二段階電離はどういうときにつくものなんですか?
また、どうになっていたら左右の矢印を書くべきなんでしょう?

A 回答 (1件)

>二段階電離はどういうときにつくものなんですか?


何をお知りになりたいか分かりませんが、二段階に電離するのは水溶液中ではごく普通のことです。
典型的なのは硫酸、シュウ酸、炭酸です。
H2SO4 ⇔H^+ + HSO4^- ⇔ 2H^+ + SO4^2-
HO2C-CO2H ⇔H^+ + HO2C-CO2^- ⇔ 2H^+ + -~O2C-CO2^-
H2CO3 ⇔H^+ + HCO3^- ⇔ 2H^+ + CO3^2-
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパワーポイントの矢印の変更について

パワーポイントのテンプレートにある、曲線の矢印を使用したいのですが、曲線だと、片方向の矢印しかなく、もし、両方向の矢印を使うとしたら、オートシェイプの直線の両方向矢印しか出来ません。

太い曲線の両方向矢印の出し方をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

恐らく図形描画のオートシェイブのブロック矢印だと思うのですが、私も両方矢印は知りません。
もしかしたら、そのうち「その他のオートシェイブ」に新しいのが出るかもしれないですが。

ですので、私だったら、いろんな矢印を重ねて合成して作るか、自分でマウスで書きます。

意外にできるもんですよ。

Q二段階の電離式

次の酸・塩基について、水溶液中での電離の様子を化学反応式(イオン反応式)で二段階で示せという問題が出ましたどうやったら二段階で示すことができるのでしょうか 。一段階だったらすぐわかるのですが…    (1)硫酸 (2)水酸化カルシウム (3)硫化水素        

Aベストアンサー

要は一つ一つ取り除けばいいんですよ。
酸の場合だと、H+を1個1個取り除けばいいので、
(1)硫酸だと、
H2SO4 → H+ + HSO4-
HSO4- → H+ + SO4(2-)
(3)硫化水素だと、
H2S → H+ + HS-
HS- → H+ + S(2-)
になります。

塩基の場合は、アレーニウスの定義かブレンステッドの定義によりますね。アレーニウスの場合、OH-を1個1個取り除けばいいので、
Ca(OH)2 → CaOH+ + OH-
CaOH+ → Ca2+ + OH-
となりますが、ブレンステッドの定義ならば、塩基はH+を受け取るものですので、
Ca(OH)2 + H+ → CaOH+ + H2O
CaOH+ + H+ → Ca2+ + H2O
になります。ブレンステッドの方が正しいと思いますが・・・。

Q両方向矢印のみ選択するマクロってありますか?

マクロの初心者です。Excel2003を使用しています。

1枚のシートの中に多くの(100本以上)矢印があります。
矢印は様々な方向を向いています。両方向矢印は残して、片方向を向いている矢印は消したいのですが、できあがったものだと全ての矢印が消えてしまいました。
できあがったマクロは他のシートにも使用したいと思っています。他のシートにも矢印はありますが、本数はそれぞれ違いますので、Line番号を指定することができません。

両方向矢印のみ残したいので、先にそれを選択してグループ化してから、線を削除すれば、矢印消えるのではと思ったのですが、シート上にある全ての両方向矢印を選択する方法がわかりません。両方向矢印のみ選択して、グループ化する方法があればご教授下さい。
他の方法でもかまいません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

線を一つ一つ順繰りに見て、削除するかどうかを先端形状のスタイルで条件分岐してはどうでしょうか。

~~~~ここから
Dim L As Shape
 For Each L In ActiveSheet.Shapes 
  If L.Type = msoConnectorStraight Then 
  If L.Line.BeginArrowheadStyle = msoArrowheadNone Then L.Delete
 End If
 '///2003だと矢印線はmsoline扱いだった様な気がするな。
 ' If L.Type = msoLine Then
 ' If L.Line.BeginArrowheadStyle = msoArrowheadNone Then L.Delete
 ' End If
 Next
~~~~ここまで

中には開始端ではなく終端が無印の矢印もあるかもしれませんが、上の例ではそれは含めてません。
必要に応じてEndArrowheadStylでも条件分岐してみてください。
とりあえず私の環境ではこれで開始端無印の片矢印線は全部消えて、図形や両矢印線のみ残せました。

ただ、2010を使用しているので、2003と微妙に違うかもしれないです。確か2003では矢印はmsoConnectorStraightなどではなくmsolineと分類されていたような気がします。
2003環境がないので動作確認してませんが、コメント文部分にmsolineの場合も入れておきました。
そちらの環境で「マクロの記録」をしながら先端形状代えて線をいくつか書いてみて、出来上がるマクロの
内容を眺めて条件文をどうするか判断してみてください。

線を一つ一つ順繰りに見て、削除するかどうかを先端形状のスタイルで条件分岐してはどうでしょうか。

~~~~ここから
Dim L As Shape
 For Each L In ActiveSheet.Shapes 
  If L.Type = msoConnectorStraight Then 
  If L.Line.BeginArrowheadStyle = msoArrowheadNone Then L.Delete
 End If
 '///2003だと矢印線はmsoline扱いだった様な気がするな。
 ' If L.Type = msoLine Then
 ' If L.Line.BeginArrowheadStyle = msoArrowheadNone Then L.Delete
 ' End If
 Next
...続きを読む

Qイオン濃度の求め方がわかりません。 硝酸は二段電離をする。一段目は完全電離、二段目の酸定数はKa2=

イオン濃度の求め方がわかりません。

硝酸は二段電離をする。一段目は完全電離、二段目の酸定数はKa2=1.2×10<-2である。0.1mol/Lの硝酸水溶液が平衡状態になったときに、水溶液中に存在する各イオンの濃度を求めなさい。

解説と回答お願いします。

Aベストアンサー

0.1 mol/L硝酸ではなく、0.1 mol/L硫酸として答える。

H2SO4 → H+ + HSO4- (完全解離)
HSO4- ⇌ H+ + SO4--  (Ka = 1.2×10^-2)
Ka = [H+][SO4--] / [HSO4-]

物質均衡より、硫酸の全濃度をCaとして、
Ca = [H2SO4] + [HSO4-] + [SO4--]
一段目は完全電離なので、[H2SO4] = 0
Ca = [HSO4-] + [SO4--] …(1)

電荷均衡より、
[H+] = [HSO4-] + 2[SO4--] + [OH-]
0.1 mol/L硫酸では、明らかに[H+]>>[OH-]なので、
[H+] = [HSO4-] + 2[SO4--] …(2)

(2)-(1)より、[SO4--] = [H+]-Ca
2×(1)-(2) より、[HSO4-] = 2Ca-[H+]

これらを Ka = [H+][SO4--] / [HSO4-] に代入して、
Ka = [H+]([H+]-Ca) / (2Ca-[H+])
整理して、
Ka(2Ca-[H+]) = [H+]([H+]-Ca)
[H+]^2 + (Ka-Ca)[H+]-2KaCa = 0
解の公式より、
[H+] ={(Ca-Ka)±√((Ca-Ka)^2 + 8KaCa))}/2

Ca = 0.1, Ka = 0.012を代入して、
[H+] = 0.110 mol/L
[OH-] = Kw/ [H+] = 9.1×10^-14 mol/L
[HSO4-] = 2Ca-[H+] = 0.090 mol/L
[SO4--] = [H+]-Ca = 0.010 mol/L

0.1 mol/L硝酸ではなく、0.1 mol/L硫酸として答える。

H2SO4 → H+ + HSO4- (完全解離)
HSO4- ⇌ H+ + SO4--  (Ka = 1.2×10^-2)
Ka = [H+][SO4--] / [HSO4-]

物質均衡より、硫酸の全濃度をCaとして、
Ca = [H2SO4] + [HSO4-] + [SO4--]
一段目は完全電離なので、[H2SO4] = 0
Ca = [HSO4-] + [SO4--] …(1)

電荷均衡より、
[H+] = [HSO4-] + 2[SO4--] + [OH-]
0.1 mol/L硫酸では、明らかに[H+]>>[OH-]なので、
[H+] = [HSO4-] + 2[SO4--] …(2)

(2)-(1)より、[SO4--] = [H+]-Ca
2×(1)-(2) より、[HSO4-] =...続きを読む

QイラレCS5で矢印スタイライズ

イラレCS5で矢印スタイライズ



イラレCS5では線を矢印に変えたい場合、
CS4以前とは異なりスタイライズではなく、線パレットから行うようになりました。

この操作の変更は構わないのですが、
事前まであった矢印のスタイルのいくつかが消滅してしまいました。

例えば、CS2で矢印の4番目にあるスタイルをCS5で使いたいのですが、
なくなっています。

一方で、CS2を使って作成したaiファイルをCS5で読み込ませると
アピアランスのところに矢印の項目があり、CS4以前と同様に矢印を変更することが出来ます。
つまりCS4以前までの矢印スタイライズ機能はCS5で消滅したわけではなく
ただ見えなくなっているだけのようです。

どうにか、CS5でスタイライズに矢印機能を復活させる方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

以前の矢印を表示して、矢印を追加出来るのでは・・・?
CS5は使ってないので詳細は未確認。
↓「矢印のカスタマイズ」を参照(上書きしない様に注意)。
http://help.adobe.com/ja_JP/illustrator/cs/using/WSA1E31D7D-13E6-41ac-AA8C-4AD129B9FC1Ca.html

Q酸のモル濃度×価数×電離度、また塩基のモル濃度×価数×電離度はそれぞれ何を表しているか教えてください

酸のモル濃度×価数×電離度、また塩基のモル濃度×価数×電離度はそれぞれ何を表しているか教えてください!

Aベストアンサー

水素イオン指数と水酸化物イオン指数
水素イオン指数とはpH
水酸化物イオン指数とはpOH

また1気圧、25℃のもとで、pH+pOH=14である。

Qワードの使い方・回転矢印?の打ち方

回転矢印の打ち方を教えて下さい。
回転矢印というのは、普通の矢印ではなく、半円を描くような形の
矢印のことです。「ドアノブはこちらに回してください」というような
ときに使う形の矢印です。

Aベストアンサー

オートシェイプ→基本図形→円弧でできます。
適当に描画して、プロパティで高さと幅を同じにすれば円になります。また、線分の端をマウスで引っ張れば、伸びますし、始点・終点のスタイルで矢印にできます。

Q酸性塩や塩基性塩は二段階中和の一段階目が終了したところ、すなわち反応途中にできる塩で、中和反応が全て

酸性塩や塩基性塩は二段階中和の一段階目が終了したところ、すなわち反応途中にできる塩で、中和反応が全て完了した場合、塩は全て正塩になる。
これで合っていますでしょうか?

Aベストアンサー

酸性塩はNaHCO3のように組成の中にHが残っている塩のことです、
塩基性塩はMgCl(OH)のように組成の中にOHが残っている塩のことです。
酸性塩塩基性塩は、塩の化学式の組成によって決められるもので、中和の過程や製造過程等で決めているものではないです。

正塩は酸性塩でも塩基性塩でもない塩で、化学式の中に-Hや-OHを含まない塩ですね。

反応の途中でできる終了してできる、のではなく化学式中の-Hや-OHが含まれるか含まれないかで、
酸性塩、塩基性塩、正塩か決まります。

Qリアディレイラーのテンションプーリーの矢印の向きについて

リアディレイラーのテンションプーリーの矢印の向きについて
リアディレイラーを掃除しようとして外してよく見てみると、ガイドプーリーとテンションプーリーに回転方向を示している矢印があるのを見つけました。
しかし、ガイドプーリーの矢印は実際に自転車を走らせたときに回転する方向に矢印が刻んであったのですが、テンションプーリーは実際に回転する方向とは逆に矢印が刻んでありました。シマノの仕様ページなどを見てみると、この矢印が表になるようにテンションプーリーとガイドプーリーはなっているそうですが、そうすると、テンションプーリーの矢印が実際に回転する方向とあわなくなってしまいます。
どうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

たびたび、すみません。
気になるようなら、テンションプーリーを裏返して使ってください。
これで、回転方向と矢印の向きが一致するかと思います。
No.1の方がおっしゃるように、このクラスでは回転方向性までは考えて
作られてないと思いますので、特に変化はないと思いますが。

Q 電離式に左矢印?

 化学IBで出てくる電離式の中で、たとえば、
 NH3+H2O ←→ NH4+ + OH-
なんて、左にも右にも矢印がついているのがありますよね。これは一度反応してもまた反応して元に戻ってしまうからだそうですが、
 NaOH → Na+ + OH-
これには←矢印がついていません。
 ←がつくかつかないか、見分ける方法はあるもんでしょうか?知っている方教えてください。

Aベストアンサー

基本的に、硫酸・塩酸・硝酸・水酸化ナトリウムなどの
強酸・強塩基の電離式は"→"だけです。
逆に、酢酸やアンモニア水などの弱酸・弱塩基の電離式は
"←→"がつきます。
どちらも問題にでてくる化合物は限られているので、覚えてしまった方が早いです。
特に強酸・強塩基は種類が限られているので、そちらを覚えれば良いかも。


人気Q&Aランキング