忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

今の会社に契約社員として入社して今年で4年になります。
今年の3月末で契約期間満了になります。

契約期間満了は、自己都合退職になるんでしょうか?それとも、会社都合になるんでしょうか?

入社して2ヶ月後、契約更新し、それから1年間は、半年ごとに契約更新していました。

1年が過ぎて、3年を上限とするという契約期間の制定ができていて、
平成18年4月~平成21年3月末までの契約期間になり、
それが、今年の3月末で契約期間満了になるとのことです。
会社側は、契約更新意思はないそうです。

この3年間、半年ごとに契約更新してきました。(契約書類は、8枚もあります…。)

部長に『契約期間満了は、自己都合退職同様にとられます。』
と言われたんです…。

私の意志で自己都合退職するわけでもないのに…。

契約期間満了の場合は、離職票に『自己都合退職』となるんですか?
自分の意思での退職でもないのに、そうしなければいけないのか、疑問と思い、質問しました。

自己都合退職になると、待期3ヶ月の給付制限があるんですよね…?

私の場合は、どうなるんでしょうか?

回答をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

事実上の会社都合扱いになります。


私と同じケースですから。

離職票の離職区分は 2C
具体的事情は「契約期間満了」になりますが、
「特定理由離職者」になります。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n867

したがって失業保険の給付は優遇されます。
「契約社員 契約期間満了は自己都合?会社都」の回答画像3
    • good
    • 2

>契約社員 契約期間満了は自己都合?会社都合?


 ・と聞かれれば、契約期間満了の退職は、自己都合退職になります
  但し、給付制限の3ヶ月は付きません
 ・離職票の記入上は、「定年、労働契約期間満了等によるもの」の「労働契約期間満了による離職」の欄にチェックが付きます
  離職区分は、2B に○が付きます
  離職票の記入欄には、自己都合退職(その様な名称は使われていないの意味・・・労働者の判断によるもの、との表記になっています)の欄はありません
 ・失業給付上は、一般受給資格者と特定受給資格者に別れています
  一般受給資格者は、給付制限の3ヶ月が付く場合と、付かない場合に分かれます
  (自己都合、定年、契約期間満了による離職者が該当)
  特定受給資格者は、給付制限の3ヶ月は付きません
  (倒産、解雇等のが該当)
 ・契約期間満了の離職は、一般受給資格者の給付制限なし(給付制限の3ヶ月が付かない)になります

・契約更新時に契約を更新する、しないの意思表示は、会社からでも、自分からでも出来ます
 会社からしない場合、自分からしない場合、共に契約期間満了退職になります
    • good
    • 3

会社に契約更新意思があるのに退職なら「自己都合退職」ですが、会社に更新意思がない(会社は都合により契約更新ができない)のだから、「会社都合退職」ではないかと思います。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約期間満了は自己都合ですか?

3月末まで派遣で働いていました。辞めた理由は派遣先と派遣元の契約が終了し、仕事そのものがなくなりました。
今日離職票が届きました。見たところ、労働契約期間満了による離職にチェックが付いていて、具体的記載欄には契約期間満了と書いてありました。
会社都合と書いていないので自己都合なの?と心配になり相談しました。

Aベストアンサー

chikotomoさん、はじめまして。

実は、この質問に対する回答って微妙なんです。

離職理由の判断は、最終的には質問者さんの現住所地を管轄する公共職業安定所が行います。
基本的には、契約期間満了の場合、その会社での通算の勤務期間が3年以内であれば、契約更新にならなかった理由に関係なく、会社都合の扱いになります。

3年以上過ぎていれば、期間の定めのない契約と同じ扱いになるので、会社側の理由で更新しなかった場合は会社都合扱いになり、自分の都合で更新しなかった場合は自己都合扱いになります。

ですので、今回のケースでは、会社都合の扱いになると思うのですが・・・?

なぜ、疑問符が付くかというと、“派遣” で働いていたという部分なのです。

派遣には、「特定派遣(常用型派遣)」 と 「一般派遣(登録型派遣)」 の2種類あるのはご存知ですか?

特定派遣の場合は、基本的には正社員の場合と同じなので関係ないのですが、一般派遣の場合は状況が違ってくるのです。

今、公共職業安定所では、一般労働者派遣事業の派遣会社に対しては、派遣先の業務終了に伴って自社の派遣社員が離職票を求めてきたときに、業務終了から “1ヶ月以内” の場合は、自己都合扱いにするように指導しているのです。

これは、派遣会社が次の派遣先を確保するための猶予期間として1ヶ月間を認めているためで、この間に派遣社員の側から離職票を請求することは、その派遣会社から引き続き仕事の紹介を受けることを自ら拒否していることになる、と判断されてしまうのです。

今回は、離職票自体に契約期間満了と記載されているので、大丈夫かと思うのですが、チェックの厳しい職安だと調査が入るかもしれません。
ただ、先走って職安に確認してしまうと、自ら墓穴を掘るかもしれないので、判断が難しいですね。

もし、どうしても心配なら、ご自分のエリア外の職安に匿名で聞いてみたらいかがでしょう。
それでおおよその見当がつくと思います。

全く、こんなことで苦労するなんて、もっと分かりやすい制度にして欲しいものですね。

chikotomoさん、はじめまして。

実は、この質問に対する回答って微妙なんです。

離職理由の判断は、最終的には質問者さんの現住所地を管轄する公共職業安定所が行います。
基本的には、契約期間満了の場合、その会社での通算の勤務期間が3年以内であれば、契約更新にならなかった理由に関係なく、会社都合の扱いになります。

3年以上過ぎていれば、期間の定めのない契約と同じ扱いになるので、会社側の理由で更新しなかった場合は会社都合扱いになり、自分の都合で更新しなかった場合は自己都合扱いに...続きを読む

Q1年更新の雇用契約満了は自己都合退職?

1年更新の有期契約社員を4年続けていました。
(契約は1年ごとに更新し、これまでに4枚の契約書があります。)

平成23年12月に「本社から次年度契約の正式決定は無いが、来年はどうする?」等の話はありましたが、あまりにいい加減な対応に、現在の契約のまま平成24年3月31日付で契約満了しました。

在職中にハローワークへ相談に来たところ、『契約満了は給付制限3か月の適応外』との回答を得ていたのですが、雇用保険の申請にハローワークに伺ったところ、

離職票には「労働契約期間満了による離職」とあるのですが、ハローワーク側では「1年更新の契約だが自己都合退職と扱う。」とのことでした。

最初から長期契約をして途中で退職するならともかく、1年更新でその都度契約満了したにも関わらず自己都合退職にされ給付制限3か月まで発生するのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>1年更新の有期契約社員を4年続けていました
>来年はどうする?」等の話はありましたが

給付制限つきの自己都合で間違いありません。



○契約期間中の離職の場合

 離職の申し入れ(会社から)→会社都合(特定受給資格者)
 離職の申し入れ(自分から)→自己都合(一般受給資格者)


○契約期間満了による退職(3年未満の雇用の場合)

 離職の申し入れ(会社から)→自己都合(一般受給資格者)※給付制限なし
 離職の申し入れ(自分から)→自己都合(一般受給資格者)※給付制限なし


○契約期間満了による退職(契約更新2回以上、3年以上雇用されている場合)

 離職の申し入れ(会社から)→会社都合(特定受給資格者)
 離職の申し入れ(自分から)→自己都合(一般)

Q3年以上勤務している契約社員の離職区分2Dについて

契約社員の雇用期限が5年と改定されたことで、今後爆発的に増える可能性が高いケースなのに、同例の質問はなぜかまったく投稿されていないようなのでどなたかご教示頂ければと思います。

41歳女性です。10月中旬をもって、契約社員として丸5年勤務した職場を契約満了により退職となりました。
ようやく離職票が届き中を確認したのですが、
「離職理由」の「離職区分」は「2D」にレ点、「事業主記入欄」は「(1)採用又は定年後の再雇用時等にあらかじめ定められた雇用期限到来による離職」欄にレ点、「具体的事情記載欄(事業主用)」には「契約期間満了(上限5年)」の記載、「(16)離職者本人の判断(選択すること) 事業主が記入した離職理由に異議 有り 無し」欄には「本人未出勤のため確認とれず」の記載がある以外は、あとは一切空欄です。契約期間等の記載も、「労働者から契約の更新又は延長」欄も一切のチェックはありません。
有給消化の関係で、8月末日をもって最終出社となり、9月1日からは有給消化のため出社しないままの退職となりました。会社側から離職票に関する打診等は何もなく、この離職票もなかなか届かないので念のため10月末日に進捗確認をしたところ、慌てて発送したようなタイミングでやっと送達されました。

雇用契約期間は1年で、1年おきに契約を更新、契約書にはいずれも「契約期間は最長5年」の記載と、退職1年前に署名捺印した契約書には「本契約をもって契約の更新はしない」との記載があります。
ただし、契約更新時には毎回「…と契約書には書いてありますが、5年以上勤続していただける可能性の方が高いのでぜひ更新をお願いします」と口頭で説明されていました。また、私より以前に入社されたスタッフは5年以上勤続している、いわゆる無期雇用として1年ごとの契約更新を繰り返している方です。それを踏まえて、私も皆さんと同じように5年以上勤続して頂けると思いますよ、との口頭説明がなされていましたが、結果的には契約書通り、5年で満了となってしまいました。
最後の契約更新で「契約書通り、この契約をもって満了となります」と説明された際にも、「口頭では延長できると言われていたし、私より前に入社したスタッフは皆5年以上勤務できているのに納得がいかない、できれば延長したい」と食い下がりましたが認められず、そのまま満了で押し切られました。この場合も、「・契約を更新又は延長することの確約、合意の無に○(更新又は延長しない旨の明示有りに○)」として、労働者であるこちら側は「更新・延長を希望しない」扱いとなり、失業給付の受給には3か月の給付制限がついてしまうのでしょうか?

離職区分が2Dであっても、就業期間が3年以上あり、契約書に「契約の更新はしない」旨が記載されている場合は、労働者側がどんなに働きたいと雇用の延長を切望しても問答無用で「自分で辞めたくて勝手に辞めた」自己都合退職と同等の扱いにされてしまうのはどうしても納得がいきません。
離職区分が2Cの場合は「特定理由離職者」に該当するため、35歳以上で5年以上勤務している私は2Dと比較すると失業保険の条件が大幅に違ってきます。
労働者側から雇用の延長を依頼したにも関わらず「最初から5年以上は働けない契約だよ、って契約書に書いてあるでしょ、ゴネても無駄!」と一蹴されれば、労働者側は泣き寝入りするしか方法がないのでしょうか?
年齢的に即時の再就職は本当に厳しく、失業手当の給付期間や給付制限の有無は死活問題なだけに切実です。ハローワークで直接聞いて確認する前に、最低限の知識や情報を集めておきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

※これは離職や失業給付と関係があるかどうか不明なのですが、私が在籍していたのは「人材派遣会社」です。私としては普通に派遣社員として登録し、派遣会社から紹介された派遣先で派遣スタッフとして働いているつもりだったのですが、後日「あなたは登録している派遣社員という扱いではなく、当社の契約社員という扱いになっているので、通常の派遣社員なら3年しか働けないところを3年以上働けます」と登録している派遣会社の担当営業から説明され、その時に自分がいつのまにか人材派遣会社の契約社員になっていたことを知りました。ただ、だとすると、派遣先で働いていた私の扱いは一体何だったのかが未だに解せません。出向社員…?というかそもそも、これは偽装請負派遣と呼ばれる違法業態だったのではないか、という懸念があります。

契約社員の雇用期限が5年と改定されたことで、今後爆発的に増える可能性が高いケースなのに、同例の質問はなぜかまったく投稿されていないようなのでどなたかご教示頂ければと思います。

41歳女性です。10月中旬をもって、契約社員として丸5年勤務した職場を契約満了により退職となりました。
ようやく離職票が届き中を確認したのですが、
「離職理由」の「離職区分」は「2D」にレ点、「事業主記入欄」は「(1)採用又は定年後の再雇用時等にあらかじめ定められた雇用期限到来による離職」欄にレ点、「具体的...続きを読む

Aベストアンサー

#2です
>離職区分2Dであっても給付制限がかかった上で失業保険の条件的には4Dの自己都合退職と同じ扱いは免れない、という結論になりますね
 ・2Dは契約期間満了による退職ですから、給付制限の3ヶ月は付きません
  (会社都合か自己都合のどちらかと言えば、(正当な理由のある)自己都合になります・・(正当な理由のある)この場合は給付制限は付かない)
  (契約期間満了前に退職した場合は、自己都合退職になるので給付制限の3ヶ月は付きます)
・ともかく、ハローワークで手続きをするときに、申立を行い、契約書を提示して説明して下さい
 離職区分が変更になる可能性が低くとも手を打っておいた方が賢明ですよ・・自分的に納得するためにも

Q契約期間満了で契約社員を退職 雇用保険の受取は待機ありでしょうか?

1年ごとの契約社員で2年勤めました 3月末までの契約だったので 期間が満了して退職しました。
本日 会社から雇用保険の書類が届き
自己都合 4Dと 書かれてました。

契約社員なのに 退職願を会社の所定の書式で 上司に記入して
出すようにと言われ 提出してます・・・
契約満了するのに なんで 提出しないとならないの?と思いながら

明日ハローワークに行きますが 契約書類も持参して
覆ることがあるのでしょうか

アドバイスお願いします

Aベストアンサー

下記でいけば、
http://members3.jcom.home.ne.jp/mu-isawo_rosha/koho13.html
24(2D) 契約期間満了による離職(1A~2Cに該当する場合を除く)
で、おかしくはないです。

退職前に契約更新するか問われたかどうか
がポイントになります。
契約更新を自らしないと言ってませんか?
そうであれば、4Dですよ。

>契約満了するのに なんで 提出しないとならないの?
>と思いながら
思ってるだけじゃだめです。

私は契約を更新したいけど、契約満了で
更新しないことになったというニュアンスが
必要です。

更新の予定だったのに雇止め。2B
更新の予定だったのに本人希望で退職。4D

この間が2D。グレーですね~A^^;)

ハローワークに離職票を提出して
面談する際に、不服ありで訴えて
よいと思います。

いかがでしょうか?

Q退職願は、契約期間満了でも提出しなければならないのか?

私のことではないのですが疑問に思ったので質問します。

短期の契約社員として契約し、4ヶ月勤務して契約期間満了で退職する場合でも退職願を提出しなければいけないのでしょうか?

また退職願って、どうして提出するのでしょうか?


私は、まだその会社に勤めてますし、やめるつもりもないので関係ないのですが・・・。

Aベストアンサー

普通の退職には「自己都合(つごう)」と「会社都合(つごう)」の2種類あります。ここで普通というのは、本人が犯罪を起こすなどした結果として解雇されるような特殊な場合を除いた、ごく一般的な穏便な退職です。

退職願は自己都合、すなわち「一身上の都合」で代表されるような、働いている側の理由で退職するときに提出します。一方、会社都合の場合は退職願を出す必要がないというのが一般的です。

定年退職や契約期間満了などの場合は「会社都合」に相当しますので、普通は退職願を出す必要はありません。

退職願は「働く側から労働契約を解消するために必要な書類である」と考えていいと思います。自己都合と会社都合では失業保険の給付などで違いが出てきますし、普通は会社都合の方が自己都合よりも退職金等の面で有利になります。従って、自己都合でも退職願を出さなくて良いとなると、会社側が一方的に解雇したにもかかわらず「自己都合」扱いとするなど働く側(解雇された側)に不利益が生じるケースも起きてきます。このような不都合を未然に防ぐために「私は自分の都合で何年何月何日をもって会社を辞めます(労働契約を解消します)」といった宣言を文書の形で会社側に通知し、「自己都合」で退職することをハッキリさせるために退職願を出します。

普通の退職には「自己都合(つごう)」と「会社都合(つごう)」の2種類あります。ここで普通というのは、本人が犯罪を起こすなどした結果として解雇されるような特殊な場合を除いた、ごく一般的な穏便な退職です。

退職願は自己都合、すなわち「一身上の都合」で代表されるような、働いている側の理由で退職するときに提出します。一方、会社都合の場合は退職願を出す必要がないというのが一般的です。

定年退職や契約期間満了などの場合は「会社都合」に相当しますので、普通は退職願を出す必要はありま...続きを読む

Q離職区分の2Dとは何でしょうか?

3月末で退職し、本日会社から離職票などが届きました。
内容を確認して間違いがあればすぐ連絡して下さいとのメモがあったので、ネットで調べながら確認しております。
…が、離職区分の欄に手書きで記入されている『2D』がわかりません。

2年11ヶ月勤務し、初めは臨時社員(アルバイト:準契約?)で、1年後に契約社員となりました。
臨時の時は入社した年の10月と翌年4月に(半期契約です)更新し、同年に臨時から契約に変わった時(臨時契約の途中で)3月末までの契約を1回と、翌々年(去年)4月に1年契約で1回、計4回契約(更新)しております。

退職理由は色々あるのですが、会社には転職を理由に(自己都合として)退職願を出しました。
当初2月末で退職したいとお願いしていたのですが、引継ぎの社員がなかなか決まらず、上司から1ヶ月伸ばして欲しいと言われて契約期間満了で退職になりました。

教えていただきたいのは以下のことです。
1.離職区分2Dの意味とこれが間違いか否か。
2.失業給付は受けられるかどうか。
3.給付制限があるかどうか。

これまで2度転職しましたが失業保険の手続きをしたことがなく、今回周りの勧めもあってハローワークに行ってみようと思ってます。
他にも何か手続きに関するアドバイスなど頂けると助かります。

宜しくお願いします。

3月末で退職し、本日会社から離職票などが届きました。
内容を確認して間違いがあればすぐ連絡して下さいとのメモがあったので、ネットで調べながら確認しております。
…が、離職区分の欄に手書きで記入されている『2D』がわかりません。

2年11ヶ月勤務し、初めは臨時社員(アルバイト:準契約?)で、1年後に契約社員となりました。
臨時の時は入社した年の10月と翌年4月に(半期契約です)更新し、同年に臨時から契約に変わった時(臨時契約の途中で)3月末までの契約を1回と、翌々年(去年)...続きを読む

Aベストアンサー

いわゆる「派遣切り」に緊急対応するため、
この度、雇用保険法が改正され、3月31日から施行されていますが、
離職区分「2D」は、
この改正(同法施行規則の改正)に基づく新区分です。
(平成21年3月31日付 厚生労働省令第77号)

従来は、
1A・1B・2B・3A・3B・3C・4D・5Eの8区分でしたが、
改正後は、
2A・2C・2D・2E・3Dが加わった13区分になりました。
このため、A3判大の離職票である
雇用保険被保険者離職証明書(安定所提出用)も様式が変わりました。
(当面の間、旧様式も使用できます。)

新しく加わった区分は、契約期間満了退職に対応するもので、
派遣労働者に特に配慮して、従来の区分をさらに細分化しました。
具体的には、
労働者側から契約更新の申出をした・しない、
および、事業主側から説明等をした・しない、
労働者側から契約更新を希望しない申出をした‥‥などで分けます。

2Dは、
労働者側から契約更新を希望しない申出を行なったことによる、
労働者・事業主合意の下の契約期間満了退職(自己都合退職)ですが、
給付制限はありません。
但し、基本手当(いわゆる「失業保険」)の給付がさらに厚遇され得る
「特定受給資格者」や「特定理由離職者」にはなりません。

※ 特定理由離職者とは?
 いわゆる「派遣切り」に遭った者。
 労働者本人が契約更新を希望したにもかかわらず更新されないとき、
 特定受給資格者と同等の扱いを受けられる。
 これをいう。

ハローワークでも、同様の説明があるはずです。
なお、ご自身のためですから、ハローワークにお尋ねになって、
上記で述べた内容を、必ず、確認なさって下さいね。
 

いわゆる「派遣切り」に緊急対応するため、
この度、雇用保険法が改正され、3月31日から施行されていますが、
離職区分「2D」は、
この改正(同法施行規則の改正)に基づく新区分です。
(平成21年3月31日付 厚生労働省令第77号)

従来は、
1A・1B・2B・3A・3B・3C・4D・5Eの8区分でしたが、
改正後は、
2A・2C・2D・2E・3Dが加わった13区分になりました。
このため、A3判大の離職票である
雇用保険被保険者離職証明書(安定所提出用)も様式が変わりまし...続きを読む

Q契約満了で退社する場合。失業保険はすぐ出ますか?

6か月更新のフルタイムパートをしています。

その更新を満了にて退社した場合、失業保険はすぐに出るでしょうか?

一応、このサイトで調べてはみたのですが
http://www.koyouhoken.info/QA/QA1.html
最近、法律の改正があったなどの噂を聞きましたが、よくわかりません。


・会社は更新してもいいけど、こちらが拒否して満了退社した場合

今がまさにこの状態なのですが、失業保険はすぐに出るでしょうか?


最近の法律など詳しい方、できれば参考URLやサイトも教えてくれると
非常に助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です
 ・一般受給資格者:給付制限なし|契約満了時に契約期間3年未満で、契約更新の希望を出さずに更新をせず、契約期間満了による退職
  に該当します、給付制限の3ヶ月は付きません
 ・下記は離職票ですが
https://www.hellowork.go.jp/dbps_data/_material_/localhost/doc/info_1_e7_01.pdf
  離職理由は2-(3)-(2) の所、離職区分は2Dに○が付きます・・ご確認を
 ・ハローワークに電話等でお聞きになれば詳しく教えてくれます・・その方が安心できます

・給付日数は90日、実際に失業給付が受け取れるのは(口座に振込まれるのは)手続き後1ヶ月+α後になります(α=4日~5日位)
 手続き(この日から7日間は待期期間:この期間は給付無し)、待期期間終了の翌日から給付期間になり、認定日に前日までの分を認定、認定後数日後に口座に振込み・・初回は21日分(認定日により14日の場合もあり:この場合は手続き後3週間+α後)

Q60歳定年退職って「会社都合」?「個人都合」?

近々、定年60歳を迎える会社員です。定年退職して失業保険を申請しようと思っていますが職安に申請の際、定年退職の失業って「会社都合」?もしくは「個人の都合」?どちらに相当するのでしょうか?職安に申請方法を調べていると定年退職=「会社都合」と書かれていたり、定年退職=「個人都合」と書かれているものもあり、どちらなのかよく分かりません。また、給付日数も退職理由が「会社都合」なのか「個人都合」なのか分からないので150日?、240日?、330日?なのかよく分かりません。60歳定年退職、雇用保険加入年数38年で雇用保険を申請した場合、失業給付は何日?給付受けられるのでしょうか。よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

・会社が継続雇用制度を導入している場合
 従来の定年到達時に継続雇用を希望せず離職した場合は、一般受給資格者で給付日数は150日で給付制限の3ヶ月は付きません
・会社が継続雇用制度を導入していない場合
 労働者の継続雇用の意思の有無に関わらず事業主都合の離職扱いになるので、特定受給資格者で給付日数は60歳未満で330日、60歳以上で240日、共に給付制限の3ヶ月は付きません

・継続雇用制度は高年齢者雇用安定法の改正によるものです
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koureisha/topics/tp120903-1.html

Q離職区分2Dについて

離職票の件で質問させていただきます。

契約社員の契約期間満了で退職いたしました。

会社側から契約期間で雇用契約終了の通知を受けましたが、受領した離職票には離職区分2Dとして、労働者側からの契約更新または延長を希望しない旨の申出があったに丸がされています。私からの申出はしていません。できれば延長を希望していました。
これでは、失業保険の受給期間が大きく変わってくると思われます。
どなたか専門的なことでご存じ方のがいらっしゃいましたら、今後の手続きについて教えていただけませんでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>これでは、失業保険の受給期間が大きく変わってくると思われます。

受給期間以前の問題で2Dだと離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間12ヵ月以上あることが受給条件ですから

>勤続期間は6か月です。

ということなら受給資格がありません。
ですから質問者の方は更新を望んだがそうはならなかったということであれば、2Cとなり労働契約期間の満了(働く側が更新を希望した場合)で特定理由離職者1であり離職の日以前1年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間6ヵ月以上ということで受給資格があります。

>今後の手続きについて教えていただけませんでしょうか。

下記をご覧下さい。
離職理由の判断手続きの流れです。

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_basicbenefit.html#h3

そこにあるように安定所で異議を申し立ててください。
会社都合か自己都合か等は会社が決めるものではなく、あくまでも判断するのは安定所です。
また自己都合でも安定所の判断によっては、三ヶ月間の給付制限期間が免除される場合もあります。
つまり安定所は会社の退職理由をそのまま鵜呑みにするわけではありません、退職者の申し立てと会社に事情聴取したものを総合的に検討して判断を下します。
安定所は上記のように処理をして、それなりに常識を持った判断を下すはずです。

>これでは、失業保険の受給期間が大きく変わってくると思われます。

受給期間以前の問題で2Dだと離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間12ヵ月以上あることが受給条件ですから

>勤続期間は6か月です。

ということなら受給資格がありません。
ですから質問者の方は更新を望んだがそうはならなかったということであれば、2Cとなり労働契約期間の満了(働く側が更新を希望した場合)で特定理由離職者1であり離職の日以前1年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間6...続きを読む

Q契約期間満了での離職、給付制限は?

契約社員として今の会社に勤めています。

半年ごとに更新があり、3年が上限で、それ以上の更新はありません。
同じ条件で雇用されている契約社員が他にもいるのですが、先日彼女たちと失業給付金の
ことについて話していました。

今の契約が満了する場合、雇用される時に受け取った契約書に
「最長3年までの契約でそれ以上の延長(のための更新)はない」とはっきり書かれていました。
なので、離職理由は「契約期間満了」でも3ヶ月の給付制限がある・・・これが私の考えです。

ところが、他の人の考えのほとんどは
「契約満了は会社都合なので、3ヶ月の給付制限はつかない」というものでした。

これは私の方が勘違いしているのでしょうか?
契約期間3年上限の旨が契約書に明示されているかどうかは無関係でしょうか?

もうすぐ契約期間が終わる人もいるので、ここは事実を明らかにせねば、と思い
質問することにしました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

給付制限(3ヶ月)に関しては下記のようになります
 ・特定受給資格者・・なし
 ・特定理由離職者・・なし
 ・一般受給資格者
   定年・・なし
   契約期間満了・・なし
   (雇い止めの場合は特定理由離職者になります)
   自己都合(正当理由あり)・・なし
   自己都合(正当理由なし)・・あり
今回の場合は、一般受給資格者の契約満了退職で給付制限の3ヶ月は付きません

>「契約満了は会社都合なので、3ヶ月の給付制限はつかない」というものでした
 ・ハローワーク的には、会社都合による退職は、特定受給資格者だけです
  特定理由離職者は会社都合に準じるものです(現況に応じて新設された項目)
 ・契約社員の退職は雇い止めに当たるか当たらないかで、特定理由離職者か一般受給資格者かに分かれます(違いは6ヶ月以上で失業給付が受けられるか、1年以上必要かの違いです)
 ・実際の運用に当たっては、会社都合か自己都合かとかは特に関係ありません(二者択一という訳ではないので)
  どの資格者に該当するか、その内容から給付制限が付くかどうかになります
  (実際は正当な理由のない自己都合退職以外は給付制限は付きません)

給付制限(3ヶ月)に関しては下記のようになります
 ・特定受給資格者・・なし
 ・特定理由離職者・・なし
 ・一般受給資格者
   定年・・なし
   契約期間満了・・なし
   (雇い止めの場合は特定理由離職者になります)
   自己都合(正当理由あり)・・なし
   自己都合(正当理由なし)・・あり
今回の場合は、一般受給資格者の契約満了退職で給付制限の3ヶ月は付きません

>「契約満了は会社都合なので、3ヶ月の給付制限はつかない」というものでした
 ・ハローワーク的には、会社都合...続きを読む


人気Q&Aランキング