現在、Chart5というソフトを用いて、
研究しようとしているのですが、
恥ずかしながら、
Chart5自体がどのようなソフトなのか分かりません。

また、FFTサイズやCosin-Bell、Hamming、Blackman、Welchなどの
項目があるのですが、どういう時に使えばいいのか分かりません。
自分なりに調べてはみたのですが、難しく理解できませんでした。

申し訳ないのですが、
どなたか分かりやすく教えていただけないでしょうか。
宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

基本的な仕様としては、製造メーカのカタログなどを参照されると良いでしょう。



基本は、「ロガー」という仕組みです。「ロガー」とは、被測定物にセンサーなどを取り付け、ある一定のサイクルで、「電圧」や「電流」を「A/D変換」してコンピュータに入力する仕組みです。

FFTサイズとは、FFT(高速フーリエ変換)を行うときの「サンプリング周波数」のことだと思います。ある閾値以下の周波数の測定はしないで、その閾値以下で高速にフーリエ変換する機能のことでしょう。

Cosin-Bellは、FFT変換を行うとCos及びSinのパラメータを出力できるのですが、その標準偏差を求めるための機能の事であると思います。なぜならば、日本では正規分布曲線といいますが、欧米ではその形の形状から、Bellカーブと呼ばれることが多いためです。

その他については、取り扱い説明書などを読むと良いでしょう。

大量(もしくは高速)に集めた実験データを、どんな統計処理で解析するのかを選択するためのツールであると思えばよいからです。

参考URL:http://www.adi-japan.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅れてしまい申し訳ありません。

とても解りやすい解説ありがとうございました。

後は、上記URLと説明書を参考に
独自で調べてみたいと思います。

本当に有難うございました。

お礼日時:2009/05/14 09:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報