保険の見直しをしております
38歳 独身 女性 親戚に子宮がんあり

現在 M社個人年金保険(月8900円程)
   AF社終身保険死亡保障300万タイプ 三大疾病特約付き
                     (月7400円程)
   OR社医療保険キュアL 女性特約付き(月6800円程)

  1カ月合計23000円程払い込みしています。
        ↓↓↓
◎ M社個人年金保険、AF社終身保険をやめ
  エジソンドル建てとく割り終身の「特定疾病どるとく割り特約」
  100,000ドルに加入検討
  * (65歳払い月158.09ドル)(60歳払い月181.31ドル)*
 
  三大疾病の備え(診断時30,000ドル)、老後の備え、お葬式代
  として考えています。

◎ OR社キュアLをやめ、キュアSに検討。
  入院5000円プラン(65歳払い月6280円)(60歳払い月7450円)
  七大生活習慣病入院120日 5000円
  その他入院60日 5000円
  手術10万、死亡250万
  お葬式代としても確保できるので。

◎ キュアLをやめるとがん保障が不足なので。。。
  AFフォルテ140Sプラン(終身払い月3700円程)
  診断給付100万、上皮内新生物10万 各一回限り
  入院無制限1万円、手術20万、通院1万円、がん死亡10万円
  先進医療給付
  

  ALわたしのがん保険Bプラン(終身月2900円程)
  診断給付100万、女性特有のがん100万 各一回限り
  *女性特有のがんの場合200万となる*
  上皮内新生物50万 2年に一回何度でも
  入院無制限1万円、手術何度でも40万・20万・10万、通院1万円、
  がん死亡50万円

  先進医療保障をとるか。。
  手厚い一時金保障と保険料の安い方をとるか。。
 

 年金保険は今解約だと10万位損をしますが死亡保障ないですし
 その分、終身に上乗せした方がいいのでは。。と思いまして。

 AF終身保険300万プランは三大疾病給付30万とあるのですが内容のわ りに月の保険料が高いのでその分一本化して内容を充実したらよいの かと考えました。これは今解約すると15万位損。

 トータル保険料が少し上がりますが総合でみたら誕生月の前にの
 がん保険にも加入し老後も考えたこんな感じが現状ではベスト
 かな~と自分なりにかなり研究したのですがどうでしょう。

 良きご意見、アドバイスありましたら宜しくお願いいたします!! 
  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

年金はいつ入ったかで利回りが違います


利回りが良いのなら解約は損です

でも、独身でそんなの保険を払ってどうしたいのですか?

がん保証が不足と言っても…
高額医療の場合毎月の支払は上限があり、それを超えることはありません

共済がお勧めです
最低限の医療保障で、あとは貯金
余剰金で海外で独身を満喫する

出産、結婚の予定が無としたら、100万くらい貯金残せば
ぽっくり逝ってもかまわないと思います

毎年いくら無駄にしてるのか?
医療費って本当はいくらかかるのか?
長期入院なら、借家は退去して親元の病院に入院すれば
必要な額はそうは多くありませんよきっと…

なぜその額なのか?
なんで、そんなの補償が欲しいのか?
服みたいに取り合えず買っといて、あとで着られればいいかなぁ?
なんて、自己満足の衝動買いの保険になってるのでは?

入ることで満足しても、無駄になるだけですよ?
あと25年でいくら保険を払う事になるか計算してください
まぁ、2,3回入院したとして、生涯払う保険料と、掛かるであろう治療費どちらが高いでしょうか???

家族がいて、数千万の死亡保険なら…考えますが…
独り身なら、保険より貯金の方が1000倍良いと思います
保険じゃ日々の生活も、楽しみも、夢も叶えてはくれません

スポーツジムに通ってしっかり健康管理をして、自分投資した方が、100000倍楽しい人生になると思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
年金保険は9年前に加入です。
現在販売している年金保険よりは多少率がよいようですが。。

一人だからこそ家族に迷惑かけたくないのですが
考えすぎなところはあります。
そうですね、一度白紙にしてよく考えてみます。

お礼日時:2009/05/22 00:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険の比較サイトを教えてください

生命保険の見直しを考えています。
保険の比較サイトが数多くありますが、偏りを感じずにいられません。
まずは比較サイトを比較するところから始めたいと思うので、
皆さんがご存知の比較サイトを教えていただきたいです。
またこのようなサイトを使った場合のデメリットも教えてください。

Aベストアンサー

保険の資料を請求すると電話やDMがウザかったり(^^;
単なる資料請求サイトは避けたいですよね。

http://www.hoken-erabi.net/
http://www.bang.co.jp/
http://www.insweb.co.jp/
http://www.hokende.com/

Qがんになったらいくら保険で保障されるの?

ホームページなどで各社がん保険の保障内容を
みてなんとなくはわかるのですが
がんになってみたらこの条件には適用できないので・・・
保険金はでませんと後から言われてしまっては
契約書のどこかに小さくは書いてあるんだとは思いますが
細かい条件ばかりの保険に入ってしまい
保険が思っていたより貰えなかったとなったら
保険に入る意味があまりないです

がんの確率が高いのは胃がん・大腸がん・前立腺がん
あたりでしょうか?
もしこのあたりにかかってしまって平均的入院期間・通院期間
で退院したとして
どの程度、実際にお金が貰えるのか各社の保険の違いを知りたいです
その保険の掛金の累計金額<保険での保障金額合計
にならないのなら
保険より貯蓄のほうがいいなと思っています
現在40歳60歳払済の終身がん保険を考えています
アフラックのフォルテ トータルケアプラン140sあたりだと
保険金の掛金累計161万ぐらいですが
発症率の高いがんにかかったとしたらこれ以上の保険金がもらえるのでしょうか?

胃がんの場合30~40日ぐらいが入院の平均みたいなのを
どこかで見かけましたが
その後、通院がどれぐらいあるのか平均日数がわかりませんでした
かかりやすいがんの場合はどうなるのかを想定して
保険金がどれぐらいもらえそうか試算してみたかったのです
がんの種類毎の平均入院日数、通院日数、放射線治療や抗がん剤等で何日ぐらい通院するのが平均なのか・・・
このあたりの数値がわからず
そしてそれがどの保険会社この保険ならいくら保険金がでるという
試算をして比較したかったのです
もしこのあたりのがん統計に詳しくて
かかりやすいがんになった場合
各会社の保険に適用したらどれぐらいもらえるか試算してみた
かたがいましたら教えて頂けないでしょうか
60歳払済の終身がん保険を対象に考えています
よろしくお願い致します

ホームページなどで各社がん保険の保障内容を
みてなんとなくはわかるのですが
がんになってみたらこの条件には適用できないので・・・
保険金はでませんと後から言われてしまっては
契約書のどこかに小さくは書いてあるんだとは思いますが
細かい条件ばかりの保険に入ってしまい
保険が思っていたより貰えなかったとなったら
保険に入る意味があまりないです

がんの確率が高いのは胃がん・大腸がん・前立腺がん
あたりでしょうか?
もしこのあたりにかかってしまって平均的入院期間・通院期間
で退...続きを読む

Aベストアンサー

分かるところだけお答えします。

>がんの確率が高いのは胃がん・大腸がん・前立腺がん
>あたりでしょうか?

男性の場合、罹患率では、胃がん、大腸がん、肺がんの順です。
死亡者数では、肺がん、胃がん、肝臓がんの順になります。

>アフラックのフォルテ トータルケアプラン140sあたりだと
>保険金の掛金累計161万ぐらいですが
>発症率の高いがんにかかったとしたらこれ以上の保険金がもらえるのでしょうか?

フォルテトータルケアプラン140Sだと、がんと診断された場合、診断給付金100万円にライフサポート年金が合計で40万円、合計140万円は生きている限り必ずもらえます。あとは手術をすれば1回20万円、他にも入院や放射線治療など何らかの治療は受けるでしょうから、生きて治療をしていれば160万円は超える可能性が高いのでは?
がんと分かったときには手遅れで、3週間入院の後死亡というケースだと161万円にはなりませんね。


>がんの種類毎の平均入院日数、通院日数、放射線治療や
>抗がん剤等で何日ぐらい通院するのが平均なのか・・・

平均入院日数のデータは存在しますが、通院に関しての統計はないのでは。また一口に胃がんと言っても、進行度やタイプによって選択する治療方法も変わってきます。それらをまとめて平均を取ったとしても、自分が平均値に近い治療を受けるとは限りません。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/stomach/treatment_01.html


>各会社の保険に適用したらどれぐらいもらえるか試算してみた
>かたがいましたら教えて頂けないでしょうか

試算をしたわけではありませんが、診断給付金と入院給付金については各社大きな違いはないので、選ぶポイントは通院給付金の充実度ではないでしょうか。
実際は入院したときは高額療養費の適用があるので、個室にでも入らない限り医療費はそれほど心配することもないと思うのですが、通院で毎月7万円の出費があると高額療養費も適用にならず、仕事も制限せざるを得ずで、退院してからが大変という声をよく聞きます。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/support/backup/hiyou.html

ただ保障が充実している(=多くの給付金が期待できる)がん保険は保険料は高くなりますし、保険料が安いがん保険は給付の条件が厳しかったりするので、結局は契約者ががん保険になにを求めるかでしょう。

またいくら多くの給付金がもらえるとはいえ、一番いいのは早期発見、早期治療。検診をきちんと受けて、治療も内視鏡で切除して済んだ、保険はほとんど使わなかった、というのが一番です。

分かるところだけお答えします。

>がんの確率が高いのは胃がん・大腸がん・前立腺がん
>あたりでしょうか?

男性の場合、罹患率では、胃がん、大腸がん、肺がんの順です。
死亡者数では、肺がん、胃がん、肝臓がんの順になります。

>アフラックのフォルテ トータルケアプラン140sあたりだと
>保険金の掛金累計161万ぐらいですが
>発症率の高いがんにかかったとしたらこれ以上の保険金がもらえるのでしょうか?

フォルテトータルケアプラン140Sだと、がんと診断された場合、診断給付金100...続きを読む

Q住宅保険の比較できるサイト

現在火災保険しか入っていませんが、
自然災害もカバーできる保険に入ろうと思います。
各保険会社の保険の内容や掛け金を比較できるサイトはありますでしょうか。

Aベストアンサー

火災保険で補償されるのは火災だけではありませんよ。
住宅火災保険であれば、火災・落雷・破裂(爆発)の他、風・雪・ひょう災もセットされています。
住宅総合保険ではさらに、水災、外来物との衝突、盗難、水漏れ、騒じょうによる損害も補償されます。
住宅火災保険や住宅総合保険は昔からある火災保険で、今となっては少し時代遅れです。
新しいタイプの火災保険は補償を自由に設定できますので、おすすすめです。

火災保険は非常にややこしい保険ですので、一般の方がサイトで比較するのは無理があります。
損保数社に見積りを依頼したほうが確かです。

Q月収10万円 社会保険加入について

来年から月収10万円の仕事に就きます。
会社から、社会保険か国民健康保険か選択ができるといわれました。
夫は自営業で国民健康保険・国民年金です。現在、夫婦ともに国民年金は一部免除されています。
そこで、社会保険に加入した場合の保険料はどのくらいになりますか。
また、それぞれのメリット・デメリットを教えてください。

Aベストアンサー

> 会社から、社会保険か国民健康保険か選択ができるといわれました。
法律上はそれは認められていません。
 ・国保:健康保険などの「被保険者または被扶養者」で無い者。
 ・健保:収入額に関係なく、常用性が有るのであれば「被保険者」として取り扱うのが法条文および通達の正しい解釈運用。


> そこで、社会保険に加入した場合の保険料はどのくらいになりますか。
0 そもそも
 社会保険と言った場合、最も狭い意味では「健康保険」+「厚生年金保険」の事を指します。
 しかしご質問内容を考えますと、給料から控除される社会保険料等をお知りになりたいのではないでしょうか?
 そこで、広い意味での「健康保険」+「介護保険」+「厚生年金保険」+「雇用保険」+「労災保険」で書き進めさせていただきます。

1 基本事項
 ・健康保険及び厚生年金の保険料は「標準報酬月額」と言うもので使います。
 この標準報酬月額は、(被保険者)資格取得時[事務では「取得時決定」と呼んでいる]には「見込みの月収+1か月分の通勤費用」から導かれるので、今回は通勤費用込みで10万円と仮定すると、標準報酬月額は『98千円』です。
 ・雇用保険は次の条件がすべて合致した場合に強制加入です
 (1)雇用保険の適用事業所に雇用されている[大抵は該当]
 (2)雇用契約(或いは実体として)に基づく所定労働時間が「週20時間(休憩時間を除く)」以上である。
 (3)暦日(実労働日ではない)で31日以上の雇用となっている。
 (4)上記条件が該当した時点でその労働者の年齢が65歳未満である。

2 健康保険料
 健康保険は加入する健康保険の保険者および支部によって料率が異なります。
 そこで、「協会けんぽ」の中で一番料率の高い「佐賀県支部」でけいさんしてみます。
 98千円×102.1/1000÷2≒5,003円

3 介護保険料
 ご質問者様の年齢が不明なので・・・40歳以上ですと、健康保険料と一緒に介護保険料が徴収されます。
 こちらも「佐賀県支部」で計算すると
 98千円×15.8/1000÷2≒774円

4 厚生年金保険
 厚生年金の保険料率は全国一律なので
 98千円×178.28/1000÷2≒8,736円

5 雇用保険料
 こちらは賃金が支給される毎に『支給額(交通費を含む)×保険料率』で計算。
 で、雇用保険料の保険料率は業種によって3区分されていますが、大抵の企業は5.0/1000[労働者負担分]なので
 10万円×5/1000=500円

6 労災保険料
 労災保険は、会社側が全額負担なので、労働者負担額はゼロ円。
 なお、適用事業所であれば加入は強制であり、「Aさんは対象だけど、Bさんは希望していないから非加入」と言う事は原則としてあり得ません。また、たとえ週1時間程度の労働者であっても労働中に被災すれば保険給付の対象者になりえます。

★2~6の合計[推定値]
 1万5013円<介護保険の対象者である場合>
 1万4293円<介護保険の対象者ではない場合>
☆10万円の給料から上記金額が控除された後の金額が8万8千円未満なので、所得税法に基づく届出書類を会社に提出すれば、源泉所得税は控除されません。


> また、それぞれのメリット・デメリットを教えてください。
健保や厚生年金などに加入するメリットはありますが、加入によるデメリットを私は思いつきません。
1 健康保険
 ・加入する健康保険によっては、法律で定められた以上の額で保険給付がなされる。
 ・病気やケガで会社を一定日数以上休んだ場合、「傷病手当金」が給付される。そして、一定期間以上健康保険に加入しているものが「傷病手当金」を受給しながら会社を辞めた場合には、資格を喪失しても給付が継続される。
 https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3040/r139
 ・「育児等休業」や「介護休業」を取得した場合、定められた期間中の保険料は免除される。復職後に免除されていた期間の保険料を納める必要はない。

2 厚生年金保険
 ・厚生年金保険料を納めると、自分の国民年金保険料を納めたことになる。
  →今回、ご質問者様は国民年金保険料より安い厚生年金保険料となっていますが、それでも国民年金を納めたことになる。
・「育児等休業」や「介護休業」を取得した場合、定められた期間中の保険料は免除される。復職後に免除されていた期間の保険料を納める必要はない。
 ・別途、受給要件は定められていますが、「老齢厚生年金」「障害厚生年金」「遺族厚生年金」は、ご質問者が納めた厚生年金保険料の金額[正確には標準報酬月額]と月数の実績を使って計算されます
  →仮に今回のご質問の状態で40年間(20歳~60歳未満)厚生年金に加入したとすると、国民年金の保険料の半額して本人は納めていないのに、「老齢基礎年金」が満額支給されたうえで、実績に基づく「老齢厚生年金」が受給できると言う事です。
 ・不幸にも厚生年金に加入中に生じた病気やケガが原因で「障害」となったとして、国民年金だったら等級が「1級または2級」出ないと保険給付がなされないが、厚生年金は「3級」に対して単独で支給される。尚、「1級または2級」であれば、障害基礎年金+障害厚生年金となる。

3 雇用保険
 ・一定の加入実績を取得した後に会社を辞めた場合、いわゆる「失業保険」が受給できる可能性がある。
 ・受給できなくても(敢えて受給しなかった場合も含む)、資格喪失から1年以内に再び雇用保険に加入すれば、加入していた期間は通算されるので、給付される日数が増える。
 ・後払いになるが、認定を受けた教育機関の講座を受講して、一定の成績(資格試験合格は問わないモノが多い)で受講を終了すると、受講料の一部が「教育訓練給付金」として受給できる。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/kyouiku/index.html
 ・「育児等休業」や「介護休業」を取得した場合、給料がでないので保険料は発生しないが、未収入では生活できないので、一定期間に限定されるが、給料の何割かが給付される。復職後に追加で保険料を納める必要はない。
  https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_continue.html

4 労災
 ・先ほど書きましたように、労働者本人が負担する保険料はゼロ円。
 ・仕事に起因する「病気やケガ」に対して保険給付がなされるが、治療費は原則としてゼロ円。休業や障害に対する補償も充実。
 ・通勤途上での「病気やケガ」も給付の対象。治療費(一部負担金)は1つの労災事故に対して200円を1回払うだけ。他は通常の労災と同じ扱い。

> 会社から、社会保険か国民健康保険か選択ができるといわれました。
法律上はそれは認められていません。
 ・国保:健康保険などの「被保険者または被扶養者」で無い者。
 ・健保:収入額に関係なく、常用性が有るのであれば「被保険者」として取り扱うのが法条文および通達の正しい解釈運用。


> そこで、社会保険に加入した場合の保険料はどのくらいになりますか。
0 そもそも
 社会保険と言った場合、最も狭い意味では「健康保険」+「厚生年金保険」の事を指します。
 しかしご質問内容を考えますと、給...続きを読む

Q積立貯金と比較したいので学資保険の金利を導き出したい

皆さん、宜しくお願いします。

現在、学資保険の見直しを考えており、乗り換えの対象に積立貯金を考えております。
ただ、学資保険の年金利が分からず比較ができません。

そこで学資保険の年金利の導き方を教えて頂ければと思います。
学資保険で分かっているのは「年払いの金額」「支払期間」「支払総額」「受取総額」です。
これらからの計算方法を教えてください。

また、年金利以外でも比較できる方法があればそちらも教えて頂けるとありがたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「学資保険と積立貯金と比較したい」ならば、
「学資保険の金利」を計算するのではなく、
いくら払って、いくらもらえるかという
受け取りの率で比較されてはいかがですか?

金利は単純な加減乗除の計算では算出できません。
さらには、税金が異なるなど、金利が高ければ良いという
単純な問題ではありません。

さらには、学資保険の場合、中途解約の時期によって、戻り率が
ことなるという問題もあります。

税金
積立預金=利息に20%課税。
学資保険=一時所得として計算。
(受取金額)-(支払金額)-50万円がプラスならば、
その2分の1を他の所得と合算して課税。

ご参考になれば、幸いです。

Q医療費が1年で10万円超えたら・・・

確定申告のときに申告するといくらか戻ってくるという話は知っていますが、もし年間の医療費が11万円程度だとしたらいくら位戻ってくるんでしょう?
何だか申告の仕方が難しそうだし、微々たる金額だったらやってもあんまり意味がないような・・・
年間50万円とか医療費がかかったら戻ってくる額もでかそうだけど、実際のところはどんな仕組みになってるんでしょう?

Aベストアンサー

医療費控除は既に納付している所得税の範囲内で、還付されます。

その上で、課税所得(収入ではありません)が330万円以下の場合、所得税率が10%ですから、1万円の10%で1000円ですが、定率減税(今年は10%)がありますから、900円の還付となります。

住民税も、400円ほど戻ります。

Q保険商品の比較検討ってどうやっていますか?

保険に入ろうと思っていますが、膨大な商品の中から比較検討する必要がありますよね。

複数保険会社と契約している代理店の営業マン等にプラン計画を練ってもらうのもありかと思いますが、個人的にはもっと保険商品についての知識を得た上でならその方法もありかと思うのです。

皆様はどのようにして保険商品を比較検討・決定されたのでしょう?

また、保険商品に関して詳しくなる方法はありますか?
書籍等オススメあれば教えてください。

Aベストアンサー

外資の保険会社で働いてるものです。うちに限らず、外資はオーダーメイドという所が多いと思いますが、
うちの場合はオーダーメイドで設計する前に、保険に詳しくなってもらいます。オーダーメイドでオーダーしてもらう為です。

その時話す話として・・・
生命保険はシンプルに考えてもらいます。

・定期保険(掛け捨て)・・・小さな負担で大きな保証 でも期限付き
・養老保険(貯蓄保険)・・・貯金機能付き定期保険 (老後を養う)
・終身保険(色々便利)・・・保証は一生涯 キャッシュバリュー(貯蓄機能あり)

ちょっと雑な言い方ですが、生命保険は上記3種類しかありません。
この3つを色々組み合わせて設計します。

文章にすると長くなるので割愛しますが、要するに上記3つをまず知るところから始めてみては如何でしょうか?

保険商品個別でみたら、会社毎に多少の違いはあれほとんど変わりません。
一番の違いはその保険のセールスマンです。

保険は基本的に一生の付き合いになるものですから、本当に信頼できると思える人から入るのが一番なのは間違いないです。もしその保険を使う時が来てしまった時を考えてください。本当に困った時に力になってくれる、と思う人から入るべきだと思います。

外資の保険会社で働いてるものです。うちに限らず、外資はオーダーメイドという所が多いと思いますが、
うちの場合はオーダーメイドで設計する前に、保険に詳しくなってもらいます。オーダーメイドでオーダーしてもらう為です。

その時話す話として・・・
生命保険はシンプルに考えてもらいます。

・定期保険(掛け捨て)・・・小さな負担で大きな保証 でも期限付き
・養老保険(貯蓄保険)・・・貯金機能付き定期保険 (老後を養う)
・終身保険(色々便利)・・・保証は一生涯 キャッシュバリュー(貯蓄機...続きを読む

Q治療費が月額10万円を超えた時

この間虫垂炎で入院し健康保険で入院および診療費を10万円近く支払いました。
確か健康保険では10万円を超える支払い分は、なんかの手続きで戻ってくると聞いた事がありますが、そんなのってあるんでしょうか?
年末調整の時になんか医療費の手続きをする必要はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

健康保険からお金が返ってくるのは、「高額療養費」の制度ですが、これの基準金額は10万円じゃないです。
健保組合によっては、手続き不要で返金がある場合もありますし、自分で申請書を取り寄せて必要事項を記入し提出しないと駄目な場合もあります。

この他に、補填(返金)金額を差引いた金額と、他の医療費、通院の交通費などを合計した金額が10万円以上だと、医療費控除の申告ができます。(10万円っていうのは、こっちの話だと思います)
これは、医療費そのものの返金ではなく、税金の負担が安くなります。ただし、年末調整では処理してもらえない事なので、自分で確定申告しなければいけません。

所得税は前払い制なので、確定申告すれば、払いすぎた分が返金されます。
住民税は後払い制なので、来年6月から始まる支払いの金額が安くなります。
#たいした金額じゃないんだけどね。

Q保険を比較したい

各社の保険を比較したいのですが、
全各社からパンフレットを請求したり、
全社の営業に設計書を作成してもらう以外に、
一目瞭然に比較検討できるものはないのでしょうか。

みなさんはどのように比較検討されているのでしょうか。

生命保険は住宅の次に大きな買い物といわれています。
そう簡単には決めたくはありませんが、
何ヶ月もかけて決めたくもありません。
生保の外交員の方でさえ自分の社の商品すら満足に理解していないという方もみえるとか…。

どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前回の質問にお答えするのが遅くなり申し訳有りません 信頼できるライフプランナーの探し方ですがこればかりはアドバイスのしようが有りません 私自身が設計するもしくは私の知人の代理店の人間を紹介することなら出来ますがまったく面識の無い代理店をこの人は信頼できますよとお勧めする訳にもいきませんし前にも言いました通り会社に所属するライフプランナーは当たり前ですが自社商品を強く押してきます 単純に商品比較でしたら下に載せたサイトに現在販売されているほとんどのものが載っていますから参考にして下さい ただ一般の方の保険比較というとどうしても値段の比較になってしまいがちです 最近週刊誌に良く載っている保険診断や比較も明らかに素人が書いたと思われる極めてお粗末なものが多いです seihoさんがおっしゃられているように保険というのは大変大きな買い物です 保険料の安いものには安い理由が高いものには高い理由が必ず有りますのでそれも考慮した上でじっくりと比較検討なさって下さい

参考URL:http://www.hoken-de.com/products.htm

Q10万円以上の医療費の一部還付について

一年間で、医療費が十万円以上かかった場合、
確定申告により、一部が還元されるとききました。

そこでいくつかの疑問が浮かび、
詳しい方にお聞きしたく、書き込みをさせていただきました。

(1)歯列矯正などの、医療保険適用外の治療費についても、
還付が受けられますか?

(2)そもそも、元々医療費は国民皆保険で支払の時点で
控除されているのに、何故、このような制度があるのでしょうか。
その法的根拠を、教えていただけないでしょうか。

当方の知識不足により、
質問が漠然としていて申し訳ありませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

誤解の無いようにまず言っておきますが、医療費控除とは「医療費の一部還付」ではありません。10万円を超える額がそっくり還付されるのではなく、その額(所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額)がその年の所得から控除され、その控除された額にかかる所得税が安くなるだけです。

(1)歯列矯正の費用も医療費の対象になりますが、一般的に必要とされる金額水準を著しく超えると認められる特殊なものは対象になりません。
歯列矯正については、治療を受ける人の年齢や治療の目的等から必要と認められる歯列矯正の費用は控除の対象になります。従って、美容上等のための費用は対象になりません。
(2)多額の医療費負担に悩む国民を税制の面で少しでも助けようとする趣旨です。一種の福祉税制と考えてよいと思います。法的根拠は所得税法です。その元は国民の生存権を保障する憲法でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報