gooポイントでOCNがお得に!?

体操の選手の体格って、独特な体型の細マッチョですよね。
比較的小柄で体重も60kg前後で、筋肉量自体はボディビルダーなんかより
少ないと思うのですが、脂肪が少なくて肩とか腕とかくっきりと筋肉のライン
が出てますよね。

たぶん体操選手は、特別なウェイトトレーニングなどはせずに(以前テレビで富田選手
などはしてないと言っていました)、純粋に体操競技の練習を積んで、あの体型になった
と思うのですが、体操競技の練習はしないで、通常の筋トレ(ウェイトトレーニングや
自重を利用したトレーニング)であのような体型になることは可能なのでしょうか?
可能ならどういったメニューになるのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>地道に筋トレする場合は、どんなメニューがいいのでしょう?



加重ディップス、加重チンニング、バックプレス、加重クランチに
ケーブル系の補助種目を足してください

ちなみに遅筋を鍛えるということは、その稼動特性からできません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

補足ありがとうございます。
なるほど。ディップスやチンニングは平行棒や鉄棒でできるので
実際の体操の動作に近い気がしますね。

お礼日時:2009/04/29 00:11

これは私が聞いた話です。


基本的に自分の体重を激しい動きの中で、急激に止める、動かす、静止状態を保つ、という運動を繰り返すわけですけど、最初からこういう事ができる人は、まず居ないのだそうです。(私もそう思います)
で、こういう運動を行うには、やはり筋力が必要になります。
基本的な筋力が不足している場合は、ダンベルやバーベルを使用したトレーニングから入る事は、当たり前にあるそうです。
で、ある程度筋力が付くと、プッシュアップバーなどを使っての、倒立しての腕立てやディップス、吊り輪などを利用しての懸垂などを繰り返すそうです。
バランス感覚を鍛えながら、という事なのでしょうが、ここまで到達するには、やはり並大抵の事ではないだろうな、と思えますね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
補助を付けながら倒立での腕立てや、体にウェイトを付けての吊り輪の力技の練習などは私も見たことがあります。

お礼日時:2009/04/29 00:18

#2です。

お礼ありがとうございます。

友達が体操をやっていて、昔そいつから聞いた話しです。
遅筋でも自分の体重を支えたり、床の跳躍ぐらいは出来ると言っていました。
また、速筋を鍛えるとボディービルダーのよう重くなってマイナスになるから遅筋をきたえていると言っていました。
ただ、全国レベルではないプレイヤーで、高校のクラブだからしっかりした指導者も居ない状況だったので、彼が間違った考えでトレーニングをしていたら、間違った解答になっていたかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

補足ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/29 00:04

えっとですね・・・。

体操選手の筋肉の付き方を見ればわかりますが、発達しているのは明らかに速筋です。
また、腕や肩の筋肉が目立ちますが、最も体操選手に特に重要であり、発達しているのは「大円筋」や「広背筋」等の背中の筋肉です。
体操競技をみればわかりますが、特に鉄棒や平行棒、吊り輪では自分の体を瞬時に引き上げるという動作が多用されますから、腕を引くという動きの主働筋である広背筋が発達するわけです。
いずれにしても、体操競技には瞬間的なスピードとパワーが要求されます。十字懸垂などの力技も止まってますけど最大限の筋力を発揮している状態ですから、力を出しているのは速筋です。
遅筋鍛えてもこんな体にはならないです。
ウエイトトレーニングをやらないとしても、体操競技は反動や遠心力のために体重の何倍もの負荷が筋肉にかかるのであのような体になるのでしょう。重いウエイトを使わなくても、ジャンピングプッシュアップのようなバリスティックな動きで自重トレをすればある程度筋肉が発達するのと同じ理屈だと思います。
ということで、体操選手のような体になるなら体操をするに限る、というのが結論ですが皆がみんなあんな動きできるわけではありませんよね。ということで体操できない人は地道に筋トレをするしかないと思います。
そうそう、体操選手がウエイトトレーニングをしないというのがホントかどうか知りませんが、もししないとしたら競技動作とウエイトトレーニングの動作に共通することが多く、ウエイトトレーニングをすることによって筋肉が疲労し、肝心の体操競技の練習に力が入らないからだと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
地道に筋トレする場合は、どんなメニューがいいのでしょう?
トレーニングの種目や、負荷、回数などの選び方にコツがあるのかな?
と思って質問してみたのです。

お礼日時:2009/04/28 01:57

遅筋(赤筋)をきたえるトレーニングをした方がいいです。


ウェイトトレーニングなら軽い負荷で多くの回数を行う方法があります。
詳しくは「遅筋 トレーニング」で検索すればさまざまなサイトが見つかります。
そこで自分にあったトレーニングをするのが良いと思います。

体操選手やボクサーの選手などがウェイトトレーニングをしないのは、軽い負荷で多くの回数をするのであれば、自分のスポーツの動作を繰り返し行うことと大差ないことになるからです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
No.3様とは反対の意見ですね。
吊り輪の力技などは体重が負荷とは言え、
決して軽い負荷ではないと思うのですがどうでしょうか?

お礼日時:2009/04/28 01:49

体操競技種目を長く継続する事により筋肉も付いてきたのだと思います。


体操競技種目は特に肩部、腕部の筋肉を使います。

スポーツを行っていて否応無しに筋肉が付く場合は別として、普通の人が筋肉を付ける場合はやはりウェートトレーニングが必要になると思います。

トレーニング初心者でしたら、自重の筋トレから初め慣れてきたら負荷を掛けたウェイトトレーニングに移行されると良いと思います。
メニューとしては腕立て伏せ・腹筋運動・スクワットの三つで身体全体のトレーニングになります。
慣れてきたら家行う場合はダンベル等を購入されて行うと良いとおもいます。
又、部屋が広い場合でしたら、バーベルやベンチ等揃えると良いと思います。

家庭では器具を揃えたり或いは部屋の都合上難しい面があると思いますが・・。
ジムに通える環境が一番ですが、安価(1時間100円とか200円)で使用出来る公共のトレーニング室を利用するのも良いと思います。。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
でも、それだと普通のトレーニングですよね。
私は筋トレを定期的に行っていて、腕立て伏せだと連続200回以上、ベンチプレスだと110kg以上挙げられるレベルですが(他に脚や腕や肩もトレーニングしてます)、ああいう体にはならないですね。
何か普通とは違ったトレーニング法があるのかな?と思って質問してみたのです。

お礼日時:2009/04/28 01:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体操選手の筋トレ

体操選手は立派な筋肉をしていますが、バーベルなどの道具を使った筋力トレーニングをしているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。はじめまして。

高校時代に体操部に所属していました。体操に関わったのは部活だけなので、プロの方の筋トレや、男子体操(私は女です)はよくわからないのですが…。

まず、体操は器具を使って運動をするだけで筋肉がつきます。考えてみれば鉄棒にぶら下がって体をゆするんですよ。それで筋肉がつかない方がおかしいという話です(笑)遊び程度で男子の体操の器具をさわったことがありますが、吊り輪などは特に自分の腕だけで体を支えるわけですから、それを支持するだけでかなりの筋肉がつきます。

もちろん筋トレはたくさんやりました。私の部活ではバーベルはやりませんでしたが、鉄アレイなどはやりました。もちろん男子も女子も。腹筋や背筋も普通にやりました。器具をつかった筋トレも沢山種類があります。男子なら平行棒で腕たてをしたり、女子なら平均台で腹筋をしたり(やり方は本当にたっくさんあります)

男子体操選手のあの筋肉は本当すごいですよね。女子もすごいですけど。参考になれば嬉しいです。

Q器械体操やってます。この冬筋トレを徹底してやりたいので、アドバイスください

現在高校一年の男子で、部活は器械体操をやってます。
身長175cm・体重64kg・体脂肪率約13パーセントです。
体操をやるにしてはかなり身長が大きいです;;
体格は入学してから約8ヶ月間体操をやってかなり筋肉はついてきたと思います。

冬は寒くて、体も思うように動かなくて体操をやるには怪我をしやすい時季です。なので来年の春から派手でダイナミックな新しい技に挑戦するために、この冬は筋力強化を徹底しようと思っています。
というのも、やはり体操の基礎となるのは筋肉であり、筋力があれば技のレパートリーが広がりますし、怪我の防止にもつながります。
具体的には、きれいな脚上挙・上水平・吊り輪での十字懸垂などといった力技に力を入れたいのです。

しかし、いろいろ筋トレ方法を調べてみても、「始めは軽い負荷からやってみよう!」や「毎日チョットずつやろう」など、なんだかなまぬるいようなことばかり書いているように思われます。
確かに「継続は力なり」と言います。焦らずゆっくり時間をかけてやることの大切さは重々わかっているつもりです。
しかし、高校は進学校なので部活は3年の春には引退していまうので、来年の自分の体操の技術の進歩がこの冬にかかっていると思います。
僕にはちまちまトレーニングする時間がありません。
高校生活の部活で完全燃焼したいのです!!!

どんなに厳しい筋トレにでも挫折せずにやり遂げてみせますので、この冬にできる筋トレメニューのアドバイスをいただきたいのです。
日を置いて筋肉を超回復させるためにも、筋トレをやらない日を作りたいとも思っています。

しかし、家には専門的なトレーニング用品もありません。ただ3kgのダンベルだけあります。もちろん必要だと思えば購入もしようと思ってます。

長くなりましたがアドバイスよろしくお願いします。

追伸
>lvm225さんありがとうございます。

現在高校一年の男子で、部活は器械体操をやってます。
身長175cm・体重64kg・体脂肪率約13パーセントです。
体操をやるにしてはかなり身長が大きいです;;
体格は入学してから約8ヶ月間体操をやってかなり筋肉はついてきたと思います。

冬は寒くて、体も思うように動かなくて体操をやるには怪我をしやすい時季です。なので来年の春から派手でダイナミックな新しい技に挑戦するために、この冬は筋力強化を徹底しようと思っています。
というのも、やはり体操の基礎となるのは筋肉であり、筋力があれば技の...続きを読む

Aベストアンサー

 moomwalk さん、こんにちわ。

 トレーニングは、通常下記の様に分けられます。
 多少の差はあれ、きちんとしたトレーナーなり研究者は同じような考え方を持っているでしょう。

================================
・基礎的なトレーニング
1、レジスタンストレーニング
 a, 筋肥大
 b, 筋出力の向上
 c, 筋持久力の向上
2、心肺機能トレーニング

-------------------------
・基礎段階が終わらないとつぎに進めないとされるトレーニング
3、全身の統合トレーニング
4、プライオメトリクス
5、クイックアンドアジリティ

-------------------------
・上記と平行して行われるトレーニング
6、柔軟性やバランスなどのコーディネーション

================================

 これは競技をする上では大事な事で、例えば筋肥大だけを求めるような場合はそれだけをすれば目的は足りる訳ですが、競技能力の向上を求める場合には競技そのものの技術や栄養などを含めた上でそれらを関連づけて検討するとなります。

 トレーニングというのは上記の方法をそれぞれ組み合わせて最大限の効果を出すものですから、基礎知識として知るべき事は本当に少ないものです。
 それをきちんと系統付けて行うかどうかが良い発展をもたらします。

 「トレーニングは競技の役に立たない」
とされるような方のお話を聞くと、トレーニングでされている事は 10RM * 3set のような単純な方法だけだったりします。
 他に何もしないでそれだけをして、それぞれの内容を系統付けないものだと、競技成績の向上につながる良いトレーニングとは言えません。

 そういう発展性の無いトレーニングをしているとしたら、きちんと問題点を見つけそれを解決に導くように系統付けてトレーニングを組み立てている選手(やスタッフを含めて行っているチーム)に較べると、トレーニングが競技技術の向上につながらないのは至って当然の事です。

 私は、自分の分からない範囲であれば、それぞれの段階で医師や各療法士や栄養士のような専門家の方に協力をあおぐなどして、解決に近づける様にしています。
 選手の方であれば、上記のような専門家に相談するなりまたは先輩に聞く等も方法でしょう。専門家に仕事をしてもらうにはお金がかかるので、高校生だとすると、お金で解決するのは難しいと現実的には思います。

 話しが飛びましたが、知らないというのは全然問題でなくて、そういうのは本を買えばいくらでも書いてあります。とはいえ最低限の知識は必要でしょう。
 それと同時に「その為にはどうするかという組み立て方をするか」という事を学ぶ方が将来にわたって重要でしょう。
 将来というのは何年も先のことを言うのではなくて、「3ヶ月後に確実に良くなる」為にもきちんと組み立てらる必要があるでしょう。それが「来週」と期間が短くなったとして同じです。



 今回の例も、上記のステップは当てはまるのですが、伴う条件として、

・moomwalk さんの年齢要素として
「骨の成長線が閉じているかどうか微妙な年齢で強強度のレジスタンストレーニングをすべきか」
という問題があります。
 これはレントゲンを撮るなどで分かるのですが、そうだとしてもそれを無視するという方法もあります。

 次にレジスタンストレーニングにふさわしい身体条件だとして進めると、

・「どういった身体が体操競技の選手にふさわしいか?」
というものが出てきます。
 これは、通常の体力テスト(垂直跳びや反復などです)や、BMI、上半身/下半身の筋力の比率などが一流選手に較べどうなのか、というところからある程度の整合性が見いだせます。


・「心肺機能の(競技特性に向けた)トレーニング」というのはあまり年齢条件は無いものなのでいつでも出来るものですが、単にジョグをするような話しではなく、kg 当たりの最大酸素摂取量を競技特性と合わせて向上させる必要があるので、最長の競技時間と思われる「床体操」(40秒程度か?)に合わせてトレーニングをして最大の効果を得れる様にすべきでしょう。
 これはその程度の時間をターゲットにした「ミドルパワートレーニング」というもので向上させる事が出来ます。
 これはボクシングなら3分とか、柔道なら何分のように、ある程度その競技特性に合わせてトレーニングを変えるものです。


・その次のステップである「全身の統合トレーニング」「プライオメトリクス」などををするにしたら、まずここまでがクリアになっていないと具体的な話しをしても意味がありません。

・その遥か先に「トレーニングと競技練習を関連づけた有機的な組み立て方」というのが出てくるものでしょう。



 トレーニングというのは、「やりながら良いところはさらに伸ばし、弱いところの向上を図る」わけですが、そういうのは実際見ないと組み立てられないものなので、前述したような手軽なコツを期待してもそれは無理な訳です。

 こういう考え方をプロから学んでもらって、2年生いっぱいの最後の試合までに最高の成績を残せる様に努力するものだと思います。
 こういう「指針を出す」というのが専門家としてすべき事だと私は考えています。

 こういう考え方を学んでもらえば、あとは先輩やその他の競技の選手の話しを聞けば、
「これはこういう条件に相当するのだろう」
「これはこうすれば良いのだろう」
と関連づけて分析が出来、それにより正解に近づく事ができると思います。

 そういうのを関係なしに当てずっぽうにトレーニングをしても、それこそ「トレーニングは意味が無かった」と悔いを残す結果となりかねません。

 その人の考え方の根本に「組み立て方を学ぶなど必要ない」というのがあるとしたら、医者や商品開発、運動などそれぞれの分野での専門職として技術を向上させる手順が無くなると思います。


 この掲示板は著作権を放棄する事が前提のため詳しく書く事はしませんし、いままでの内容でも充分に解決に近づくと思います。
 もし専門的な話しを聞きたいとお考えであれば「肉漢」という掲示板におりますので、そちらでご質問いただければ時間が許す範囲で書けると思います。
 また私の最初のレッスンは無料ですので、どこかでお会いできればそういう解決方法もあると思います。しかしこの掲示板はそういう事を具体的に書くのは禁止なので、グーグルで探してくださいとしかいえません。


 専門職というのはこういう風に先の事を考えるものだと私は思っています。
 

 moomwalk さん、こんにちわ。

 トレーニングは、通常下記の様に分けられます。
 多少の差はあれ、きちんとしたトレーナーなり研究者は同じような考え方を持っているでしょう。

================================
・基礎的なトレーニング
1、レジスタンストレーニング
 a, 筋肥大
 b, 筋出力の向上
 c, 筋持久力の向上
2、心肺機能トレーニング

-------------------------
・基礎段階が終わらないとつぎに進めないとされるトレーニング
3、全身の統合トレーニング
4、プライオメトリ...続きを読む

Q体操選手のような筋肉をつけたいと思ったんですが、体操選手はどのようなト

体操選手のような筋肉をつけたいと思ったんですが、体操選手はどのようなトレーニング(練習も含める)をしているのですか?
一日にどれくらいの量、時間やっているのですか?
別に筋肉をもりもりにしようと12回位が限界の負荷を云々というようなトレーニングをしているわけではないですよね?
なのにあんなに筋肉がつくものなのですか?
毎日鍛えていれば必要な分の筋肉(体操選手でいえば競技をこなすのに必要な分の筋肉)がついて体操選手のような筋肉になるのですか?
練習するうえで筋肉痛になった場合は直るまで休んだりするんですか?
プロテインなどな摂取するんですか?


一度にたくさん聞いてしまいましたが最後にひとつ
体操選手のような筋肉をつけるにはどのようなトレーニングをするべきでしょうか?
よろしければ私のためにトレーニングメニューを考えてくだされば嬉しいです。

Aベストアンサー

自分は体操選手じゃありませんが、親友に元体操部が居ます。

>毎日鍛えていれば必要な分の筋肉がついて体操選手のような筋肉になる

結局はコレですね。

基本トレーニングとしては、壁倒立(腹と顔を壁に付けるように直立)、懸垂、脚上げ(鉄棒などにブラ下がり、足先を鉄棒につける)など。
それと同等以上に重要なのが柔軟運動です。
また、体操選手は高負荷低回数で速筋を鍛えてあんな体になった、というのは若干違っていて
むしろ筋持久力を高めるトレーニングが重要かつ中心とのこと。
不必要に筋肥大させても、重りになるだけですから。
また、彼からプロテインを使っているといった話は聞いた事がありません。

他の点や、さらに詳しいメニューまでは聞いた事がありませんので、とりあえずここまで。

Q筋肉量を1kg増やすにはどれくらいの期間必要?

最近、あまりにもこの手の話題が多いので気になって「あえて」質問させて頂きます。

筋肉の量を1kg増やすにはどれくらいのトレーニングが必要なのでしょうか?
またどれくらいの期間が必要なんでしょうか?

週3,4回程度の有酸素運動を1か月ぐらいで筋肉が1kgも増えるなんてあるんでしょうか?
また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )

仮に増えたとしても生半可なトレーニングじゃ1か月で1kg増量なんて無理な気がしますが????

Aベストアンサー

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
※1年で12kgは無理でw

筋肉の水分含有量は75%~80%です。
脱水症状気味の有無、パンプアップの有無で変化しちゃいます
ヒトの体は50%が筋肉とも言われています。
つまり60kgの50%の30kg中の変動分5%程度
1.5kgは筋繊維の変化がなくとも「筋肉量の変化」がある

日ごろから運動してないなどスタート時の条件を細工すれば
2時間もあれば1kgふやせるんじゃねwwwww(草生やしておく)


なお一般的になっている体組成計の数値でしたら
複数の周波数の信号を体に送って通電状態から類推している機械ですので
トイレいったり蒸しタオルで足の裏拭いたり
水飲んだり 塩分取りすぎてむくんでたり
風呂入ってくるとか
数字はあるていどコントロールできるかと。
(説明書には風呂上りにとかNGって書いてある)

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
...続きを読む

Q倒立の練習の仕方について

倒立の練習の仕方について

倒立の練習の仕方について質問です。
現在大人(23歳)で倒立が出来るようになりたくて2~3ヶ月練習をしています。
体操などは全くやったことなくて初心者ではありますが、検索サイトや当サイトなどを利用して倒立の練習について色々と調べて現在練習中です。

やっていることは

1.壁倒立(お腹が壁側になるように)で手を出来るだけ壁に近付けて壁にはつま先だけ接する形をとって50秒倒立→30秒休憩→30秒倒立→20秒休憩→20秒倒立という練習をしている。

2.同じく壁倒立から今度はつま先を壁から離して壁に何も接してない状態でバランスを取る(止まる)練習をしています。これは大体5秒~10秒ぐらいしか静止出来ないのでマットを敷いて前転に持っていってまた倒立して静止するを手首が痛くなる1歩手前まで繰り返しています。

1の方法は今は50秒ですけど、最初は30秒ぐらいしか出来なかったので大分筋力は付いたとは思うんですが。。それでも他のサイトで調べたら1分は軽く出来ないと倒立は難しいって書かれていたのでまだまだ鍛えなきゃいけないんでしょうけど。。

質問なのは上記の練習方法で毎日やっていれば出来るようになるでしょうか?また上記の方法を1日1セットしかやってないんですけど、足りないですかね?朝昼晩とやるべきですか?
それと他に良い練習方法や、こうゆう筋トレをしたほうがいいってのがありましたら教えてください。腹筋や背筋もトレーニングしなきゃいけないでしょうか?

倒立の練習の仕方について

倒立の練習の仕方について質問です。
現在大人(23歳)で倒立が出来るようになりたくて2~3ヶ月練習をしています。
体操などは全くやったことなくて初心者ではありますが、検索サイトや当サイトなどを利用して倒立の練習について色々と調べて現在練習中です。

やっていることは

1.壁倒立(お腹が壁側になるように)で手を出来るだけ壁に近付けて壁にはつま先だけ接する形をとって50秒倒立→30秒休憩→30秒倒立→20秒休憩→20秒倒立という練習をしている。

2.同じく壁倒立から今度は...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。体操を昔かなり一生懸命やっていたものです。

倒立って奥が深いんですよね!長くなりそうなので、本題に
入りたいと思います。

率直に言いますと、倒立は足で立っている姿勢のまま、真逆になれば
すごく楽にできます。

つまり、立っているときは、足首の真上に腰がありますね。腰の真上に
肩がありますね。
それを真逆にして、手で立つとすれば、手首の真上に肩がきますね。
肩の真上に腰。腰の真上に足首。

このポイントになる関節がまっすぐ1になれば、一番楽に無理なく
倒立が止まります。

まっすぐな1にならないとすれば、それはどこかをチェックして原因を
突き止めて改善していくことですね。

あとは、質問者様は一生懸命筋トレをされているようなので、少しずつ
強くしていっていただいて倒立を支える筋力は必要です。
壁倒立が一番いいです。できるだけ長く(笑)
(そこまではやらなくていいですが、体操選手のトレーニングでは壁倒立
3分を数セットやったりします・・・鬼のようにきつかったです)

そのほかで言えば、手の指をしっかりと開いて地面をつかむことも大事です。


そして、倒立を長く続けるのに一番大事なものは倒立を修正できる技術
や修正できる筋力です。
ある程度これをマスターする必要があります。

倒立が途中で終わってしまう理由としては次の3つでしょう。
1、体力の限界でつぶれてしまう。
2、倒立前転する方向に倒れたり、反ったりして終わってしまう。
3、手前に倒れてしまう。


1、についてはある意味しかたのないことです。希望する秒数できる筋力を
壁倒立で鍛えましょう。

2、3、については、技術と支える筋力とは違った筋力が必要になります。

2、の場合の練習方法は、あらかじめ壁倒立で(壁に背中をむける方向)
壁から手を離してつき、反った状態で壁に足をつけます。(最初はちょっと反る
くらいから始めてみてください)そこから、お尻とお腹、体全体を締めて
手前に戻ってくるように肩も首も入れて引っぱります。
これが倒立で反ってしまったり前転する方向にいってしまった時の修正方法
です。これは正直時間がかかりますので、地道に気長に。ゴールは反ってしま
いそうなところから修正をしてまっすぐな1のポジションに戻す。
次の3、はその逆の練習方法で、ゴールは一緒です。

体の筋肉をすべてぎゅ~っと締めないと、絶対に倒立修正はできません!

3、は2、と逆向きにやります。
お腹を壁に向ける方向で、少し壁から手を離して倒立をして足を壁につけます。
そこからお尻とお腹、体をしっかりと締めて肩と首を出していきます。
そうすると肩にすごく負担がかかってきます。(三角筋)
こちらを戻すのは結構筋力が必要なので、最初から戻そうとすると筋力が
追いつかなくて潰れてしまって顔面を打ったりすると危険なので、三角筋が
プルプルしてくると思いますので、その姿勢を我慢して筋トレしましょう。
最初は肩と首を出して戻していくときに肘を曲げると戻しやすくなります。

また、壁倒立をしながら、肘を曲げて伸ばす倒立腕立てみたいなのをして
筋力を鍛えましょう。

最後はちょっと難しい内容になってしまったかもしれません。ごめんなさい。

わからない点があればまた聞いてください!がんばってください。必ず
出来ますよ!

こんにちは。体操を昔かなり一生懸命やっていたものです。

倒立って奥が深いんですよね!長くなりそうなので、本題に
入りたいと思います。

率直に言いますと、倒立は足で立っている姿勢のまま、真逆になれば
すごく楽にできます。

つまり、立っているときは、足首の真上に腰がありますね。腰の真上に
肩がありますね。
それを真逆にして、手で立つとすれば、手首の真上に肩がきますね。
肩の真上に腰。腰の真上に足首。

このポイントになる関節がまっすぐ1になれば、一番楽に無理なく
倒立が止まります。

...続きを読む

Q体操選手は鉄棒プロテクタ装着で半分の握力で済む?

先週土用のTBSテレビで元体操選手の池谷氏(バルセロナ五輪銀メダリスト)が
こんなことを言っていました。
「体操選手は鉄棒競技の際、手に鉄棒専用のプロテクターをつけます。
 これをつけると握力が半分ぐらいで済みます。
 つけないと、回転した時に掴みきれず、遠心力で体が飛んでしまいます」

プロテクターというのはこういう物です。

http://www.taisou.co.jp/product_info.php?products_id=569
http://www.fuji-sports.com/shop/gymnastics/protecter/p111.html

これを装着すると、革のサポーターの内側に、鉛筆一本分ぐらいの芯を挟み込んで鉄棒を握る状態となります。
なぜこれだけで握力半分で済んでしまうのでしょうか?

棒状のものを握るとき、棒の半径が長ければ長いほど(つまり太いほど)棒の中心(つまり支点)から離れたところを握る(つまり力点)ので、太いものほど少ない力で握れることは理解できます。
野球のバットの両端を同じ体力の二人の人間が持ち、互いに逆方向にねじろうとすると、太い端を持った方が勝ちます。これは太い端の方が手が持っている部分の半径が太いので細い端側よりも少ない力でバットにねじる力を与えることができる為です。

この理屈ならば、「半分の握力で済む」為には、芯をもっと太くして、鉄棒の半径ぐらいの芯にして、握った時の鉄棒+芯の半径を鉄棒だけの時の2倍にしなくてはなりません。(梃子の原理は、必要な力は支点から力点までの距離に反比例する・・・はずですよね)

なぜたった鉛筆一本分ぐらいの芯を挟み込んだだけで握力が半分で済んでしまうのでしょうか?

気持ちの問題なのでしょうか?
それとも半分ぐらい、と言ってるだけで、正確に計ると1割減程度なのでしょうか?
もっと別の理由で半分で済んでしまうのでしょうか?

物理に詳しい方、お願いします。

先週土用のTBSテレビで元体操選手の池谷氏(バルセロナ五輪銀メダリスト)が
こんなことを言っていました。
「体操選手は鉄棒競技の際、手に鉄棒専用のプロテクターをつけます。
 これをつけると握力が半分ぐらいで済みます。
 つけないと、回転した時に掴みきれず、遠心力で体が飛んでしまいます」

プロテクターというのはこういう物です。

http://www.taisou.co.jp/product_info.php?products_id=569
http://www.fuji-sports.com/shop/gymnastics/protecter/p111.html

これを装着すると、革のサポーターの...続きを読む

Aベストアンサー

遠い昔に機械体操してたんですが、いやー懐かしい。
基本的に同じものを使ってるんですねー今も。
あれ、あのプロテクタね、入れる丸棒の芯で
「引っかかる」んですよ、鉄棒に。
感覚的な言い方で済みませんが、ギュっと鉄棒を
「握る」んではなくて、親指以外の四本指・・・
小指は余り利いてなかったかな?・・・まあ、その
三、四本の指を曲げた状態で「引っかけて」いる
ような感覚で車輪を回したりしてるんですよ。

説明が難しいな、鉛筆の芯を使ってる子もいたけど、
アルミのφ12~15位のパイプを使ってるとか、
各々グリップ感の良いものを自分で探して独自に
色々試したりしてました。

この芯でプロテクタがたわむ、というか短くなるじゃ
ないですか。 その短くなったプロテクタが芯と手首の
間を結ぶロープのようにテンションがかかって、
それで握力が半分で済むんです。
車輪が下半分で回っている時の感覚は、プロテクタの
テンションに「ぶら下がってる」ような感じです。
実質、握力の低減は半分どころか1/3位にも思えます。

かつ、僅かに芯の位置や引っかかり具合を変える
ことで、一瞬でグリップ力をゼロにしたり、私は
出来なかったけど、トカチェフとかギンガーの空中技への
パチンコみたいな「弾き」で飛んで、帰還する時に
鉄棒にパシッと引っかけて車輪に戻すなど、実は
あの「芯」が技を産み出している道具そのものでも
あるんです。

空中技で再び鉄棒に捕まる先輩にどんな感じか聞いて
みたら、戦闘機が空母に着艦する時の、あのフックの
ひっかかる感じっぽい、と答えてくれました。

ちなみに、上位選手は種目によって各々セッティングした
プロテクタを使うことが多いのですが、私は鉄棒も
吊り輪も同じものを使ったりすることもありました。
上手になりたいなら、そういうの手を抜かないようにと
先輩に言われたことを思い出しました。

当たり前ですよね、バーとリングでテクタの形が
変わって来るんですから。

いずれにせよ、ご質問よりはるかにデリケートに制御
出来る、高度なツールであることは間違いありません。
あれは、体操選手の手を体操用に変える小さなサイボーグ
パーツみたいなものです。

懐かしいですよーん。

遠い昔に機械体操してたんですが、いやー懐かしい。
基本的に同じものを使ってるんですねー今も。
あれ、あのプロテクタね、入れる丸棒の芯で
「引っかかる」んですよ、鉄棒に。
感覚的な言い方で済みませんが、ギュっと鉄棒を
「握る」んではなくて、親指以外の四本指・・・
小指は余り利いてなかったかな?・・・まあ、その
三、四本の指を曲げた状態で「引っかけて」いる
ような感覚で車輪を回したりしてるんですよ。

説明が難しいな、鉛筆の芯を使ってる子もいたけど、
アルミのφ12~15位のパイプを使ってる...続きを読む

Q毎日鍛えても良い筋肉・悪い筋肉はどれ?

20代、男性です。今年に入ってから、ほぼ毎日ジムに通っています。
脂肪燃焼目的で有酸素運動90分→筋トレ60分で回っています。
本格的に筋トレをはじめてから、まだ日が浅いです。
毎日筋トレをしていると、さすがに辛く、また効果が薄れるという事を知りました。
しかし、「腹筋などは毎日鍛えても(筋トレしても)良い。」という意見を聞きました。
毎日鍛えても良い筋肉、良くない筋肉画あるようでしたら、
腹筋以外の部位を教えてください。
宜しく願いします。

Aベストアンサー

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめにつけ、自分にとって最適の間隔を見つけてください。

それと、先に有酸素運動をやると、筋トレの主エネルギーである糖質が不足してしまいますので、十分トレーニングできない可能性があります。
自分の体重を利用した腕立て伏せなどの筋トレ程度ならいいのですが、マシンやダンベルなどを使った本格的なものなら、先にやったほうが効果的です。

ハードなトレーニングをするなら大きな筋肉は週1回しか鍛えない人も珍しくありません。
休むことも、大切なトレーニングです。筋肉痛があるときや気が乗らないときのトレーニングは避けましょう。ケガやストレスになり、挫折のもとです。

休む時は休み、やるときはやる、と言った具合にメリハリをつけて、長く続けることを第一目標にするようにしましょう。

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめに...続きを読む

Q体操選手みたいな筋肉はどうつけるの??

オリンピックで感動をよんだ日本男子体操選手みたいな筋肉はどうやってつけるんですか??
それが気になって眠れません・・・。
教えてください!!!

Aベストアンサー

筋トレして、プロテインをたっぷり飲んで、ご飯は満腹にかかわらず無理にでも食べてください。
彼らは鍛えるのが仕事でありますから、あそこまではいかずとも、Tシャツの似合う体にはなれます。
鍛えるのが初めての人であれば、筋トレ開始から2週間もすれば、「ちょっとついたな^^」って実感できます。

Q飲酒をして筋力トレーニングするとパワーアップしてるの・・・?

「厚い胸板」に憧れ、筋力アップの為トレーニングしています。しかしながら特に夕食事にお酒を欠かすこともできない為、夕食後ウェートトレーニングする時は、ビール350ml程度飲んでいる事が多いです。
結果として、筋肉には悪影響とかないのでしょうか?
現状自分の場合、実は軽く飲んでいた方が、集中力が長続きして(ダンベルとかは)多くの回数上げることが可能なのですが、これっていいのでしょうか?

Aベストアンサー

 超長文です。
 「厚い胸板」への憧れがどれほど強いかによってこの回答が腹立たしいだけにしか感じないかもしれませんが、その思いが強ければトレーニングに対する考え方が変わると思い「指導」させていただきます。
 まず基本ですが、筋肉はトレーニングによって一旦破壊され、その修復時に以前より強く太く結び付けようとする働きがあるため、筋肉に厚みが増し、筋力がアップするわけです。この修復時の補助をする栄養素がたんぱく質です。だから修復するときには当然体内にたんぱく質がなくてはなりません。修復作業はトレーニング直後から始まります。そのタイミングで栄養素を取り入れるのが理想ですからトレーニングは食事前にしましょう。そしてトレーニング後は速やかに(出来れば30分以内に)食事をしましょう。このときはたんぱく質を多く含むもの(肉、卵など)をとるようにしましょう。脂肪分の少ないものが良いです。それとトレーニング前にはチョコレートなどで糖分を摂っておく必要があります。なぜなら、トレーニングをするためのエネルギーが必要だからです。ガス欠状態でトレーニングすると、「トレーニングをするためのエネルギーを補おうと筋肉を分解してエネルギーに換える」働きがあり、逆効果になります。
>自分の場合、実は軽く飲んでいた方が、集中力が長続きして
 錯覚です。集中力は散漫になります。どんなに酒に強い人でも。ではなぜ回数が上がるのか。アルコールによって血流が良くなって筋肉が力を出しやすい状態になっていたためでしょう。じゃあ飲んでたほうがいいのかというとそれもNOです。血流が良くなる余地があったというのは明らかにウォーミングアップ不足です。トレーニング前には十分ストレッチをするなどして筋肉が力を出しやすい状態にしておく必要があります。
 また先ほど筋肉の修復作業云々といいましたが、その際に体内では成長ホルモンが分泌されて修復作業が行われます。酒はこの成長ホルモンの分泌の妨げになるので、少なくともトレーニングの日は飲まないほうが良いでしょう。
 トレーニング頻度ですが、筋肉の修復には2日ほどかかります。修復途中でトレーニングをすることは逆効果です。2日、ないし3日に1回トレーニングするのが良いです。
 根本から覆すかもしれませんが、負荷について一言。何キロのダンベルをお使いかわかりませんが5キロや10キロでは胸板は厚くなりません。トレーニング初心者なら多少効果はあるでしょうが厚くとはとてもいかないでしょう。筋力には最大筋力、筋持久力などいくつかの分類があって、筋繊維が太くなる(胸板が厚くなる)には最大筋力を向上させる必要があります。軽いダンベルを20回、30回と上げるのは筋持久力アップしかしません。上げれる回数が40回、50回と多くなるでしょうが、最大筋力は頭打ちとなります。最大筋力を高めるには、5回上げるのが限度の重りを5回上げ、7回上がるようになったら重りを重くするようなトレーニングが必要です。少なくとも家庭では難しいでしょう。そのような器具が家に有ったとしても、持ち上げるのがぎりぎりの重さですから1人では危険です。下手すると死にます。厚い胸板を作りたいならジムに行くことをお勧めします。あるいは補助をしてくれるパートナーを見つけてください。
 以上は筋力トレーニングを語る上では基本でしょう。初心者にもわかるよう、専門用語や詳しい説明は無しにしました。それでも最低限理解いただける程度の説明はしたつもりですが。僕はトレーニングや栄養、筋肉の仕組みみたいな本を立ち読みを合わせれば2,30冊は読んだと思いますが、読めば読むほど更なる疑問が湧いてきますし、本によっては正反対のことを言っている場合もあります。1度本屋でトレーニングの本を読んでみてはいかがでしょうか?だんだん本を読むことも楽しくなってきます!

 超長文です。
 「厚い胸板」への憧れがどれほど強いかによってこの回答が腹立たしいだけにしか感じないかもしれませんが、その思いが強ければトレーニングに対する考え方が変わると思い「指導」させていただきます。
 まず基本ですが、筋肉はトレーニングによって一旦破壊され、その修復時に以前より強く太く結び付けようとする働きがあるため、筋肉に厚みが増し、筋力がアップするわけです。この修復時の補助をする栄養素がたんぱく質です。だから修復するときには当然体内にたんぱく質がなくてはなりませ...続きを読む

Qタニタの体脂肪計アスリートモードって?

フィットネスジムに通い始めて1年半ほどになります。週五日のペースで有酸素運動30分、筋トレ1時間半くらい続けてきました。そのジムにはタニタの体脂肪計がおいてあり、スタンダードモードとアスリートモードを選択して計測するようになっています。ジムに入った当初にスタンダードモードで体脂肪を計ると17%弱で、その後半年ほどは有酸素運動のおかげか順調に14%弱くらいまで減っていきました。
ところが一年ほどたった頃でしょうか。少しずつ体脂肪率が増え始め、今では18~19%になっています。食生活もかわってないし有酸素運動もかわらず行っているのに、筋肉量が増えるのはわかるのですが体脂肪率がアップするのはどうしても理解できませんでした。
そんなとき「そういえばアスリートモードってのもあるなあ・・・」と思い、そのモードを選択して計測すると体脂肪率が11%と出ました。いったいこの違いは何なのでしょうか?スタンダードモードとアスリートモードの違いをインストラクターに聞いてもいまいち納得できる答えが返ってきませんでした。おわかりになる方がおられましたらよろしくお願い致します。

フィットネスジムに通い始めて1年半ほどになります。週五日のペースで有酸素運動30分、筋トレ1時間半くらい続けてきました。そのジムにはタニタの体脂肪計がおいてあり、スタンダードモードとアスリートモードを選択して計測するようになっています。ジムに入った当初にスタンダードモードで体脂肪を計ると17%弱で、その後半年ほどは有酸素運動のおかげか順調に14%弱くらいまで減っていきました。
ところが一年ほどたった頃でしょうか。少しずつ体脂肪率が増え始め、今では18~19%になっています。食生活もかわ...続きを読む

Aベストアンサー

体重計がその人の体重そのものを正確に測っているのに対し、タニタなど一般の体脂肪計はその人の「体脂肪率」を測っているわけではありません。その人の身体の「電気抵抗」(電気の流れやすさ)を測っているだけです。
そして、脂肪は電気を通しづらく、筋肉は電気を通しやすい性質を利用します。だいたいの目安として、これくらいの性別・体重の人で電気抵抗これくらいなら、体脂肪率いくらだ、という「統計的な推定値」を表示します。
ところが、本格アスリートの場合、身体の中の筋肉量や水分量のバランスが平均とかけ離れているため、上記の「統計的な推定値」が当てはまらなくなります。(体脂肪率が過大に推計されます。)そこでアスリートモードを利用します。

ですから、同じ「体重」「電気抵抗値」が測定されたのに対し、体脂肪計は「もしこの人が一般人なら体脂肪率○%」「もしこの人がアスリートなら体脂肪率●%」という推定値を表示します。だから、
>普通の人がアスリートモードで計ってもやっぱり体脂肪は低い値
になります。

体脂肪計で推定する体脂肪率自体、上記のように推定値ですから本当にその人の体脂肪率を正確に測っているか怪しいです。同じ人でも違うメイカーの製品だと違う数字になったりします。同じ人が、同じ条件で、同じ製品で測った時に、体脂肪率が増えているか・減っているかの目安にはなりますが。

そして一般人とアスリートの違いですが、「週12時間以上の運動」という基準で厳密な壁があるわけではありません。(質問者さんの場合は、数字から見てアスリートモードでの推定値に、ほぼ当てはまるような気もしますが。)そこそこ運動する人の場合、体脂肪率は「スタンダードモード」と「アスリートモード」の推計値の途中のどこかにある、というのが正確なところだと思います。

体重計がその人の体重そのものを正確に測っているのに対し、タニタなど一般の体脂肪計はその人の「体脂肪率」を測っているわけではありません。その人の身体の「電気抵抗」(電気の流れやすさ)を測っているだけです。
そして、脂肪は電気を通しづらく、筋肉は電気を通しやすい性質を利用します。だいたいの目安として、これくらいの性別・体重の人で電気抵抗これくらいなら、体脂肪率いくらだ、という「統計的な推定値」を表示します。
ところが、本格アスリートの場合、身体の中の筋肉量や水分量のバランスが...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング