AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

平成19年より、特別法で株式会社を(代表と家族従業員1人:計2人で)設立し、決算2期目を迎えております。
通常業務で使用している携帯電話は、設立以前個人で用いていたものを引き継いで使用しており、法人契約ではないため経費にはならないと考え、昨年度の決算に経費計上いたしませんでした。
が、同じように株式会社を経営している方が携帯電話を経費計上していると聞き、「できるの?」と疑問に思っています。
厳密に業務に限って使用しているわけではなく、家族通話はもちろん、プライベートでも使用している状況で
法人の経費に計上することは可能なのでしょうか?。

料金は月々個人口座より自動振替。
請求書は家族5回線をまとめて主回線あてに各月1通。
請求内訳として番号別にそれぞれ料金は明示されていますが、
携帯電話会社に問い合わせたところ、主回線の一括請求処理のため
業務に使用してる番号だけの料金のみで支払証明書を発行するのは無理と言われました。

経費として計上するための経理手続きがあるのならば是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

当社では全員個人契約の携帯電話の業務使用分は経費として精算しております。

会社設立以降そのように行なっていますが、税務署から異議は出た事がございません。

1・毎月の使用明細のうち、業務使用分の通話料を出します。
2・通話料のうちの業務使用分の割合を出します。
3・基本料のうち、3の割合を掛けます。
1の金額と3の金額を足したものを経費とします。
当然業務に従事しているものの分だけで計算します。
請求書は、毎月100円程度かかりますが、明細書を作ってもらいます。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やはり明細書は必要ですよね。
税務署から異議を出されないためにもすぐに明細書の手配をしたいと思います。
今年度分については携帯電話会社に、08年度分についてこれから発行できるのか問い合わせてみることにします。
riri1609さんの会社のようにきちんと区別できる根拠をもつことが大切ですよね。
ちなみに基本料に3の割合をかけるとのことですが、「3」という数字はどのように決めたのですか?差し支えなければ教えてください。

お礼日時:2009/01/17 11:51

#4です。


すいません。3の割合ではなく、2の割合です。
要は基本料も業務で使用した分を支払うということです。
例えば、全通話料のうち、50%を業務で使用した場合は、基本料の50%も業務分として支払うということです。

因みに明細書の作成料は、個人持ちです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

全通話量のうちの業務使用の割合というわけだったのですね。
よくわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/19 15:00

帳簿上だけの問題で経費に出来ますが、税務署からの異議があると困るので半分程度にしておかれればいかがですか。


或いは引き落とし先を会社の口座にして、自家使用分として半分を経営者貸し付けにするとか。

我が社は会計事務所に任せているのではっきりとは解りませんが、とりあえず全ての通信料を帳簿に載せてから、なにがしかを私個人の貸し付けに振り分けているようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

経営者貸付という方法の選択もかんがえられるのですね。
まだまだ勉強も経験も浅くて、難しいです。
2人だけの会社ですのでなるべくすっきりした経理をしたいと
いつも心がけています。
どうするのが最適か適所に問い合わせるなどして検討してみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/17 12:05

手続きではありませんが、論理的根拠ベースで税務署さえ説得できれば可かと。



業務に使っていた携帯分の料金明細があれば、その分損金計上できるはずです。明細書を元に通信費現金支給で十分要件を満たすと思います。

ちなみに、別にプライベートに使っていたという必要はないと思います。最も社長であれば、そのプライベート電話さえも仕事のうちだと思いますし・・・

ま、2人いるなら2回線分は、問題なく上記処理で十分だと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

請求に明細書サービスをつけていないので
条件を満たすには少し無理があるでしょうか…。
でも確かにプライベートと仕事を区別するには難しい用件も多々あり
今後検討いてみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/17 11:46

>法人の経費に計上することは可能なのでしょうか?。



可能でしょう

うちの会社では営業部長の自宅の電話代も一定の割合で負担しています

社長の家に設置したFAXもほとんど仕事に使いますので機器代金も通話料金も会社負担です

ただ「代表と家族従業員1人」なのですからキチンと別な携帯電話を使われる方がすっきりします
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
匿名で税務署などに相談してみて
法人と個人を区別するにはどうするのが一番いいのか
検討してみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/17 11:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人契約の携帯番号を番号はそのままに法人契約に変えることはできますか?

個人契約の携帯番号を番号はそのままに法人契約に変えることはできますか?


義父が会社を建設業の会社を経営しております。
そこで困ったことが起きました。

複数のグループがあり、そのグループの班長の携帯電話の基本料は会社で
負担しております。
元請や材料屋さんとの通話が多いためです。
班長たちはそれで納得しているのですが、一人だけすごく文句を言ってくる
人がいるそうです。

「毎月18,000円ほど、会社のために使っている。3年間を合計すると約30万
にもなるから払ってくれ!」と。

経理をやっている義母は短気なため、その後にこの班長から浴びせられた言葉
に腹を立て、どうやらその30万を払ったらしいのです。

そして、とにかく今この班長に腹を立てているのですが、また同じことが
起きないように【個人名義の番号のまま、法人契約に変えることは出来ないか?】
と私に聞いてきました・・・

そしてもし出来る場合、どのようにしたらお互いが気持ちよく携帯を使ったり
金額を支払ったり出来るのかと思いまして質問させていただきました。

こういった方ですので、法人名義にしたら好き勝手電話を使うと思いますし、
契約内容にもいちいち文句を言ってくると思います。

似たような経験がある方がいらっしゃいましたら、アドバイスをいただけると
助かります。

ちなみに、今現在どこの会社の携帯を使っているのか私は分かりません。
どうぞよろしくお願いいたします。

個人契約の携帯番号を番号はそのままに法人契約に変えることはできますか?


義父が会社を建設業の会社を経営しております。
そこで困ったことが起きました。

複数のグループがあり、そのグループの班長の携帯電話の基本料は会社で
負担しております。
元請や材料屋さんとの通話が多いためです。
班長たちはそれで納得しているのですが、一人だけすごく文句を言ってくる
人がいるそうです。

「毎月18,000円ほど、会社のために使っている。3年間を合計すると約30万
にもなるから払ってくれ!」と。

経理をやっ...続きを読む

Aベストアンサー

・法人名義→個人名義
・個人名義→法人名義

どちらも可能です。

>個人契約の携帯番号を番号はそのままに法人契約に変えることはできますか?

※どれも原本のみ受付、コピーは不可

・会社の登記簿謄本あるいは登記簿抄本
・社員であることを確認出来る書類(社員証など)
・来店者の確認書類(運転免許証など)
・通帳と印鑑

・・・以上の5点をお持ちのうえ、
ドコモショップ、ソフトバンクショップ、auショップへ行って、
手続きして下さい。


※ただし、一度、法人名義にした場合は、

・電話機を新しくする
・故障、修理の申し込み

などの際に、毎回、

・会社の登記簿謄本あるいは登記簿抄本の原本
・社員であることを確認出来る書類の原本(社員証など)
・来店者の確認書類の原本(運転免許証など)

・・・の3点セットで持って行かないと、
「確認が出来ませんので、お手続きの受付が出来ません。大変申し訳ございません。」
と断られますので、ご注意ください。

Q会社と個人との間で車輌賃貸契約

 保険料などが割安なため、個人(社長)名義で車を購入し、会社で業務に使用したいと考えております。
 会社はとても小さな会社です。(SOHOに近い有限会社)

 会社と社長の間で「車輌賃貸契約」を結び、会社から社長に対して賃貸料を払う形式にする必要があることは調べました。
 社長としても自動車を会社に貸して儲けるつもりはなく、車の購入費用(車両+諸費用)から個人で使用する分(7分の2)を除外して、法廷償却年数に準じた年数(6年)で割った金額を賃貸料にしたいと考えています。(7年目以降は賃貸料をゼロにする)

 この賃貸料は社長にとっては収入かもしれませんが、車の購入資金を手持ち資金から支払っており、賃貸料に「儲け」が含まれていないと感じます。

 このように事実上の儲けがない場合でも、所得として申告・納税する必要が生じてしまうのでしょうか。
 また、車検や自動車税など所有者に発生する費用については、どのように処理すべきでしょうか。


※平日(7分の5)は、車を業務外で使用することはありません。社長の奥さんなど家族が使うこともありません。

 保険料などが割安なため、個人(社長)名義で車を購入し、会社で業務に使用したいと考えております。
 会社はとても小さな会社です。(SOHOに近い有限会社)

 会社と社長の間で「車輌賃貸契約」を結び、会社から社長に対して賃貸料を払う形式にする必要があることは調べました。
 社長としても自動車を会社に貸して儲けるつもりはなく、車の購入費用(車両+諸費用)から個人で使用する分(7分の2)を除外して、法廷償却年数に準じた年数(6年)で割った金額を賃貸料にしたいと考えています。(7...続きを読む

Aベストアンサー

『昨夜まで考えていた方法』でよろしいかと思います。
そこまですると窮屈な気もしますが…。
少々私見を言いますと、
借入や資産購入でよくある諸事情に、法人では信用不足のため個人の名義を利用する、というケース。事業としての利用が明確であれば、否認されないはずです。
では、車の場合
1.その車を必要とする業務内容か否か
  →1台目の場合は問題にはなりにくい
2.通常より高額なものかどうか
  →自社や得意先の地位、業務内容によってはロールスロイスも可
3.個人的な使用目的かどうか
  →自宅の車庫に置いたままでは苦しい

などが通常ポイントになるでしょう。
5/7という考え方は誠実で良いのですが、過去の経験には「じゃあ、これも按分しないといけない!」などと指摘を受けて、やぶへびだったことも(苦笑)
理論値的な結果として、説得力はありますが、表面に出すことは避けたいところです。150万円の譲渡金額でも良いのですが、私なら次のように説明します。
「保険料を安くするため(またはローンが会社では通らないため)、個人で買って会社に転売した。分割で払うので弁済期間中は名義をそのままにしている。金利を取らないのは、たまに私的にも利用するから。しかし諸経費等も会社に負担させているので、分割返済が月3万円のところ、使用料として5千円を差し引いた額を返してもらっている。」
で、譲渡証書は210万円。5千円に関しての賃貸契約書などは作りません。
最初の3つのポイントをクリアしていれば、「ダメという法的根拠を言ってくれ!」とすごむでしょう。(笑)

『昨夜まで考えていた方法』でよろしいかと思います。
そこまですると窮屈な気もしますが…。
少々私見を言いますと、
借入や資産購入でよくある諸事情に、法人では信用不足のため個人の名義を利用する、というケース。事業としての利用が明確であれば、否認されないはずです。
では、車の場合
1.その車を必要とする業務内容か否か
  →1台目の場合は問題にはなりにくい
2.通常より高額なものかどうか
  →自社や得意先の地位、業務内容によってはロールスロイスも可
3.個人的な使用目的かどうか...続きを読む

Q法人名義の車なのですが、自動車保険は個人名義でも大丈夫なのでしょうか?

最近、自分でやっている小さなお店を法人化しました。
そして法人名義で車を購入しようとしているのですが、
自動車保険を法人名義で加入すると、新規扱いとなる為、
等級が低く、かなり保険料がかさんでしまいます。

現在までは、個人名義のオンボロ車に個人で保険に加入しており、そちらは11等級です。

設立したばかりの為、様々な出費がかさみ、出来るだけ保険料はおさえたいのですが、このまま個人の等級を活かす方法はないでしょうか??所有者が会社名義だとやはり会社名義の保険でないとマズイのでしょうか??

保険についてまったくの無知なため、どなたか御教え下さい。

Aベストアンサー

個人名義で契約をしていても法人で経費処理するのは可能だと聞いています。実態的に会社で使用所有管理をしていれば大丈夫だと聞いています。(断言で無くごめんなさい)

「所有者 ローン会社 使用者 法人名」となる自動車は、保険上では法人の所有となります。自動車保険の契約時には契約者が誰であろうと車両所有者を書き入れることになります。この車両所有者が最初の回答に書いた扱いになります。同じく被保険者も一定の範囲で無いと、等級の継承ができません。
この先もその法人を経営し、自動車購入も法人でとお考えでしたら、この際新規契約で正しくやっておくのが最善ですね。
またその際個人の保険の等級はそのまま保留状態で保存しておくことができます。10年間保存しておくことができ、新たに個人で契約するときに今の等級で契約できます。

Q社長が個人の出費を経費でおとします

社員10名程度の株式会社です。経理は社長と奥さんが行っています。
社長のクレジットカード、携帯代、奥さんの車のガソリン代(会社には自転車で来ます)などを経費で落としています。
社長のクレジットカードの明細には、夫婦で食事したものや百貨店での買い物(たぶん、洋服やバッグ)、個人持ちのパソコンなどがぎっしり。

経営状況は決して良いとはいえません。(赤字です)そのため、社員のボーナスはなし。昇給もなし。無理めな売上目標を設定されています。

こんなことって許されるのでしょうか?
法的?に許されない場合は直訴しようと思ってるのですが・・・

Aベストアンサー

法的解釈からだとおっしゃる気持ちはわかるのですが、質問者さまの会社は株式会社とはいえ個人経営の店と一緒の状態だと思います。社長と奥さんはまず会社を作る段階でお金を出しているわけです。その後も運転資金等でお金を工面したりして、社員10名の会社を守っている人なわけです。その資金繰りの部分なのですが、金融機関とお付き合いしていく中で、法人とは言え保障は個人補償なわけで、その基準は代表者に資産がいくらあるかとかで計算されています。つまり、代表者(というか個人補償している人)がたくさんお金(資産)を持っているほうが都合が良いということになるわけです。なので会社経費として落とし、なるべく自分のお金を使わないほう金融機関とのやりとり上、都合が良くなる。そういうケースに当てはまるのかな、と。
実際その中身は様々なんでしょうが、それは他人の家の財布を除くのと同じ行為ですので、慎むべき部分です。
泣き寝入りしろというわけではなく、質問者様の会社は株式とはいえ、社長と奥さんが借金をすることによってまかなわれいる。ということは理解してください。
その上で、もう少し私達のことも考えて下さいと言うことはお互い立場を考えてのことと言えるので悪いことではないと思います。
(いろんなケースがあるので一概には言えませんが、経営者の財産(あえて財産という言葉を使っています)は目減りし、従業員の財産は増えているなんていう会社はたくさんあると思います。最終的に経営者もお金が欲しくてやっているので、その辺を考慮し、ストレートに気持ちをぶつけるのではなく立場を理解した上で話をしたほうがよいと思います。)

法的解釈からだとおっしゃる気持ちはわかるのですが、質問者さまの会社は株式会社とはいえ個人経営の店と一緒の状態だと思います。社長と奥さんはまず会社を作る段階でお金を出しているわけです。その後も運転資金等でお金を工面したりして、社員10名の会社を守っている人なわけです。その資金繰りの部分なのですが、金融機関とお付き合いしていく中で、法人とは言え保障は個人補償なわけで、その基準は代表者に資産がいくらあるかとかで計算されています。つまり、代表者(というか個人補償している人)がたくさ...続きを読む

Q個人名義で購入する車の費用を会社経費に出来ますか?

有限会社を設立して間もないのですが、業務で使用する車を購入しようと考えています。
自動車保険料が割引になるので、出来れば個人名義で車を購入し、その代金(含む諸費用)を会社の経費で落としたいと考えていますが可能でしょうか?
また、可能な場合は減価償却対象の資産となるのでしょうか?
ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

できないそうです。

個人で購入し、会社と個人との間で車輌賃貸契約を結び、毎月会社から個人に賃貸料を支払うことにすればいいそうです。

個人の方は確定申告で賃貸料を申告し、会社の方は賃貸料を損金処理すれば、税率の差で多少マシになるようですね。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q個人の車を社用車として使用した場合の経費について

初めて質問させていただきます。
2年前に設立した小さな有限会社で経理を担当しております。社員は私だけです。この度社用車が必要になったのですが、設立したばかりの会社なのでリース契約ができない等様々な事情で、私個人で車を購入し、社用車として使用することになりました。
月々のローン返済分、保険料(私の名義になっています)、税金、車検等を会社の経費に出来るのでしょうか?その際の仕訳や、必要な手続き等がございましたら、教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>小さな有限会社で経理を担当しております。社員は私だけです…

社長のほかに社員が 1人ということですか。それとも、社長兼従業員ですか。

ご質問でいう「私」が社長で、その車が 100パーセント業務用にしか乗らないのなら、そのまま経費にして問題ないでしょう。
私用にも使用するなら、走行距離などで按分しなければなりません。

ご質問でいう「私」は従業員に過ぎないのなら、その車は会社にリースすることとし、リース料金は会社の経費になるとともに、あなたの「所得」にもなります。

>その際の仕訳や…

社長名義の車であるとして、有限会社とはいえ実態は個人企業と代わらないようですから、
買ったとき・・・【現金or普通預金等/借入金】
買ったとき・・・【車両運搬具/現金or普通預金等】
月々のローン返済分・・・元本部分は【借入金/現金or普通預金等】
月々のローン返済分・・・利息部分は【利子割引料/現金or普通預金等】
保険料・・・【損害保険料/現金or普通預金等】または【車両関係費/現金or普通預金等】
税金・・・【租税公課/現金or普通預金等】または【車両関係費/現金or普通預金等】
車検等・・・【修繕費/現金or普通預金等】または【車両関係費/現金or普通預金等】
ガソリン代・・・【消耗品費/現金or普通預金等】または【車両関係費/現金or普通預金等】
減価償却費・・・【減価償却費/車両運搬具】
でよいでしょう。

>必要な手続き等がございましたら…

決算書および確定申告書に記載します。

>小さな有限会社で経理を担当しております。社員は私だけです…

社長のほかに社員が 1人ということですか。それとも、社長兼従業員ですか。

ご質問でいう「私」が社長で、その車が 100パーセント業務用にしか乗らないのなら、そのまま経費にして問題ないでしょう。
私用にも使用するなら、走行距離などで按分しなければなりません。

ご質問でいう「私」は従業員に過ぎないのなら、その車は会社にリースすることとし、リース料金は会社の経費になるとともに、あなたの「所得」にもなります。

>その際...続きを読む

Q個人名義→法人名義に変更で

先日1人役員の株式会社を設立して、携帯はまだ個人名義で利用しています。
利用台数は私1つ嫁1つで計2台家族割引で利用しています。
ドコモに問い合わせたところ、法人名義に変えても家族割→オフィス割みたいなやつに変更できるみたいで
なんら問題はないとのこと。
そこで法人名義に変更しようとしているのですが、税理士の方が個人名義でも問題ないと言います。
しかし、携帯をもう1台増やして3台利用するつもりなので法人にかえないとダメなのかな?と思っています。

そこで質問なのですが個人名義でも法人名義でもいいと言われる以上
どちらにしようか迷ってるのですが
個人から法人に変えた場合、基本料金や通話料などの割り増しがあるのでしょうか?

3台利用するとして利用料金が安い方でいきたいと思っています。
また、法人名義にすることでメリット・デメリットがあれば教えてください。

Aベストアンサー

メリットは無いと思います。個人名義でも通常5回線までは大丈夫です。以前ドコモで最大5回線同時に登録していました。
むしろ色々な面で面倒になります。たとえば店頭で手続きする時に契約者の証明書が必要な場合には発行から3ヶ月以内の登記簿謄本、印鑑証明などが必要でさらに代表者で無い場合には委任状も必要です。
料金についてはまったく差異はありません。
法人に名義変更でも手数料はかかりますから、まったく意味無いですね。

Q税理士報酬の勘定科目

税理士報酬の勘定科目はなにが適切でしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

法人であれば「支払報酬」でしょう。

「支払手数料」でも悪くはないでしょうが、税理士や行政書士などの先生に支払ったものは「支払報酬」とするのが一般的です。

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング