肌のしわをなくし、はりを保ちたいと思います。
皮膚科へ行ったとき、ヒアルロン酸は害になるだけだから飲まない方がいいと言われました。
そこで疑問になったのですが、コラーゲンは飲んだら効果があるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

コラーゲンは巨大分子で他の回答者様の書かれている通り、そのまま吸収はされません。


(そのまま吸収されるという論文を以前一つ見つけましたが、追試験など
一切されておらず信用できません)
巨大分子は分解されて吸収されるというのは完全に定着しており、そこから
覆すのは無理があります。
ただ、コラーゲンを飯の種にしている業者もそこは折込積みで、コラーゲンを
分解して吸収しやすくした商品なるものが売られています。
でもよく考えたら、(よく考えるまでもなく)体内に入ってから消化酵素で
分解されるのと、体外で機械的に分解してから摂取するのと何の違いがあるんで
しょうか。
他の回答者様が書いている通りアミノ酸レベルまで分解され、体内でもう一度
コラーゲンに再合成されるかもしれませんが、他の蛋白になるかもしれません。
またそれは大豆をとっても、肉を食べても同じことです。
さらにいえば、コラーゲンを分解するとゼラチンになります。
コラーゲンの商品を買うということは、ゼラチンを高いお金出して買うことと同じです。

ひとつだけ、コラーゲンの味方をしますと、巨大分子だけに保水効果があります。
ですから飲むのではなく、化粧品として用いるならば効果あるかもしれません。
    • good
    • 1

#4さんの回答内容に補足して……


普通に考えれば湿布の効果でしょう。
湿布もしてビタミンCもしてコラーゲン剤も飲んで、コラーゲンの効果だと言い切ることはできませんね。そう言いきるためには、コラーゲン剤を飲んでいる以外の条件を揃えて実験しないと行けません。また、「コラーゲン」という名前の付いた水の入ったカプセル剤などでも試し、偽薬効果を排除して行わなければなりません。

>コラーゲンの生成が代謝にかかわっているらしい
そりゃそうです。
代謝というのは体外から取り入れた物質(食品等)から生体に必要な物質を作り出したりやエネルギーを取り出すことをいいますから。

これからよくわかることは、悪徳美容業界、悪徳健康食品業界が如何にあの手この手で消費者の科学的思考を停止させ、暴利をむさぼろうとしているか、そして騙された消費者は騙されたことに気が付かないばかりかむしろ騙されて喜んでいると言うことです。
    • good
    • 0

昔、雨上がりの犬の散歩で転んで腰をおもきり打ってしまったことがあり、、、痛くてシップもはりましたがビタミンCとコラーゲンも飲み続けたところ1月位で効果あり腰が痛いのもそれっきり治りました。


若かったのもあるのかもしれないけどサプリメントは飲んで多少の効果はあったと思います!

コラーゲンと一緒に杜仲茶を飲むといいそうです!宇宙飛行の実験でも明らかにされてるようですよ!コラーゲンの生成も代謝にかかわってるからだそうです!
    • good
    • 1

そりゃ飲まないよりは飲んだほうがマシという程度には効くかもしれません。

夢を壊すようで悪いのですが、#1さんが言うように人の体がコラーゲンをいったん部品のようなものに分解したあと、その部品を使ってコラーゲンやその他のものをつくりあげるという作業をします。つまり体の中に部品がたりないならいざしらず、十分たりている状態ではあとは体がちゃんとコラーゲンを作ってくれるかどうかだけにかかっているわけです。
普通の現代生活をしていてコラーゲンの素となるアミノ酸が足らないなんてことはちょっと考えられません。普通にお肉を食べてるだけでもコラーゲン取れてますよ。
ゼラチンもコラーゲンの塊みたいなモンなので、高いコラーゲンを買ってきて飲まなくても、グミを食べてるだけで十分な気がする・・・(糖分も高いから気をつけてね。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
グミにコラーゲンが入っていることは知っているので、
お菓子を食べるなら、グミを食べようか、糖分も高いので、辞めた方がいいか、考えたことあります。
 でも、意識的にコラーゲンを摂取しなくても、足りているのかな?
ちなみに、私は、お肉は嫌いだけど…。

お礼日時:2009/05/24 10:40

お聞きになりたい効果というのが、どのような効果でどの程度の効果なのか分かりません。

程度の小さいものも含めれば何かの効果はあるでしょうね。

コラーゲンというのはタンパク質の一種ですから、タンパク質の摂取とほぼ同等です。ただ、コラーゲンはそれを作るアミノ酸に偏りがあり、また消化しやすいとは言いにくいので良質な栄養源ではありません。
摂取したアミノ酸は体内では全く分け隔て無く公平に扱われ、自分の体に必要なタンパク質の合成などに用いられます。
ですので、コラーゲンで無ければならない理由はほとんど見あたりませんし、コラーゲンだけをわざわざ摂取する必要などありません。
そんなものを買うのは財布に害があるだけです。

同様の意味でヒアルロン酸も害があるだけです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨折には全治何週間くらいかかるのでしょうか?

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
でも、この木曜に病院に行った時医師から注意されてしまいました。
その時、動いて腱がズレて手術になることもあると言われ、ションボリ。
仕事は事務職とはいえ、仕事に支障もあるし、何よりこの窮屈なギブスにウンザリ(笑)
気になるのが、その手術というのは、手術室で行うようなものでしょうか。
また、ギブスを外した後、リハビリとかあるのでしょうか。
すぐ歩けるようになるのでしょうか。
早く治す方法ってあるのでしょうか。
質問攻めで申し訳ありませんが、骨折のご経験のある方、なくても知識のある方、ご意見をお聞かせ下さい。

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
...続きを読む

Aベストアンサー

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。完全にズレてしまえば主治医の先生の仰るように手術しなければ「偽関節」という状態になります。手術は通常腰椎麻酔(下半身麻酔)で行います。方法は長さ2cm程度のスクリュー(ねじ釘のようなもの)で固定するか、1~2mm程度のワイヤーを2本平行に刺し、更に細いワイヤーで8の字に縛る方法があります。この手術をすればギプスをする必要はありませんが、2~3週間は体重をかけることは出来ません。次にリハビリに関してですが、現在の固定が足先からすねの中央まで固定されていれば、当然足首の動きも制限されているわけなので、ギプス除去後の「足関節・可動域訓練」というリハビリをする必要があります。ただし、除去後すぐに可動域が良好である場合はその必要はありません。
 最後に骨折全般に言えることですが、ほとんどの場合、一度骨折した骨は元の硬さに戻るには約2~3ヶ月かかると言われています。ですが、機能的な問題がなくなるのには約1~2ヶ月程度と言われています。早く骨癒合させるには、骨折部を出来るだけ動かさない(骨折部をグラつかせない)ことが原則になります。「もう少しの辛抱」と思って頑張って下さい。

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。...続きを読む

Qカフェオレとカフェラテの違い

カフェオレとカフェラテは厳密にどう違うのですか?
普通のコーヒーを牛乳で割ったものがカフェラテでエスプレッソだとカフェオレと言う風に認識していますが・・・
ちがいますよね?

Aベストアンサー

カフェオレはコーヒー・ミルクという意味のフランス語ですネ。
濃いめのコーヒとミルクを別々のポットにあたためておいて、カップに同時に注ぐもので、フランスでは広く一般的に飲まれているものです。
一方、カフェラテはエスプレッソ・ミルクの意味のイタリア語ですネ。
エスプレッソにスチームドミルク(泡立てたミルク)を加えて作るもので、イタリアでは一般家庭の朝食時によく飲まれるものです。
以上kawakawaでした

Q肩の骨折を経験した方、治るまでの期間をご教示ください

交通事故で上腕骨を二箇所、骨折(ヒビ)しました。
3ヶ月弱経過しましたが、まだ完全に骨が固まらず、
腕が上がりません。リハビリにも毎日通っていますが、
骨が固まっていないため、できることに限界があり、
骨折の回復も日常動作の回復も亀の歩みの如し・・・。
医師にいつ治るか尋ねても、分からない、との返答。
肩を骨折したことがある方、どれ位で治られたか
ご教示ください。よろしくお願いいたします。
もちろん、骨折箇所や状態、年齢等、条件が違えば、
当てはまるとは限りませんが、参考にしたいです。

Aベストアンサー

私は過去に「剥離骨折」をした事があるんですが
小さく骨が欠けたくらいで、全治4週間と言われ
ました。手術はしなくて、自然に完治するように
しましたが、2カ月くらいは歩行困難でした。
3カ月目くらいで、普通に歩行できるように
なりました。

個人差もあるとおもいますが
足より、腕の方が骨も細いので治りずらいのかも
しれませんね。
カルシウムの多い食材を取って、リハビリも
ガンバってくださいね

Q骨折を早く直すための食事とは?

先日、肋骨を3本も折ってしまいとても苦労しています。
早く治したいのですが、1人暮らしで自炊ができません。なのでコンビニ等で売られている物や、サプリ等でカバーしなければなりません。
どんな栄養分をとれば直りやすいとか、この食べ物がいいとか、ご存じの方お知恵をお授け下さい!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
骨は毎日、古い部分が壊されて分解され、新しく作りかえられています。
これを骨新生(こつしんせい)もしくは骨代謝(こつたいしゃ)といいますけど、骨折などが直る過程も、これによりまして、折れた部分もこうしてくっつくわけです。

これに重要なのは、カルシウムとビタミンDのほかに、マグネシウム、ビタミンK、コラーゲンがあります。
骨はただのカルシウムの塊ではなくて、コラーゲン繊維という網の目のような繊維にカルシウムがくっついて出来ています。

なので理論上は、カルシウムとマグネシウム、ビタミンDとK、たんぱく質(体内でコラーゲンに作りかえられます)が大変重要です。

これらを沢山食べると早く治るという効果はあまりありませんが(少しはあります)、足りないと直るのが遅くなるという効果は絶大にありますので、しっかり食べてください。

ビタミンKは納豆に沢山入ってますが、一日スプーン一杯程度食べるだけでも十分なほど沢山入ってますので、味噌汁に納豆をスプーン一杯放り込んで食べる程度でもいいです。

特に不足することが多いのは、マグネシウムとたんぱく質ですね。
ゼラチンはコラーゲンの材料として最適な食べ物ですが、魚を煮て出来るニコゴリというものは、大変おいしく、魚由来のゼラチンでできています。

マグネシウムは海藻類に沢山入ってますがサプリメントもいいでしょう。

こんにちは。
骨は毎日、古い部分が壊されて分解され、新しく作りかえられています。
これを骨新生(こつしんせい)もしくは骨代謝(こつたいしゃ)といいますけど、骨折などが直る過程も、これによりまして、折れた部分もこうしてくっつくわけです。

これに重要なのは、カルシウムとビタミンDのほかに、マグネシウム、ビタミンK、コラーゲンがあります。
骨はただのカルシウムの塊ではなくて、コラーゲン繊維という網の目のような繊維にカルシウムがくっついて出来ています。

なので理論上は、カルシ...続きを読む

Q扁桃腺の炎症、内科か耳鼻科か?

日曜の夜から、主人が40度前後の高熱で寝込んでいます。
月曜の朝(昨日)、かかりつけの内科を受診した所、
「扁桃腺が膿んでリンパが腫れている」との事で、点滴と薬を処方して頂きました。

その後、今も40度~41度の高熱で、心配になり、夜間救急に電話で相談した所、「水分も摂れないようであれば、総合病院か耳鼻科へ受診して下さい」と
言われました。

耳鼻科で扁桃腺の膿みを出してもらおうと思っているのですが、
かかりつけの内科に「明日も来て点滴して下さい」と言われていて、
どちらに行くべきか悩んでいます。

両方行くべきでしょうか?
一度、耳鼻科へ電話で相談すべきでしょうか?

Aベストアンサー

扁桃腺持ちです。
40度超えなら夜間救急に電話するお気持ちはわかります。厳しいことをおっしゃる方もいらっしゃいますが、37~8℃ならともかく、40度超えは大変体力を奪います。しかも日曜からと長時間なら心配も当然です。気にすることはないです。薬剤部でですが、夜間救急の当番経験をしたことがあります。成人で40℃まで熱が上がるのはそうそうあることではありません。そんなことで?なんて面倒がる医師はいませんでした。実際に来ても、できることは熱さましをだすぐらいだよ、という医師はいましたが、いきなり連れて行かず、事前に電話で確認するのはそういう意味でもとても正しい判断だと思います。

内科と耳鼻科、両方行って良いと思いますよ。耳鼻科は直に患部に薬を塗布してくれるので良く効きますが(これは内科では設備が無い)、点滴設備がないこともあるので、体力の落ちた状態なら、点滴も必要だと思うので。

先に内科に行くなら、そこで出た薬を持って耳鼻咽喉科で説明すると、作用がかち合わない薬を出してくれます。

蛇足ですが、ちょっとのどが痛いな?と思った時にプロポリスキャンディーを舐めておくといいですよ。味は悪いですが、なめ終わった後に効いてきます。あとは、怪しい時には即、耳鼻咽喉科で!扁桃腺持ちには、内科より耳鼻咽喉科の方が向いてます。

扁桃腺持ちです。
40度超えなら夜間救急に電話するお気持ちはわかります。厳しいことをおっしゃる方もいらっしゃいますが、37~8℃ならともかく、40度超えは大変体力を奪います。しかも日曜からと長時間なら心配も当然です。気にすることはないです。薬剤部でですが、夜間救急の当番経験をしたことがあります。成人で40℃まで熱が上がるのはそうそうあることではありません。そんなことで?なんて面倒がる医師はいませんでした。実際に来ても、できることは熱さましをだすぐらいだよ、という医師はいまし...続きを読む

Q骨折した時にいい食べ物や、骨を丈夫にするには?

 3歳の娘が、鎖骨を骨折してしまいました。
夜間当番医の病院に行ったので、応急処置(といっても大人用のバンドが使えなかったので、大人用の三角巾を巻いただけ)はしてもらいましたが、整形外科だと幼児用のバンドなどあると聞いたので、今日また診てもらいに行きます。

 女の子なので、傷跡が残ることや、手術をすると成長による肩幅の問題などもあるらしいので、手術はせずに自然にくっつくのを待ちましょうということになりました。
骨折の完治を早めるとか(ないのは承知ですが)骨を強くするとか、ケガをしたあとに摂ると丈夫にしてくれるみたいな食べ物が何かありましたら教えていただけたら幸いです。
気持ち程度しか変わらないとしても、何かできることがないか悶々と考えてしまい、牛乳を飲ませるしかまだしていません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

鎖骨は折れやすいですね。
小さな体で大変でしょう。

骨を作るカルシウムに加え、それを効率的に吸収するのに必要な栄養素も必要です。
カルシウムは牛乳やチーズなどの乳製品の他にミズナや小松菜、干し海老やヒジキなどの乾物にも含まれています。
小魚も骨ごと食べるのでカルシウムが豊富です。
にぼしは3才の子では固くて食べづらいでしょうから、ちりめんじゃこでもいいですよ。

カルシウム以外にもビタミンD、クエン酸、コラーゲンも必要です。

ビタミンD…鮭、うなぎの蒲焼、さんま、鱒、イワシ、きくらげ
クエン酸…梅干、レモン、オレンジ、酢、キムチ
コラーゲン…フカヒレ、豚足、いか、たこ、ナンコツ、手羽先、ゼリー

などがあります。
ほんの一例ですが、なるべく同じ食材ばかり使わず色んな物を食べさせてあげてください。
牛乳も結構お腹にたまりますので、3才のお子さんなのでご飯が食べられなくなり偏りやすくなります。
別の所で体を壊しては元も子もありませんから。

品数を増やすのは大変ですが、鮭なら塩焼きにするのではなくバターでソテーをしてレモンをかければ乳製品もクエン酸も摂取することができます。
骨に大切な栄養だけでなく、色んな食品を色んな調理法をすれば沢山の栄養素を取れます。

この心がけで体の丈夫な女性になりますし、そんなお母さんを見て料理に感心を持つかも。
少なくと美味しい家庭料理を沢山知ってるというのは女の子としてあって損はありません。
食べ物を通じて愛情は必ず伝わっていきます。
心身共にいい子に育つといいですね。

鎖骨は折れやすいですね。
小さな体で大変でしょう。

骨を作るカルシウムに加え、それを効率的に吸収するのに必要な栄養素も必要です。
カルシウムは牛乳やチーズなどの乳製品の他にミズナや小松菜、干し海老やヒジキなどの乾物にも含まれています。
小魚も骨ごと食べるのでカルシウムが豊富です。
にぼしは3才の子では固くて食べづらいでしょうから、ちりめんじゃこでもいいですよ。

カルシウム以外にもビタミンD、クエン酸、コラーゲンも必要です。

ビタミンD…鮭、うなぎの蒲焼、さんま、鱒、イワシ、きくら...続きを読む

Qコラーゲンはプロテインを飲んでいても必要ですか?

現在ソイプロテインを毎日60gくらい飲んでいます。
テレビなどでコラーゲンを一日に3~5g取り続けると
体内の古いコラーゲンが新しいものに作り替えられると言われていて気になっています。
コラーゲンの主なアミノ酸はグリシン、プロリン、アラニンの様ですが、
現在、毎日飲んでいるソイプロテイン60gにもそれぞれグリシン2.4g、プロリン3.1g、アラニン2.4gほど
含まれているみたいです。
この場合、これに加えてコラーゲンを取る必要はあるのでしょうか?

それからコラーゲンとプロテインは同時に混ぜて飲んでも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

ご存知かと思いますが、コラーゲンを経口摂取しても、アミノ酸レベルまで分解されることによって体内で再合成されます。決して服用したコラーゲンがそのまま人体のコラーゲンになるわけではありません。したがって、良質なタンパク質をちゃんと摂取していればコラーゲンを別途摂取する必要はありません。コラーゲンはタンパク質の一種ですが、コラーゲン<タンパク質であり、タンパク質の方が人体にとってはオールマイティーです。

コラーゲンが特に体に良いとか健康に有効とは、医学的には認められていません。したがって、コラーゲンを内服する医療・治療というものは存在しません。コラーゲンを含む化粧品はありますが、それはコラーゲンの保湿効果を利用したものです。

>それからコラーゲンとプロテインは同時に混ぜて飲んでも大丈夫でしょうか?

全然問題ありません。軟骨、鳥皮、鮭の皮と身・肉を同時に食べれば、コラーゲンとタンパク質を同時に摂ることになりますが、全く問題ないのと同じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報