防火地域、準防火地域は都市計画区域、準都市計画区域内でのみ指定可能なのでしょうか?

A 回答 (2件)

第5節 防火地域(防火地域内の建築物)第61条 



第3章 都市計画区域等における建築物の敷地、構造、建築設備及び用途
に含まれまれますから

(適用区域)第41条の2 この章(第8節を除く。)の規定は、都市計画区域及び準都市計画区域内に限り、適用する。
条文を読めは、そのとおり。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも的確な回答有難うございます。

お礼日時:2009/02/22 15:36

言い方を変えますと、防火地域、準防火地域は都市計画区域内、準都市計画区域内に都市計画法の規定により定められる地域です。


ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも的確な回答有難うございます。

お礼日時:2009/02/22 15:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都市計画法の準居住地域について

工場の移転を考えています。仕事内容は木工製品の
製造です。
現在、めぼしを付けている物件が都市計画法により、
準居住地域と分類されているそうです。騒音規制法では
第2種地域と分類されるそうです。
 工作機械等を使い今までどおり作業をする事は問題ないのでしょうか?規制基準等が分かる方がおられましたら教えてください。
 宜しくお願い致します。
 

Aベストアンサー

はじめまして、建築士の立場からお答えいたします。
質問にあります用途地域では準住居地域とのことですが、
原則、作業場の床面積が50m2超ならば建築できません。
又、工作機器が0.75kW超も不可ですが、
おそらくメーカーもその出力以下で造ってると思います。
規模にもよりますが建築できないことはありません。
但し、騒音規制法は地域によって緩和等もありますので、
一度、近所の工務店や市の建築指導課に相談することを
お勧め致します。

Q都市計画法~開発区域について~

都市計画法による開発行為の完了公告された後でも
その区域(開発された)は開発区域のままですか?
それとも開発区域ではなくなるのですか?

Aベストアンサー

開発区域の定義は開発行為の申請時に場所と面積を特定する為に図面上にて線引きされた区域です
開発行為の申請時に決定された開発区域は変更申請を行なわない限り変わることがありません 開発行為が完了して公共施設の帰属が行われても開発区域が変わることはありません

Q防火地区か準防火地区か調べたい

住んでいる家が老朽化著しく、建て直しも念頭に置いて考えています。
商業地区で、建坪率や容積率は判っています。

防火地区か準防火地区かを調べられるURLをご存知ないでしょうか?
建築費に大きく影響するので必死です。

Aベストアンサー

こんにちは。
#1の者です。

防火地域や準防火地域は、【用途地域】で検索すると図が出る市区町村がありますので、調べてみてはいかがでしょうか?

Q地区計画等の区域内における建築規制

建築基準法68条の2で市町村は、地区計画等の区域内において、建築
物の敷地、構造、建築設備又は用途に関する事項で当該地区計画等の
内容として定められたものを、条例で、これらに関する制限として定
めることができる。
とありますが、都市計画の内容として決定されただけではなく、条例
としないと効力がないのでしょうか?

用途地域について都市計画で容積が決定されると、建築物がこの容積
の限度内でしか建築できないことと考え合わせますと迂遠のような気
がしますが・・・。

Aベストアンサー

地区計画制度は、従前の法規制以外に、地域の実態に合わせた街並み作りのために、より細かい規制を行うための制度です。

容積率についても、同一容積であっても高さ・空地率が異なってきますし、敷地面積・形状によって差がでます

高さ・階数を統一したり、後背地への自動車騒音を防ぐために沿道の接道率を高めるなど、地域毎により細かい規制をかけるために、自治体の条例で決めるようになっています。

Q土地利用基本計画にあります都市地域等

国土法の土地利用基本計画にあります都市地域、農業地域、森林地域、自然公園地域、自然保全地域は地域が重複している場合があるのでしょうか?

Aベストアンサー

↓こういう文書があるって事は「重複している」って事です。
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kankyo/tochi/kekakusyo/hoshin.htm

もし重複が無ければ、上記のような文書は存在しない筈です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報