「標準日本語」というテキストに「三階」が出てくるんですけど、読み方についてちょっと聞きたいんです。「さんかい」が正しいですか、「さんがい」が正しいですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

日本語を勉強しているかたですか。


今、日本語教育では「さんがい」と教えています。
でも、「さんかい」と発音する日本人がたくさんいます。「着る」の可能形を、「着られる」と言わずに「着れる」と言う人がたくさんいるように。外国のかたにとっては不便でしょうけど、それが現実なので、しかたありませんね。
なお、「何」がつく語は、いつも「三」と同じです。「何...」のほうが濁音なら、「三...」のほうも濁音になります。
さんがい(三階)ー なんがい(何階)
さんげん(三軒)ー なんげん(何軒)
さんぜん(三千)ー なんぜん(何千)
さんぼん(三本)ー なんぼん(何本)

オンラインの辞書(たとえば大辞林)で「さんかい」と入力しても「三階」は出てこず、「さんがい」と入力すると出てきますから、こういうのを利用してはいかがでしょうか。
http://dictionary.goo.ne.jp/

質問文の「読み方についてちょっと聞きたいんです」はまちがいではありませんが、いきなり「んです」はちょっと不自然です。この場合、「読み方についてちょっとお聞きしたいです」「読み方についておしえてください」をお勧めします。(「出てくるんですけど」の「んです」はOKです。「出てくるんですが」とすると、くだけた感じが消え、もっとていねいになります)

勉強、がんばってくださいね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しく説明してくださって本当にありがとうございました。また質問のことも直してくださってどうもありがとうございます。後から注意しますからお願いします。

お礼日時:2009/05/30 11:08

[サンガイ]が正しいと思います。


言葉は時代と共に変わって行きます。変わることは認識すべきですが、なるべく変わらないように努力しなければ、文化の継承は難しくなります。
一方に於いて、東京方言も含めて方言も文化です。方言すなわち各地方語が入り交じることも望ましくありません。
[サンカイ]という発音は何処で使われているのでしょう。キチッと意識して使うならよいのではありませんか。

もっと正確に解説すれば、発音記号で書いて[sangai] ではなく
[sa*gai] です。ここに書けないので、[*] で代用しましたが、
[n] の右の縦棒が下に伸びた発音記号です。
安心の[ン]を発音する時には、舌の先は下歯茎に付いています。
案内の[ン]を発音する時には、舌の先は上前歯の後に付いています。
いずれの場合も舌の奥は特に持ち上げられていません。
案外の[ン]では、舌の先は下歯茎に付けられており、舌の奥は持ち上げられ、上顎に押し付けられます。この音が、仮に[*] で表した音です。
このような場合、次のGは鼻音化されて、柔らかい音になります。
長々と書きましたが、私は言語学者ではありません。ただの素人です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えてくださってほんとうにありがとうございました
あとからもお願いします。

お礼日時:2009/05/30 11:12

どちらでもいいです。



「8分」を、「はちふん」と読むか「はっぷん」と読むかのちがいのようなものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えてくださってほんとうにありがとうございました
あとからもお願いします。

お礼日時:2009/05/30 11:14

三階以外の階と間違われなければどっちだっていいんです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えてくださってほんとうにありがとうございました
あとからもお願いします。

お礼日時:2009/05/30 11:14

口語では


さんかい
ですけどね。
答えがわかって、そういうひっかけの質問しているんですよね?

正しくは、現在はまだ、
さんがい
だそうです。

もちろん、言葉は移り行くものなので、「さんかい」にしてほしいものです。

そのテキストに答えは書いてないのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えてくださってほんとうにありがとうございました。
よく分かりました。
あとからもお願いします。

お礼日時:2009/05/30 11:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国語の漢字の読み方は呉音、漢音、唐音?

日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが、韓国語の漢字の読み方はどれに相当するのでしょうか。韓国語では漢字の読み方は原則一種類しかないと聞いています。

Aベストアンサー

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE8ZdicA1Zdic8C.htm
台湾4県・陸豊・梅県・海陸豊に hen と。(後ろの数字は?ですが)

改めて韓国における漢字語とは、いつ頃?どこから?をnetの中で眺めてみるとこのような記載がありました。
朝鮮語学小辞典 - 漢字語
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA%9E
中を読んで頂ければお判りの通り、中国に限らず日本からの「外来語」も含めて韓国での「漢字語」というのが実に様々に存在します。
それらを踏まえて、では基本的に52.1%の漢字語を読む「音」はどこから?と更に読んで行くと、次のような記述がありました。
朝鮮語学小辞典 - 朝鮮漢字音
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%BC%A2%E5%AD%97%E9%9F%B3
そして結論として最後に書かれたのを引用すれば

『4.4. 朝鮮漢字音の母胎音
朝鮮漢字音が中国のいつの時代の音を母胎としているのかについては,これまで複数の研究者が仮説を唱えてきた。伊藤智ゆき(2007)によれば,上古音説(姜信沆など),切韻音説(朴炳采),唐代長安説(河野六郎),宋代開封音説(有坂秀世)などを検討し,具体的に特定するのは難しいとしつつも,唐代長安音が朝鮮漢字音の元になっている可能性が高いと述べている。』

ということは、最初に載せたURLの中からの引用ですが
『漢音:日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。』
であるなら、結局韓国語における漢字の読み方というのは、唐代長安音=『漢音』が根幹をなすモノのようです

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?IndexPage

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www....続きを読む

Q建物の階数の呼び方。三階は何故「さんがい」?

以前からどうしてなんだろうと不思議に思っていることなんですが、
建物の階数は普通、一階(いっかい)・二階(にかい)・
四階(よんかい)・五階(ごかい)…と呼びますよね。
それなのに、どうして三階だけは(さんがい)と呼ぶんでしょう?
物事の回数の場合は、三回でも(さんかい)と言いますよね。
なのにどうして?「さんがい」と濁らなきゃいけない理由でもあるんでしょうか?
実に不思議です。どなたか教えてくださいませ。

Aベストアンサー

私の周りでは「さんかい」と言いますよ。

でも、一杯、二杯、三杯・・・の三杯を「さんばい」とは言います。
直前に「ん」がつくと濁りやすくなるのかな。
おそらく、日本語の歴史の中で発音しやすいように
徐々に変化していったものだと思います。

こんなのがありました。
(「階」ではないですが・・・)
http://funky.pos.to/misunderstand/gencho/result033.htm

以上、ご参考までに。

参考URL:http://funky.pos.to/misunderstand/gencho/result033.htm

Qなぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

なぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

中国では、1つの漢字に一通りしか読み方がないと思います。
その中国から漢字が伝わってきたと思うのですが、、
どこで、どうやって、日本では2通りの読み方になってしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代の日本には文字がなく、中国から漢字を輸入したのです。ところが、漢字の発音は中国流ですが、漢字の表す意味と同じ概念を表す日本語が既にあったのですね。例えば「心(しん)」には「こころ」がありました。

日本人の凄いところは、一つの漢字に中国音(音)と日本音(訓)を当てはめて、二つの読み方をできるようにしたことです。漢字を輸入したのは、朝鮮もベトナムも同じですが、訓読みを使用するのは日本だけで、朝鮮(韓国)もベトナムも一つの漢字の読みは中国音(自国流に訛ってますが)の一種類です。

さらに、他の方が書いておられるように、日本では呉音、漢音、唐音の3種類がありますが、朝鮮もベトナムも1種類です。訓にしてもある漢字に相当する日本語が複数あるときは、全部使います。

また、「考」という漢字に「考える」というように振り仮名をつけて、動詞や形容詞を「漢字+かな」で表現するというのも日本独特です。

Q消耗戦と消耗品の正しい読み方は、「ショウコウセン」と「ショウコウヒン」?

こんにちは、

先日、消耗は「ショウコウ」と読むのが正しいと知ったのですが、それならば、

消耗戦と消耗品の正しい読み方は、「ショウコウセン」と「ショウコウヒン」なのですよね?

教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前に私も、消耗は「ショウコウ」と読むのが正しく、「ショウモウ」は間違った読み方だったのに広まって一般的になってしまったと、国語の教科書に書かれていたのを記憶しています。
そこで、20年以上前に高校の授業で使っていた副読本、第一学習社『新総合国語便覧』を引っ張り出して調べてみました。
(“引っ張り出して”と書きましたが、非常に便利なので今でも使っていて、すぐ見られるよう居間に置いています)

ありました。
〈漢字の音訓〉という項目で、次のように書かれています。
 慣用音
 漢字を誤読したものが、そのまま定着して一般に通用するようになったもの。
 実例:消耗(ショウモウ)正しくはコウ 漁師(リョウシ)正しくはギョ
本来【耗】の字には「コウ」の読みしかなかったのに、つくりの部分の読みにつられて【消耗】を「ショウモウ」と誰かが読んでしまって、それが一般化してしまったといえます。

ここで重要なのは、【消耗】が質問のとおり消耗戦、消耗品のように三文字の熟語を作ることです。
つまり、【消耗】の語がそれだけ頻出することになり、これら三文字の熟語とともに「ショウモウ」の読みが広まってしまったのでしょう。
その証拠に、あまり頻繁に使われない【耗弱】は「コウジャク」の読みしかありません。
この間テレビのクイズ番組で【耗弱】の読みを答えさせる問題があり、「モウジャク」と読んだ回答者が不正解にされていました。

そういうわけで、消耗戦と消耗品の正しい読み方は「ショウコウセン」と「ショウコウヒン」ですが、一般的には慣用音を採用し「ショウモウセン」「ショウモウヒン」と読んだほうが通りがいい、となります。
(【漁師】を「ギョシ」と読む人は今ほとんどいませんよね?)
ちなみに私が今使っているMacの入力辞書『ことえり』では、【消耗】は「ショウモウ」「ショウコウ」どちらでも変換されますが、【消耗戦】【消耗品】は「ショウモウセン」「ショウモウヒン」と打つと一括変換される一方「ショウコウセン」「ショウコウヒン」では変換候補に出てきません。

以前に私も、消耗は「ショウコウ」と読むのが正しく、「ショウモウ」は間違った読み方だったのに広まって一般的になってしまったと、国語の教科書に書かれていたのを記憶しています。
そこで、20年以上前に高校の授業で使っていた副読本、第一学習社『新総合国語便覧』を引っ張り出して調べてみました。
(“引っ張り出して”と書きましたが、非常に便利なので今でも使っていて、すぐ見られるよう居間に置いています)

ありました。
〈漢字の音訓〉という項目で、次のように書かれています。
 慣用音
 漢...続きを読む

Q漢字の読み方辞典〈人名用)

本当は出産とか育児のカテゴリーの方が良かったのかもしれませんが、赤ちゃんの名前じゃないもので…。
人の名前を考えなければならないのですが、名前用の読み方辞典〈サイト〉というのはありますでしょうか?
たとえば慶喜(よしのぶ)、それぞれの漢字の読み方を調べてもよし、のぶというのは出てこないと思うのですが。この漢字はこんな風な読み方に使えるというガイドはあるのでしょうか?他の質問を拝見させていただくと、人名で使える漢字には制限があるけれど、読み方は自由なようなので、自分で勝手に「これはこう読む!」と決めることができるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

誰の名前を何の為につけるのかわかりませんが、お急ぎのようなので、回答します。

 お探しのサイトは↓のようなサイトでしょうか?

 >読み方は自由なようなので、自分で勝手に「これはこう読む!」と決めることができるのでしょうか?

 日本語の基本法則には従ってください。漢字の音読み訓読みの約束の中で、自由に読み方を決めてください。

 いくらなんでも『高志』とかいて「スヌーピー」とは読ませられません。

参考URL:http://www.willcode.co.jp/kirakira/index.html

Q歌詞を書いているのですが、「生きて行け」の読みは、「いきていけ」なんでしょうけど、私には、人々は、「

歌詞を書いているのですが、「生きて行け」の読みは、「いきていけ」なんでしょうけど、私には、人々は、「いきてゆけ」と発音しているようにも思え、「いけ」か「ゆけ」かで悩んでいるのですが、どちらが良いでしょうか?

Aベストアンサー

「行く」「言う」は書き文字では「いく」「いう」ですが、読み(発音)では「ゆく」「ゆう」が正しいです。
小学校1年の国語の時間に(しつこく)教わることだと思いますが、最近は教えないのでしょうか?

作文で「私は学校にゆきました」と書いたら間違い。「いきました」が正しい。
でも、読むときは「ゆきました」が正しくて、「いきました」は間違いです。

だから、あなたは、書くときは「行け」または「いけ」、読むとき歌う時は「ゆけ」でよいのです。

メンドウっていえばメンドくさいですね、日本語は。

Q中国、朝鮮の人名の漢字と読み方

日本の人名は使用できる漢字に制限がりますが、読み方は無制限です。「幸史」という名前をつけて読み方「こうじ」「ゆきふみ」「ゆきじ」と何通りも読めますし、ぜんぜんちがう読み方で「たくや」とつけても自由です。
1)中国、台湾では漢字制限ありますか。また、たとえば沢東とつけたら「つおーとん」としか読めないのですか、それとも「しゃおぴん」とかどんな読み方でもいいのですか。
2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。また大中とつけたら、「デジュン」としか読めないのですか、それとも「ジョンイル」とかと読んでもいいのですか。さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
3)北朝鮮は漢字をやめハングルにしてます。漢字を使ってた世代の人が漢字表記あるのはわかりますが、金正男、正哲など、ハングル世代なのに漢字表記があるのですか。戸籍の表記はどっちですか

Aベストアンサー

2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。
韓国にも人名用漢字というものがあります。(1991年から施行) 4,794字です。

>さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
戸籍は併記かハングル単独表記です。
ハングルだけの表記もOKです。

3)北朝鮮には戸籍はありません。

Q「ご」が正しいでしょうか「お」が正しいでしょうか?

お忙しいところ、たいへん恐れ入ります。
見ていただきまして、誠にありがとうございます。

「査定」という単語の頭につける文字は
「ご査定」と「お査定」、どちらが正しいでしょうか?


「お時間」と言いますが「ご時間」とは言いません。
「ご家族」と言いますが「お家族」とは言いません。
ちなみに私は「ご査定」が正しいと思っておりますが
ほかの社員で「お査定」と言うものがいます。
とても違和感を感じておりますが
どちらが正しいかの根拠がわかりません。

何卒、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「ご査定」の方だと思います。

2つをすべて平仮名にすると、
「ごさてい」、「おさてい」

「ごさてい」と「おさてい」では左の方が言いやすいです。

例を挙げてくれたのでは、
・「ご時間」より「お時間」の方が言いやすい。
・「お家族」より「ご家族」の方が言いやすい。

なので、言いやすさで「お」または「ご」を判断するんだと思います。

Q漢字の読み方

漢字の読み方をお教えください。
「福」と「彦」のフク、ヒコ以外の読み方です。

Aベストアンサー

人名の読み方は、また別のもんですから。
私の手元の事典ですと
「福」は、さき・さち・たる・とし・とみ・むら・もと・もと・よし。
「彦」は、お・さと・ひろ・やす・よし。
なんて読み方が載っています。でも、人名は何でもありですから。

Q「ちょっとまった」=「ちょっとまって」?

「ちょっとまった」=「ちょっとまって」ですか。ただ音の崩しですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ちょっとまった」の「た」は、完了・過去の助動詞「た」です。

通常見られる「月が出た」(完了)「昨日、東京へ行った」(過去)などの「た」です。

ただし、ここでは「軽い命令」の意味を示します。

「さあ、どいたどいた」などと同じです。

これに対し、「ちょっとまって」の「て」は接続助詞です。

「図書館へ行って、本を借りる」などの「て」です(順次動作・原因理由・付帯状況などの意味に

分かれますが)。

接続助詞である以上、後に文が続くはずですが、「ちょっと待って」の後には、何も続いていませ

ん。

これは「ちょっとまってくれ」あるいは「ちょっとまってください」の省略形と考えられます。

相手に「まつ」ことを要望しているのです。

このように、「ちょっとまった」と「ちょっとまって」は、文法的に異なります。

意味面からも、「ちょっとまった」は「軽い命令」の意味を含むため、「ちょっとまって」よ

りも尊大な(相手を見下している)ニュアンスがあるという点で、両者は異なります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報