ラテン語に不案内でお尋ねします。
historia franciaという書があるので、そういう語が辞典の見出し語に
あっていいはずと思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

historia francica なら正しい形です。

前にも書いたように古典期に「フランス」という国がなかったので Francia という国名と形容詞は「新しい」ラテン語であり辞書では扱っていないことが多いのです。また辞書では形容詞は「男性単数主格」で引かないといけないので見出しになるのは francicus という形です。この辺の約束事を知らないとラテン語の辞書は引けません。
類例 Japonia - japonicus(日本-日本の)
古典期の人が日本の存在を知ることはないのでこれも新しい単語です。

ラテン語は日常的に使われなくなってからも長いこと学問の言葉として使われたためこういう新しい単語がたくさんあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。事情がよくわかりまして助かりました。

お礼日時:2009/03/28 23:42

古典期には存在しない単語ですね。


フランク人という意味の Francus が現れたのも中世以降です。それ以前今のフランス辺りは Gallia と呼ばれていました。

また仮にこういう単語が存在したとしても見出しになるのは *francius という男性単数(主格)形です。historia は女性名詞なので形容詞も女性形になります。「フランキア」という国があったとしても「フランキアの歴史」なら historia Franciae と語形変化します。

#1 の方が指摘するようにスペイン語ではないでしょうか。それでも historia de Francia と前置詞が要ります。

この回答への補足

コメントをありがとうございます。
よく見ましたら、historia francicaとなっていました。お手数かけて済みません。この形でも、正しい語形変化になっていないでしょうか。

補足日時:2009/03/28 21:26
    • good
    • 0

私もラテン語に詳しいわけではなく、全くの素人なのですが・・。



今、調べたところ、franciaとはスペイン語のようですね。

それに加え、ラテン語はスペイン語の先祖のようなものということを考えると、franciaはあとから作られたのではないでしょうか。

そのため、羅語辞典に載っていなかったのだと思います。


違っていたら、すみません(汗)

この回答への補足

コメントをありがとうございます。
よく見ましたら、historia francica(「フランス史」の意)となっていました。お手数かけて済みません。この形でも、正しい語形変化になっていないでしょうか。
francicaでも、ラテン語辞典にないですよね?

補足日時:2009/03/28 21:30
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラテン語の辞典

現在ラテン語の辞典として田中のを用いているのですが、中世ラテン語や学術ラテン語がほぼ全然掲載されていません。古典ラテン語の語彙以外の語彙を手広く収録した羅語辞典か、中世ラテン語・神学ラテン語・学術ラテン語等に特化した辞典か、できれば前者、ご紹介していただけないでしょうか。日本語・英語・ドイツ語ならどれでもかまいません。購入媒体もamazonその他お教えください。
自分で見つけた限りでは学習者向けlangenscheidtの1000ページ超のが情報量が多そうなのですが、未見なので購入に踏み切れません。この辞典などご存知の方、内容についてお教えください。

Aベストアンサー

LangensceidtのGrosses Schulwoerterbuchは持っていて損は無いと思います。持っているのは旧版ですが、新版がまもなく出るようですね。ハードカバーは外して装丁し直すと早く手に馴染みます。

Langenscheidtにかぎらずドイツ語圏で発行されたラテン語辞書は比較的中世ラテン語にも目配りされているという評判は聞いたことがあります。ただし筆者自身はラテン語は古典期の著作以外ほとんど読まないので判断できません。お含みください。

ところで新しい語彙を収録する辞書の説明にNeo-Latinという文字を見かけることがありますが、近世以降の学術用語ではなく「スーパーマーケット」「インターネット」といった現代的な語彙を意味している場合が多々あります。統合されたヨーロッパの共通語としてラテン語を復権させようという動きと繋がっているのでしょう。

神学ラテン語から中世、近代の学術用語までを網羅した辞書というのは無理かもしれません。特化するには地理的にも時間的にも対象が広すぎます。神学なら神学の専門辞書、という形で探された方がよいかもしれません。イギリスで書かれたラテン語を専門に扱った辞書すらあります。

LangensceidtのGrosses Schulwoerterbuchは持っていて損は無いと思います。持っているのは旧版ですが、新版がまもなく出るようですね。ハードカバーは外して装丁し直すと早く手に馴染みます。

Langenscheidtにかぎらずドイツ語圏で発行されたラテン語辞書は比較的中世ラテン語にも目配りされているという評判は聞いたことがあります。ただし筆者自身はラテン語は古典期の著作以外ほとんど読まないので判断できません。お含みください。

ところで新しい語彙を収録する辞書の説明にNeo-Latinという文字を見か...続きを読む

Qお勧めのドイツ語入門書、ドイツ語辞典は、ありませんか。例えば、基本的に

お勧めのドイツ語入門書、ドイツ語辞典は、ありませんか。例えば、基本的に、名詞を1格、2格…ではなく、一般名詞、代名詞、冠詞、形容詞に主格・属格・与格・対格で、文法説明しているようなものが欲しいです。一度、学生時代に習ったドイツ語が、年月を経て、駄目になっているので、再学習です。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お勧め本のことではありませんが、参考になればと思い書かせていただきます。

> 座間進 著のものに最新のものがあるようです。

もし「ドイツ語のスタートライン」や「ゼロから始めるドイツ語」のことでしたら、格は1格2格…と表現されています。昔のことは知りませんが、最近の入門書では1格2格…と説明されているものが多いと思います。ドイツ語ではそれが主流なのかなと思っていました。あまり格の呼び方にこだわると選択項が少なくなってしまうので慣れたほうがいいのではないでしょうか。

基礎ドイツ語を購読なさっていたそうですが、2002年度の12ヶ月分が公開されているので、それを利用なさったらいかがでしょうか。なお、ここでも1格2格…と表現されています。

ドイツ語辞典は1冊しか持ってないので比較できませんが、アクセス独和辞典(編集責任 在間進)は、格については1格2格や数字のみで表記されています。

参考URL:http://www.meinde.com/md02/index02.html

Qドイツ語・ラテン語・イタリア語で訳してくださいませ

【気概】【思い込み】【自己暗示】の3つの日本語をドイツ語・ラテン語・イタリア語で、書きと読みを教えてください。
【気概】はそのままの意味で良いのですが、【思い込み】意味は「決めつけてかかる」などの意味合いではなく「自分に言い聞かせる」といったプラス思考の意味合いで使いたいので、もし複数あるようでしたらそちらの意味で教えていただけると幸いです。【自己暗示】も思い込みに近い意味合いで質問に加えました。
可能であれば熟語や文章ではなく、単語でお答えいただけると助かります。又、【気概】【思い込み】は単語でお答えいただけるかもしれませんが、【自己暗示】は熟語的な回答になってしまうかもしれませんが、その場合はそれで結構でございます。

色々と条件提示して大変恐縮でありますが、どうかご回答いただけますようお願いいたします。

Aベストアンサー

気概
ラテン語 animus アニムス または mores モーレース
ドイツ語 (der) (starke) Geist (デア)(シュタルケ)ガイスト ※ der は定冠詞
「(その)(強い)心・精神」ということ

思い込み・自己暗示
ラテン語 名詞 (ad)monitus sui (アド)モニトゥス・スイー/ 動詞 suum (ad)monere スウム・アドモネーレ
ドイツ語 (die) Autosuggestion (ディ)アウトズゲスティオーン

※ ラテン語は「自分に言い聞かせる・念を押す(こと)」という意味ですが、一語では表現できません。またドイツ語・ラテン語には語形変化があり、ここに書いたのは「原形」のようなものと考えて結構です。そのため目的が何かは存じませんがそのままでは “使えない” ことが多いのも注意です。

ラテン語で suimonitus スイーモニトゥス「自分に念を押すこと」という名詞を作ってしまう方法もあります(今のところ使用例なし)。どうせ古典期にはなかったものですから造語しても仕方ありません。suicide「自殺」という単語が suicidium という “新しく作られた単語” に由来するのと同じです。

また、autosuggestion という現代のラテン系単語(たいていのヨーロッパ語では似たような形です)を “古典語式に綴り直す” のも一方法です。autosuggestio アウトスッゲスティオー。 ただし auto- は本来ギリシア語の要素なので古典語式と言うと少々違和感あり。

気概
ラテン語 animus アニムス または mores モーレース
ドイツ語 (der) (starke) Geist (デア)(シュタルケ)ガイスト ※ der は定冠詞
「(その)(強い)心・精神」ということ

思い込み・自己暗示
ラテン語 名詞 (ad)monitus sui (アド)モニトゥス・スイー/ 動詞 suum (ad)monere スウム・アドモネーレ
ドイツ語 (die) Autosuggestion (ディ)アウトズゲスティオーン

※ ラテン語は「自分に言い聞かせる・念を押す(こと)」という意味ですが、一語では表現できません。またドイツ語・ラテン語には語形変...続きを読む

Qたぶん、ラテン語だと思うのですが・・・

合唱団で歌っている、スペインの作曲家Javier Bustoの曲の歌詞なのですが、辞書を見てもよくわかりませんでした。
ラテン語だと思うのですが、違うのでしょうか?
単語の意味などお判りになる方がいらしたら、教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

Exsultate Deo adjutori nostro jubilate Deo Jacob
Sumite psalmum et date tympanum psalterium jucundum cumcithara
Divertit aboneribus dorsum ejus manus ejus in cophino servieruuntEt cibavit eos ex adipefrumenti et de petra
melle saturavit eos Gloria Patri et Filio et Spiritui Sancto
Sicut erat in principio et nunc et semper et saecula saeculorum Amen

どこで改行したらよいかもわからず、読みにくいかと思いますが、
よろしくお願い致します。

合唱団で歌っている、スペインの作曲家Javier Bustoの曲の歌詞なのですが、辞書を見てもよくわかりませんでした。
ラテン語だと思うのですが、違うのでしょうか?
単語の意味などお判りになる方がいらしたら、教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

Exsultate Deo adjutori nostro jubilate Deo Jacob
Sumite psalmum et date tympanum psalterium jucundum cumcithara
Divertit aboneribus dorsum ejus manus ejus in cophino servieruuntEt cibavit eos ex adipefrumenti et de...続きを読む

Aベストアンサー

#2さんが言われるように確かに旧約聖書の「詩篇」81節に由来するものですが、厳密には対応してないですね。ネットで検索したところ、次のI Cinque Salmi di San Giuseppeの中の「詩篇80」の詩行と一致しているのがわかります。
http://www.unavoceverona.it/SPIRITUALITA/nov06/I%20Cinque%20Salmi%20in%20onore%20del%20S.%20Nome%20di%20San%20Giuseppe.html
このHPに基づいて本文を復元し訳してみましょう。
Exultate Deo adjutori nostro: * jubilate Deo Jacob.
わたしたちを助け給う神を喜べ、ヤコブの神に向かって喜びの歌を歌え
Sumite psalmum, et date tympanum, * psalterium jucundum cum cithara.
賛美歌を歌え、キタラ(竪琴)とともに太鼓を鳴らし、喜びの琴を奏でよ。
------------------------------------------------------------
Divertit ab oneribus dorsum ejus: * manus ejus in cophino servierunt.
神は彼の背から重荷を解かれた。籠の中で疲弊していた彼の手は解放されたのである。
------------------------------------------------------------
Et cibavit eos ex adipe frumenti; * et de petra melle saturavit eos.
そして神は彼らに最良の小麦をあてがった。そして岩からしたたる蜜で彼らを飽かせたのである。
Gloria Patri, et Filio, * et Spiritui Sancto.
父と子と精霊に栄光あれ、
Sicut erat in principio, et nunc, et semper, * et in saecula saeculorum.
始めにありし如く、今も、いつも、未来永劫に。

#2さんが言われるように確かに旧約聖書の「詩篇」81節に由来するものですが、厳密には対応してないですね。ネットで検索したところ、次のI Cinque Salmi di San Giuseppeの中の「詩篇80」の詩行と一致しているのがわかります。
http://www.unavoceverona.it/SPIRITUALITA/nov06/I%20Cinque%20Salmi%20in%20onore%20del%20S.%20Nome%20di%20San%20Giuseppe.html
このHPに基づいて本文を復元し訳してみましょう。
Exultate Deo adjutori nostro: * jubilate Deo Jacob.
わたしたちを助け給う神を喜べ、...続きを読む

Q台湾語(ビン語)辞典

仕事で台湾語を少し使うようになりました。
会話などはなく、おもに台湾語文章に台湾語発音を日本語ふりがなでつける作業です。
自分で調べていくうちに、台湾語では一つの漢字で何種類も読み方がある漢字が多いなあ、と感じています。
例えば、「不」という字は、put(ブッ)、boe(ボェ)、m(ム)の3つがありますが、
どういう場合にどの発音になるのかが知りたいのです。

今使っている辞書は下の2冊です。(発音記号は台湾式教会ローマ字)
(1)「台語字典」徐金松 編、南天書局
(2)「国音対照 台語字彙」廖修広 編 台北立昌
(2)の辞書で単語が少し掲載されているものの、この2冊はほとんど漢字の発音しか載っていません。
あとは、日本にある台湾語教材の語彙を少しずつ調べていますが、非常に効率悪いです。

意味が掲載されている、または発音の使い分けがわかるような台湾語の辞書が、
もしありましたら教えていただきたいと思います。
私の手元にあるのは台湾書籍ばかりですが、大陸の書籍でも構いません。
(発音表記は問いません)

よろしくお願いします。

仕事で台湾語を少し使うようになりました。
会話などはなく、おもに台湾語文章に台湾語発音を日本語ふりがなでつける作業です。
自分で調べていくうちに、台湾語では一つの漢字で何種類も読み方がある漢字が多いなあ、と感じています。
例えば、「不」という字は、put(ブッ)、boe(ボェ)、m(ム)の3つがありますが、
どういう場合にどの発音になるのかが知りたいのです。

今使っている辞書は下の2冊です。(発音記号は台湾式教会ローマ字)
(1)「台語字典」徐金松 編、南天書局
(2)「国音対照 台語...続きを読む

Aベストアンサー

遅くなりました。

> あと、taiwan38さんがおっしゃっている“没機会”“不機会”ですが、恐らく“無機会”と言う書き方もあると思います。(似たような例を見たことがあります。)

あーあります、あります、見たことあります。笑

> このように一文字で何種類も読み方がある漢字が、國語(普通話)や広東語より、台湾語は多いですね。

にゃーるほどー、ちと了解しました。
ではどう言おうかなぁ・・・私の理解とはちと違うのですよ。表記の方法は大きく分けて以下の3種があると思います(多分もっとある)。

1.台湾語の発音を元に作った(?)、当てはめた(?)漢字(実は台湾人でも読めない事が多い)ここに書いたのは簡単だから大体みんな知ってるだろうけど。
(口甲)飯
(口舎)(口米)
(口無)講
飲茶
2.標準語を元に書いた物(ほとんど標準語として読める。ただ外国人の感想としては、台湾語との対照としておかしい事が多々ある)
吃飯
(口十)ma
没講
喝茶
3.詳しくは知らんけどローマ字表記の物

> 後づけの漢字は基本的に北京語にあわせて作られている事が多い

って先に書いたとおりだと思うんです。一つの文字で読み方が多いのではなく、読み方に合わせて当てはめた字が多いって言う考えなんですが、どう思います?広東語と上海語をやっていたと言う事なので、私より十分にご存知と思いますが、言語毎に発音や文字の定義は違いますよね?広東語と上海語も標準語では表せない物もいっぱいあると思いますよ。(私のような外行人から見ると、上の2つは台湾語よりも統一がされているような気がする。気のせいかなぁ?)

> zetianさんの仕事で使用されている文章は、一貫性のある表記に基づいて作られている文章ですか?

それでこの補足を書いたのですが、どうやら違うようですね。まずは元の文章が一貫性のない表記で書かれているからだと思いますよ。(ま、これはしょうがないねー、仕事で来てりゃあ文句言えないもんねー)もともと書いた人もそこまで考えていたかどうか不明だしねー。
ま、それで終わっては出てきた意味がないので、一応台湾で使用される頻度の高いモノをはっときます。Win以前のbbsを知らないと使いづらいかもっす。

専門のbbs(台湾語?文学?専門外なので見た事ない)をゆっくり探して、セミプロにピンポイントで質問してみてください。台湾人にこの説明をするのは少し難しいかもしれないので、ガンバッチ♪台語老歌について語ってるスレもあったよ。

bbs://bbs.kkcity.com.tw
140.138.251.50

他はどうかなぁ、yahooとかのサイトでも討論区はあるけど、必要な答えが見つかるかどうか怪しい気がする。ピンキリだけど2ちゃんで聞いてみるのも手ですな。(変なのが出てきても相手にしないように。笑)

遅くなりました。

> あと、taiwan38さんがおっしゃっている“没機会”“不機会”ですが、恐らく“無機会”と言う書き方もあると思います。(似たような例を見たことがあります。)

あーあります、あります、見たことあります。笑

> このように一文字で何種類も読み方がある漢字が、國語(普通話)や広東語より、台湾語は多いですね。

にゃーるほどー、ちと了解しました。
ではどう言おうかなぁ・・・私の理解とはちと違うのですよ。表記の方法は大きく分けて以下の3種があると思います(多分もっとある)。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報