位置情報で子どもの居場所をお知らせ

会社の人にある質問をしたら「それは予算経理と勘定の違いです」
って言われたのですが予算経理の意味がわからず困っています。
予算経理の意味って何ですか?暇な時にでも回答もらえると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般的に会計(経理)は


 ◯財務会計
   ※経理が一般的に行っている会計処理全般を指します
    株主に決算を公開するのはこの数字です。
    企業会計原則や税法に縛られます。
 ◯管理会計
   ※御社が会社を運営するに当たって、管理し易い独自の方法で管理を
    します。よって帳簿会計=管理会計の場合もあれば、月次レベルでは
    まったく異なる数字になる会社も存在します。

>「それは予算経理と勘定の違いです」

”予算経理”を”管理会計”
”勘定”を”財務会計”
と読み替えれば、意味が把握できると思われます。
管理会計については
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%A1%E7%90%86% …
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/s-ueno/WEB_site/text/ …
などで確認して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。わかりやすい説明ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/13 22:46

※予算について説明。


例えば山川商事株式会社と言う本社がAとBの各支店へ平成21年度の予算を上げてくださいといいます。

実は平成20年度にA支店は8千万円の予算で平成20年度の決算が終わりました。
B支店は9千万円予算がでしたが少し余りました。

A支店はH21年度は拡売したいので予算を5百万円上乗せして8千5百万円にしました。

B支店は平成20年度の予算が2百万円余ったので,8千7百万円にしました。

本社は精査・検証してAとB支店へ予算配賦します。

どうして予算と言うか?それは期内「H21・4・1~H22・3・31」にいくら使うか分からないので予算と言います。

予算と言う言葉は1年間使って見なければ分からないから予算と言うのです。1年間使った数字は実数としてP/L・B/Sを作成するのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/13 22:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勘定科目と費目の違いは何でしょうか

勘定科目と費目の違いを知りたくて
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_vote.php3?q=3616093
で質問させていただいたのですが、イマイチ理解できていません。

勘定科目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
のようなものだと教えていただいたのでだいたい理解できたと思っています。

分からないのは、これと費目との違いです。費目とは何でしょうか。

ちなみに、今自分の頭の中では、費目の定義あるいは意味は、次の(1)~(4)のどれかかなと思っています。

(1)費目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
にある各勘定科目をいくつかのグループにまとめた場合のそれぞれのグループ。例えば、現金、当座預金、普通預金を1つのグループにまとめた場合のそのグループ。

(2)費目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
にある「費用」の項に示される各勘定科目。

(3)費目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
にある「費用」の項に示される各勘定科目をいくつかのグループにまとめた場合のそれぞれのグループ。

(4)費目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
にある「費用」の項に示される各勘定科目をさらにいくつかの小さい項目に分けた場合の、それぞれの小さい項目。

費目と勘定科目との違いは何でしょうか。
そのとき、もし可能であれば、「費目とは...。」の形で頂けると有り難いです。

勘定科目と費目の違いを知りたくて
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_vote.php3?q=3616093
で質問させていただいたのですが、イマイチ理解できていません。

勘定科目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
のようなものだと教えていただいたのでだいたい理解できたと思っています。

分からないのは、これと費目との違いです。費目とは何でしょうか。

ちなみに、今自分の頭の中では、費目の定義あるいは意味は、次の(1)~(4)のどれかかなと思っています。

(1)...続きを読む

Aベストアンサー

ごく簡単にいえば、「費目」は基本的に費用に関する一般的な区分単位、「勘定科目」は表示上の区分単位ということになるものと思います。

両者の共通点は、いずれも区分単位である点でしょう。
他方、相違点は、「費目」の範囲は原則として費用に限られるところ(ただし、場面によっては収益や資産、負債にも用いられる)、「勘定科目」はもとより費用に限っていない(収益、資産、負債、資本の区分単位にもなる)点、および、「勘定科目」は財務諸表の表示区分ないしそれを視野に入れた仕訳上の表示区分として用いられる用語であるのに対し、「費目」はもっと一般的に用いられる用語である点だと考えます。

したがって、具体的な「費目」の事例と「勘定科目」の事例とは、重なる場合があります。

原価計算基準は、財務諸表で用いられる表示上の区分単位の名称や、仕訳で用いられる区分単位の名称を定める役割を与えられていないので、「勘定科目」ではなく「費目」という用語を用いたのではないでしょうか。
加えて、元のデータが「勘定科目」別に集計されていたとしても、それに囚われることなく、原価計算上必要と思われる単位(=「費目」)に組み直してから原価計算をしなさい(結果として「費目」別の区分が「勘定科目」別の区分と一致するのなら、もしくは組み直す必要が無いと原価計算遂行者が判断したのなら、それはそれで構いません)、ということも示唆しているものと思います。

以上は、文末の表現からもお分かりいただけるとおり、記憶や推定に基づいております。不確かな情報であることを、お詫び申し上げます。

ごく簡単にいえば、「費目」は基本的に費用に関する一般的な区分単位、「勘定科目」は表示上の区分単位ということになるものと思います。

両者の共通点は、いずれも区分単位である点でしょう。
他方、相違点は、「費目」の範囲は原則として費用に限られるところ(ただし、場面によっては収益や資産、負債にも用いられる)、「勘定科目」はもとより費用に限っていない(収益、資産、負債、資本の区分単位にもなる)点、および、「勘定科目」は財務諸表の表示区分ないしそれを視野に入れた仕訳上の表示区分とし...続きを読む

Q地方公営企業の消費税等資本的収支調整額とは?

詳しい方、教えてください。
地方公営企業の決算書を見ると、「資本的収入額が資本的支出額に不足するは・・・消費税等資本的収支調整額で補てんした。」と書いてあることがあります。

この消費税等資本的収支調整額とは、
(1)式「税込み純利益-税抜き純利益-貯蔵品仮払消費税仕入控除額」若しくは
(2)式「4条仮払消費税等額-4条仮受消費税等額-控除対象外消費税」で算出することができるということはわかりました。

しかしながら、どのような理屈で上記の計算式により消費税等資本的収支調整額が算出されるのかがわかりません。

(1)式では貯蔵品仮払消費税仕入控除額を引く理由がよくわかりません。(2)式では、これで消費税の還付額が算出できると思うのですが、これを補てん財源としてしまって、翌年度に影響が出ないのか?等と疑問に思ってしまいます。

本などで調べてみても、計算式が載っているのみだったりして、よくわからないのです。

消費税等資本的収支調整額とはそもそもどういう考え方のものなのか、どうして補てん財源として使用できるのか、(1)式の貯蔵品仮払消費税仕入控除額を引く理由、(2)式の還付額を補てん財源とできる理由、その他この件について、恐れ入りますが、教えてください。

詳しい方、教えてください。
地方公営企業の決算書を見ると、「資本的収入額が資本的支出額に不足するは・・・消費税等資本的収支調整額で補てんした。」と書いてあることがあります。

この消費税等資本的収支調整額とは、
(1)式「税込み純利益-税抜き純利益-貯蔵品仮払消費税仕入控除額」若しくは
(2)式「4条仮払消費税等額-4条仮受消費税等額-控除対象外消費税」で算出することができるということはわかりました。

しかしながら、どのような理屈で上記の計算式により消費税等資本的収支調整額が算...続きを読む

Aベストアンサー

消費税資本的収支調整額は税込決算と税抜決算の差ということが出来ます。

企業会計は損益計算書も貸借対照表もすべて税抜き表示を行いますが、議決予算は税込みであるため対比させる決算報告書についても税込みで報告されます。

税抜きであれば消費税という項目が出てこない(仮受、仮払消費税を除く)のですが、税込み表示にすることにより、収益的支出の予算の中に消費税支払額の項目が計上されたり、資本的収支において消費税資本的収支調整額が出てくることになります。

この仕組みを理解するためには、税込み決算額と税抜き決算額を節ごとに並べて対比されることが一番の近道です。

Q長期前受金を受け取った時の仕訳は?

長期前受金を受け取り、毎月月割りで収益計上していく時の仕訳を教えてく
ださい。10/1に前受金1,800,000円を受け取り、毎月100,000円づつ収益へ
振り替えていきます。決算期は4/1~3/31です。2つのパターンを考えました。

(1) 預金 1,800,000円/短期前受金 600,000円
            長期前受金 1,200,000円

(2) 預金 1,800,000円/長期前受金 1,800,000円

どちらが正しいのでしょうか?もし別の答えがあれば教えてください。 

Aベストアンサー

正直申し上げてどちらでもたいした問題ではありません。
但し、あなたの会社が綿密な財務分析をされているのなら区分すべきでしょう。区分するうえで考えなければならないのは、短期、長期の区分方法です。流動、固定のどちらの負債に計上するかです。流動負債とは簡単に言えば1年以内に支払の期限が到来する債務です。
その考えでいくと(1)は考え方が根本的に違います。決算期までに収入になる金額を計上してあります。
短期前受金に計上するなら1,200,000円です。
余談になりますが、私なら毎月収益へ取り崩すとき長期前受金を取り崩していきます。そうすれば常に短期前受金の金額は120万円で固定されます。長期の残高がなくなったら短期を取り崩します。

Q支出予算科目について

例えば、下記のような感じで掲載されている、支出予算科目のサイトがありましたら、何方かご紹介いただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

例)
ボールペン    → 消耗品費
エンジンオイル → 消耗品費
ガソリン      → 燃料費
運送料      → 運搬費
給料 → 人件費
 

Aベストアンサー

 http://www.sakado.or.jp/keihi_ichiran.html

 実務上法人毎にその処理科目は多種多様です。
 質問では【エンジンオイル→消耗品】としていますが、
 ガソリンと同じく燃料費とするところもあれば、
 燃料費ではなく車輛費とするところもあります。

 とどのつまり、経理上どの勘定科目で処理されていようが
 税務上の問題は何一つないという事です。(金額等に
 誤りがなければ)

 どのような意図を持っての御質問か存じ上げませんが、
 経理処理についてという事であれば以上のとおりです。

 単にどのような科目で処理されるのか?ということで
 あれば、貼り付けたURLを参照して下さい。
 

Q予算の”継続費”と”債務負担行為”の違いは?

国や、自治体の予算単年度主義の例外として”継続費”と”債務負担行為”が
ありますが、この違いがいまいちピンときません
条文や解説書を読んでみたんですが・・・・
どういうときにどちらを適用するのかよくわからないんです
設定年度に支出行為があるかないか以外にどんな違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

No1の追加です。継続費は、複数年度の合計事業費=支出額は確定していますので、変更は出来ません。各年度の支出額も決まってはいますが、事情により合計金額の枠内で変更が可能です。

 債務負担行為は、負担する最高限度額とそれに伴う各年度の負担限度額を決定します。例えば償還金の場合、借り入れ段階で利率が決定していますので、元利合計の負担限度額と各年度毎の負担額が決定されますが、そのお金を返すために有利な借入先が見つかった場合は借り換えを行う場合があります、その場合は限度額内での減額となりますが、そのたびに債務負担行為の議決を経るのではなくて、当初の段階での決定している額を限度額として、その額以内であれば変更が出来るような議決方法にします。

 債務負担行為の議決は、次年度以降の支出の限度額までは、予算が保証されていると言うことです。

Q地方債の起債前借とは?

教えてください。
地方公共団体が地方債により資金調達をするときに、「起債前借」ということを行うケースがあるようです。この起債前借とはどんなものですか。

例えば地方債の許可を受けたときは「起債前借」をしなければならないというルールがあったりするのでしょうか。

建物が完成した後でないと起債できないから、借りるというようなことなのでしょうか。

Aベストアンサー

ほぼ文字通りで、財投資金や公庫資金などを引受先とする地方債について、実際に起債が行われるまでの間、つなぎとして借りるものを起債前借りといいます。地方債は、国が地方財政計画と地方債計画を確定しないと正式に許可が下りないのですが、その一方で公共事業などでは前払い、中間払いなどの形で順次支払いが発生する場合があり、その間、自治体側が手持ち資金がない場合にこれら公的資金から一時借り入れの形で前借りをするわけです。ですから、必ず前借りしなければいけないというものではなく、また一般的には、許可の内定が通知されるなど、起債が確実に行われる場合に限って実施できます。
なお、前借り後は、実際に起債するときに相殺の形で償還する場合が多いようです。

Q未処分利益と当期純利益はどう違うのでしょうか

未処分利益と当期純利益ってやはり違うのでしょうか?イマイチよくわかってません。詳しい方がおられましたら、教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

当期純利益はその名のとおり当期に得た利益だけをいいます。
そして未処分利益は、まだ処分してない(使い道を決めていない)利益のことです。
すなわち当期純利益と、前期に使っていない利益(=繰越利益)、積立金の取り崩し額など、当期、前期関係なしに
利益となりえるものを全部当期純利益に足したものが未処分利益となります。
そして、当期未処分利益のうち、株主総会などでその使い道を決め
使い残ったものもまた未処分利益(=繰越利益)となります。

理解していただけましたか?

Q地方公営企業の建設改良費繰越と債務負担行為

詳しい方教えてください。

建設改良費について、19年度に21年度までの債務負担行為を設定した場合で、21年度に支払が終わらなかった場合に、地方公営企業法第26条に定める建設改良費繰越をすることができるのでしょうか。

つまり19年度から21年度までの債務負担行為で、22年度も新たな債務負担行為なしに執行することができるのでしょうか。

一般会計のように新たな債務負担行為の設定は必要ないのでしょうか。

おそれいりますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法26条1項の建設改良費繰越は経費の性格上認められているものであり、(4条予算)款・資本的支出、項・建設改良費に予算化されていれば、無条件に繰越できます。この場合22年度の最初の議会で建設改良費の繰越報告が必要です。
また契約行為が出来ていて、避けがたい事故により22年度内に支払い義務が生じなかった場合は、さらに23年度に事故繰越をすることも出来ます。
一般会計等のように、議会の承認を経て行う明許繰越と異なる企業会計の特長です。

Q公営企業の会計について

「公営企業において、年度をまたいで契約することは、
必要であれば契約当初から可能である。」旨の文を「会
計に関する解説」等の本(私の自治体の解説書でなく、
一般に販売されている書籍でした)で見た覚えがありま
す。
しかし、出典を忘れてしまったため、探し出すことがで
きません。
どなたかご存じの方がいましたら、出典と、できればペー
ジをご教示いただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No1です。
地方公営企業法
(地方自治法の適用除外)
第40条  地方公営企業の業務に関する契約の締結並びに財産の取得、管理及び処分については、地方自治法第96条第1項第5号から第8号まで及び第237条第2項及び第3項の規定にかかわらず、条例又は議会の議決によることを要しない。

 これですね。地方自治法の第96条第1項第5号で、契約の締結条件を規定していますので、この議決を要しないのであれば、年度をまたいだ契約も議会の議決を要しません。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 


人気Q&Aランキング