プロが教えるわが家の防犯対策術!

皆さん、初めまして。私は33歳の外資系会社員なのですが、昨年の11月から2010年秋のMBA留学を考え始めました。
随分遅いスタートだったのですが、きっかけは、たまたま上司がMBA留学経験者であることを知り、彼の紹介もあって、その学校(簡単なためA校ことさせていただきます。)に興味を持ち始めたことです。

今まで33歳という年齢もありMBAは敬遠していたのですが、A校はUSにありながら単年制であるということと、平均年齢が比較的高い(職歴重視)ということもあり、必死で準備をしてA校にApplyしました。Interviewも終わり、かなり合格に近い状態にいます。しかも、幸運にも奨学金対象のテーブルにのっているらしいので、Score Makeの為、GMATなどの勉強をしているところです。

ただし、A校のただ一つの欠点は、残念ながら知名度が比較的低いということです。MBAの利点として、それだけにはないにしろ「知名度」は大きな要素の一つであると思います。

そんななか、ふと他の単年制の学校を探していると、EUですごく惹かれる学校を見つけてしまいました。(B校とします。)
しかし、2010年のApplyはA校ですらぎりぎりでしたので、B校のApplyには間に合いそうもありません。

そこで、以下の二択で迷っています。

1. 2010年度A校に行く。
利点:ほぼ合格できる。Facultyの質は良い。奨学金がもらえるかもしれない。年齢もRange内。

欠点:知名度が低い。急に準備を始めたため、ローンを借りる必要がある。(私費)

2. 2010年度は諦め、2011年度B校にApplyをする。
利点:生徒とFacultyの質、知名度が高い。もう一年働くことで資金に余裕ができる。

欠点:年をとってしまう(現在33歳)。完全に合格できるとは限らない。

コースの質はあまり変わらないと思います。特に、迷っているのは年齢です・・・。
似たような経験で決断をした方のお考えを聞かせていただきたく、よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

英国の修士のコースは1年ですから年齢を気にしているなら適しているでしょう。


ただ、学費が高いです。 でも最近のポンド安で日本円に換算すればそれほど高額でもないでしょう。
奨学金はどうでしょう??  日本から貰ってくる人も結構多いです。

英語のレベルは充分ですよね。
今からでも直接学校に問い合わせして入学準備が出来ると思いますけど。

学校名が非常に気になるようですね。
でも年月が経つとわざわざ学校名を確認する人もいなくなります。
それよりも何を修士で勉強してどのくらいのレベルで卒業したか話に出ることが多いでしょう。

有名校にはソサエティがあってそのメンバーであればその学校名の価値が上がりますけど・・・
ソサエティメンバーでない一般の卒業生なら専攻とレベルではないでしょうか。

35-36歳までに何かを達成したいことがあるのでしょう。

外資系なら欧米にも会社があるはず、希望の大学院のある国への転勤や派遣を打診してみては?

社会人の入学の場合、卒業生の推薦状などがあると有利でしょう。
コースによっては会社から職務内容や業績などのレターを付けることもあるようですね。

面接まですでに終わっているなら浮気心を出さずにA校へしばらく集中してはいかがでしょう?
気持ちが浮ついていると最終の最終で墓穴を掘ってしまいます。
知名度云々と言うのは合格してからのことでしょう。

A校に失敗したらプレッシャーが一段と高まるので知名度の高い学校ならお金の問題だけではなくなるでしょう。

後でB校にするにしてもA校の合格は自信になると思いますよ。
結果を出さずに「諦める」のは失敗ではないでしょうか?
結果が出てもいないのに「合格したかもしれない」といつまでも纏わりついたりもします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

英語のレベルは多分大丈夫ですかが、TOEFLもGMATも受けていない為、
今からB校のApplyまでスコアメークは間に合わないのではないかと
思っています。

A校にはその旨を相談した結果、スコアは入学までにとればよいという条件で、
英語レベルのチェックも含めてInterviewを行いました。
その結果はYour english ability is no problem.と言われ、必ずスコアをとる
条件でPassとしてもらいました。

また、外資系なのですが、Market状況が厳しく、会社全体でリストラを行っている
ところですので、転勤など個人の希望を聞くような状態ではありません。

今は、3、4月の試験を目指して、今は勉強しています。
御助言いただいたよいうに、まずはA校の為に、がんばろうと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/07 22:47

>>>コースの質はあまり変わらないと思います。

特に、迷っているのは年齢です・・・。

…とありますが、年齢を気にすることはないでしょう(特にMBAであれば尚更かと…)。
私は34で大学に留学し(3年制)その後、大学院も終えました。

専攻が全く違うので卒業校の知名度がどう関わってくるのか等は分かりませんが、年齢に関しては就業経験がある方のほうが理解度も高く、利点にはなれども欠点にはならないと思います。

ちなみに、私の場合は金銭的な理由で留学が決まってから資金がたまるまで入学を1年のばしました。

あまりご参考になる回答でなく申し訳ないですが、とにかく年齢を気にすることは全くない…とお伝えしたかったので…。

どんな決断をされるにせよ、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・、まずはA校受かってからWaiverできないかなと考えたりしています。
当然、奨学金はなくなってしまいますが、保険として考えています。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/04 19:11

外資系なら年低的にはまだ大丈夫だと思います。

1年ならたいしたロスになるとも思えません。

実際はコースや学校の他の要素やその学校に詳しい人に聞いたりして判断しますが、質問者さんがご提示していただいた情報だけで判断すると私なら2を選びます。
質問者さんもB校に行きたいように思えます。いかがでしょうか。
ご指摘のとおりMBAは知名度やランキングも重要な要素です。安くない投資ですから満足のいく教育を受けたほうが後々後悔しないのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。確かに・・・、ただ思い立ったら吉日的な衝動にかられて進めてきましたので、このままつっぱしる事もたまには良いかとか、来年になったらMBAに行く気がなくなるかも(世界の経済状況的に)、とか余計なことを色々考えてしまっています。

お礼日時:2009/02/04 19:09

私も同じ位の歳に米理工系院へ私費留学しました。



MBAは詳しくないのですが、仰るとおり年齢は転職時に重要な要素です。しかし、既に外資にお勤めですし今後も外資であれば問題ないと思います。日本企業の場合は留学、高年齢共にマイナス要因ですからそれだけ考えればメリットはありません。

知名度等の件ですが、奨学金がもらえるのは大きな利点です。通常修士では貰えません。B高に来年応募するのも、確かに知名度で今後メリットはあるでしょうが、来年受かる保障はありません。

以上から私のアドバイスとすれば、今後も外資であれば年齢は気にする必要はありません。1歳は大きな差ではありませんから。あとAとB校どちらがいいかは、質問者さんが置き目になればいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/04 19:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!