dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

地獄の円安ジェットコースターはいつまで続きますか?

A 回答 (19件中1~10件)

いやいや(ヾノ ̄▽ ̄)


もうなくなりますよ?通貨
紙くずになります
世界通貨リセットです
世間体では「陰謀論」言われてますが
今年中にはなりますね
親会社のロスチャイルド銀行モルガン家もう潰れてるので後にお金が回らなくなります
ご存知ですよね?日本はスピン報道で報道しないのでこんなニュースは
    • good
    • 0

今のままの政権と国民意識なら、ずっと続くでしょう。

    • good
    • 1

ジェットコースターなんですか?

    • good
    • 0

アメリカ大統領選挙で 変わるよ

    • good
    • 1

それが完璧に予測できれば、大儲けできます。


地獄かどうかは立ち位置次第ですね。
    • good
    • 0

アメリカの景気の問題ですから、


日本でiPhoneが売れなくなると、円高になります。日本人もそろそろiPhoneにも飽きてきたかもしれません。
Googleも電気自動車事業から、撤退しました。
    • good
    • 0

負け組のあなたは、一生地獄でしょうね

    • good
    • 0

日本政府が必要とされる経済政策を行うまではこのままの情勢が続く。



コストプッシュインフレを防ぎ、景気経済を良くして経済成長することで円安が反転するということは可能です。

例えば、一昨年の無駄遣いでしかなかった為替介入は、財務省が日本国民の資産を10兆円以上溶かした状態でした。
「日本が通貨発行不可能な基軸通貨ドルを売りに出し、日本が無限に通貨発行可能なローカル通貨円を買っている」ので、これではお金を溶かしているのと同じです。
また2営業日で元の水準に戻ってましたので、時間稼ぎにもなっていなく、為替介入としても完全な無駄でしかありませんでした。

例えば、2019年の日本の原油輸入金額は7兆9,000億円。一方、2022年の完全に無意味だった為替介入に10兆円以上使ってます。もしあの為替介入資金を原油購入に使っていれば1年以上日本国民の原油使用を無料にして、コストプッシュインフレを大幅に抑制することができました。
他にも保有ドルの賢い使い方には様々な選択肢がありえます。
円安で輸出の価格競争力が増し、生産コストが削減され、内需拡大政策も行われて景気が活発になり企業間競争も活性化していれば、日本の輸出企業の競争力も大幅に強化されることになるでしょう。

現在の日本経済のボトルネックは主に2つで、「円安による輸入物価の上昇」と「政府の国債発行が少く公的需要拡大が不十分」であることです。この2つの問題を解消し、日本経済の成長が始まると必然として、国民の所得上昇、企業の利益拡大、個人消費拡大、税収増、それらに伴う金利上昇から円安解消へ向かいます。
なので政府が必要な経済政策を行っていれば、3年ほどで円安は解消され、日本は経済成長への軌道に乗るでしょう。
    • good
    • 2

FRBが利下げするまで。

    • good
    • 0

年内いっぱいか、来年1月くらいですかね。



要するに、アメリカ大統領がトランプになるのですよ。
暗殺されなければね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A