歌のタイトルです。"In Terra Pax"  terra は大地, paxは平和と辞書にありましたが、 どういう意味でしょうか。

A 回答 (1件)

Gloria in excelsis Deo, et in terra pax


でしょうか?ラテン語ですね。
全能なる神に栄光あれ。地には平和を。
でしょうか。全く自信ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラテン語だったんですね。ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/06 07:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q■ and不使用時の並列の不思議 in A, in B, in C,D,E ■

下記の英文において、納得できない並列が存在しています。
--------原文------------------------------------------------------
A sensitive and skilful handling of the language in everyday life,
in writing letters, in conversing, making political speeches,
drafting public notices, is the basis of an interest in literature.
------------------------------------------------------------------
この文章にはinを使用した並列が複数含まれています。
最初の”日常生活において”は明らかに他とは違う表現なので
除外できるのですが、その次に続く、
writing、conversing、making、drafting は全て似たような表現だと
思うのです。ですから、並列するならば、

in everyday life,
in writing letters,
in conversing,
making political speeches,
drafting public notices,
というような並列ではなく、

in everyday life,
in writing letters,
conversing,
making political speeches,
drafting public notices,
こうすべきだと私は思うのです。それとも私は何か重要な法則を
見逃しているのでしょうか?教えてください。

下記の英文において、納得できない並列が存在しています。
--------原文------------------------------------------------------
A sensitive and skilful handling of the language in everyday life,
in writing letters, in conversing, making political speeches,
drafting public notices, is the basis of an interest in literature.
------------------------------------------------------------------
この文章にはinを使用した並列が複数含まれています。
最初の”日常生活において”は明ら...続きを読む

Aベストアンサー

 筆者の書いたときの気分だとしかいいようがありません。私などがここで回答するときも,後で読み返すと下手な日本語になってしまうことがよくあります。もちろん,この英文を書いた人は,私などより文章力はあるでしょうし,一時的な回答というのでなく,もっと重要なものなのかもしれません。しかし,推敲や校正を重ねていったとしても,つい流してしまう部分というのはあるものです。

 前置きが長くなってしまいましたが,英文としては,in の後,conversing と making ~と drafting ~が並列になっていて,in writing ~と in conversing, making ~, drafting という2つの in ~が並列になっています。「手紙を書く際であったり,おしゃべりや,政治に関するスピーチや,公的な通知の下書きをする際であったり(における)」が handling of the language「言葉の扱い」にかかっています。

 内容的には,making ~と drafting ~は writing ~や conversing と比べて特殊なものであるという意識が making を書く時点ではたらき,結果的には全体として,並列関係が微妙なものになってしまったのかもしれません。

 in everyday life が in writing 以下を総括するものか,(~ing を用いていないという違いはあるにしても)並列的なものかも,筆者の気分でないとわかりません。「政治的なスピーチ」や「公的文書の下書き」などというのは誰でもがするわけではないといっても,everyday life の一環であると考えることができすので,前者なのかもしれません。

 筆者の書いたときの気分だとしかいいようがありません。私などがここで回答するときも,後で読み返すと下手な日本語になってしまうことがよくあります。もちろん,この英文を書いた人は,私などより文章力はあるでしょうし,一時的な回答というのでなく,もっと重要なものなのかもしれません。しかし,推敲や校正を重ねていったとしても,つい流してしまう部分というのはあるものです。

 前置きが長くなってしまいましたが,英文としては,in の後,conversing と making ~と drafting ~が並列になってい...続きを読む

Qin the case とin case, 英英辞書での説明

in the case of とin case ofの違いを、non-native の外国人に説明しようとしているのですが、困っております。お知恵をお貸し下さい。

これらの使い方の違いについては、別の質問http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1943698.html
とその回答に解説されております。また、英和辞書には必ずといってよいほど、これに関する記載(特にin case of)があり、違い自体の質問ではありません。
--
本題です。non-nativeの外国人と共同で文書を書くことがよくあるのですが、上記の濫用に頻繁に出会います。ただ、説明しても納得されないことのほうが多いです。

実際問題としてin case of とin the case of の濫用は非常によく見かけます。また、比較的大きめの英英辞書などを引いても、それほどはっきりとした記述はありません。

質問は、
1)実際のところ、どうなの? ほんとに違うの?
2)英語で書かれてあり、なおかつ権威のある解説(辞書、著名なwriting styleの本など)をご存知ありませんでしょうか?

お知恵をお貸し下さい。宜しくお願いします。

in the case of とin case ofの違いを、non-native の外国人に説明しようとしているのですが、困っております。お知恵をお貸し下さい。

これらの使い方の違いについては、別の質問http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1943698.html
とその回答に解説されております。また、英和辞書には必ずといってよいほど、これに関する記載(特にin case of)があり、違い自体の質問ではありません。
--
本題です。non-nativeの外国人と共同で文書を書くことがよくあるのですが、上記の濫用に頻繁に出会います。ただ、説明しても...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。お礼をありがとうございました。
どうやら少しはお役に立てたみたいで嬉しいです。

論文の場合ですが 共通言語が英語ですから 様々な国の人が様々な英語で書いていますので そんなに「こいつはアホにちがいない」ということにはならないと思いますが。大切なのは何を書いているかということなので。ただ その表現の使い方によって読む側が混乱をきたしたり 誤解するようでは困りますので 出来るだけきちんと伝わる英語にする必要はあります。
私は応用化学系の論文を読むことが多いのですが ネイティヴの書いたものとそうでないものは書いた人の名前を見なくてもすぐわかります。つまり 日本人の私ですらわかるわけですから ネイティヴが読めばもっと早く 極端に言えばタイトルを読んだだけでもわかるのではないかと思います。(勿論タイトルのつけ方にもよりますが)
英語圏以外の人間が書いた場合 その国特有の間違いと思われるものが別の同国人が書いた論文に見受けられるのはよくあることです。
たとえば 私が読んだ例で言えばフランス人は過去形でよいと思われるところを現在完了にしているとか・・・読んでいるこちらは時折これは過去形なのか現在形なのか混乱します。実験結果を示しているのだから過去形でよかろうに とか思ったりします。ときには 「えっ これってこの状態がまだ続いているの わからん???」てなこともあります。(これはあくまでも私が読んだ範囲ですからフランス人が全てそういう文を書くということではありません。)
まあですから ご提示のものも使い方を間違えると読む側が前後の文脈からどちらの意味で書いたものなのかを推測するということになる微妙な表現ですね。

#1です。お礼をありがとうございました。
どうやら少しはお役に立てたみたいで嬉しいです。

論文の場合ですが 共通言語が英語ですから 様々な国の人が様々な英語で書いていますので そんなに「こいつはアホにちがいない」ということにはならないと思いますが。大切なのは何を書いているかということなので。ただ その表現の使い方によって読む側が混乱をきたしたり 誤解するようでは困りますので 出来るだけきちんと伝わる英語にする必要はあります。
私は応用化学系の論文を読むことが多いのですが...続きを読む

Qan English teacher in India,for example,another in the Philippines and a third in Nigeria

an English teacher in India,for example,another in the Philippines and a third in Nigeria
についてですが、何故for exampleはこんな位置にあるのでしょう????an English teacher in Indiaは例示に含まれないのでしょうか????それにa third in Nigeriaは何故序数詞のまえなのに不定冠詞aを使っているのでしょうか????なかなかうまく訳せません。どなたかこなれた訳をお願いします。

Aベストアンサー

 there are millions worldwide who claim English as their first language but who cannot understand each other — an English teacher in India, for example, another in the Philippines and a third in Nigeria. One might even add a fourth, a speaker of cockney English in Great Britain.

 検索して,上の英文を見つけました。「英語を第一言語と主張するもの同士でも,お互いに理解できない人たちが何百万といる」の後を受けているわけですが,まず,基準というか,主体となる一人目として,an English teacher in India が挙げられています。この一人目は誰でもいいので,そういう意味では「たとえば」ということになるのですが,一人目は,「仮に」という感覚で特に例示としていないのでしょう。そして,「二人目」以降は例示として for example としているのでしょう。「インドの英語教師が,たとえば,フィリピンの英語教師と,あるいは,ナイジェリアの英語教師と,さらには,~とお互いに理解できないのである」という意味合いでしょう。

 another という語は,まず今いる何人かがいて,残りのうちの任意の一人です。その一人も除いて,さらに任意の一人も another,さらに,次も another となっていきます。そして,今いる人が一人の場合,最初の another は a second, 次は a third, さらに a fourth と言い換えることができます。ここでは最初の another だけ,a second とせず,another としています。すなわち,一人目が India である必然性がないように,二人目が Philippines である必然性,三人目が Nigeria である必然性はありません。任意の二人目が another = a second であり,任意の三人目が a third となります。

 there are millions worldwide who claim English as their first language but who cannot understand each other — an English teacher in India, for example, another in the Philippines and a third in Nigeria. One might even add a fourth, a speaker of cockney English in Great Britain.

 検索して,上の英文を見つけました。「英語を第一言語と主張するもの同士でも,お互いに理解できない人たちが何百万といる」の後を受けているわけですが,まず,基準というか,主体となる一人目として,an ...続きを読む

QIn spite of, Despite, though, although, even though の使い分けについて

こんにちは。いつもお世話になっております。
今回は In spite of, Despite, though, although, even thoughの違いについて教えて頂きたく思っています。

まず、
-文頭に来ても良いものはどれか
(thoughとかは特に、文頭にあるものを見たことが無いような気がします・・)

-後に主語+動詞が続かなくてはいけないものはどれか

-それぞれのニュアンスの違いは何なのか
(メディアでは字数の関係からDespiteが多用されるということを聞きましたが、thoughではダメなのでしょうか?)

以上の3つの点について、ご教示頂けると幸いです。
できたら例文も交えていただけると本当に助かります!

お忙しいとは思いますが、どうぞ宜しくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

どれも文頭にきますよ。ただし、thoughに関しては口語では
文の後に使われることもあります。
例えば、I personally like it, thoughとかですかね。

Though, although, even thoughは後にSVの文章が続かなくては
いけません、つまり、字数の関係から主語と述語を入れなければ
ならないthoughは新聞では使いづらいのかもしれませんね。
(1)Despite his feeling, he needed to talk to her then.

(2)Though he wouldn't wanna feel like talking to her,
he needed to do then.

少しですが、thoughの方が文章が長くなります。

ただ、ニュアンスの違いはかなり微妙です。even thoughだけが、
多少、仮定の話を含んでいます。が、使い間違えたからと
いって通じないことはないですが。あとはalthoughの方が
thoughよりちょっとだけフォーマルかなとは思います。
まぁ文章で書くときという意味で、会話上ではどちらも
使用されますが。(逆にin spite ofやdespiteの方が
頻度が低いような実感があります。)

どれも文頭にきますよ。ただし、thoughに関しては口語では
文の後に使われることもあります。
例えば、I personally like it, thoughとかですかね。

Though, although, even thoughは後にSVの文章が続かなくては
いけません、つまり、字数の関係から主語と述語を入れなければ
ならないthoughは新聞では使いづらいのかもしれませんね。
(1)Despite his feeling, he needed to talk to her then.

(2)Though he wouldn't wanna feel like talking to her,
he needed to do then.

少しですが、though...続きを読む

QAt one point, in 1985, Pixar,losing money fast, wa

At one point, in 1985, Pixar,losing money fast, was nearly sold to General Motors and Philips Electronics, which wanted its computer-graphics modeling tools to help design cars and transform medical scans into 3-D images.

この文の訳を教えてください

Aベストアンサー

1985年のある時点で、急速に財政難に陥ったピクサー・アニメーション・スタジオは、General Motors と Philips Electronicsに、あわや売却されるところだった。

二つの会社は(それぞれ)、車のデザインと医療走査データーを3Dイメージに変換することを支援するcomputer-graphics造形ツールを手に入れたがっていたのだ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報