こんばんは。
最近人間関係がなかなか上手くいかないことに悩んでいます。
高校までは友達や人と話すことが苦にならなかったのですが、専門学校に進学してからは人とか関わることに消極的になってしまいました。

まずは周りの友達と気軽に会話ができません。
話す時にどうしても緊張してしまいぎこちなくなってしまいます。
「ありのままの自分を出して接しなければ、向こうも心を開いてくれない」というのを聞いて、意識しようとするのですが、そもそもありのままの自分というのがわかりません。
また会話がうまくできないなら、聞き上手になることを心がけようともしたのですが
相手の話に対してもわざとらしい大げさなリアクションになってしまったり、
相槌をうつにあたっても愛想笑いが多くなってしまうし、どうしても相手の話に合わせるような言葉が出てきてしまいがちです。
どう反応したらいいんだろうと考えて余計にぎこちない会話になってしまっています。
そんなことばかり考えているから会話も頭に入りづらいです。
段々会話をするということに色んな意識が働いてしまい、
最近会話することに対して気軽なものではなく義務的なものを感じるようになってしまいました。
専門学校の人と関わることに疲れを感じてしまいます。
自然と相手に対して壁を作ってしまっているような気がします。
なので本当は仲良くなりたいのにどうしても浅い関係になってしまいます。
人とどう接していいのかもわからなくなり、すごく戸惑っています。

考えられる一番の原因はまず自分に自信がないということなんだと思います。
自分に自信がないから、自分のことで頭がいっぱいになってしまいがちです。
なので、最近は他人の気持ちになって考えようとしてもなかなか難しいです。
心のどこかで「他人にどう見られてるか」「嫌われたくない」という気持ちがあるのだと思います。
もっと自分に自信をつけて堂々としたいです。
そして自然と人を思いやれるような人になりたいです。

どうしたら今の自分を変えることができますか?

A 回答 (1件)

僕も似たような経験があります。


ちょっと自分の能力に見合わないぎりぎりの大学に入り、案の定留年して自己不信に陥り、それまでいた人間関係を自ら切ってからに閉じこもり、大学にいる間はなるべく人と話したくない、やることやって早く帰りたいとしか思ってなかった時期がありました。
友達もこの先できないだろうなって悲観もしてました。
何より自分の人生の先が明るいとも思えなかった。
だからまず卒業という義務だけはこなそう、親にあんなに大金使わせて
卒業できませんでしたは余りにも心苦しかったので。
でも卒業したからってその闇は晴れずに就職も新卒ではできませんでした。自分みたいな人間が社会に関われるとは思えなかったんです。
それ位自分を信じることができませんでした。
で、寂しかったんでしょうね、人に関わりたいと思い、接客業のバイトを始めて、その仕事を一生懸命真剣にこなしました。
今の自分にはそれしかできないと思ったので。
でもそれが良い結果に繋がりました、ひたむきに働くことで
「自分も働ける、物事に対して真剣に考える事ができる」と気付いたんです。そこからようやく就職活動をし、1年のブランクの割にはちゃんとした企業に就職でき、そこでもうできることはないだろうと思ってた友達が沢山できました。

で、この事で得た教訓というのは
「一つのことを一生懸命ひたむきに頑張って行動してみること」
それが原動力となって自分を良い方向へ突き動かしてくれると思うんです。
あなたも昔の僕と同じように薄々気付いてる事だと思うんです。

それと「人にどう思われてるか」を気にしすぎてることをどうか悪い事とは思わないで下さい。
それは「人を思いやれる大事な素養」です、僕自身がそれを実感しています。
人に対して真剣に悩む行為そのものがいつか人に対して真っ当な愛情を
持つ事につながると思うんです。
そこに行動力が伴えばとても情愛の深い気のつく人間になれるはずです。
悩む事は決して悪い事ではないんです、成長するために必要な、
花が咲くまでに大事な過程なんです。
だからそんなに悲観しないで下さい。
あなたは今の状態でも十分素敵な人です。
僕からは十分立派な大人に見えます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング