木造2階建ての増築によって200m2を超えたので、排煙計算につて宜しくお願いします。

1Fの和室A+和室Bの排煙を広縁を介して排出する計算を検討し、その際 他の廊下を一体とみなさないようにする為、広縁に下がり壁を設ける事によってまずは確認を下ろしました。

ところが、下がり壁を設けないで和室ABと広縁・廊下・玄関等を一体とした計算でも和室AB及び広縁の有効排煙開口がOKでした。
その際1F階段室に下がり壁を設けない場合は、2Fの廊下も和室ABと一体と考えるべきなのでしょうか??

もし2F廊下も一体となる場合は、2F廊下の分は1Fの有効排煙開口は使えますか??それとも2F廊下の窓を利用するのでしょうか??
また階段室吹抜け部分の面積は1For2Fどちらで計算するべきですか??


文章のみでなかなかうまく説明が出来なくてすみません。
わかりづらければ図面の添付も致します。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

最近なぜかこの手の質問に回答が寄せられません。

老婆心ながら経験は浅いなれど回答させて頂きます。まず階段の下がり壁は最もシンプルな方法。さて、二階で採る場合一階の全検討面積プラス一階の吹き抜け部プラス二階の廊下なりが検討面積となるでしょう。吹き抜け開口面積は一階排煙検討面積の1/50以上必須。ただし二階窓の排煙オペレーターは一階に設置せねば認められないでしょう。二階に結構な排煙窓面積が要求されるでしょうから勘ですが現実的とは思えません。建築物の防火避難規定の解説・行政・などが参考になるでしょう。今寝床でして乱文ご容赦下さい。  申請機関で解釈の相違は被いです、ご確認はお忘れなく。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築確認 排煙

皆さんにお聞きしたいんです。 
木造2階の家を建てています、一階が仕事場で、2階が住居です。 
1階では、お菓子をガスを使ってで作っています。  
仕事場は20帖ありまして、側面の一番上の方に換気扇を四つ付ける予定です。 
しかし、排煙確認の時に、排煙用の窓を付けないとだめだと言われました。 
お金がプラス掛かるので、考えてます!! 
窓をつけなくては、だめなんでしょうか? 
ガスの量は、家庭用のガスコンロ2つぐらいです!! 
 
宜しくお願いします!! 

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
>排煙確認の時に、排煙用の窓を付けないとだめだと言われました。
現在建築確認審査申請中でしょうか?
併用住宅の木造の場合、建築基準法の決まりで仕事場には、緩和処置が無く仕事場に排煙規制が掛かります。
なので排煙窓を天井近くの外壁面に必要です。
仕事場の床面積が20帖(66m2)なら、床面積の1/50以上の有効排煙面積と1/20以上の有効採光面積がないと、基準法の規定により木造では建てられなくなります。

仕事場の面積から計算すると窓大きさ800*600の排煙窓が4窓必要ですね。
予算的には、5~6万円見れば付けられるでしょう。

それにしても無知な設計屋さんに依頼したんですね。
仕事場に排煙規制が掛かるのは、設計屋さんの常識だよ。

ご参考まで

Q吹抜けに設けるキャットウォークについて

住宅の吹抜け部分の隅に幅600程度のキャットウォークを考えています。

片一方からのみの出入りのみでつながらないようにしています。

その通りには窓があり、反対は吹抜けです。この場合、床面積に含まれるのでしょうか?

詳しい方がいましたら、参考にさせていただきたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

キャットウォークのたぐいは床面積には含まれません。
根拠は、建築基準法に関する旧建設省(現国土交通省)の省令(建設省住指発第115号)です。
下記PDF内に
「(13) 体育館等のギャラリー等
原則として、床面積に算入する。ただし、保守点検等一時的な使用を目的にしている場合には、床面積に算入しない。」
とあります。
http://www.iuk.co.jp/pdf/10_18.pdf

キャットウォークというのは、この「保守点検等一時的な使用を目的にしている」ものと解釈されますので、床面積に入れないのです。

Q排煙計画ってなんでっか?

2世帯住宅を計画しています。工務店とも間取りの打ち合わせ契約も終了し、設計事務所で確認申請の図面を作ってもらっています。
先日工務店より、大きな家なので排煙設備が必要ですと言われ、リビングの天井に手動式のトップライトをつける必要がありますと言われちょっと困惑しています。工務店は排煙設備のことは良く知らず、設計事務所から言われたことをそのまま言ってきているみたいです。
1階が親世帯35坪 2階が35坪 床面積が70坪 地下ガレージがが約11坪です。世帯別で考えるとそんなに大きな家ではありません。
そこで質問ですが
1・排煙設備は必要なのでしょうか?
2・トップライト以外の排煙設備はないのでしょうか?
リビングは吹き抜けになっており、手動式のトップライトをつけられても5mぐらい上なので開閉できません。排煙計画と聞いているので煙突が必要なのでしょうか?
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>1・排煙設備は必要なのでしょうか?
◆200m2を超える住宅は必要です
 (各居室に必要で、窓でいいです)
>2・トップライト以外の排煙設備はないのでしょうか?
◆取り付けられる外壁があれば、
内倒し窓、外倒し窓、硝子ルーバー窓、引違い窓などでもいいです
>リビングは吹き抜けになっており~5mぐらい上~煙突が必要なのでしょうか?
◆操作ハンドルを下方に取り付ければ、開閉できます
但し、高所なので内倒し窓は網戸の脱着が難しい、
外倒し窓は開けっ放しにしておくと雨の降込みに注意が必要です
煙突は必要ありません
(大建築物で機械排煙の場合は排煙風洞を設けます)
◆排煙の有効開口面積は対象居室床面積の1/50以上必要です
その有効部分は天井から80cmの高さまでです
(3m以上の場合は特例あり-後述参照)
例えば、天井から50cmの所についている引違い窓が
w1.6m×h1.0mとすると
排煙有効部分の面積は1.6×1/2×0.3=0.24(m2)です
(これは0.24×50=12.00(m2)の部屋までなら有効です)
リビングの天井に勾配があると、まず平均天井高さを
計算します(部屋の容積を床面積で割る)
仮に4mとすると
天井高3mを超える場合の排煙有効部分は床から
2.1m以上かつ天井高の1/2以上の部分なので
リビングは2.1~5mの範囲になります

>1・排煙設備は必要なのでしょうか?
◆200m2を超える住宅は必要です
 (各居室に必要で、窓でいいです)
>2・トップライト以外の排煙設備はないのでしょうか?
◆取り付けられる外壁があれば、
内倒し窓、外倒し窓、硝子ルーバー窓、引違い窓などでもいいです
>リビングは吹き抜けになっており~5mぐらい上~煙突が必要なのでしょうか?
◆操作ハンドルを下方に取り付ければ、開閉できます
但し、高所なので内倒し窓は網戸の脱着が難しい、
外倒し窓は開けっ放しにしておくと雨の降込みに注意が必...続きを読む

Q排煙上有効な開口

避難用バルコニーに出るための両開扉は排煙上有効な開口になりますか?
定義を読むだけでは認められるような気がするのですが、例としての開口が全て腰窓なので・・・
後、通常の開口ではなく「避難用バルコニーへの特定防火設備扉」だというのも気になっています。
何方か、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>避難用バルコニーに出るための両開扉は排煙上有効な開口になりますか?
避難用バルコニーへの特定防火設備扉は、排煙上有効な開口にはなりません。

排煙上有効な開口は、主要室(居室)の平均天井高さから80cm下方の範囲にある窓などの開口部分です。

以上

Q小規模 特殊建築物の廊下の排煙について

山形県の設計士です。

久しぶりの特殊建築物でちょっと混乱しているので、どなたかお力を貸してください。

以前、地区の公民館を設計した際に、確認申請時、廊下の排煙計算1/50も必要と言われ
居室以外で、廊下の排煙検討をした事がありました。
建物の規模は木造平屋建で約130m2の建物でした。
その時にその必要となる根拠がなんなのか、聞くことなく済ませてしまった為、今になって
混乱してしまっています。

今回計画している建物は、木造二階建て 1階220m2、2階50m2の児童福祉施設等 寄宿舎です。

この建物の場合各居室のみ1/50の排煙無窓の検討をクリアすれば問題ないと思うのですが、
やはり、廊下の排煙検討も必要になるのでしょうか。

必要であればその根拠も知りたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。しつこいようで申し訳ありませんが再回答(先の回答の補足)をさせていただきます。
#3様がご指摘の法35条を良くお読み下さい。いわく、
「別表第一(い)欄(一)項から(四)項までに掲げる用途に供する特殊建築物、(中略)建築物については、廊下、階段、出入口その他の避難施設、消火栓、スプリンクラー、貯水槽その他の消火設備、排煙設備、非常用の照明装置及び進入口並びに敷地内の避難上及び消火上必要な通路は、政令で定める技術的基準に従つて、避難上及び消火上支障がないようにしなければならない。」
ですね。
ここで読み飛ばしてはいけないのは「政令で定める技術的基準に従つて」という一言です。すなわち、ここで「避難上及び消火上支障がないようにしなければならない。」と言っている具体的規定は「基準法施行令」に従え、ということです。
(余談ですが、一般に「基準法」では原則だけが述べられており、具体的規定は「政令に従って」と書かれていることが少なくありません。その場合は必ず「施行令」の規定を指しているのであり、施行令の中に、法のその条文に対応する条項が存在しています。したがってその場合「法」だけまたは「令」だけを読んでも意味がありません。両方を一体に解釈する必要があります。)
そこで施行令を見れば、その「技術的基準」とは「第五章 避難施設等」であり、令116条の2(無窓の居室)~「第二節 廊下、避難階段及び出入口」~「第三節 排煙設備」(ここに126条の2がありますね。)という構成になっています。
これらの法~令までを一体に読めば、特殊建築物といえども無制限に「廊下を避難上及び消火上支障が無いものにしなければなりません。」と言っているわけではないのです。
そして、施行令規定に従えば、ご質問の物件は排煙規定の範囲外となるのです。

もちろん私は「特殊建築物」(この場合、老人施設?)の安全対策を最小限で済ませてしまえ、と言っているわけでもありません。
「特建は4号物件と違い、健康な生活以上に安全に避難できることが重要です。」。このことに異議はありません。しかし、質問はあくまでも法体系のなかでの規定根拠を問うている物と思いますので、それにお答えしているのです。
先の回答にも書きましたが「超法規的指導」もありえるし、設計者自身が法規定以上の設備を設けることもあるでしょう。それはそれで非常に結構なことです。
なお、私はあくまでも「排煙設備」に限って回答しておりますので、他の規定(非常照明やら消火設備等)については一切検討しておりません。(何しろ建物自体が何であるか明記無いのですから。)。
その他の条文については質問者様が検討済みと考えておりますので、あしからずご了承下さい。

#2です。しつこいようで申し訳ありませんが再回答(先の回答の補足)をさせていただきます。
#3様がご指摘の法35条を良くお読み下さい。いわく、
「別表第一(い)欄(一)項から(四)項までに掲げる用途に供する特殊建築物、(中略)建築物については、廊下、階段、出入口その他の避難施設、消火栓、スプリンクラー、貯水槽その他の消火設備、排煙設備、非常用の照明装置及び進入口並びに敷地内の避難上及び消火上必要な通路は、政令で定める技術的基準に従つて、避難上及び消火上支障がないようにしなければなら...続きを読む

Q壁量計算。 耐力壁の定義、開口があるとダメか

素人なので見当違いの質問かもしれませんが、
木造住宅の壁量を計算するときにつかう、耐力壁の定義について質問です。

1、小さい開口部でもあれば耐力壁とみなせないような感じですが、そうですか。
2、吹き抜けは床面積に含めないでいいですね。
3、2階の南面の半分が開口部ですが、16MMくらいのブレースを入れれば壁倍率はどうなりますか。ブレースの端部金物はどこに売っていますか。

以上、教えて下さい。

Aベストアンサー

1、軸組で筋交いを入れる場合は、筋交いにかからず、間柱の間に入る大きさ(300角程度)であれば耐力壁とみなせます。また、構造用合板を貼る場合も、間柱にかからず、周囲を補強できれば300角程度の開口部はOKです。
2、吹き抜けは基準法では床面積に入りませんが、施工面積に入ります。(見積もりなどで)
3、9ミリ以上の鉄筋は壁倍率1.0として計算できます。(片筋交いの場合、たすきだとその倍)引張りには利きますが圧縮力は負担できません。建築金物を取り扱っている金物店などにもあるのでは?
http://www.minatoseiki.co.jp/hb/hb_index.htm
http://www.furusato.co.jp/products/architecture/brace/furubrace_02.html

Q機械排煙設備について教えて下さい。 「新・排煙設備技術指導」で、排煙機の設置場所は原則として最上部の

機械排煙設備について教えて下さい。
「新・排煙設備技術指導」で、排煙機の設置場所は原則として最上部の排煙口よりも高い位置にする。とありますが、何故 高い位置にするのですか?

Aベストアンサー

排煙機が停止した場合にも煙突効果によって多少の排煙を可能にするため。
のようです。
逆に排煙機が下にあったり逆鳥居の場合には、排煙機が停止すると、煙は火災階の上階の排煙口から漏れ出し火災被害を拡大する恐れがある。
とのこと。
http://www.setsubi-forum.jp/cgi-bin/c-board/data/design/log/tree_647.htm

Qちょっとしたリフォームについて。対面キッチンの垂れ壁(下がり壁)と吊り

ちょっとしたリフォームについて。対面キッチンの垂れ壁(下がり壁)と吊り戸棚を撤去するには費用はだいたいいくらくらいかかりそうですか?5万レベルなのか30万レベルなのかもサッパリです。目安で結構ですので教えてください。

Aベストアンサー

ほとんど職人さんの人工代でしょうね。
2人分の人工+残材処理費+撤去部補修+経費で
最低7~8万円くらいでしょうか・・。
あとは垂れ壁撤去後の補修部分をどう仕上げるか次第でしょうね。
高くても12~3万位だと思います。

このご時世で、最近は何の見積取っても以前の2~3割安く出てくるので
ビックリしてます。

Q増築時で延べ面積200m2超えの排煙計算緩和の有無

4号物件の増築です。既設は190m2くらいで新設は60m2くらいです。既設の190m2の中に既設改修部約50m2もあります。
指定確認検査機関からは合計延べ面積が200m2を超えますので排煙計算は既設も含めて必要だと言われます。
増築で条件を満たす事で換気や構造の緩和規定があるのに排煙の緩和規定が無いのは納得いかないです。
どなたか詳しい方お見えでしたら、ご教授願えないでしょうか。

Aベストアンサー

>増築で条件を満たす事で換気や構造の緩和規定があるのに排煙の緩和規定が無いのは納得いかないです。

納得いかないって言ってもしょうがないでしょう。指定確認検査機関が決めているわけでは無いのですから。根拠条文を聞いてそこをつっこんでいくしかどうしようもないです。

増築の場合、開口部のない準耐火構造の壁もしくは床又は遮煙性能を有する特定防火設備で区画すれば、独立部分とみなされますので、これでうまいこといきませんか?根拠条文 令137条の14 3号

Q自然排煙と機械排煙が隣接しています。

こんにちは。
ホテルの一階にテナントとして飲食店を計画しています。
機械排煙(厨房)と自然排煙(客席)が隣接しています。
区画は厨房天井から500下がりの垂れ壁のみです。
つまり、床~天井までの間仕切りでの区画でないのですが、
法的に排煙処理は有効なのでしょうか?
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

追記ですが、法令上は「併用してはならない」との規定はないのですが(令126条の2)ご想像通り機能不全が憂慮される為ほとんどの行政で認められていないのが現状です。
(垂れ壁も同様、結局不燃間仕切りが必要になります)
今、参考書(ちょっと古いのが気になりますが)で確認しましたので「自信あり」に変更します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報