこへ流すかだけは現場の勾配をよく見て決めてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

排水溝ですね。
がんばって掘ります。
家の前にはコンクリの溝がありますので、そこにまわせばいいと思います。
(施工時に、必要ないんじゃ・・・と、左官さんに言われた溝が役に立つのだ!)
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/29 20:24

 基礎周りの水は建物に悪影響を及ぼします。

(木造ならなおさら)
 水が溜まる原因は庭より犬走りが低いからでしょうか。もしそういう状況なら基礎周りに土又は切込み砂利を敷いて叩きしめて、庭より高くする方法があります。
 状況を見てみないとわかりませんが家を建てた業者に相談してみて下さい。きっとよい解決策を講じてくれるでしょう。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は家の基礎は親戚の左官屋さんに依頼し、工務店とは全く関係ないのです。
で、親戚だから良心的にサービスしてくれるかなと思っていた(のが甘かったのね)ら、より高品質な施工をしてくださり、支払いは工務店の見積もりの二倍強!!
しかも、玄関の上がり口のとても目立つところが、かけて、塗り直して、すごくみっともない。とか、春になって外溝の手直しを頼んだのですが、なかなか請求が来なくて、きっとこれは去年の450万円のアフターサービスってことなんだ。
と、思ってたら2ヶ月以上たって請求が来て、人件費だけでも6万円(2.5人足)。

高いし、いい加減だし(見積もりをくれない。他の仕事帰りに来て、夜の1時まで仕事をしたり)、これ以上関わりたくないと言う気持ちなのですよね・・・。

と、ぐちを書いてもしょうがないけど。(私はすっきりする。)
自分たちで溝とか考えたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/29 20:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

犬走り」に関するQ&A: 家コウモリの撃退法

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分で犬走りを作るのは大変ですか?

ど素人な質問で恐縮ですがどなたかお教えください。

昨年、建売住宅を購入したのですが、家の(基礎に面した)周囲が土のままなのです。 
別に気にしていなかったのですが、先日遊びに来た友人に「基礎の周りはコンクリートで固めて
犬走りを作っておかないと家の傷みが早くなるよ」と脅かされ、心配になってきました。
かと言って用立てられる予算が無いので、自分でコンクリートを打ってみようかなと考えているのですが
コンクリートを打つ正しい手順がまったく判りません。
 
そこで質問なのですが、
下地処理のような作業や事前の作業等はどのような事をどのような手順でやる必要があるのでしょうか?
犬走りの機能(?)というか家の水避けとして打つコンクリートはどれくらいの奥行きで打てばよいのでしょうか?
場所によっては奥行きが40cmから50cmくらいしかとれないのですが、それでもやるべきでしょうか? 
また強度から考えた場合、通常の犬走りとはどれくらいの厚みで出来ているでしょうか? 

無知丸出しで恐縮ですが、どなたかアドバイス、もしくはコンクリート打ちに詳しいHPや書籍をご存知でしたら
ぜひお教えください。 

ど素人な質問で恐縮ですがどなたかお教えください。

昨年、建売住宅を購入したのですが、家の(基礎に面した)周囲が土のままなのです。 
別に気にしていなかったのですが、先日遊びに来た友人に「基礎の周りはコンクリートで固めて
犬走りを作っておかないと家の傷みが早くなるよ」と脅かされ、心配になってきました。
かと言って用立てられる予算が無いので、自分でコンクリートを打ってみようかなと考えているのですが
コンクリートを打つ正しい手順がまったく判りません。
 
そこで質問なのですが...続きを読む

Aベストアンサー

 そのようなコンクリートを打設する場合は、おおむね次のような手順で行います。

1.基礎砕石の施工
 犬走りのコンクリートと基礎砕石の厚さの分、建物の周りを掘削します。その後、平に均しておきます。
 それから、クラッシャーラン(最大粒径40mm以下)を厚さ10~15cmくらいになるように敷き均し・転圧して施工します。

2.型枠の施工
 合板などで型枠を組みます。倒れないように、しっかりと支えを入れておきます。
 又、コンクリートが漏れないよう、隙間無く組んでいきます。

3.膨張目地の施工
 建物との接合部分に、膨張目地を施工します。厚さ10mm程度のエラスタイトなどを入れます。

4.コンクリートの打設
 セメント・コンクリートを流し込みます。セメントと砂、採石を水と共に混合し、流し込みます。
 流し込んだ後、建物から外側に向かって、ゆるい勾配(だいたい1.5~2.0%程度)が出来るようにコテなどで仕上げます。その後、完全に固まるまで養生します。

5.収縮目地の施工
 コンクリートが完全に固まったら、建物に対し直角方向(犬走りを横断する方向)に収縮目地を入れます。間隔は、だいたい犬走りと同じくらいで良いです。

 目地は入れておかないと、温度変化に伴う膨張・収縮により、コンクリートが割れてしまいます。最悪の場合、建物の基礎が破損します。
 ということで、一部の土間コンならともかく、建物をぐるりと取り巻くような犬走りを、素人がコンクリートで施工するのは無理です。
 簡単なのは、玉砂利を敷く方法です。建物の周りに、40~50cmくらいに幅で、厚さ10cm程度になるよう玉砂利を敷いておけば、水跳ねなどから建物を守れます。素人でも見た目がきれいに出来ます。費用もコンクリートより掛りませんよ。

 そのようなコンクリートを打設する場合は、おおむね次のような手順で行います。

1.基礎砕石の施工
 犬走りのコンクリートと基礎砕石の厚さの分、建物の周りを掘削します。その後、平に均しておきます。
 それから、クラッシャーラン(最大粒径40mm以下)を厚さ10~15cmくらいになるように敷き均し・転圧して施工します。

2.型枠の施工
 合板などで型枠を組みます。倒れないように、しっかりと支えを入れておきます。
 又、コンクリートが漏れないよう、隙間無く組んでいきます。

3.膨張...続きを読む

Q犬走りの幅

この度、新築する事になり、最近は防犯上しない方がいると聞きますが、家の前を車で出入りする形になる為、犬走りを作ってもらいます。

知り合いの建築関係の方に聞くと、80~100センチと言われました。広いな?と思って実家を測定すると65センチでした。犬走りを作った方の平均的な幅を知りたいんですが・・・

Aベストアンサー

 こんにちは。住宅建築に携わる者です。
 ご自分の財産と築かれているところですから、些細な事でも気になるのは当然です。質問に対し噛み砕いて回答させて頂きますので、煩わしい表現になるかもしれませんが、お許し下さい。
 まず、犬走りの目的は家の床下に雨水が浸透するのを防ぐ事(外側に向けて勾配を取ります)と、雨が降った時に泥水が跳ねて外壁を汚すのを防ぐ事が主です。最近では「べた基礎」といって底盤と立ち上がり部分を一体でコンクリートを打設する工法が多くなり、床下への雨水浸透が軽減される為、犬走りを省くケースも多くなっています。その場合、犬走りの代わりに砕石や防犯砂利(ガラス繊維製で踏むとジャリジャリ音がする)を敷いて泥水跳ねを予防する事が多いです。
 続いて、犬走りの幅ですが、特に建築基準法や住宅金融公庫仕様でも指定寸法はありません。一般的に600mmというのが多いと思われますが、昔は敷地内の雨水舛が無かった為、敷地内の水掃けが悪く、床下部分に雨水が浸透し床下に湿気が籠る事が多かったので、犬走りの幅も1m以上というのが主流でしたし、床下も通気が良いように換気口もたくさん設置されていました。しかし、近年では、耐震面でも構造強度が重視されるようになり、工法も変化(改良)されてきています。都市型住宅と言われる狭小地での工事では殆ど犬走りはありませんし、あっても600mmなのはこうした背景があるからです。
 他にも、気にされている事があられましたらお気軽にお返事下さい。
 最後になりましたが、ご新築おめでとうございます。

 こんにちは。住宅建築に携わる者です。
 ご自分の財産と築かれているところですから、些細な事でも気になるのは当然です。質問に対し噛み砕いて回答させて頂きますので、煩わしい表現になるかもしれませんが、お許し下さい。
 まず、犬走りの目的は家の床下に雨水が浸透するのを防ぐ事(外側に向けて勾配を取ります)と、雨が降った時に泥水が跳ねて外壁を汚すのを防ぐ事が主です。最近では「べた基礎」といって底盤と立ち上がり部分を一体でコンクリートを打設する工法が多くなり、床下への雨水浸透が軽減さ...続きを読む

Q土間コンクリートの水たまり

自宅の新築工事が終わって入居後に外構工事をしてもらっています。
先週末に駐車スペースの土間コンクリートをやってもらったんですが、
昨日の雨が上がって今朝見てみると、コンクリートの一部分に1平米程度の
水たまりができています。
深さは大したことありません。
(測っていませんが、あって5mm~1cm程度だと思います)
それでもその部分だけ乾かずにしばらく濡れているので雨上がりには
ちょっと目立ちます。

可能なら修正を頼みたいのですが、
・左官屋さんは知り合いのツテで頼んでいる。
・元々こちらから「なるべく低く、最低限の勾配で」と頼んでいる。
・使用上、重大な問題になるとは思えない。
などの理由から、もし難しいなら修正依頼自体をやめようかとも思います。

実際のところ、完成した状態の土間コンクリートの微妙な勾配不足を
なにかで修正することは可能なのでしょうか?
可能だとして、それによるデメリットなどもあれば教えていただけると
幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カッターで細い排水溝をつけてもらうことです。
幅も深さも1Cm以下でいいです。

もうひとつはエポキシ塗装するといいです、
たまった部分を少し厚めに塗って補修します。
水はたまりますが浸み込まない分早く乾燥します。
その場合も上の方法を併用すれば完璧です。

Q外溝のテラス足元に水たまりが・・・

去年末に家を建築いたしました。
その際、一階の外に勝手口から洗濯を干すためのテラスをつくり、そこに一間半のコンクリを打ってもらいました。
ところが、雨が降るとそのコンクリに水溜りができ、雨がやんでも水が流れないので洗濯を干すのにも一苦労すると言う状況になっています。

ハウスメーカー(外溝工事はハウスメーカーさんから手配してもらっていたので)に最初の時点でその旨を話すと、「それはよくあることです。」ととりあってもらえませんでした。

雨が降ってもある程度ぬれるのはわかりますが、素人目で見た感じ、
コンクリを打って乾ききらないうちに勝手口からの階段状の足場を設置したため、乾くまでにコンクリが沈んでいったのではないかなという気がします。

あまりにも状態が悪いので(1センチ以上の深さの水溜りがコンクリの1/3程度たまってしまうし、しかも勝手口周辺なので不便)何度も何度もメーカーさんに言って、先日、階段状の足場の下(隠れる部分)に穴を開けて水はけを良くする作業をしてくださいました。そのときもハウスメーカーの現場監督さんが言うには、「コンクリを打つのは地面に平行に打つから、土地が傾斜しているとそれに伴って斜めになる」と言って、あくまで仕方のないことのように言われました。
ところが、いざみてみると、足場の周りにも穴(2センチくらい)が2箇所あいているにもかかわらず、まったく状況は変わっていませんでした。
その作業をしたのは2日前ですが、いまだに水溜りは同じようにあります。

ご相談したいのは
・足元をよくするため打ったコンクリがこのようなことになるのは、仕方ないことなのでしょうか?
・穴を開けて水はけをよくするという作業は適切なものなのでしょうか?又、建物などに湿気等の影響はないのでしょうか?

ご相談に乗っていただけたらと思います。
よろしくお願い致します。

去年末に家を建築いたしました。
その際、一階の外に勝手口から洗濯を干すためのテラスをつくり、そこに一間半のコンクリを打ってもらいました。
ところが、雨が降るとそのコンクリに水溜りができ、雨がやんでも水が流れないので洗濯を干すのにも一苦労すると言う状況になっています。

ハウスメーカー(外溝工事はハウスメーカーさんから手配してもらっていたので)に最初の時点でその旨を話すと、「それはよくあることです。」ととりあってもらえませんでした。

雨が降ってもある程度ぬれるのはわかりま...続きを読む

Aベストアンサー

直接現地の状況等を拝見していないため
私の個人的見解な部分も多く含まれていますことを
あらかじめご承知おき願います。

施工業者または施工関係者の対応が、ご質問のとおりの
内容であるとしたらかなり無責任な業者だと感じます。

少々言葉は悪いですが、まるで・・・
「日曜大工が趣味の近所のおじさん」に材料費のみ等の
格安の値段で工事してもらったような状況のようです。

ガレージであれテラスであれ地面に一定の厚さ以上の
コンクリを張る場合、まず最初にその場所の土地を削ります。
(張る部分の地面を5~10cmくらい掘るということです)
削る深さの調整によってもともとの土地が傾斜地であっても
ある程度の水平を出すことが可能になります。
※コンクリの厚さや面積によって削らない場合もあります。

その後初めてコンクリ張りとなるのですが
コンクリ、アスファルト、煉瓦、タイル等張る素材に関わらず地面に張る際は
必ず一定の方向へ向けて勾配(傾斜)をつけるなどして雨水等が速やかに
排水できるような施工を行うのが通常です。

雨天時に多少水で濡れる等は仕方ありませんが
プロが施工した直後に1センチ以上の水深で大きな水たまりなどが
出来ることなど通常の場合はあり得ないことです。

ハウスメーカーさんの対応といいメーカーの現場監督の発言といい
プロの言う台詞ではないと思います。
また、2cm程度の穴を開けて排水させるというのも
もともとの土地が砂地などで余程水はけのよい土地でもない限りは
素人のおじさんが「困ったなー そうだ!穴でも開けてみっか!」と
言うのと変わらないレベルの方法だと思います。

先の回答者様もおっしゃってるように
現コンクリ部分の表面をチッピング(荒く削っておいて)
きちんと勾配を取ったうえで張り直しすることを要求してみてください。
応じない場合は、コンクリを全て撤去した上で工事費用の返還請求も
辞さない等、多少強めの態度で交渉されてみてはいかがでしょうか?

余談ですが、もしも貴方が奥様など女性である場合は
失礼かとは思いますが業者から「舐められている」可能性を感じます。
ご主人様や御両親等にも交渉の場に立ち会ってもらったほうが
良いかもしれません。

直接現地の状況等を拝見していないため
私の個人的見解な部分も多く含まれていますことを
あらかじめご承知おき願います。

施工業者または施工関係者の対応が、ご質問のとおりの
内容であるとしたらかなり無責任な業者だと感じます。

少々言葉は悪いですが、まるで・・・
「日曜大工が趣味の近所のおじさん」に材料費のみ等の
格安の値段で工事してもらったような状況のようです。

ガレージであれテラスであれ地面に一定の厚さ以上の
コンクリを張る場合、まず最初にその場所の土地を削ります。
...続きを読む

Q今日、はじめて生コンクリートを作って流してみました。

今日、はじめて生コンクリートを作って流してみました。
自分で(セメント:バケツ1/2、砂:バケツ1.5、砂利:バケツ3)という配合でこねました。
表面が砂利っぽく、コテで表面を均したり出来ない状態でした。
よそのお宅の駐車場などでコンクリートを流し完成した状態をみたら、きれいになっていますよね?

原因はコンクリートの作り方(配合)が悪いのか?
仕上げにモルタルを塗って、表面をきれいにしているからなのか?

どうか教えてください。

また、画像のようになってしまった場合、どう修正してきれいに仕上げればいいですか?

Aベストアンサー

 ちょっと確認したいのですが、この材料はどこに流し込みましたか?
ガレージの土間ですか? それから、流し込んだ場所の深さ(ネタの厚み)は何センチくらい確保しましたか?

 相談文にあった内容から判断しまして、砂利の量が多すぎます。これが一点。
上記配合率をセメントを整数化して換算しますと、1:3:6になりますよね。標準は、1:2:2あるいは、1:2:3程度です。少々誤差はあってもいいんですけれどね。
いずれにしても、ですから砂利が多すぎるのです。
写真を拝見した感じでは、これは、砂利ではなくて砕石をお買いになられたように見えます。
大きな岩を砕いてできたものですね。(もしも違ったらごめんなさい)
ホントは、砕石ではなくて”玉砂利”っていうのを使っていただきたいのです。ホームセンターで普通に売られていますからね。仕上がったコンクリの強度が、砕石の場合と玉砂利とでは全然違いますし、仕上げやすさも違います。

 それから、仕上げ方についてです。
コンクリを流し込みましたらば、まずその場でコテでならしますよね。いつまでもいじっていますと、水分がどんどん表面に上がってきてしまってうっすらと水膜ができます。これは、きれいに固めるためには好ましくない状態です。
したがって、あらかたきれいにならしましたら、その後はしばらく放っておいてください。コテで抑えても水気が表に出てこない状態になったら、そこから仕上げのコテ押さえをおこないます。
ただし、あまり放っておきますと今度は堅くなりすぎて仕上げができなくなりますから、案配は大切です。

 この復旧方法ですが、もしもですよこの上に最低3cmの埋めしろがあるのでしたらもう一回この上に追加でチャレンジしていただいてもよいです。しかし、もしもそれだけの埋め立て深さが残っていないのでしたら残念ですが一度はつっていただいて深さを確保してから再度挑戦してください。
使用する砂利の粒が埋め立て深さの半分程度に収まっていないと、相対的に砂利の粒が大きすぎになりまして滑らかに仕上げるのが難しくなります。
上に3センチと書きましたが、粒の粗い砂利をお使いでしたらもう少し”付けしろ”が必要になります。3センチはあくまでも一つの目安ということでお願いします。
いずれにしても、あまりにも残りの埋め立てしろが少なかったら、一端はつらないとダメということです。

 もしこの上からそのまま追加で再チャレンジする際にも、いきなり流し込まないで、今のコンクリの表面をガチャガチャに傷つけて、新しいネタが食いつくようにしてください。これを”はつり”と言います。本職の方は”はつり機”でガタガタやるわけです。
はつるというかいもう開き直ってほとんど掘り返してしまってやり直しの方がすっきりしていて良いかもしれません。
上から新しいコンクリをただ流し込むだけですと、コンクリの層が二層に分かれてしまいます。一体化しないのです。
ということは、はつるのをやめて、セメントと砂だけを練り合わせて現状の上に流し込むのもダメです。
一時きれいに仕上がったようにみえても、いずれ割れてしまいます。

 ちょっと確認したいのですが、この材料はどこに流し込みましたか?
ガレージの土間ですか? それから、流し込んだ場所の深さ(ネタの厚み)は何センチくらい確保しましたか?

 相談文にあった内容から判断しまして、砂利の量が多すぎます。これが一点。
上記配合率をセメントを整数化して換算しますと、1:3:6になりますよね。標準は、1:2:2あるいは、1:2:3程度です。少々誤差はあってもいいんですけれどね。
いずれにしても、ですから砂利が多すぎるのです。
写真を拝見した感じでは、これは、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング