企業別のCO2排出量をみると、新日鉄が1位です。(2007)
また、業種別でのCO2排出量は、鉄鋼業が37%と、抜群に高いです。
そこで、質問したい事があります。
鉄鋼業ってなんでこんなにCO2の排出量が多いのですか?
鉄鉱石を炭素還元して製鉄しているそうですが、これが原因なのでしょうか?
あるいは、それ以外のプロセスにおいて、CO2の排出が行われているのでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

鉄鉱石を溶かして鉄分を取り出すのに、高炉を使用します


高炉には鉄鉱石と石炭を混合するので石炭(コークス)を燃やす時の
co2発生なのではないでしょうか
他の設備としては、コークス以外での加熱方法として、熱風炉から熱風
を高炉へ送り込みます。熱風を作るときには重油等を使用するので
これもco2発生の原因になると思います
別途では
製鉄所自体が電気を大量に食いますから、その使用電力もco2換算評価されているかもしれませんね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、間接的なCO2排出量も考慮されているのですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 21:31

歴史の話からしますと、青銅の生産から鉄の生産に移動するには大きな技術発展が必要で、ヒッタイトからの鉄器の発生と技術流出が、世界史上で大きな動きを作ったと言われています。


青銅の精錬は通常の木を燃やして得られる温度で可能ですが、その温度で鉄を溶かす事は出来ません。
木等の炭化水素を燃料にすると成分中の水素も燃えますが、水素を燃やして発生する水が炎の中で水蒸気になり、水蒸気になる時の気化熱が奪われるため、炎の温度が鉄を溶かすほど高くならないのです。
従って古代の鉄は、燃料として水素を含まない純粋な炭素からなる木炭が発明されるまで製造出来なかったのです。
その原理は今も変わらず、1900年代中期に起きたエネルギー革命で他産業の燃料が石油系に変わる中、鉄鋼産業の主要燃料は石炭・コークスであり続け、二酸化炭素を多量に排出する事となっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく考えてみると、確かにそうですね。
原理的に仕方ないということですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 21:32

当然炭素還元でも二酸化炭素が出ますが、そのために燃料を用いて加熱も行います。


加熱の工程は高炉・転炉で行われます。
それぞれでの加熱のための燃料消費により発生する二酸化炭素、および原料(還元剤)として投入されるコークス(純物質の炭素)の酸化により発生する二酸化炭素で燃料消費以上の二酸化炭素が発生するのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 21:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【物理学の難しい話】二酸化炭素が増えて地球は温暖化に進み地球温暖化が問題となっているが、 物理学では

【物理学の難しい話】二酸化炭素が増えて地球は温暖化に進み地球温暖化が問題となっているが、

物理学では物質には比重があると教える。

水の比重を1としたときに二酸化炭素の比重は水と比べて1.6で水よりも重たく二酸化炭素は水より下に沈む。

地球には海があり海水が広がっている。

海水の比重は幾らなんでしょう?

海水より二酸化炭素の方が比重が重いと二酸化炭素は海水の下に落ちていくはず。

でも地表に二酸化炭素が残っており、二酸化炭素は地表に増え続けているという。

ということは海の海水の二酸化炭素の吸収が飽和している状態ってことなんでしょうか?

それとも海の海水は二酸化炭素より比重が重くて、二酸化炭素を海水が吸収しているのは錯覚だったということになります。

海が二酸化炭素より比重が重くて二酸化炭素を吸収していないとすると今後も地表に二酸化炭素は積もり積もっていくわけで悲惨ですが、

海の海水が水と同じく二酸化炭素より比重が軽くて、海の海水に二酸化炭素が重くて沈んでいっているのにも関わらず飽和して地表に二酸化炭素が増え続けているのとでは意味が違ってきます。

どちらなんでしょうか?

【物理学の難しい話】二酸化炭素が増えて地球は温暖化に進み地球温暖化が問題となっているが、

物理学では物質には比重があると教える。

水の比重を1としたときに二酸化炭素の比重は水と比べて1.6で水よりも重たく二酸化炭素は水より下に沈む。

地球には海があり海水が広がっている。

海水の比重は幾らなんでしょう?

海水より二酸化炭素の方が比重が重いと二酸化炭素は海水の下に落ちていくはず。

でも地表に二酸化炭素が残っており、二酸化炭素は地表に増え続けているという。

ということは海の海水の二...続きを読む

Aベストアンサー

君の考え方には密度の要素が抜けてるべさ

QCO2排出量1位の国は?

CO2排出量1位の国はどこでしょうか?

今まではアメリカだったと思うのですが、最近中国になったとどこかで聞いたような気がします。
調べてみても古い統計しか出てきません。

どなたかご存知の方、回答おねがいします。

Aベストアンサー

2006年のデータでは
アメリカ、中国、ロシア、日本の順位のようです。
http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2006_22602/slides/10/57.html
http://www12.ocn.ne.jp/~take03/j13co2.htm

Q二酸化炭素濃度を表すppm or ppmv ?

二酸化炭素濃度を表すときに ppm とppmvと両方の単位をみかけるのですが、ふたつの違いは何なのでしょうか? 
どちらが正しいとかいうことはあるのでしょうか?

ちなみに辞書で調べると
ppm 百万分率。100万分の1を表す単位。大気中に微量に含まれるガスの量などを表すのに用いる。

とあるのですが。

ppmvの v ってなんなのでしょうか?

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

OMIさんのおっしゃるとおりです。
ただ百万分率というと、体積で考える場合や、重量で考える場合
があって、まぎらわしいのでppmvと書く場合があるんです。
通常、水の場合はmg/Lをppm、空気の場合はmL/m3をppmで
表します。

Q電力消費量とCO2排出量の関係について

電気機器の電力消費量と二酸化炭素の排出量の関係式(換算式)について、ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

環境省の下記URLに温室効果ガス排出量の算定基準があります。
http://www.env.go.jp/earth/ghg-santeikohyo/

ここの新着情報に平成18年度の電気事業者別排出係数へのリンクがあります。これは電力量1kWhあたりのCO2排出量の換算係数です。なお事業者ごとの情報がない場合のデフォルト値としては0.000555t-CO2/kWhが採用されています。

Q二酸化炭素の溶解度とpHの関係

現在、二酸化炭素の電解還元について調べています。
そこで重要になってくるのが、二酸化炭素の水溶液中の溶解度ですが
この溶解度とpHの関係について、参考になる文献、ホームページ又は
実際のデータについて知っている方がいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

二酸化炭素の水への溶解度は理科年表に記載があるようです。
http://had0.big.ous.ac.jp/~hada/ecologicaldic/d/do/do.htm
当然ヘンリーの法則の通り、気圧によって溶解度は変わります。
pHとの関係はあまり良いサイトはありませんが、溶解度がわかればある程度計算できると思います。

QCO2排出量に対する懸念を払拭する手立ては?

今、CO2排出ガスに対する未来(地球温暖化)への懸念が取りざたされていますが。ひとつ疑問を抱いているのですが?それは、国際宇宙ステーションで、酸素を宇宙で作り出す技術が有る...ということは、当然、大気のある地球上でも酸素供給システム、見たいなものを導入することは可能ではないだろうか?という事です。どうぞ、気軽に意見や回答を、宜しく御願い致します!

Aベストアンサー

単純にコストの問題です。

エネルギーがやすくて、真水が高いアラブの国では、海水から真水精製プラントがたくさんありますが、日本にはありません。
それと同じです。

Q超臨界流体について教えてください

超臨界流体への物質の溶けを教えて下さい。
ものの本に二酸化炭素の超臨界流体は、非極性物質を良く溶かすとありましたが、
具体的にはどのような物質が溶けるのでしょうか?
また、その溶解度の測定方法はあるでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

超臨界流体を実験で使っていたものです。
二酸化炭素は直線分子ですから、当然ほとんど極性がありません。ですが温度圧力をかけると、ちょっとしたひずみができるからでしょうか、若干分極します。しかしながらそれは直さアルカンぐらいであって、もうちょっと極性のアルコールなんかはあまり溶けません。親油性でもなく親水性でもないテフロンに代表されるようなフルオロカーボン軟化の極性ににているので良く溶解することが知られています。しかしながら液体ほどの密度はないのでべろべろに溶けるというわけではないようです。
超臨界流体はMiJunさんの参考書が適していると思います。
溶解度は分光学的方法が多いと思いますが、特別な装置が必要ですので、簡便には2つ耐圧セルを用意して、片方に測りたいものを大量においたものを用意し、超臨界流体を注ぎます。からのセルにも超臨界流体を注ぎ、その後2つをバルブでつなぎます。そしてあらかじめ目的物質を溶解させておいたものを混合することにより、からのセルが飽和溶液で満たされるはずです。その後二つを分離し、減圧すればその容器の体積中に溶解した目的物質のみが残りますので、これを秤量なり、有機溶媒に溶解させ吸光度測定などすればよろしいかと思います。

超臨界流体を実験で使っていたものです。
二酸化炭素は直線分子ですから、当然ほとんど極性がありません。ですが温度圧力をかけると、ちょっとしたひずみができるからでしょうか、若干分極します。しかしながらそれは直さアルカンぐらいであって、もうちょっと極性のアルコールなんかはあまり溶けません。親油性でもなく親水性でもないテフロンに代表されるようなフルオロカーボン軟化の極性ににているので良く溶解することが知られています。しかしながら液体ほどの密度はないのでべろべろに溶けるというわけで...続きを読む

Q世界のCO2排出量は?

世界のCO2排出量が本によって大きく違うのですが、どれが本当なのでしょうか?

在る本では、63億トン/年とあり、別の本では、242億トン(1997年)とあります。

Aベストアンサー

> どれが本当なのでしょうか?

本当のところは分かりません。
実際に測定のしようが無いですから。

> 在る本では、63億トン/年とあり、別の本では、242億トン(1997年)とあります。

それぞれ異なる根拠に基づいた推計値ですが、
63億トンの場合は炭素換算量で表わされているのでは。
炭素の分子量=12
酸素の分子量=16
として、
CO2の分子量(12+16*2=44)で換算すると、
63億トン×44÷12=231億トンで、
そこそこ近いです。

Q二酸化炭素(CO2)が地球温暖化の原因ではないという説にうまく反論できません

タイトルのとおり二酸化炭素が地球温暖化の原因ではないという人に反論できませんでした。

冷たいコーラとぬるいコーラをたとえに、

『二酸化炭素が増えるから温度が上昇するのではなく、温度が上昇するから二酸化炭素が放出される』

だそうです。
中学生の理科のヘンリーの法則で習ったはずですし、どこかの論文から引用されたグラフでも、温度が上がってから大気中の二酸化炭素の濃度が増えているみたいです。

それでは原因が何か、と聞いたら太陽の活動が活発になったせいと説明され、何年かの周期で太陽の黒点活動が変動しているという観測データを見せてくれました。

正直、混乱しております。知りたいことは重複していますが以下になります。

(1)二酸化炭素説が嘘だと主張をされている方へ、二酸化炭素が本当に温暖化の犯人であると納得させるにはどうすればいいでしょうか?
(2)もし二酸化炭素が嘘ならば、いつから地球温暖化の犯人が二酸化炭素になり、みんなは必死になって二酸化炭素削減と言い出したのでしょうか?
(3)地球温暖化の問題もダイオキシンの時のようにマスコミと利権者による情報操作なのでしょうか?
(4)もし二酸化炭素犯人説が嘘だったら、どうすればそれを周囲の人に広められるでしょうか?
(5)それとも本当に二酸化炭素が温暖化の犯人なのでしょうか?

よろしくお願いします。

タイトルのとおり二酸化炭素が地球温暖化の原因ではないという人に反論できませんでした。

冷たいコーラとぬるいコーラをたとえに、

『二酸化炭素が増えるから温度が上昇するのではなく、温度が上昇するから二酸化炭素が放出される』

だそうです。
中学生の理科のヘンリーの法則で習ったはずですし、どこかの論文から引用されたグラフでも、温度が上がってから大気中の二酸化炭素の濃度が増えているみたいです。

それでは原因が何か、と聞いたら太陽の活動が活発になったせいと説明され、何年かの周...続きを読む

Aベストアンサー

「温暖化しているから二酸化炭素濃度が上昇しているのか?」
ヘンリーの法則の使い方はもっと正確に行う必要があります。
ヘンリーの法則は一般に平衡状態において使われるべきであり、
大気の二酸化炭素分圧をPa、海に溶けている二酸化炭素の蒸気圧をPo、海に溶けている二酸化二酸化炭素の濃度を[x]とすれば、
Pa=Po=k[X] という関係が成り立ちます(kは比例定数)。
平衡がなりたっていないと考えれば、海から大気に放出される二酸化炭素は F=C(Po-Pa) で計算できます(Cは比例係数)。
海が暖まれば、比例係数kが大きくなりますから、Poが大きくなり、Fが正になり、海から大気に二酸化炭素が放出するように思えます。ここにごまかしがあります。
現在の状態ではPaはPoよりもかなり大きく、多少kが増えたくらいではPo<Paという関係は変わりません。Fは常に負で(平均を引いてしまえば正負になっているようにごまかせますが)、海が二酸化炭素吸収をしています。kが大きくなってもその吸収が少なくなっているだけです。Po,Pa,[x}は観測できますし、比例係数k、Cなども理論、実験、観測で温度にどう依存するかは式で求めることができます。(実際計算した学術論文の一例は、Taro Takahashi et al., “Global sea-air CO2 flux based on climatological surface ocean pCO2, and seasonal biological and temperature effects,” Deep Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography 49, no. 9-10 (2002): 1601-1622, doi:10.1016/S0967-0645(02)00003-6.)
PaがPo大きい状態になっているのは人間が二酸化炭素を放出しているからです。
このようにちゃんと計算できるにも関わらず、温暖化によって大気が二酸化炭素の量が増えていると主張している人たちがヘンリーの法則を使ってちゃんと計算しているのを見たことがありません。グラフを見て、似てる似てないを議論しているだけです。
下の記事も参考になるので参照してみてください。
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2008-07-13
「二酸化炭素が地球温暖化の原因なのか」
二酸化炭素に温室効果があることは、多くの実験・観測から明らかです。たとえば、二酸化炭素が地球から出ていく赤外線を遮っていることは人工衛星からわかります。よくあるごまかしは、「これ(例えば黒点)と温度のグラフは似ているから、これが温暖化の原因である。従って二酸化炭素説は否定される」という言い方です。黒点がどれだけの温度上昇につながるか実際に計算して見せることができませんし(二酸化炭素の場合はできます)、仮に黒点説が正しいとしても、それが二酸化炭素を否定していることにはならないのはあきらかで、せいぜい両者が共存して理由であることにしかなりません。人間がコントロールできるのは二酸化炭素だけなので、やっぱり二酸化炭素の規制は必要ということになります。

「温暖化しているから二酸化炭素濃度が上昇しているのか?」
ヘンリーの法則の使い方はもっと正確に行う必要があります。
ヘンリーの法則は一般に平衡状態において使われるべきであり、
大気の二酸化炭素分圧をPa、海に溶けている二酸化炭素の蒸気圧をPo、海に溶けている二酸化二酸化炭素の濃度を[x]とすれば、
Pa=Po=k[X] という関係が成り立ちます(kは比例定数)。
平衡がなりたっていないと考えれば、海から大気に放出される二酸化炭素は F=C(Po-Pa) で計算できます(Cは比例係数)。
海が暖まれば...続きを読む

QエコキュートのCO2排出量

最近、電力会社が進める「エコキュート」に、ガス会社が推す「エコウィル」、はたまたいづれは「燃料電池」とそれぞれエコ商品として特徴があると思いますが、現時点での技術ではどれが最も温暖化対策に適しているのでしょうか?
エコキュートは深夜の余った電力を有効利用しているのでよい印象はあるのですが、どうなのでしょうか?
電気にしろ、ガスにしろ、1次エネルギーは化石燃料で、電力に至っては、原子力と言う別問題も抱えていますので一概には言えないと思いますが、お願いします。

Aベストアンサー

う~ん、かなりきわどい勝負と思います。
ただし、あくまで国家全体の炭酸ガス排出量という観点であり、経済性は度外視しています。

燃料は、どれも天然ガスであると仮定し、効率はyougrutyさんのパラメータをそっくり使うとします。
一般ガス給湯器=80% エコウィル=77% あれ?エコウィルは初期投資は高いわ、効率は悪いわ、意味ない?
そんなことないです。
エネルギーの「質」というのがあって、熱エネルギーは最も質が悪いです。
あらゆるエネルギーは最後に熱になるため、熱から他の種類に変換するにはどうしても効率が悪いです。
ですので、「質の悪さ」をどう評価するか?
1つの方法は、電力はエコキュートを使って熱エネルギーに変換し、熱エネルギーにそろえて比較する。
そうすると、電力-->熱の変換効率を400%として再計算すると、

エコキュート:148%
エコウィル:157%
燃料電池:177%
一般ガス給湯:80%
エコジョーズ:95%
一般電気ストーブ:37%(電力-->熱は、効率100%)

で、計算結果の変動要素(経済性以外)ですが、
1.エコキュート:
・発電の燃料の種類でエネルギーあたり炭酸ガス排出量は異なる。
 多い順に、石炭-石油-天然ガス-原子力-水力。(原子力については火力より悪いという異論もあり。)
・最新の火力発電(コンバインドサイクル)の熱効率は50%くらいあり、40%は既存火力発電所の全国平均。
・火力発電の廃熱利用(コジェネ)を計算にいれるかどうか。(発電所近辺しか使えない。)
 というか、火力発電はコジェネなし、エコウィルと燃料電池はコジェネ、というのが反則気味なんでは?
・ヒートアイランド現象に関しては、エコキュートが最も有利(発電効率が高いほうが有利)。
2.燃料電池:
・水素の供給方法として、太陽熱や風力で海水を電気分解、というのがあり、
 この方法なら、設備投資・燃料輸送しか炭酸ガスは発生しない。(ただし、設備投資が非常に高いので、現時点ではこの方法は無理。)
3.燃料電池、エコウィル:
・電力と熱で、どちらかが余った場合の計算方法をどうするか。
 どちらか少ないほうを用い、足りないのは買う、とすると、2重投資だし
 電力にしわよせがきて、発電の熱効率が落ちてしまう分を勘定するかどうか。

ですので、計算の変動範囲内は一緒と評価、とすると、
・電気ストーブは、明らかに損。
・エコキュート、エコウィル、燃料電池は、だいたい同じ。
強いていえば、エコキュート有利かも。

念のため。yougrutyさんの計算が違っている、というわけではなくで、同じ数値を基にしても
考え方次第で、結果はこんなにも違ってしまうということ。

う~ん、かなりきわどい勝負と思います。
ただし、あくまで国家全体の炭酸ガス排出量という観点であり、経済性は度外視しています。

燃料は、どれも天然ガスであると仮定し、効率はyougrutyさんのパラメータをそっくり使うとします。
一般ガス給湯器=80% エコウィル=77% あれ?エコウィルは初期投資は高いわ、効率は悪いわ、意味ない?
そんなことないです。
エネルギーの「質」というのがあって、熱エネルギーは最も質が悪いです。
あらゆるエネルギーは最後に熱になるため、熱から他の種類に変換す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報