戦後の日本はアメリカのお目こぼしのもとでの、政府による保護主義的経済政策、保護貿易で成り上がってきたはず。自由化が絶対的な正義であるかのような考えをどうして無条件で受け入れてしまっているのでしょうか。資源の乏しい国だから、外貨を稼ぐためにやむを得ない?
今の日本よりひどくなってないと思うのですが。
アメリカの経済戦略に、無能な日本の官僚が、まんまと引っかかってしまったという事なのではないでしょうか。
皆さまどう思われますか。

A 回答 (1件)

まんまと引っかかってしまった、というより、


アメリカの戦略というか、一方的な要求に対しては
「検討」する事なんて出来なくなってしまっているのでは
ないでしょうか。検討するのは、いかに国民から反発を
受けずに、しかもアメリカの要求をもらさず受け入れる
か、ではないでしょうか。

なんでも「自由」という言葉が付属すると「良い事」の様に
思われがちですが、その裏には「強い者が勝つ仕組み」が
隠されています。日本が経済的にべらぼうな強さを誇っている
時には車の貿易に関して文句を言っていたアメリカが、
今、自国が圧倒的に強いので、色々と他国に圧力をかける
のです。

今の日本の政治家の中に、本当の意味で「世界の中の日本」
という事についての明確なビジョンを持っている人が少ない
のが問題ですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報