日本と中国の戦国時代の特徴について、
その異同を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本の戦国時代の特徴


・この時の最高権力者(建前上だが)の天皇はいたが天皇を僭称する人はいなかった
・新しい技術の進歩(鉄砲や掘削技術など)
・約100年間
・弱小1地方領主であった人物(織田信長)と無名の人物(豊臣秀吉)の2人により約30年かけて終結
・帰順する者には寛大で全ての大名を滅ぼしての統一ではなかった
・戦争方法の変化(序盤は士族などの少数兵での戦争だったが終盤は農民投入による大兵力戦争)


中国の戦国時代の特徴
・周王朝があり、周王がいたが(建前上は周王が最高権力者)地方領主も王を僭称するようになった(春秋時代までは王ではなく「公」や「候」を名乗っていた)
・思想の発達(『孟子』『荀子』『韓非子』『荘子』などの諸子百家)
・新しい技術の進歩(弩や戦国末期には鐙など)
・約180年間
・縦横家の登場
・7強国の中で最も力を持っていた国に短い期間で2回の名君が出たことにより(秦の昭王と始皇帝)170年続いた群雄割拠をわずか9年で他の6国を滅ぼして統一
・全ての国を戦争で滅ぼし、負けた王は全て処刑された
・戦争の変化(序盤はわずかばかり残っていた戦争においての「礼」も中盤以降はまったくなくなり、勝利至上主義になった。また時間が経つにつれ、参戦兵力が増えていった)


とりあえず比較できることを中心として思いついたことを箇条書きしてみました
    • good
    • 0

・違うところ


中国の春秋戦国時代は紀元前の話だが、日本の戦国時代は15世紀の話。

・同じところ
両方とも「戦国時代」と呼ばれている。

結局のところ時代が違いすぎて比較検討するのはちょっと難しいような気がします。関根麻里(タレント)と本橋麻里(カーリング選手)の異同を教えてくれみたいなもんですかね。

これだけだとなんだか質問の全否定みたいで失礼なので、蛇足を。
この「蛇足」を始めとして中国発祥で日本でもお馴染みのことわざの多くは春秋戦国時代の話です。世界的に有名な兵法書「孫子」も春秋戦国時代に作られました(ただし、最初にまとまって編纂したのは三国志で有名なあの曹操です)し、孔子先生も春秋戦国時代の人です。今では器具の名前にもなっている包丁(元々は料理人の名前です)先生もこの時代の人だそうです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信長を中心にした戦国時代の勢力図

信長の生誕から本能寺でたおれるまでの勢力範囲のわかる図をさがしています。
できれば、桶狭間、岐阜攻略時など転換点となった時期ごとの情勢が解かるもので、図は名称だけでなく、地図上で色分されているとたすかります。
ソースはHPもしくは書籍です。

Aベストアンサー

http://www5a.biglobe.ne.jp/~fnao/sengoku/kennsin2.htm

こういうやつ?

Q【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。 戦国時代の

【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。

戦国時代の日本人口は1000万人くらい。

少なく見積もっても800万人。

で、大名に万石という土地を分け与えて国を管理していた。

そのときに3番目に多くの土地を貰っていたのは九州の大名で86万石。

天皇の朝廷
その時の天下人
でこの3番目の九州の大名

3番目の九州の大名で86万石。

日本で3番目に多くの領地を貰っている大名で最大で86万人しか食べられない。

ということは最低でも800万人国民いたとしたら、大名の数が当時の数と合わない。

本当はもっと総人口は少なかったのでは?

天下人と天皇の朝廷は大名に年貢を納めさせたので大名の万石から譲り受けたわけだからノーカウントとして、残り714万石。

あとの大名は10万石とかですよね。

当時の大名ってそんな数いませんよね?

おかしくないですか?

Aベストアンサー

士農工商のうち、武士以外が米を食っていたとでも?

Q戦国時代の勢力図

 安土桃山時代の全国の勢力の変遷が知りたいのですが、何かいいものはあるでしょうか?
 特に、領地が変わっていく時に、その周りの地域の領主はどうなっているのかなあと疑問に思っています。年代ごとに領主名を書いているような地図が見たいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

samRAI web!の中のcartogramから見る「日本戦国勢力」をご覧あれ。
これで5年毎と移り変わりが確認できます。

http://www5.airnet.ne.jp/samrai/war_jp16c/carto/crt1540h.htm

Q戦国時代と室町時代の違い

戦国時代と室町時代とは何が違うのでしょうか?

 室町:戦争少ない   戦国:戦争多い
 室町:幕府が強大   戦国:幕府が弱い
 室町:守護大名    戦国:戦国大名
というように単純な図式で区別できるようにも思えません。

二つの時代は何が違うのでしょうか、何を持って異なる時代として区分しているのでしょうか。

Aベストアンサー

「本日を持って、元号を平成とします」
とか、
「たえがたきをたえ」と、玉音放送があって、戦後になった。

というのが、足利将軍時代にあるわけない。

後世の人間が定義しました。
明治時代の歴史家が、「現代に繋がっているのは、いつからだろう?」という疑問設定から『うーん 信長や 東山文化あたりからだと、なんか つながっているっぽ』というので、現代史の切れ目をどこでするのか?というのが、室町と戦国を分ける切れ目となりました。

ということで、モノの考えが、現代人(ただし、明治の人)と、あい通じるモノがあるかないかで、決められています。

政治権力史的には1493年の明応の変ではないかと思います。
将軍の首のすげ替えが起こったという意味で。

Q米ヒップホップ界の勢力図

アメリカのヒップホップ界の勢力図が分かる書籍やHPを教えてください。

Aベストアンサー

米ヒップホップ界の勢力図

ラップとヒップ・ホップの正確な違いを、各ジャンルのアーティストやファン、その他さまざまな関係者に説明してもらったとしても、てんでんばらばらな答えが返ってくるに違いない。しかしながら、ヒップ・ホップは音楽という以上に、アート/ブレイクダンス/ファッションなど文化的な現象を示すものであり、一方、ラップは音楽のひとつのタイプである――という定義には、ほとんどの人が賛成するだろう。また、ラッパー兼社会理論家であるKRS-Oneは「ラップは行動、ヒップ・ホップは信条」と語っているが、これもまた頷ける発言ではないだろうか。

勢力図はありません。

参考URL:http://www.listen.co.jp/xtpsub494.jsp

Q日本の戦国時代~江戸時代初期・明治維新までの砲弾

戦国時代の大砲(大筒)の弾って、今で言う所の徹甲弾(攻城用弾)だと思うのですが、時代劇や大河ドラマでは、砲弾の対地着弾付近の侍・武士・兵士が吹き飛ばされて死傷する描写が多数見られます。
また、幕末の外国船の砲弾も、鉄球弾であり、榴弾ではなかったと思います。
しかし、炸薬が内蔵されていない鉄球である砲弾が近くに落ちても、大したことないと思います。
実際は、榴弾やそれに近い炸薬の内装された砲弾だったのでしょうか?

Aベストアンサー

視聴者にわかりやすくするための一種の演出効果なのでしょう。
それに、時代劇に限りませんが、日本のドラマ制作では軍事関係の考証は
軽視される傾向にあるので、そういう考証すらせずに単純に爆発させている
可能性もあります。

Q東洋史「しゅんじゅう戦国時代」?

東洋史「しゅんじゅう戦国時代」?

大学生です。
東洋史でしゅんじゅう戦国時代というのを勉強するらしいのですが、
字は「春秋戦国時代」であっていますでしょうか?
他に勘違いしそうな時代の名前はありますか?

おそらく東洋史の一番最初の段階だと思われます。

Aベストアンサー

字はあってます。

中国史ですね。夏・殷(商)・周・春秋・戦国・秦・前漢・新・後漢・三国・・・と続きますが、「秦」「新」「晋」「清」と「シン」と読む時代が4つありますので混同しやすいです。

Q【歴史・日本史】千利休って京都に住んでいたんですか? 戦国時代、安土桃山時代の京ってどこ? 大阪

【歴史・日本史】千利休って京都に住んでいたんですか?

戦国時代、安土桃山時代の京ってどこ?

大阪に住んでた?

Aベストアンサー

千利休は堺に生まれ、秀吉が聚楽第を作るまでは堺に住んでいました。 京都の聚楽第ができてからは聚楽第内に邸宅を構えて住んでいましたが、1591年に秀吉の逆鱗に触れた際、堺に蟄居を命じられ、その後京都に呼び戻され、聚楽第の屋敷内で切腹させられました。 戦国時代、安土桃山時代の京とは京都のことです。

Q戦国時代の女性で虫垂れぎぬ姿の人はいたのか

戦国時代の女性の服装について教えてください。

平安から鎌倉に主流だった笠に布が覆われている、
顔を隠すor虫除けの役割ににもなった、いわゆる虫の垂れ衣をつけた姿は、
戦国時代の女性でもみられたのでしょうか?
http://www.e-tohoku.jp/mapimages/komati.jpg

色々検索してみたのですが、やはり基本的に平安時代の名前しか出てこなくて
戦国時代の女性がこれをかぶっていた情報をみつけられませんでした。
ただの笠をかぶるのは雨や雪よけを考えると、戦国時代にもあったと思うのですが、
いわゆるそこに布をつける垂れ衣は、やはり戦国時代には主流ではなかったということでしょうか。

たまに画像検索で戦国武将の鎧をまとったそばに、
虫垂れぎぬ姿をした女性がセットでいる写真を見たこともあり
主流ではなかったにしろ、戦国時代でもかぶっていた人はいたかもしれないと思ったのですが・・・

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

まず、URLの写真は「市女笠」(いちめがさ)と呼ばれるもので、
菅や藺(い)で編んだ笠を被り、笠には「苧(お=真麻)」で作られた布を垂れる。
これは顔を隠すためであるが、虫除けや日焼け止めにもなるという利点がある。

これは、平安時代の公家文化から来ており、公家は男女を問わず、あまり人前には顔を見せないことが高貴だとかんがえられており、市中を出歩く時に被りました。

では、戦国時代は・・・と言うと、やはり、公家を中心に用いられていましたが、武家では余り用いられませんでした。
ただ、虫除けや日焼け止めと言う観点から、城主婦人などは被っていました。

また、武士が公家の娘を嫁にもらうような時には、その文化が地方にも伝播しましたが、女性が優雅に出歩くような時代ではありませんでした。従って、一般庶民には流行はしませんでした。

http://www.iz2.or.jp/mushinotare/index.html

Q戦国時代おさげ、江戸時代日本髪

なぜ戦国時代の女性は髪形がおさげで江戸時代の女性は日本髪なのですか?

Aベストアンサー

NO1.です。

追伸: 

江戸時代女性の髪形を大きく変えるきっかけとなったのは、
慶応8年(1603)に出雲阿国(いずものおくに)が京都の四条河原で、杭を数本地面に討ちつけ、筵(むしろ)をかけただけの粗末な小屋で、阿国が茶屋へ通う伊達男に扮し、夫の(夫ではない、という説もある)名古屋山三郎(なごや さんざぶろう)が茶屋の女将に扮しての踊りを交えた寸劇を披露しました。
この男女の入れ替わり、つまり、「性倒錯」が有名になり、連日「大入り満員」だったとか。
これを当時の京の人たちは「傾く(かぶく)=常識外れ、突拍子もない」と呼び、これが、しだいに「かぶき」と呼ばれるようになり、現代の「歌舞伎」の漢字があてはめられました。

この時に阿国が結った「髷」が「若衆髷(わかしゅまげ)」として有名になり、京から大坂、そして、江戸でも女性の間で大流行しました。

やがて、「島田髷」などが出現し、寛永年間(1624~)頃には「兵庫髷」という、頭の上で「輪」を一つ作ったような髪形が流行。
元禄年間(1688~)頃には「元禄島田髷」が流行。
明和年間(1764~)頃には、浮世絵に出てくるような「春信風島田髷(はるのぶふうしまだまげ)」が流行。
江戸時代後期~明治初期頃には、芝居の「お染久松」でお染が結った「おそめ髷」などが流行しました。

>>なぜ戦国時代の女性は髪形がおさげで江戸時代の女性は日本髪なのですか?

戦国時代は、戦に明け暮れており、ファッションの流行はなく、ただ単に髪を伸ばしていましたが、江戸時代に入ると「安定した生活」ができるようになり、また、金銭の流通も盛んになり、ファッションにも「余裕」ができて、色々な髪型が流行しました。

NO1.です。

追伸: 

江戸時代女性の髪形を大きく変えるきっかけとなったのは、
慶応8年(1603)に出雲阿国(いずものおくに)が京都の四条河原で、杭を数本地面に討ちつけ、筵(むしろ)をかけただけの粗末な小屋で、阿国が茶屋へ通う伊達男に扮し、夫の(夫ではない、という説もある)名古屋山三郎(なごや さんざぶろう)が茶屋の女将に扮しての踊りを交えた寸劇を披露しました。
この男女の入れ替わり、つまり、「性倒錯」が有名になり、連日「大入り満員」だったとか。
これを当時の京の人...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報