ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

400Vのモーターを検討しているのですが、200Vのモーターと400Vの比較表を作成したいと思っています。
200Vに比べ電流が半分になる為、電力料金が半分位になるようですが、
各電圧での計算方法、各短所、長所があれば教えて下さい。
尚電圧は200V400Vとも使用しているので、今回400Vで考えています。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

>200Vに比べ電流が半分になる為、電力料金が半分位になるようですが…



誰がそんなことを言いましたか。
電流が半分になっても電圧が倍になるのだから、電気料金は変わりません。

>尚電圧は200V400Vとも使用しているので…

400V 電源に、そのモーターを増設できるだけの余裕があるのなら、それでよいです。
モーターに至る配線が細くてすみます。

この回答への補足

さっそくの回答ありがとうございます、詳しい方なので
教えて欲しい事があるのですが、コストの比較をしたいので、
電力量の計算ですが、
200V=135A、400V=68Aとして。
1.732×200V×135A×1.0=5.196Kwh
1.732×400V×68A×1.0=7.618Kwh

上記の計算で良いのでしょうか?、よろしくお願いします。

補足日時:2009/05/19 21:40
    • good
    • 6
この回答へのお礼

電力量の計算を間違えました。
200V仕様=135A、400V仕様=68Aとして。
1.732×200V×135A×1.0=46.76Kwh
1.732×400V×68A×1.0=47.11Kwh
料金はあまり変わらないようですね、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 05:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q200Vと400V仕様モーター

400Vのモーターを検討しているのですが、200Vのモーターと400Vのコスト比較表、各利点を作成したいと考えています。
200Vに比べ電流が半分になる為、配線が細くてすみ、電力料金も少し安くになると考えて良いのでしょうか?。
又ほかには、各短所、長所があれば教えて下さい。

電力量の計算ですが、合っていますでしょうか?。
最終的に金額を出しています。 10円/Kwh。
200V仕様=135A、400V仕様=68A、力率0.8、として。
1.732×200V×135A×0.8=37.41Kwh 
1.732×400V×68A×0.8=37.68Kwh 

37.41×24h×10円=8978円
37.68×24h×10円=9043円

Aベストアンサー

(1)電流は電圧に逆比例するので高い電圧・小電流としたほうがケーブル工事費が安くなる。

(2)受電所・変電所からの距離がある場合高い電圧を採用した方が電圧降下の面より有利になる。

(3)容量の大きな電動機に低い電圧を採用すると電流が大きくなり制御機器が大きく、高価になる。

と言うふうに電圧の選定についてはプラント全体の経済性を考慮する必要があります。

例:200Vなら37KW以下、400Vなら75KW以下の選定目安

PS:電気代はあまり検討内容に使用しません。

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q電源200Vと400Vの違いについて

電動ホイストや電動チェーンブロックで電源が200Vと400Vのものがありますが、何故でしょうか?性能や作業するのにどの様な違いが出てくるのでしょうか?それぞれにどんなメリット・デメリットがありますか?

Aベストアンサー

安全性と経済性の問題です。電圧を高くすれば電流が少なくて済み、電流が少なければ使用されるコイル及び配電盤からの電源ケーブルが細くて済みます。(電圧を倍にすれば電流が半分で済み電線も半分で済むということ)

Q3相400Vから3相200Vへダウントランスで落とします。その時3相200v電動機の総和が58.6k

3相400Vから3相200Vへダウントランスで落とします。その時3相200v電動機の総和が58.6kwとなるのですが どのように設計すいいですか?れば

Aベストアンサー

・動力用変圧器Qの容量は、一般に次のように求めます。
Q=Σ(電動機[kW]×1.25×需要率[%])+将来増設負荷S[kVA]
つまり、個々の負荷を1.25倍して入力換算し、それに需要率を掛けて合計したものに、将来増設負荷Sを加えます。
概算的に求めるとして、需要率を100%と仮定すると
Q=58.6×1.25×1+S=74+S[kVA]
Sを26[kVA]と仮定すると
Q=100[kVA]となります。
Sを考慮する必要が無ければ、S=75[kVA]となります。
勉強の参考にして下さい。

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Q200Vと220Vがあるのはなぜ?

電動機の仕様で
50/60/60(HZ)
200/200/220(V)
ってありますが、60HZに200Vと220Vの2種類あるのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

60Hzに200V、220Vがある理由
海外には、三相60Hz220Vを使っている国があります(参考URLによれば、韓国、台湾が該当)。
また、国内でも事業所によっては、三相210Vを使っているところも有ります。
そういうところでの使用を考慮しているのかと思います。

50Hzに220Vが無い理由
周波数が低くなると、同じ電圧を発生するのに必要な磁束が多くなり、鉄心の磁束密度があがります。が、磁気飽和のため、磁束密度には上限があります。
50Hz220Vがないのは、鉄心の飽和による制約からかと。
(50Hz200Vも、60Hz240V相当の磁束が必要なので、結構厳しい運転条件になってます。)

参考URL:http://www.furuichi.co.jp/material/data/etc/power.htm

Q欧州の3相200Vの機械には400Vが必要?

今回欧州から購入した機械ですが、3相200Vと聞いていたので、200Vを供給すればいいのかと思っていました(日本ではそうですよね?もしかして違いますか?)。私はそう思い込んでいたので誤解が生じたようです。
機械が作動しないため、そのメーカーと話しを進めた所、どうやら先方では、3相200Vとは、「L1,L2,L3とアースをつなげた時に200Vを出力する」を意味するのであり、すなわちL1,L2,L3それぞれには400Vの供給が必要、ということのようです。

これは本当でしょうか?
業界では常識だったりするのですか?
ちなみに機械はオランダ製で正確には380Vだそうです。
(昨日、3相4線の配線で質問させて頂いたものです)

Aベストアンサー

ヨーロッパの電気の規格には詳しくないですが、どうにも妙な感じがします。

三相4線式であれば、中性点接地のはず。
各相の対地電圧=相電圧が200Vなのに、相間電圧が380Vというのが、どうも違和感です。

相電圧と線間電圧の関係を考えれば、線間電圧が380Vだとすると、相電圧は220Vくらいになるはずですが。

日本では、電源電圧と言えば線間電圧を指しますが、海外ではどうか不明です。
ましてや、翻訳をする人が電気の知識や相手国の配電方式に疎く、なおかつ数字を厳密に扱わないと・・・(テキトーにやるのではなく、よかれと思って端数を切ったり丸めたりする場合も)。

いずれにしろ、製品の銘板や説明書の仕様を確認し、本当に必要な電源はどうなっているのか、きちんと確認する必要がありますね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング