医療保険に加入を断られ続けます

アフラック、オリックス、東京海上、全労災、アリコ、損保ジャパン、PCA,第一生命、日本生命など
数え切れない程、保険の加入を依頼しましたが全て却下されました。

原因と思われるのは、14年前に入院手術をした水頭症かと思います。
現在は、投薬も治療もしていませんが半年に1回程度、経過観察しているくらいです。


また、昨年の10月に健康診断で「上質性期外収縮」とありましたが、
総合結果は「僅かな所見あるも異常なし」でした。


私の場合、手取り11万で家族4人を抱えているので、病気になったときにゾッとします。
何とかならないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。

総合保険代理店を経営するCFPの藤井です。

水頭症が既往症の場合、保険加入には極めて厳しい判断がされます。

医療保険に加入して保険料を支払うつもりがあれば、それを貯金してく
ださい。月3千円でも2年で7万円になり、健康保険に加入していれ
ば、1か月分の入院治療費くらいにはなります。

例え、医療保険に入れたとしても、給付日額5千円であれば、一ヶ月の
入院で15万円しか支払われず、収入をカバーするまでいきません。

健康に留意して、少しずつ貯蓄するのが現時点の最良の策ではないでし
ょうか。
    • good
    • 0

初めましてこんにちは。

医療保険に入っていないと何かとご心配ですね。健康である事の大切さを感じてしまいます。

こんなのはいかがでしょうか?コープ共済のパンフレット見ましたら告知がゆるやかな医療コースV1000コースと言うのがあります。

告知は二つで
   現在入院中である

   医師から、今後入院または手術をした方が良いと言われている
   (ただし、入院または手術をする時期について、申し込み日より   一年以上先である事を医師から明示されている場合は除きま     す。)となっておりました。

こちらは月千円で入院一日目から二千円出ます。(184日まで)怪我などの通院は千円出ます。手術も1・2・4万でます。事故後後遺障害は2~50万出ます。事故死亡60万、病気死亡10万、住宅災害は3・15・30万出ます。

かなり小額ではありますがもし入れたら少し安心なのかなと思い回答してみました。+120円で1億円の個人損害賠償責任保険に入れるのも魅力かなと思います。生協に入っていなくても保険に入れると聞きましたよ。お守り程度にはなると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/09 22:03

加入できるかどうかはわかりませんが


「全労済」にご相談されてみてはいかがでしょう?
うちの家族にも年に1回程度の経過観察が必要な者がおりますが、
「現状観察」という事で普通に加入できました。

医療共済なら「新・総合医療共済 終身医療タイプ」をお勧めします。
ちなみに、死亡保障は「新・せいめい共済」になります。

参考URL:http://www.zenrosai.coop/kyousai/niryou/siryoupl …
    • good
    • 0

sdfijaoijeさんの意見も無くはないですが、例え14年前とはいえ現在まで「経過観察」という事を告知書に書かなければいけない状態である事が一番の原因かと思われます。



数年前に「完治」していない限り、軽い病気でなければ、告知書診査の医療保険の引き受けは難しいです。

引受緩和型であれば可能性はありますが、保険料は高額になりますので、現状の所得から考えるとまずは公的な健康保険を切らさない事と、その不足分を補うために貯蓄する方が有効な手段かと思います。
    • good
    • 0

原因は所得が低いことです。

あなたの所得は生活保護水準です。通常保険には入らないし、入るための可処分所得などない水準です。それでも保険に入ろうとするのは、特別な理由があるからと思われるのは普通です。

所得を上げてください。そして貯金してください。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療保険の比較検討について

医療保険の比較検討について

45歳の家内の医療保険についてお伺いします。

色々と保険指南本を読みますと、ライフネット生命保険は保険会社が手数料として受け取る付加保険料を低く設定しているとのことでした。保険業界で初めて保険にかかるコストを公開したとのことです。詳しいことはわかりませんでしたが、共感できる企業だと思いました。
しかしながら、じっくり具体的に検討してみますと疑問を持ちました。

ライフネット生命の医療保険(終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日数60日タイプ、総入院日数1095日まで、手術給付金無し)では月額2319円。
アフラック生命の医療保険新エヴァー(終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日数60日タイプ、総入院日数1095日まで、手術給付金2.5-20万円、放射線治療給付金5万円、先進医療一時金5万円、)では月額2255円。
でした。素人目に見てもアフラックの方が保険料は安くて、内容も充実しているように思います。

何か抜けている視点はあるでしょうか?この2商品に関してはアフラックの方が良いじゃないかという、小生の考えはいかがでしょうか?

よろしくお願いします。

医療保険の比較検討について

45歳の家内の医療保険についてお伺いします。

色々と保険指南本を読みますと、ライフネット生命保険は保険会社が手数料として受け取る付加保険料を低く設定しているとのことでした。保険業界で初めて保険にかかるコストを公開したとのことです。詳しいことはわかりませんでしたが、共感できる企業だと思いました。
しかしながら、じっくり具体的に検討してみますと疑問を持ちました。

ライフネット生命の医療保険(終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日...続きを読む

Aベストアンサー

shibaryutaさん

・奥様(45歳)の終身医療保険
・終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日数60日タイプ
・ライフネット生命の医療保険 月額保険料2319円
・アフラック生命の医療保険新エヴァー 月額保険料2255円
・この2商品に関してアフラックの方が良いと思うがいかが?

この2商品で比べると、shibaryutaさんのお考えで問題ないように思います。

他の方も書いていましたが、医療保険選びにまず「商品」を先に考えるのではなく、どんな保障内容を重視するかを最初にお考えになったほうがよろしいと思います。

・1回の入院で何日まで保障してもらうか→ nn日
・入院1日あたりいくら保障してもらうか→ 5000円
・保障してもらう期間をいつまでにするか→ 終身(一生涯)
・支払う期間をいつまでにするか→ 終身

他にいろいろな「有料のオマケ」を付けている商品がありますが、まず以上の4項目について何を選択するか考えてみたらいかがでしょう。

保険会社は、単純な比較をさせづらくするため、余分な保険料を払わせるために、「有料のオマケ」を勝手に付けています。私たちは、「有料のオマケ」を見せられてしまうと、こんなオマケも良い、あんなオマケも欲しいなどと考えてしまいがちです。

しかし、そもそも、どんなことを重視して保険を契約するのかを考えてみたらいかがでしょう。
後田亨さんという方は、『「保険に求めるもの」を「足し算」』で考えるのではなく、「引き算」で考えることを勧めています。
(asahi.com「損をしたくないなら「引き算」を」)
http://www.asahi.com/health/seiho/TKY200809100176.html

また、入院した時には、民間医療保険が主な対処方法ではありません。公的保障である「高額療養費制度」により、入院しても実際の1ヶ月あたりの自己負担額は10万円程度です。
民間医療保険がしてくれることは、入院したときに「給付金」という「お金」を払ってくれることだけです。極論すれば10万円の貯蓄があれば、保険料を負担して民間医療保険を契約しなくても1ヶ月の入院に対処できるということです。
「教えて!goo」で、http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5430092.html の回答No.5の私ucosmosの回答もご参考にしていただけると幸いです。

どんな保障内容を重視するかをお考えになった上で、実際の商品比較をしてみてください。
週刊ダイヤモンド2010/3/20号で、「1入院限度日数」が60日、120日、180日ごとに終身医療保険商品の比較をしています。図書館などで探してみてください。
また、60日保障の終身医療保険商品が中心ですが、かづな先生の終身医療保険比較 http://www.fp-kazuna.com/medical-case/shushin.html で商品比較があります。

最後になりますが、ライフネット生命が「保険にかかるコストを公開した」ということについて、保険営業員は好意的ではありません。
なぜならば、保険営業員を使って保険加入させる商品は、平均すれば高コストであることがわかってしまう、ネットを通じて保険加入されてしまうことで、自分たちの仕事が奪われてしまう、こんな理由からだと推定しています。

ではなぜ、shibaryutaさんが比較した2商品では、アフラックのほうが安かったのか。
以下は私の推定です。
保険各社は、コストに一定率の経費を上乗せして保険料を決めているだけではなく、戦略的に保険料を決定してもいる。
特定の商品だけは戦略的に割安にする。経費を多めに積みやすい他の商品で取り返す。
20歳代、30歳代を中心に割安にする。他の年代は割安感は薄くする。

shibaryutaさん

・奥様(45歳)の終身医療保険
・終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日数60日タイプ
・ライフネット生命の医療保険 月額保険料2319円
・アフラック生命の医療保険新エヴァー 月額保険料2255円
・この2商品に関してアフラックの方が良いと思うがいかが?

この2商品で比べると、shibaryutaさんのお考えで問題ないように思います。

他の方も書いていましたが、医療保険選びにまず「商品」を先に考えるのではなく、どんな保障内容を重視するかを最初にお考え...続きを読む

Q生命保険について教えて下さい。アフラックの保険に2~3年前に加入しました。内容は一通りです。以前から

生命保険について教えて下さい。アフラックの保険に2~3年前に加入しました。内容は一通りです。以前から精神科に通院してるのですが、その時、精神病は関係ない言うのも恥ずかしいと思い告知しませんでした。今も通院しています。精神病では保険に入れない、伝えずに入っても保険料の払いぞんと聞いてショックで、どうしたら良いか分からなく投稿させてもらいました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お金払って 保険が使えない状態ですね。

もったいないですね。


告知して入れる保険プラウンに変えましょ

Q「私にうれしい医療保険」の特徴は?

アメリカンホームの「私にうれしい医療保険」について、他の医療保険と比較した調書と短所を教えて下さい。

Aベストアンサー

長所
自分が心配と思える保障だけ選べるので保険料が安く済む。

短所
http://www.americanhome.co.jp/frameworkservlet/faq.html

こちらにある医療の保険Q001を見てください。
これが短所です。
「10年更新タイプで最長80歳まで継続可能」
今新しく医療保険に加入を検討されてる方が望んでるのは、入った時と保険料が変らず、一生涯保険が(81歳でも90でも100でも自分が生きてる限り)続けられる終身医療保険です。

QPCA生命に加入しています。

約1年前に、無料の保険相談窓口にて、
医療保険、死亡保険…等に加入しました。
医療保険については、PCA生命を勧められ、
会社としてはとても強いから…と説明を受けた為、
加入しました。
夫・妻の2名分です。双方とも30代半ばです。

ですが、この度、PCA生命は、
日本国内での新規募集を休止するとの事。
PCA生命からは、加入者については保障などは従来通り
との書面が届きましたが、
医療保険は終身のもの、生涯にわたって
ちゃんと保障が続くか心配になりました。

無料相談の窓口には問い合わせしましたが、
現在の加入者を守る為に新規休止する訳だから、
大丈夫。もしも日本から撤退と言う事になっても、
他の会社に移るだけで、保障は100%引き継がれるから
何の問題も無いですよ、と言われました。

どうなるかは、誰もわからないとは思いますが、
私は保険については全くの素人ですので、
この窓口の方の言い分を、全く鵜呑みにして信じていいのか
分かりません。

今回、もし入り直すとすれば、
PCA生命加入時より1歳だけ年をとっています。
また、妻は出産を経験しました。
(PCA生命加入時は、出産未経験)

他社に入りなおすべきか、そのままPCA生命続けるか…
皆さんならどうされますか?

約1年前に、無料の保険相談窓口にて、
医療保険、死亡保険…等に加入しました。
医療保険については、PCA生命を勧められ、
会社としてはとても強いから…と説明を受けた為、
加入しました。
夫・妻の2名分です。双方とも30代半ばです。

ですが、この度、PCA生命は、
日本国内での新規募集を休止するとの事。
PCA生命からは、加入者については保障などは従来通り
との書面が届きましたが、
医療保険は終身のもの、生涯にわたって
ちゃんと保障が続くか心配になりました。

無料相談の窓口...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして
PCAは運用環境の悪化で、これ以上新規販売を続けても利益が上がらないと判断しんでしょうね。この会社は以前も代理店販売に関わる営業社員を突然解雇して、代理店部門での営業を停止するなど(数年後復活させましたが・・・)外資系らしく思い切った施策を取る会社です。
PCAを質問者に強力に勧めた代理店があるとしたら、その時期たまたまPCAのキャンペーンにでも乗っかってたんではないでしょうか?

今すぐ解約する緊急性はないと思いますが、他の回答者さんが答えてらっしゃる通り、最近は5社ほどが扱う先進医療特約など魅力的な特約があったりするので見直しを検討されたらいかがですか?
確かにPCAの入院保険は保険料が安いですけど・・・
奥様の件ですが、通常分娩だったなら、出産がひと月経過すれば、普通に加入はできます。

最近では来店型のショップなどを探せば、複数社の比較の中で保険を選択できますよ。

Q医療保険の先進医療特約についてお詳しい方がいらっしゃいましたら教えてく

医療保険の先進医療特約についてお詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

現在先進医療付医療保険を検討しています。
医療保険は最小限で、先進医療特約は高め(1,000万を想定)の保険を探しています。

私の調べた限りでお手ごろなのは

オリックス:1,750円
アフラック:1,750円
損保ジャパンひまわり:1,730円

なのですが、他にもっと安く先進医療の保証を付与している保険などありましたらご教授頂けると幸いです。

また3保険の単純比較すると微小ながらひまわり生命が価格的に良いと判断しますが、
先進医療以外の保証内容を考慮した全体で考えると、オリックス、アフラック、あるいはその他の保険商品のほうが
良いのでは?と言った内容のご意見がありましたら是非お聞きしたく、こちらも教えて頂けると幸いです。

乱筆で恐れ入りますがどうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(Q)先進医療目当てじゃないと、貯蓄と健康保険上限を考えると
医療保険は入る必要性が無くなってしまうのですが(笑)

(A)健康な人は、病気になった自分が想像できません。
それが、普通なのです。
では、統計上は、どうなっているのか?
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/02.pdf
高齢になると、受療率が格段に上がっているのがわかります。
つまり、若い頃は、入院することが例外だったのですが、
高齢になれば、入院を経験することが普通なのです。

ついでに、70歳~74歳で、10万人当たりたった2200人と
思わないで下さい。
2200人×365日÷50日(70歳以上の平均入院日数)=16,060
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf
つまり、この世代の人は、10万人当たり16,000人が入院を
経験することになります。
5年間では、8万人
つまり、70歳~74歳の人は、10人中8人が入院を経験して、
その平均入院日数は50日……

つまり、入院するのが普通となれば、次に怖いのは、入退院を
繰り返すということです。
残念ながら、入退院を繰り返すことの統計はありませんが、
十分にあり得る話です。

高額療養費制度の上限は、
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm
ですが、これはある月の1日~末日までです。
平均50日ということは、半数以上の人はこれを超えるということです。
今日、6月4日に入院した人の50日目は、7月23日。
例えば、60日入院すれば、8月2日となります。
つまり、医療費の上限は、
6月、7月、8月の3ヶ月分となり、それぞれ8万円でも、
合計24万円になります。
入院食事代や雑費を考えれば、30万円は軽く超えるでしょう。
もし、看病をしてくれるはずの配偶者が、要介護状態だったら
どうしますか?
介護保険には、上限がありません。
月に10万円ぐらいは、あっという間です。
(ちなみに、私の母は要介護度5で、月に15万円の自己負担です)

決して、想像できないほど悲惨な状況ではなく、
簡単に起きそうな状況だと思います。

これが、1回で終われば、「よかったね」で終わります。
でも、入院で体力が落ちるので、次から次へという状況になる場合も
あるのです。

医療保険とは、1回の入院に備える保険ではなく、
長期入院となり、しかも、それを繰り返す状態になる……
これが、死亡保険の万一に相当する、医療保険で言う万一です。

年金生活になり、預貯金頼りになったとき、病気がちで
医療費に貯蓄が減っていくのを厳しいと、私は、思っています。
面白いデータがあります。
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/0491.pdf
10ページをご覧下さい
日本では、年齢が高くなると、貯蓄額が増えるのです。
先進国で、こんな国は、日本だけです。
年金制度が充実しているから?
いえいえ、実態は、「高齢者は怖くてお金が使えない」
と言われているのです。

つまり……
介護保険には上限がないので、充実した介護を受けようとすれば、
月に10万円単位のお金が必要。
それが、いつまで続くかわからない。
医療費も上限があるけれど、月に5万円が毎月かかれば年間60万円。
それが、10年続けば600万円。
つまり、高齢になれば、そんなことが現実に思えるから、
お金を手放せないのです。

医療保険は、安心を買うことでもあるのです。

最後に……
先進医療は、受けられる確率は低いですが、その分、
保険料も安いので、検討する価値はあると思います。

ご参考になれば、幸いです。

(Q)先進医療目当てじゃないと、貯蓄と健康保険上限を考えると
医療保険は入る必要性が無くなってしまうのですが(笑)

(A)健康な人は、病気になった自分が想像できません。
それが、普通なのです。
では、統計上は、どうなっているのか?
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/02.pdf
高齢になると、受療率が格段に上がっているのがわかります。
つまり、若い頃は、入院することが例外だったのですが、
高齢になれば、入院を経験することが普通なのです。

ついでに、70歳~74歳で、1...続きを読む

Qアリコ ソニー生命の生命保険で思案中

今 アリコの収入保障保険と ソニー生命家族収入保険のどちらにしようか検討中です。 条件は60歳払い込み済みで月20万円 60歳までの保障と思っております。 どなたか詳しい方両方のメリットデメリットを教えていただければと思っております。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

近一年以内の喫煙履歴に因ります。
タバコを吸う方なら・・・アリコ
タバコを吸わない方なら・・・ソニー
となります。(保険料水準のみでの話で、格付けではありません)

上記は体況上問題が無い前提で考えております。
また、タバコを吸わない場合は、医師もしくは生命保険面接士等による
非喫煙診査(コチニン検査といいます。ニコチン検査では有りません)
が実施されます。

ただし、ソニー生命保険の場合は、家族収入保険の支払保証期間が2年しかありませんが、アリコの場合は、1年2年5年10年から選べます。

ソニー生命保険の「逓減定期保険」の検討はされてますか?
5年毎利差配当付年金支払特約を付保することで(この特約は無料)、
保険事故発生時(死亡等)に、一時金や年金支払を受取人の使いでの良い方法で保険金を受け取ることが出来ます。

年金型の受け取りでは、受け取り時に「雑所得」扱いになるため、受取人の方が、雑所得課税され、毎年の確定申告をしなくてはなりません。

Qアメリカの医療保険制度

アメリカの医療保険制度ってどうなっているのですか?
アメリカの医療保険制度の中身と、日本との比較で教えていただきたいのですが。
しかし、レポートなどではないので、論文のようにならなくてもいいです。
今度アメリカに行きたいのですが、その部分について不安がありまして。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに住んでいます。
#1さんも書かれていますが、国民健康保険のような制度はありませんので、
日本で、個人個人が生命保険に加入するのと同じように、
個々が自分の求める保証やサービスに応じて、保険を選んで加入します。

私は、渡米時、妊婦でしたので、妊娠もカバーされる保険に加入しました。
(妊娠してから加入できる保険は、掛け金がかなり高額です)
月々の掛け金は、700ドルくらいだったと思います。
旦那は月200ドルくらいの保険に加入していました。
ウチは、旦那の職場を通して保険に加入し、職場の方でいくらか負担してくれたので、
毎月200ドルに満たない額が天引きされていました。

医師は保険会社と提携している医師にしかかかれません。
保険に加入すると、提携している医師のリストが送られてきます。
その中から、自分の条件に合った医師をホームドクターに選びます。
病気で医師にかかる際には、必ずホームドクターにかかります。
専門医の診断が必要な時は、ホームドクターから紹介状を書いてもらってから受診します。

私の友人は、急病で病院に駆けつけた時、
「この保険では、ウチの医療は受けられません」と断られた時があります。


保険の事は、全て旦那に任せていたので、
詳しくはわかりませんが、私の場合は、こんな状態です。
ライフ(海外生活)カテに質問した方が、回答が付くと思いますよ。

アメリカに住んでいます。
#1さんも書かれていますが、国民健康保険のような制度はありませんので、
日本で、個人個人が生命保険に加入するのと同じように、
個々が自分の求める保証やサービスに応じて、保険を選んで加入します。

私は、渡米時、妊婦でしたので、妊娠もカバーされる保険に加入しました。
(妊娠してから加入できる保険は、掛け金がかなり高額です)
月々の掛け金は、700ドルくらいだったと思います。
旦那は月200ドルくらいの保険に加入していました。
ウチは、旦那の職場を通...続きを読む

Qアリコとオリックス生命について

こんにちは
今、アフラックの医療保険に入っているのですが、もう少し安い方がいいのでアリコか、オリックス生命の医療保険に入ろうかと思っているのですが、評判はどうなのでしょうか?
アフラックはお金を出し渋りすることもなく対応も早くよかったです。
アリコ、オリックス生命の対応はどうなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

議論するつもりはありませんし、それはここの規定にも触れそうなので控えつつ。

>保険会社側が恣意的に約款解釈を行う、もしくは消費者側の不知につけこんで、販売者側の違法行為にて差がついた事例もありました。

二度の業務停止命令を食らったMY生命以外には会社ぐるみでは有り得ません。質問者さんの挙げた会社では別段恣意的に排除してはいないでしょう。

>支払い時査定を相応に厳格に行い、疑いあらば、徹底的に告知義務違反の調査を行う

当たり前の事です。

>通販契約では、どうしても保険会社側は、被保険者と対面してないので、”なにかウソをついてるのではないか?”と考え、対面加入と比べて厳しく対応されがちです。

ちょっと悪意も感じますね。通販悪玉論を掲げたいようですが、告知は確かに厳格なものですが、通販だと厳しくするというものでは決してありません。(通販をやった事の無い人の誇張ですね、これは。)
通販の問題は保険会社が疑って掛かるというより、告知しなくても問題ないだろうという自己解釈から起こります。(この為相談できる担当がいたほうがいいのです。)

>まあ、通販はやめとくことですな。過去に給付歴があるのなら、なおさら。

完治したものなら問題無い事も多いです。敢えて既契約を残す必要がないなら加入し直しで良いと思います。給付金が出たら感謝、と言うのは気持ちの問題であり、どこの会社払われて当たり前だったので気にしなくても良いと思いますよ。

議論するつもりはありませんし、それはここの規定にも触れそうなので控えつつ。

>保険会社側が恣意的に約款解釈を行う、もしくは消費者側の不知につけこんで、販売者側の違法行為にて差がついた事例もありました。

二度の業務停止命令を食らったMY生命以外には会社ぐるみでは有り得ません。質問者さんの挙げた会社では別段恣意的に排除してはいないでしょう。

>支払い時査定を相応に厳格に行い、疑いあらば、徹底的に告知義務違反の調査を行う

当たり前の事です。

>通販契約では、どうしても保険...続きを読む

Q医療保険と女性用医療保険

お世話になります。
現在、嫁(30代半ば)の医療保険について検討していますが、
医療保険にするか女性医療保険にするか迷っています。

後者は女性特有の病気など手厚くカバーされることは承知していますが、保険金額の大小は考えないものとして、保障適用範囲はどちらも同じなのでしょうか?

具体的にいいますと、楽天保険の中にある、三井ダイレクト損保の「e入院保険スーパープラス」と
三井住友海上きらめき生命の「メディカルレディース」との比較です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結論から言えば……
「メディカルレディース」は、死亡保険に医療特約を付加した保険であり、死亡保障がある点が「e入院保険スーパープラス」とは異なります。
入院・手術の保障範囲については、基本的に同じです。

ご質問のあった2つの保険は、いわゆる通販の保険であり、契約申し込みに際しては、保障内容や約款などがわかっているということが前提になります。
「え? そんなこと知らなかった」ということがあり得ないということになります。
本当に、この2つの保険の内容をご理解しているのでしょうか?
理解しているのならば、どうしてこのような質問が出てくるのか、
そのこと自体が疑問なのですが……

Q夫の生命保険保険等加入について(現在未加入、長文です)

結婚を機に今まで任意保険にまったく未加入だった
夫に保険に入ってもらおうかと考えましたが、現在
資産が5000万以上あるため、何かあったらこれで大
丈夫だろうといわれました。
ただ、このほとんどが株等なのと、現在持ち家がない事、
子供はいなく今後その予定がないので相続等を考えると
不安があります。

また、自分がパート勤めなので、夫が病気で働けな
くなったりしたときなど備え(入院や手術等は貯金で
十分カバーできるので健康保険の障害年金のような保険)
で、保険料が高額でなければ加入しても良いかなと夫は
言います。

一般的に考えてこれは何も保険に入らなくてもよい
状況なのでしょうか。また、もし入るとしたらどの
ような保険が適切でしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、死亡保障保険には絶対に加入しなければならない必然性は低いと思います。けれども、保険というのは「安心」を得る心情的なものでもあるので、あったほうがより望ましいは間違いありません。
有価証券は将来価値が不明なので、いざという時の生活保障としては確実性が欠けていますし、持ち家の維持には別途お金が必要なのも事実です。ローンを組んだ場合では死亡時にはローン残債が免除されるローン保険に加入するものなので(団信と呼ばれる)保険自体は必要ないですが、一括で払ったりするのであればその分、生活保障原資としての資産は減少します。

相続については子供のあるなしに関係なく妻の場合、1億6000万までの夫の相続資産は非課税なので心配はないでしょうが、現状のような状況で保険を用意するとなれば、終身保険が良いと思われます。
掛け金は掛け捨て保険に比べて高いですが、これは将来の貯蓄的なものとして考えれば良いでしょう。介護に応用も可能です。
もし可能であれば、ガンなど高額な医療がかかる可能性があり資産を食い潰してしまいかねない病気に対する備えにもなる「特定疾病保障」型の終身保険のほうがより適合しているかと思います。
特定疾病保障(3大成人病保険)については各社とも扱っています。特約としての取り扱いや定期保険型しかなかったりと色々ですが、単品販売は外資系、損保系、通販系などで扱っています。商品については以下のURを参照して下さい。割高ではありますが、それだけの価値はあります。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/kazunasemi/insu/type/19.html
安いものなら加入してもよい、とご主人さんが言ってくれたのなら、損保の所得保障保険なども良いでしょう。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9620.htm
ご参考までに。

まず、死亡保障保険には絶対に加入しなければならない必然性は低いと思います。けれども、保険というのは「安心」を得る心情的なものでもあるので、あったほうがより望ましいは間違いありません。
有価証券は将来価値が不明なので、いざという時の生活保障としては確実性が欠けていますし、持ち家の維持には別途お金が必要なのも事実です。ローンを組んだ場合では死亡時にはローン残債が免除されるローン保険に加入するものなので(団信と呼ばれる)保険自体は必要ないですが、一括で払ったりするのであればその...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報