【美大生が登場】色のユニバーサルデザインとは? >>

社内規則を策定中です。
規則、規程、規定、準則、何か違いや順番があるのですか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

規則=(従業員が)守らなければならないこと


 例:従業員規則 兼業禁止、秘密保持義務など規則に違反した場合は減給や免職などのペナルティが課せられる場合がある。

準則=行動の規範(規則の下位概念)

 例:総務課被服準則 男子職員は背広に白色ワイシャツとし、ネクタイを着用すること。 女子職員は・・・など、違反しても直ちにペナルティは課せられないが、従業員としてあるべき姿を示すルール。

規定、規程=計算等の基準となるルール
 例:退職金(通勤手当、弔慰金)支給規程など

規定と規程は同義に用いられることもあるが、併用する場合には規定が一般的なルールを示す上位概念で、規程がより細かく具体的なルールを示す下位概念とされることが多い。

例:退職金支給規定:勤務年数が○年以上の者が定年退職または勧奨退職するときは、勤務年数に応じた退職金を支給する。

例:退職金規程:採用時に30才を超えていた場合で、前職の経験年数が○年以上ある者は、その○○パーセントを当社における勤務年数として算出する。

といった感じでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2004/10/06 10:31

検索例のみで失礼します。


規則 規程 規定 用語 解説
最初に出るPDFファイル

規則 規程 規定 用語 解説 会社
http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=30915 …

規則 規程 規定 用語 解説 会社 OR 社内
http://www.pref.hokkaido.jp/soumu/sm-bnsho/words …
http://www.toshinren.or.jp/knowledge/know27.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2004/10/06 10:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

用語 会社」に関するQ&A: 老婆心って?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q規定、規則、細則

会社の規定を作成しておりまして指摘をうけたのですが会社の規定で
私は
規定-規則-細則 と思っていたのですが
規則-規定-細則 という声がありました
正式にはどうなのでしょうか?
何か法的に決まってますか?
いろいろ調べてみたのですが確証がないのでどなたかご教授下さい
出来れば参考になるHP等あれば幸いです
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

NO.1です。
まず、「規定」と「規則」は、基本的に同じものの「言葉違い」と考えても良いと思います。
社内の制度上の「決まり」「ルール」・・・条項単位であらわされた「考え方」を「規定」あるいは「規則」と呼びます。

これをひとつの制度に係る「規定条項」を体系付けて文書としてまとめたものが、○○制度の規定の「本則」あるいは「準則」、「細則」と呼ばれます。
「本則」は総括的な条項をまとめた文書で、本則の中の特定の章や条項の内容を詳しく規定した文書が「準則」、さらに準則の中の章や条項の運用の仕方等の細目を定めた文書が「細則」です。

ただし、社内で使う時は、○○制度の「本則」とか「準則」とかいう呼称では使いにくいので、それぞれの会社ごとに「規定管理」に関する規定を定めて、
例えば、本則については○○「規程」、準則については○○「規則」、細則二ついては○○「要領」というように、文書の呼称のルールを決めて運用しているということです。

例えば、人事制度に関する社内規定を事例に説明すると・・・、
人事管理に関する本則を「人事管理規程」とし、
人事管理規程の中の人事評価に関する条項の詳細を準則としてまとめて「人事評価規則」とし、
人事評価規則の中の実施細目を細則としてまとめて「人事評価実施要領」とする、というようなことです。

そこで、御社の場合、「規則」の呼称の方が「規程」よりも上位概念にあるという意見が強いのであれば、
「規則」を本則とし、「規程」を準則としても良いということです。

NO.1です。
まず、「規定」と「規則」は、基本的に同じものの「言葉違い」と考えても良いと思います。
社内の制度上の「決まり」「ルール」・・・条項単位であらわされた「考え方」を「規定」あるいは「規則」と呼びます。

これをひとつの制度に係る「規定条項」を体系付けて文書としてまとめたものが、○○制度の規定の「本則」あるいは「準則」、「細則」と呼ばれます。
「本則」は総括的な条項をまとめた文書で、本則の中の特定の章や条項の内容を詳しく規定した文書が「準則」、さらに準則の中の章や条項...続きを読む

Q法律用語の施行令、法第 号とは?

法律などで「施行令」というのは
法律とは異なるものなのでしょうか?
また「準則」というのも
ありますよね。

条例などは、法律に違反(抵触)していない限り
県や市が定めるというのはわかるんですが・・・

また法律第 号とはいうのは、
「第 条第 項 第号」とも違うと思います。

とても疑問です。教えてください。

Aベストアンサー

「条例」は,ご承知のように,都道府県や市区町村(区は東京都の23区のみですが)が定める,「法律のようなもの」ですが,「施行令」は国が定める「法律のようなもの」です。

国が定める決まりには,憲法を筆頭に,法律・政令・省令・府令などがあります。
このうち,憲法や法律は国会が定めるものなので,国民から選ばれた国会議員によって審議されます。
これに対し,政令は内閣が閣議という会議で決めます。内閣とは,総理大臣とそれぞれの省庁などの大臣で構成されます。
また,省令はそれぞれの省(文部科学省とか財務省とか環境省とか)が定めます。同様に,総理府(今はない)とか内閣府が定めるものは「府令」です。
これらには,「格の違い」のようなものがあって,「憲法」>「法律」>「政令」>「省令・府令」となっています。
つまり,法律は憲法に違反してはいけない。政令は法律に違犯してはいけない。……ということです。
また,罰則をともなう規定は原則として,政令・省令に入れてはいけないことになっています。
つまり,ある日突然「○○をしたものは懲役10年以下」とか決められては困るので,罰則のある規定はきちんと国会の場で審議するようになっているわけです。

さて,なぜそんなふうに何段階にも分かれているかということですが,もし必要な決まりを法律に全部盛り込んでしまうと,法律があまりにも複雑・難解になりすぎるし,いちいち国会で決議しなくてはならないので大変だ,ということがあるのでしょう。
そのため,基本的な事柄は法律で決めておいて,細かい事柄は下位の法令(省令・政令など)にゆだねる,ということがよくあります。

具体例で見てみましょう。
道路交通法という法律があります。この第4条に,都道府県の公安委員会は信号を設置・管理することができる,という意味の規定があります。
しかし,具体的な信号の色とか意味については,ここには書かれておらず,第4条の第4項に
「信号機の表示する信号の意味その他信号機について必要な事項は、政令で定める。」
となっているだけです。

ここでいっている「政令」が「道路交通法施行令」です。これの第2条に表が載っていて,信号の種類と意味が書かれています。
たとえば,

赤色の灯火の点滅
 一 歩行者は、他の交通に注意して進行することができること。
 二 車両等は、停止位置において一時停止しなければならないこと。

という具合です。また,第3条では色の配置(横に並べる時は右から赤・黄・青,など)が規定されています。
そして,第3条第3項に「信号機の構造、性能その他信号機について必要な事項は、内閣府令で定める。」となって,もっと詳しい規定は内閣府令を見るようになっています。

この府令は「道路交通法施行規則」です。
これには,別表第1として信号機の構造を示す図がのっていたり,第4条に「燈火は、高速自動車国道及び自動車専用道路においては二百メートル、その他の道路においては百五十メートル前方から識別できる光度を有すること。」など信号機に用いるランプの性能が決められています。

次に「法律第○号」ですが,これは「法令番号」といい,法律が公布された順に第1号・第2号……とつけていきます。
年が変わるとまた第1号に戻るので,公布年とあわせて使うのが普通です。
たとえば,先程の道路交通法は昭和35年6月25日に公布された,この年の法律第105号ですので,「昭和35年法律第105号」と書きます。略して「昭35法105」などと書かれることもあります。
同様に,道路交通法施行令は「昭和35年政令第270号」,道路交通法施行規則は「昭和35年総理府令第60号」です。(今は内閣府ですが,このきまりが最初にできた時は総理府令だったので,そうなっています)

これに対して,「条・項・号」の号は,一つの法律の本文の中で,箇条書きにする時によく使います。先頭に通し番号を振ります。
たとえば,憲法第7条。
第七条  天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
一  憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
二  国会を召集すること。
三  衆議院を解散すること。
(以下第10号まであるが省略)

ついでに,「項」とは,わかりやすくいうと段落です。
戦前(および戦後しばらく)の法律では,一つの条の中で改行がしてあれば,そこからが新しい項でした。特に番号はふりません。
今は項の頭に数字を振ります。(ただし第1項には振らない)
たとえば,同じく憲法からこんどは第21条。

第二十一条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

「集会~保障する」までが第1項,「検閲は~侵してはならない」が第2項です。
(なお,六法全書などでは,項番号のない法律などにも,編集者が項番号を付けていることが多いです)

「準則」とは,「のっとるべき決まり」という意味で,しばしば法令など各種の決まりの題名に使われますが,法令の種類を示す言葉ではありません。
いま検索してみたら,題名に「準則」という語を持つ法令は,総理府令に12件,省令に2件ありました。法律にはありません。
「○○に関する準則」といった場合,ニュアンスとして,「○○という業務を行う上で関係者が守らなくてはならないマニュアル」というイメージがあります。
このため,企業や官庁などの内部通達という形で出されることが多く,国民全体向けの「法律」にはなじまないのかもしれません。

長くなってしまってすみません。参考になれば幸いです。

「条例」は,ご承知のように,都道府県や市区町村(区は東京都の23区のみですが)が定める,「法律のようなもの」ですが,「施行令」は国が定める「法律のようなもの」です。

国が定める決まりには,憲法を筆頭に,法律・政令・省令・府令などがあります。
このうち,憲法や法律は国会が定めるものなので,国民から選ばれた国会議員によって審議されます。
これに対し,政令は内閣が閣議という会議で決めます。内閣とは,総理大臣とそれぞれの省庁などの大臣で構成されます。
また,省令はそれぞれの省(文...続きを読む

Q「条例」「規程」「規則」の違いは

お世話になります。
某市役所の職員勤務管理のコンピュータソフト開発を担当することになりました。
この分野は初めてでして、分からないことだらけでとまどっています。
とりあえず市の例規を読むように言われたのですが、「条例」「規程」「規則」など似たような内容のものがずらっと並んでいて混乱しています。
これからじっくり読んで内容をなんとか把握しようと思うのですが、各資料の区別がつかないことにはどうにも落ち着きません。
どなたか「条例」「規程」「規則」の違いを教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

おはようございます。

地方公共団体(市役所など自治体)が設けている諸規約については、以下のように理解するのが一般的です。

条例・・・
その自治体の議会にて議決された、その自治地域内でのみ有効なルール。
A市議会で議決された条例は、A市内でのみ有効で、A市の住民・通勤通学者・観光客などにも適用される、いわば広い意味での「法律」です。
自治体職員のみならず、その自治体の全域・全員が対象ですが、法的な拘束力を持つものと持たないものがあります。
(例)路上喫煙防止条例、迷惑行為防止条例など

規定・・・
ある組織内でのみ有効なルールで、理事会や役員会で決裁される。地方自治体の場合は議会が承認する。
その組織に所属する者に対して遵守を強制するルールで、その規定に基づいて組織が運営されます。
違反した場合は、これも規定として設けられている処罰規定や賞罰規定によって処分されます。
(例)就業規定・役職員出張旅費規定・職員給与規定など

規則・・・
ある組織内でのみ有効なルールで、理事会や役員会のほか、部課単位で設けることができる。地方自治体の場合は、市長通達や局長・部長などの管理職会議での通達として出される。
その組織に所属する者が守るべきマナーやルール。
違反した場合は、各種規定によって処分されるか、所属長の判断で注意を受けたり警察に通報される場合があります。
(例)就業服装規則・勤務時間規則・業務行動規則など

一般的には、憲法>法律>条例>規定>規則の順で、そのルールの拘束力が変わります。

おはようございます。

地方公共団体(市役所など自治体)が設けている諸規約については、以下のように理解するのが一般的です。

条例・・・
その自治体の議会にて議決された、その自治地域内でのみ有効なルール。
A市議会で議決された条例は、A市内でのみ有効で、A市の住民・通勤通学者・観光客などにも適用される、いわば広い意味での「法律」です。
自治体職員のみならず、その自治体の全域・全員が対象ですが、法的な拘束力を持つものと持たないものがあります。
(例)路上喫煙防止条例、迷惑行為防止条...続きを読む

QISO9001 規定と基準の違い

ISO9001事務をしています。

社内には「○○管理規定」や「○○管理基準」などが存在していますが、規定と基準の違いはなんでしょうか?
社内の暗黙のルールとして、『規定類』と呼ばれる文書には、規定も基準も様式も含まれておりますので、私の勝手なイメージで、規定の方が上位文書のような気がしていましたが、間違って理解しているように感じ始めました。

来年度よりマニュアル統合などがあり、再度勉強し直し中で、頭が混乱しています。どなたかすっきり明確に教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

会社によっては、長い歴史の中であいまいに使われている場合があるかもしれませんが、本来は以下のような考えになると思います。
#1さんとかぶりますが、
基準は、あくまで、判断基準、目安、行動基準などのようなもので、それ自体が規則やルールではありません。
規定は、規則やルールのことで、遵守しなければいけません。
規定の中で、基準を引用することになります。

Q規程管理規程における規程類の順位表記について

業務で規程管理規程の見直しをしています。
規程類の拘束順位について、
「規程>ガイドライン>マニュアルの順位により、下位にある諸規程等を拘束する」
といった趣旨の文を書きたいのですが、その際の表記で迷っています。

現状は「規程、ガイドライン、マニュアルの順位により」と読点が使われていますが、
読点を使う場合は、2つ以上の語の並列だと、「A、B及びC」というような表記ですよね。

かといって「規程、ガイドライン及びマニュアルの順位により」と表記すると、
規程>ガイドライン=マニュアル
(規程の下位に、ガイドラインとマニュアルが同順位で位置する)
といったような意味にならないでしょうか。

ネットで規程管理規程の雛型を見てみたり、公用文における表記を調べてみたりしたのですが
うまく答えが見つかりません。同様の質問も今までないようです。
どなたかご教示ください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨である、

>○○の順位により、下位にある諸規程等を拘束する・・

という表現自体、必要のないものだと思います。


一般的に上位規定が下位規定に優先するのは当然の話ですが、本来上位規定と下位規定は「中身」が異なります。仮に似たような名前であっても、その規定等が目的とするものが違うので、例えば「下位規定だけでは解釈がはっきりしないので、上位規定を見てみろ」ということにはなりません。
もしそうだったら、それこそ上位規定と下位規定の中身にあまり違いがないということになり、無駄な規定が余分にあることになります。

上位規定は全社的な考え方や方針を示すもの、ガイドラインは部門の中の分掌や権限、責任を示すもの、マニュアルは実務上の手引き、といった位置付けが多いのではないですか。

普通はまず上位の「○○規定」があり、その下の「○○ガイドライン」の『第1条(目的)』に、
『このガイドラインは、○○規定に基づき~をするために制定したものであり、△△の向上を図ることを目的とする』といった表現になります。

その下のマニュアルについても、『第1条(目的)本マニュアルは、○○ガイドラインに基づき~を実現するために・・・』といった具合です。

ですから敢えて「規定>ガイドライン>マニュアル」を明示することは不必要だと考えます。

ただし、社内の規定体系をはっきりさせるために、規定・マニュアル等の体系図を別途作っておくのは有益です。

ご質問の趣旨である、

>○○の順位により、下位にある諸規程等を拘束する・・

という表現自体、必要のないものだと思います。


一般的に上位規定が下位規定に優先するのは当然の話ですが、本来上位規定と下位規定は「中身」が異なります。仮に似たような名前であっても、その規定等が目的とするものが違うので、例えば「下位規定だけでは解釈がはっきりしないので、上位規定を見てみろ」ということにはなりません。
もしそうだったら、それこそ上位規定と下位規定の中身にあまり違いがないということになり、無...続きを読む

Q「当」と「本」の使い分け

研修先に礼状を出すのですが、自分の所属(学校)を表すには「当校」と「本校」のどちらが正しいのでしょうか?
また使い分け方法は何を基準にしているのでしょうか?

Aベストアンサー

1.どちらでもいい場合
 当院と本院(これは病院のこと。別の人が触れていらっしゃるように別院があれば話は別)
2.意味が違ってしまう場合
 当日と本日(当日とは指定された日)
3.どちらも誤解を招く場合
 「本日(当日)をもちまして、閉店させていただき ます」ただし、日付があればいい。

Q策定と制定の意味の違い

「策定」と「制定」の違いについて教えていただけないでしょうか? 

Aベストアンサー

「策定」-政策、計画を定める - Plan 、Project に関する取り決め
「制定」-法律、規則を定める - Law 、Rule に関する取り決め

Qexcelからexcelへの差し込み印刷

お世話になります。

excelでwordへの差し込み印刷をよく利用するのですが、
同様に、
excelのデータをexcelに流し込んで印刷する方法はありますでしょうか。

excelの名簿のデータを
excelの表のフォーマットに流し込んで
1人づつ印刷したいのですが。

お分かりの方いらっしゃいました教えてください。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

イメージはわかるが、エクセルに差込印刷の機能はありません。
ワードなどと違ってA.X氏1人分書類シート作成、B印刷、Aのシートををy氏分のデータでシート内容(セル)を置き換え、印刷、の繰り返しをします。
ーー
例データ Sheet1 A1;D3
連番氏名住所品物
1山田 三郎東京都江東区かばん
2植田 健横浜市港北区帽子
A列はこのたび連番を振りました。
Sheet2   に送り状の書式を体裁よく作ります。
H1セル(どこでも良いが、下記のVLOOKUPの式は変わる)

送り状

住所X
氏名Y

品物Z

上記の品をお送り申し上げます。
ご査収ください

以上
Xの場所のセルに =VLOOKUP($H$1,Sheet1!$A$1:$D$3,2,FALSE)
Yの場所のセルに =VLOOKUP($H$1,Sheet1!$A$1:$D$3,3,FALSE)
Zの場所のセルに =VLOOKUP($H$1,Sheet1!$A$1:$D$3,4,FALSE)

---
結果

送り状

住所山田 三郎
氏名東京都江東区

品物かばん

上記の品をお送り申し上げます。
ご査収ください

以上
ここで
VBE画面で標準モジュールに
Sub test01()
For i = 1 To 2 '人数分
Range("H1") = i
Range("A1:G20").PrintOut '印刷範囲は各人同じとする
Next i
End Sub
を張り付け、実行する。
山田、植田分の紙が2枚印刷されました。
これは質問者はVBAの経験も無いでしょうと、最低限にしてあります。
VBAを勉強してください。
別ブックにある名簿を対象などは複雑になるので避けています。

イメージはわかるが、エクセルに差込印刷の機能はありません。
ワードなどと違ってA.X氏1人分書類シート作成、B印刷、Aのシートををy氏分のデータでシート内容(セル)を置き換え、印刷、の繰り返しをします。
ーー
例データ Sheet1 A1;D3
連番氏名住所品物
1山田 三郎東京都江東区かばん
2植田 健横浜市港北区帽子
A列はこのたび連番を振りました。
Sheet2   に送り状の書式を体裁よく作ります。
H1セル(どこでも良いが、下記のVLOOKUPの式は変わる)

送り状

住所X
氏名Y

品物Z

...続きを読む

Q「行政財産」と「普通財産」の違いは?

 早速質問です、宜しくお願いします。
 
 行政の持つ財産には「行政財産」と「普通財産」の二種類あると聞きましたが、
 両者はどのように違うのでしょうか。

Aベストアンサー

正式には、国有財産法に定められております。

簡単には、行政財産とは実際に行政庁が行政業務を運営するにあたって使用する財産のことです。
たとえば、庁舎、試験場などです。

普通財産とは、国といえども何らかの理由から一般の財産を保有している場合がありますが、それらを指して普通財産と称していますなります。また、行政財産であっても、その目的に利用されなくなった場合には、用途廃止を行い一般に所有する状態と変わらなくなった場合にも普通財産となります。また、現金による納税ができなくなり、所有する不動産を納税の代わりに収める手法があります(物納と称しております。)。このような場合には、国税庁から財務省に引き渡しが行われ、財務省において一般競争入札党の手続きを経て売却され、納税に充当後に残余があれば納税者に返却されます。

普通財産は、いわば国も一般人や一般法人と同じように動産、不動産を所有している場合がありますが、それを普通財産と称しております。

特に、普通財産の中でも遊休地などは早期に売却して歳入に組み入れることが求められており、財務省が積極的にPRして処分促進を行っております。

参考URL:http://www.mof.go.jp/jouhou/zaisan/zaisan/ichiran2/h18a.htm

正式には、国有財産法に定められております。

簡単には、行政財産とは実際に行政庁が行政業務を運営するにあたって使用する財産のことです。
たとえば、庁舎、試験場などです。

普通財産とは、国といえども何らかの理由から一般の財産を保有している場合がありますが、それらを指して普通財産と称していますなります。また、行政財産であっても、その目的に利用されなくなった場合には、用途廃止を行い一般に所有する状態と変わらなくなった場合にも普通財産となります。また、現金による納税ができなくなり、所...続きを読む

Q回覧と供覧の違いについて

作成した文章を、上司や他の人に見せる場合「回覧」や「供覧」という方法がありますが、はっきりとした違いは有るのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

No.1 の方と同じくですが、
回覧は、見せる方法をいう言葉であって、順番に回していくということ。
供覧は、みんなに見せますという表明であって、手法には言及していませんね。
ですから、「供覧するために回覧する」と言っても間違いではありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング