これからの季節に親子でハイキング! >>

学校で1月に自然教室で八ヶ岳に行き、スキーを習う事になっています。
私は2年前に学校で八ヶ岳へ行き、体長を崩しとても嫌な思いをした印象が強く残っています。
だから私は1月の自然教室には行きたくありません。
私は他の人に比べると体力もないしインドア派だと思います。
先生方は
「今のうちに体力をつけておかないと、自然教室で大変だぞ」
と言います。
でも私は、スキーなんてしたくないし、どうしてそこまでして自然教室に行かなくちゃいけないの?と思います。
みんな自然教室が楽しみだと言うけれど、私には自然教室で楽しかった思い出は本当に何一つないので、自然教室の話自体にも入れません。
部屋割りなどでは友達と同じ部屋になれたので少し嬉しいのですが、前に行った時は友達(というより部屋の人)は会話をする前に寝てしまって、一人取り残されどこかから聞こえる(幽霊のような)怖い声を聞きながら深夜になんとか寝付いた覚えがあります。
きっと体長が悪いなど言って自然教室を休む事は容易だと思いますが、
それでは自然教室に向けて決めた事、自然教室で必要な物を用意してくれたお母さん、バス割りで隣に座る事になっていた友達、同じ部屋になってくれた人、みんなに悪いんじゃないかと思います。
だけど本当に行きたくない気持ちも同じくらいあって、どうしたらいいのか悩んでいます。
やっぱりサボったりはしちゃいけないなと思うのですが、行って体調を崩したらスキーで同じ班になった人達、本来教える側の先制方に迷惑もかけてしまいます。
そんな事になるんなら行きたくないし、部屋でじっとしていた方がいいかとも思います。
だけど両親に怒られるのは当たり前だろうし、自分が用意した自然教室の鞄を見る度とても心苦しくなるような気がします。
みなさんなら、どうしたらいいと思いますか?
どうか、回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

もしかしたら思いがけなとても楽しいことが起こるかも。


でも本当を言うと、今では辛かったことでさえいい思い出なんです。
私もインドア派なので、お気持ちは良く分かりますけど。
大人の意見みたいでウザイでしょうが、本当ですよ。
小中学校を出たら、そういう経験はもう絶対に出来ないですから。
例えば、好きな子が登山したりスキーしてるところなど、教室では絶対に見れないでしょう。それだけでもいいじゃないですか。
行ったほうがいいですよ。
でも体力ないなら山では無理はしないで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自然教室に行ってみようと思います。
貴重な経験を逃すのはもったいないですよね。
不安な気持ちもありますが頑張ってきます。

お礼日時:2008/12/21 23:03

私だったら人生経験だと思って、自然教室に行きます

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね。
体長を崩して迷惑をかけるのは嫌ですが、
きっととても良い経験になりますよね。
頑張って自然教室に行ってこようと思います。

お礼日時:2008/12/21 23:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4泊5日の自然学校って兵庫県だけですか

この春何かと話題になった関西の某大学生です。
今まで、自然学校についてとくに疑問に感じていなかったのですが、小5の妹が4泊5日の自然学校に行っているという話をしたら、他県出身の友人たちは「なに、それ~」。

今は4泊5日ですが、私たちの頃は5泊6日で、山や海の民宿・研修施設に宿泊して、自然体験を通した総合学習をする修学旅行以上のビッグイベントなのです。

これって本当に兵庫県だけのカリキュラムなんでしょうか?

Aベストアンサー

神戸市で小学校教諭をしています。

中学2年生の「トライやるウィーク」(職業体験活動)と並び、まさに兵庫県の特色ある教育活動です。

目的が、「学習の場を教室から豊かな自然の中へ移し、児童が人や自然、地域社会とふれ合い、理解を深めるなど、長期宿泊体験を通して、自分で考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する力や、生命に対する畏敬の念、感動する心、共に生きる心を育むなど、「生きる力」を育成することを目的とする。」
とあります。仰るとおり、以前は5泊6日でしたが、3年生で「環境体験学習」を行う関係で、1泊減りました。
費用については、個人に返る物以外は、バス代を含め県からの助成金で賄うことができます。ただし、利用施設は県内に限られており、神戸市の学校はほとんどがハチ高原に行っています。

4泊5日という長い期間、しかも、小学校5年生で行うことに大変意義があります。これから大人へと向かっていく子どもたちにとって、集団生活での規律・自立心・協同など、社会生活を営む上で必要な資質がこの行事では必要になってきます。したがって、この行事を終えて帰ってきた子どもたちは、自然学校前よりも、一まわりどころか数え切れないくらい精神的にたくましくなっています。私たち学校の職員は、そんな子どもたちの成長を支えていくために、過酷な労働条件(子どもの就寝後1時間後にスタッフ打ち合わせ、就寝は25時以降が当たり前。起床は子ども起床時刻の最低30分前。これが5日間続きます。そんな中で5日間の行事をこなしていきます。体力的にきついのは言うまでもありません。)の中子どもたちの笑顔が見たい、それだけのために頑張っています。

ご質問の本題とは若干それたのですが、お分かりいただけましたでしょうか。
ちなみに、兵庫県のHP内に、自然学校の概要について説明したページがあります。
http://www.hyogo-c.ed.jp/~gimu-bo/sizen/sizentop.htm
詳しくはそちらをご覧下さい。

神戸市で小学校教諭をしています。

中学2年生の「トライやるウィーク」(職業体験活動)と並び、まさに兵庫県の特色ある教育活動です。

目的が、「学習の場を教室から豊かな自然の中へ移し、児童が人や自然、地域社会とふれ合い、理解を深めるなど、長期宿泊体験を通して、自分で考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する力や、生命に対する畏敬の念、感動する心、共に生きる心を育むなど、「生きる力」を育成することを目的とする。」
とあります。仰るとおり、以前は5泊6日でしたが、3年生で...続きを読む


人気Q&Aランキング