「標準日本語」というテキストに「三階」が出てくるんですけど、読み方についてちょっと聞きたいんです。「さんかい」が正しいですか、「さんがい」が正しいですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

日本語を勉強しているかたですか。


今、日本語教育では「さんがい」と教えています。
でも、「さんかい」と発音する日本人がたくさんいます。「着る」の可能形を、「着られる」と言わずに「着れる」と言う人がたくさんいるように。外国のかたにとっては不便でしょうけど、それが現実なので、しかたありませんね。
なお、「何」がつく語は、いつも「三」と同じです。「何...」のほうが濁音なら、「三...」のほうも濁音になります。
さんがい(三階)ー なんがい(何階)
さんげん(三軒)ー なんげん(何軒)
さんぜん(三千)ー なんぜん(何千)
さんぼん(三本)ー なんぼん(何本)

オンラインの辞書(たとえば大辞林)で「さんかい」と入力しても「三階」は出てこず、「さんがい」と入力すると出てきますから、こういうのを利用してはいかがでしょうか。
http://dictionary.goo.ne.jp/

質問文の「読み方についてちょっと聞きたいんです」はまちがいではありませんが、いきなり「んです」はちょっと不自然です。この場合、「読み方についてちょっとお聞きしたいです」「読み方についておしえてください」をお勧めします。(「出てくるんですけど」の「んです」はOKです。「出てくるんですが」とすると、くだけた感じが消え、もっとていねいになります)

勉強、がんばってくださいね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しく説明してくださって本当にありがとうございました。また質問のことも直してくださってどうもありがとうございます。後から注意しますからお願いします。

お礼日時:2009/05/30 11:08

[サンガイ]が正しいと思います。


言葉は時代と共に変わって行きます。変わることは認識すべきですが、なるべく変わらないように努力しなければ、文化の継承は難しくなります。
一方に於いて、東京方言も含めて方言も文化です。方言すなわち各地方語が入り交じることも望ましくありません。
[サンカイ]という発音は何処で使われているのでしょう。キチッと意識して使うならよいのではありませんか。

もっと正確に解説すれば、発音記号で書いて[sangai] ではなく
[sa*gai] です。ここに書けないので、[*] で代用しましたが、
[n] の右の縦棒が下に伸びた発音記号です。
安心の[ン]を発音する時には、舌の先は下歯茎に付いています。
案内の[ン]を発音する時には、舌の先は上前歯の後に付いています。
いずれの場合も舌の奥は特に持ち上げられていません。
案外の[ン]では、舌の先は下歯茎に付けられており、舌の奥は持ち上げられ、上顎に押し付けられます。この音が、仮に[*] で表した音です。
このような場合、次のGは鼻音化されて、柔らかい音になります。
長々と書きましたが、私は言語学者ではありません。ただの素人です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えてくださってほんとうにありがとうございました
あとからもお願いします。

お礼日時:2009/05/30 11:12

どちらでもいいです。



「8分」を、「はちふん」と読むか「はっぷん」と読むかのちがいのようなものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えてくださってほんとうにありがとうございました
あとからもお願いします。

お礼日時:2009/05/30 11:14

三階以外の階と間違われなければどっちだっていいんです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えてくださってほんとうにありがとうございました
あとからもお願いします。

お礼日時:2009/05/30 11:14

口語では


さんかい
ですけどね。
答えがわかって、そういうひっかけの質問しているんですよね?

正しくは、現在はまだ、
さんがい
だそうです。

もちろん、言葉は移り行くものなので、「さんかい」にしてほしいものです。

そのテキストに答えは書いてないのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えてくださってほんとうにありがとうございました。
よく分かりました。
あとからもお願いします。

お礼日時:2009/05/30 11:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建物の階数の呼び方。三階は何故「さんがい」?

以前からどうしてなんだろうと不思議に思っていることなんですが、
建物の階数は普通、一階(いっかい)・二階(にかい)・
四階(よんかい)・五階(ごかい)…と呼びますよね。
それなのに、どうして三階だけは(さんがい)と呼ぶんでしょう?
物事の回数の場合は、三回でも(さんかい)と言いますよね。
なのにどうして?「さんがい」と濁らなきゃいけない理由でもあるんでしょうか?
実に不思議です。どなたか教えてくださいませ。

Aベストアンサー

私の周りでは「さんかい」と言いますよ。

でも、一杯、二杯、三杯・・・の三杯を「さんばい」とは言います。
直前に「ん」がつくと濁りやすくなるのかな。
おそらく、日本語の歴史の中で発音しやすいように
徐々に変化していったものだと思います。

こんなのがありました。
(「階」ではないですが・・・)
http://funky.pos.to/misunderstand/gencho/result033.htm

以上、ご参考までに。

参考URL:http://funky.pos.to/misunderstand/gencho/result033.htm

Q「同じくらい」と「同じぐらい」とはどう違う?

いま、ある文章を書く依頼を受けています。
書いていて気づいたのですが、「同じくらい」と「同じぐらい」とは、どちらかが正しいのでしょうか?
また、なぜ2種類あるような印象があるのでしょう?

教えていただければと思います。

Aベストアンサー

通信社・新聞社の用字用語辞典(*)では、
助詞(副助詞)としての「くらい」「ぐらい」に触れていないか、あるいは用例のみを示すにとどまっています。
(*)時事通信、共同通信、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞

唯一、『NHK ことばのハンドブック』には、以下の説明があります。
------------------------------
~くらい・~ぐらい
 「このくらい(ぐらい)の広さ」「10歳くらい(ぐらい)の子」
などの「くらい」「ぐらい」は,どちらを使ってもよい。
 以前は,次のような使い分けが行われていた。
(1) 体言には「ぐらい」が付く。
(2)「この・その・あの・どの」には「くらい」が付く。
(3) 用言や助動詞には,普通は「ぐらい」が付くが,「くらい」が付くこともある。

 「ぐらい」と連濁する場合はひらがな表記も濁音表記とする。
 〈例〉10歳ぐらいの子
------------------------------

以前は使い分けが行われていたが、現在は「くらい」「ぐらい」のどちらでも良いという説です。

手もとの国語辞典(*)には、どれも「くらい」の主見出しで名詞の「位」と、そこから転じた副詞(副助詞)の「くらい」の解説がありますが、ほとんどは『「ぐらい」とも』としています。「ぐらい」は参照見出し(空見出し)になっています。
(*)新明解、広辞苑、岩波、大辞林、明鏡

『明鏡国語辞典』だけは、「くらい」の項の最後に以下の説明がありました。
----------------------
[語法]
「くらい/ぐらい」は、今は区別なく使うが、伝統的には、体言には「ぐらい」、コソアド系の連体詞には「くらい」、活用語には「ぐらい」「くらい」ともに付いたという。
----------------------

結論として、
伝統的には使い分けがあった。
現代語ではどちらを使っても間違いではない。
というのが、事実上の正解でしょう。

現実には、個人の言語感覚によってかなり差があると思います。年代差や地域差もあるかもしれません。


ここまで書いて、以前別の場所で同じような話があったことを思い出しました。

『きょうのことばメモ』
  〔早稲田大学の飯間先生(日本語学)のブログ〕
http://yeemar.seesaa.net/article/14552277.html
「くらい」の清濁 2006年03月09日

「以前は」「伝統的には」というのは、江戸時代の頃のようです。

通信社・新聞社の用字用語辞典(*)では、
助詞(副助詞)としての「くらい」「ぐらい」に触れていないか、あるいは用例のみを示すにとどまっています。
(*)時事通信、共同通信、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞

唯一、『NHK ことばのハンドブック』には、以下の説明があります。
------------------------------
~くらい・~ぐらい
 「このくらい(ぐらい)の広さ」「10歳くらい(ぐらい)の子」
などの「くらい」「ぐらい」は,どちらを使ってもよい。
 以前は,次のような使い分けが行われて...続きを読む

Q友達と会う、友達に会う

Today I am meeting my friend

今日、私は友達に会います。

今日、私は友達と会います。

外人さんに日本語を教えてといわれました。
に、と、はどちらが正しいですか?

お願いします

Aベストアンサー

どちらも正しいのですが、表現する内容に違いがあります。

『辞書には書かれていないことばの話』(岩波書店)より。

「相手を表す名詞がニ格で現れた場合は、主体からの一方的な働きかけを表し、ト格で表示された場合は、主体と相手との双方向からの相互的な働きかけを表す。

 1 王様はアンナと恋をした。
 2 王様はアンナに恋をした。

1は、王様が相手のアンナに恋をしているだけでなく、相手のアンナもまた王様に恋している、という相思相愛の恋を表している。それに対して2は、王様が相手のアンナに一方的に恋していることを表しているだけで、相手のアンナが王様に恋しているかどうかについては何も分からない、という片思いの恋である。」とあります。

ですからご質問の
「友達に」の方は「私が(一方的に)会いに行く」
のに対して
「友達と」の方は「(約束などをして)相手も自分に合う意志がある」
となるのではないかと思います。外人さんに通じますでしょうか?

Q10分は”じっぷん”と”じゅっぷん”ではどちらが正しいの?

日本語の正しい読み方はどちらでしょうか?
ワードで変換すると、どちらでも正解の
ようですが、実際の国語教育では
どうなのでしょうか。
ちなみに、私は、「じゅっぷん」としか
言いようがないと思っていましたが、
間違いでしょうか。

Aベストアンサー

正式には「じっぷん」ですが今では「じゅっぷん」でもいいそうです。
しかし漢和辞典で「十」の字を調べると「じっ」とはありますが「じゅっ」とは
載っていないんですよね。

十進法、十手、十中八九、十指、などの読みもすべて「じっ」が正式な読みとなっています。

テレビやラジオのニュースでのアナウンサーや野球中継でのアナウンサーも
半分以上の方が「じっ」と発音しているようです。
野球中継ではよく十という言葉が使われるので(十本とか十回など)
注意して発音聴いてみるといいです。

Q「行く」と「来る」の違い

 Aさんは現在アメリカで暮らしています。ある日、日本のお母さんに電話をかけてこう言いました。
「私、もうすぐ(日本に)帰って来るから。」
 同じ様な例ですが、AさんがBさんに電話をかけ、こう言いました。
「今からBさんのところに本を持って来るね。」
 これらの「来る」の使い方は正しいのでしょうか?私は、特に2番目の例の場合は「行く」を使うべきなのでは?と思ったのですが、様々な辞書を引くと、
>自分がその場所にいるということを想定して、というニュアンスでなら「来る」と言える
の様に書いてあったのですが、どうも納得がいきません。友人に言わせると、どっちでもいいらしいのですが、私は小さい頃に親から何度か「行く」「来る」の使い方で注意されたことがあるので、どうしても気になります。個人的な意見でもいいので、何かご存知の方がおりましたら教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

自分のいる場所で考えます。
今の場から出るのは、「行く」。
他の場所から、そこに入るのが、「来る」です。
「兄がもうすぐ帰って来る」
と言うのはよいですが、最初の例は、自分ですから、
「私は、もうすぐ帰る」
となります。
次の例は、自分の居場所から出かけるのですから、
「持って行く」です。

最近、おかしな日本語が町中にあふれていますから、混乱しますよね。
でも、友達にはおかしいと言ってあげてください。

Aベストアンサー

こんにちは
参考にならないかも知れないですが、以下のサイトを抜き出した物を記載しておきます。
-------
 「博士」は,ご指摘のように一般的には「はくし」とも「はかせ」とも読みます。
 「現代国語例解辞典」(小学館)では,「はかせ」は昔風の言い方で,今日の学位としての正式呼称は「はくし」であると書かれています。また,「例解新国語辞典」(三省堂)では,「はかせ」は「はくし」のくだけた言い方としています。また,文化庁編「言葉に関する問答集」にも,この話題が取り上げられており,古語としての「はかせ」があること(古い時代の官名で「文章博士=もんじょうはかせ」「陰陽博士=おんようはかせ」など),現代語としては両様あるが学位としての正式な称号は「はくし」であることが説明されています。
 こうしたことから教科書では,「ロス博士」「文学博士」「博士課程」などのように,学位を示すものについては「はくし」と読み,一般的に「学問やその方面の知識・技術に詳しい人」という意味で使われる「もの知り博士」「野球博士」「相撲博士」などは「はかせ」と読むようにしています。
 ちなみに「博士=はかせ」は,常用漢字表の「付表の語」(110語の当て字や熟字訓をまとめたもの)にあげられており,小学校段階で学習する語とされています。4年上巻「ヤドカリとイソギンチャク」の「ロス博士」で「博=ハク」と「士=シ」を新出漢字として学習しますので,その関連として教材末の漢字欄に「もの知り博士」の語をあげて「博士=はかせ」を取り上げています。

参考URL:https://www.tokyo-shoseki.co.jp/e-mail/qanda/q-es-kokugo.htm

こんにちは
参考にならないかも知れないですが、以下のサイトを抜き出した物を記載しておきます。
-------
 「博士」は,ご指摘のように一般的には「はくし」とも「はかせ」とも読みます。
 「現代国語例解辞典」(小学館)では,「はかせ」は昔風の言い方で,今日の学位としての正式呼称は「はくし」であると書かれています。また,「例解新国語辞典」(三省堂)では,「はかせ」は「はくし」のくだけた言い方としています。また,文化庁編「言葉に関する問答集」にも,この話題が取り上げられており,古語...続きを読む

Q『ありがとうございます』と『ありがとうございました』の違い

素朴な疑問なのですが、

『ありがとうございます』
『ありがとうございました』

これらの違いは何でしょうか?

現在と過去の違いでしょうか?よく分かりませんけど。

どのように使い分けるのでしょうか?

例文などを添えて詳しく説明して下さると助かります。

お願いします。

Aベストアンサー

・ありがとうございます。
今現在、お礼をするべきことをしてもらった場合。
(例)席を譲ってもらったその時。何かプレゼントされた時。など。

・ありがとうございました。
過去、または「さっき」してもらった場合。
(例)写真を撮るようにお願いし、とってもらった時。席を譲ってもらって降りる時。先日はありがとうございました。など。

Q家(いえ)と家(うち)の違いは何ですか。

家(いえ)と家(うち)の違いは何ですか。
出来れば、例文も教えてください。
3Q

Aベストアンサー

家とうちの違いについては既に説明がありますが、外国人が実際に使う場合は戸惑うことがあるでしょう。「うち」は内と書き外と区別します。つまり自分の家庭、家族であり、配偶者(うちの人)を指します。転じて家屋(家)を指すようになったため家(いえ)と家(うち)のように同じ漢字を当てたのでしょう。

使用例:
*隣の家は新しいがうちのは古いです・・・家
*新しい家は気持ちがいい・・・家
*うちにいる時はネクタイはしません・・・家、家庭
*今度の日曜日うちにおいで・・・家、家庭
*うちのは出かけています・・・妻(夫)
*うちの会社はケチです・・・所属する団体
*あまりうちを空けるな・・・家

Q「を通じて」と「を通して」の使い分け

 私は中国人で、日本語を勉強中です。「を通じて」と「を通して」は形的にも意味的にも非常に似ています。皆様はどのように使い分けをするのでしょうか。中国人の著者が書く参考書で調べてみたのですが、使い分けの説明が付かずに例文しか並んでいません。疑問に感じるのですが、下記の例文の中の「を通じて」と「を通して」とお互いに交換できるでしょうか。また、これらの例文は中国人の著者が作った例文なので、不自然のところがありましたら、ご指摘いただけますと幸いです。

P.S.「を通じて」の「一年を通じて」、「一生を通じて」、「生涯を通じて」のような使い方はさておき。

「を通じて」
1.秘書を通じて社長との面会を乞う。
2.学生会を通じて、学校側に意見を出した。
3.テレビを通じて広告をする。
4.問題があると、民主的論議を通じて解決する。

「を通して」
1.書物を通して世界を知る。
2.両国の文化交流を通して、相互理解を深める。
3.仲人を通して娘の縁談を進める。
4.臨床実践を通して治療経験を積み重ねる。

 また、質問文に不自然な箇所がありましたら、併せてご指摘いただけますと幸いです。どうか、よろしくお願い致します。

 私は中国人で、日本語を勉強中です。「を通じて」と「を通して」は形的にも意味的にも非常に似ています。皆様はどのように使い分けをするのでしょうか。中国人の著者が書く参考書で調べてみたのですが、使い分けの説明が付かずに例文しか並んでいません。疑問に感じるのですが、下記の例文の中の「を通じて」と「を通して」とお互いに交換できるでしょうか。また、これらの例文は中国人の著者が作った例文なので、不自然のところがありましたら、ご指摘いただけますと幸いです。

P.S.「を通じて」の「一年を...続きを読む

Aベストアンサー

他の方(No.4の方)にもお答えいただいて、よかったです。
私の自信のない(誤っているかもしれない)回答で、質問者の方が誤解したまま終わってしまうようなことがあったらいけないですから。

#2でも少し書きましたし、No.4のご回答でも似た指摘がありますが、
>4.臨床実践を通して治療経験を積み重ねる。
という文は、(「通して」「通じて」の問題以前に)
意味がわかりにくく、何か読みにくいような、くどいような、自然でない印象を受けます。
(でも、「日本人はこんな文は書かない」と言えるほど不自然な文ではないです。)
なぜそう思うのかはよくわからないのですが、以下の理由があると思います。
・「臨床実践」という言葉を聞き慣れない。医学の世界ではどうか知らないが、普通の日本人が使うような言葉ではない(#4のご回答でも指摘がある。)
・「臨床実践」「治療経験」・・・四字の漢語が二つもあって、重苦しい印象を受ける。更に「積み重ねる」があることによってごてごてした印象を受ける。

私なら、もっと軽い感じに、
「実践的な臨床経験を積み重ねる。」
「臨床経験を積み重ねる。」
「臨床の経験を重ねる。」
「臨床の実践経験を積む。」
などなどでもよさそうに思います。


#4の方もおっしゃっている通り、質問の例文に関しては、#2と#4は、似ているようです。
特に、思うのは、

>4.問題があると、民主的論議を通じて解決する。
→このとおり「つうじて」
>2.両国の文化交流を通して、相互理解を深める。
→「つうじて」
>3.仲人を通して娘の縁談を進める。
→このとおり「とおして」

この三例は、#2と#4で同じですし、自分が改めて考えても、この通りでおさまりがいいと思います。
改めて、いくつか意見を述べておきます。

一つ目は、
「民主的論議」「文化交流」などの長めの漢語があると「をつうじて」で、
「仲人」というような和語だと「をとおして」の傾向があるのではないか、
ということです。
(短めの漢語は、中間。)

二つ目は、
「を通じて」というのが、何か形式的な印象を与える、ということです。
「仲人をつうじて」とはあまり言わないような気がしますが、
もし「仲人をつうじて」と言えば、何か仲人を(人ではなくて)道具のように扱っている感じがします。

三つ目は、
「を通じて」は、二つのものの間に「何かが挟まっている」が、その間に挟まっているものそのもの(秘書、書物、・・・)を重要視せず、二つのものの関係を重要視している。
「をとおして」は、「間に挟まっているもの」を重要視している、ということです。

四つ目は、
「を通じて」という表現は、公式であり外向きであるが、
「をとおして」という表現が、ややくだけた表現だということです。

これらは、「まあそんな気がするかな」程度の意見なので、きちんと詳しく検討する必要があるだろうと思います。

改めて考えても、#2#3も、#4のご回答も、みんな正しいような気がするのです。

#4では
>「通して」という場合,文字通り「それを通り道にして」という意味があるように思います.(q304さんの#3のご意見と矛盾してしまうのですが...あくまで私の個人的印象です.)
とのご指摘がありますが、必ずしも矛盾とまでは言えず、別のご指摘かもしれません。
#3では
>「秘書を通じて」というのは、秘書を、単にそういう地位とか役割のようにとらえていて、
>(秘書を単なる「とおりみち」のようにとらえている。)
>具体的な人を思い浮かべていないんじゃないかな、
>ということです。

「秘書を単なる「とおりみち」のようにとらえている」
というのは、"単なる" に意味の重点があって、
「秘書に重きをおかない」という意味です。


ところで、質問では、
「皆様はどのように使い分けをするのでしょうか。中国人の著者が書く参考書で調べてみたのですが、使い分けの説明が付かずに例文しか並んでいません。」
とありますが、
この著者自身、本当に使い分けすべきと考えているのでしょうか。

他の方(No.4の方)にもお答えいただいて、よかったです。
私の自信のない(誤っているかもしれない)回答で、質問者の方が誤解したまま終わってしまうようなことがあったらいけないですから。

#2でも少し書きましたし、No.4のご回答でも似た指摘がありますが、
>4.臨床実践を通して治療経験を積み重ねる。
という文は、(「通して」「通じて」の問題以前に)
意味がわかりにくく、何か読みにくいような、くどいような、自然でない印象を受けます。
(でも、「日本人はこんな文は書かない」と言えるほど...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報