旧満州で南満州鉄道に勤務し、「根こそぎ動員」され病気で亡くなった祖父について調べています。

旧満州で南満州鉄道勤務をしていた祖父ですが、「根こそぎ動員」されつい最近までシベリアで抑留死したと思っていました。本籍のあった県庁に問い合わせをしたところ、「新京特別市・緑園地区・満人病院に入院」という記録が残っていたようです。(県庁の記録原文のまま記載しました) 軍人ではなく「一般人」としての記録しか残っていないとのことで、軍歴などはわかりませんでした。昭和21年の1月15日まで「満人病院」に「発疹チフスで入院」しているところまではわかったのですが、その戦後の混乱でどうなったかわからず、昭和28年1月15日に「死亡が確定」されました。
これから「満鉄会」に旧職員についての問い合わせをすることを予定しています。
おもに私が知りたいのは下記のとおりです。

1・南満州鉄道の職員が戦争にどう関わっていったか(徴兵されたとしたらどんな状況でどんなところに多く、など)

2・「満人病院」とは病院の名前?それとも満州にあった病院の総称?またどのような施設だったのか?

3・「満人病院」に「発疹チフス」で入院していた人間が、シベリアに抑留されるということはあり得ることなのか

4・実際に「満人病院」にいた、もしくはご存じの方、または詳しく説明されているサイト様など

などなど、その他のことでもなんでもかまいません。同じような境遇の方が身内にいらっしゃる方や実際に調べあげた方。なにか情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら回答お願いいたします。

A 回答 (2件)

なにぶん情報が少ないために調べようがない、というのが率直なところで推測でしかお答えしようがありません。



>1・南満州鉄道の職員が戦争にどう関わっていったか(徴兵されたとしたらどんな状況でどんなところに多く、など)

 いわゆる満鉄社員は国策企業のため、様々な点で優遇されていたようですが、当時満洲国には大陸鉄道隊という大部隊が駐屯しており、技術関係の社員が軍属として召集されていました。たとえば関東軍第3特設鉄道橋梁隊(路第1241部隊)や第6特設鉄道工務隊(路第1242部隊)などは、1944年(昭19)3月新京特別市において満鉄社員(満鉄病院医務者)を基幹として編成されております。したがってエンジニア系であれば軍属として召集された可能性があります。また、終戦直前の8月10日頃新京において第158師団(不滅第37361部隊)の編成が下令されたのが途中で中止になっていますから、それに係わっていたかもしれません。

>2・「満人病院」とは病院の名前?それとも満州にあった病院の総称?またどのような施設だったのか?

 戦争中新京には、新京第1(のち関東軍第5)(満洲第875部隊)・新京第2(のち関東軍第7)(満洲第114部隊)陸軍病院がありました。新京第1は昭和21年5月15日まで業務を続行した後、新京市民病院と改名し7月に同地を発っています。新京第2は終戦前に通化へ移動し残留者は新京第1へ転院となっていますから、軍人軍属であればそこに入院していたと考えられます。しかし民間人であれば当然民間施設に入ったでしょうからその記録を調べるのは困難でしょう。当時新京の在留邦人(といっても少年時代ですが)だった前田忠廣による『草莽の証言 私の昭和史 国の大義の名のもとに』(私家版・97年)をよむと終戦直後の新京の状態をかなり詳しく知ることが出来ます。公立図書館に寄贈されているのを読んだことがありますので検索されては如何でしょうか。

>3・「満人病院」に「発疹チフス」で入院していた人間が、シベリアに抑留されるということはあり得ることなのか

 病状にもよりますが、伝染病患者をわざわざ連れて行くことは考えられません。労働力を減じてしまうことになりますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、どうもありがとうございました。また、お礼が大変遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
祖父の職歴を現在「満鉄会」に問い合わせしているところで、どこのどういうところに所属していたのがわかれば、また違った調査もできると思っております。
また、『草莽の証言 私の昭和史 国の大義の名のもとに』もちょっと探してみようと思っています。祖父のことや満鉄のことに限らず、母の生まれた土地、満州についても少し知りたくなりました。
大変参考になり、また勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 23:03

70歳♂、終戦時は国民学校(今の小学校)1年生、満州撫順市内の満鉄社宅に居りました。


御質問への直接回答にはなりませんが、小生の見聞したことを少々。

1 「根こそぎ動員」について
  私の父は予備役少尉で、家に軍服・軍刀も置いてあり、職務も直接 の鉄道運営には関係ない総務人事だったせいか、19年に再度応召しま したが、近所に住む鉄道・炭鉱の技術者で動員された方は聞いたこと がありません。
  また21年8月の私共の引揚げまで、汽車・電車とも従来通り運行さ れておりましたから、当然技術指導の日本人社員は残って居たと思わ れますので「根こそぎ」は無い筈です。
2 「『発疹チフス』で入院していた人間が、シベリアに抑留」につい て
  抗生物質の発見は戦後のことで、当時の伝染病対策は隔離しかあり ませんでした。 従って、いくら乱暴なソ連軍でも労働力減少が分か りきっているのに、他の健康な兵士と罹患者を鮨詰めの貨車に載せる ことは考えられませんね。
御希望の情報が早く入手できますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答をありがとうございました。
こちらの認識・勉強不足で大変お恥ずかしいのですが、とても参考になりました。
祖父の満鉄での職務については現在「満鉄会」に問い合わせをしているところです。(したがって、closeto70様のお父上様のような総務人事のお仕事であったり、技術者であったかなどは現在のところ不明です。)
なにせ祖父のことを知っている人間がいないことや私に知識が全くないことなどから、いろいろな情報を少しずつ集めてつなぎ合わせるというような方法しかできないといった状況です。
大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 23:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q南満州鉄道株式会社に勤務していた祖父の最期を知りたい!

南満州鉄道株式会社に勤務していた祖父の最期を知りたい!

南満州鉄道株式会社のハルビン満鉄社宅に、当時父や祖母と済んでいた祖父ですが、
終戦後にソ連に抑留され、昭和27年に行方不明のため死亡の通知がなされました。

ハルビンの満鉄社宅に住んでいた日本人職員が、終戦後にソ連軍によって
どこに強制連行されどうなったかを知りたいのですが、何か史料などありましたら
教えてください。

Aベストアンサー

 終戦前後における南満洲鉄道株式会社社員およびその家族の消息は、他の在満邦人の運命から見るとそのほとんどがそれほどの辛酸を舐めることも少なく、幸運にもほとんどが日本国内へ帰国することが出来ました。

 ただそのような中でも現地で召集され戦死したものや、一家が離散し、あるいはあなたのご祖父のようにソ連によって抑留され、過酷な運命を送らざるを得なかった方たちもいたことも事実です。

 とはいえ、ご祖父が満鉄でどのような職種に就かれていたかは知りませんが、当時の状況としては満鉄社員はかなりの数が満鉄資産の移譲のため、そのままソ連やその後は国府軍などに使われていましたので、それほど多くの社員がシベリアへ抑留されたとは思えません。

 もしかして前述のようにソ連が満洲へ侵攻する間際に軍に応集され、結果的に兵士として抑留されたのかもしれません。いずれにしてもあなたのご家族がご祖父が抑留されたと言われているのでしたら、それは事実でしょう。

 しかし満鉄自体を対象とした資料は現在までに大量に出版されていますが、残念ながら帰国を実現できなかった満鉄社員個々人の、その後の運命を詳細に言及した資料は私はいままでに目にした事はありません。もちろん個人的な私小説的回顧録のようなものはいくつかありますが、それはあくまでも著者個人も思い出に集約されていますので、今回のような事情にはあまり参考にはならないのではないかと考えます。

 シベリア抑留にしても満鉄に関する資料以上に多数の資料が出版されていますが、満鉄社員に特化された資料があるという話も、個人的にではありますが耳にしたことはありません。ただ確実な記憶ではありませんが20世紀末ごろ、ロシア政府がシベリア抑留に関する機密資料を公開したという話を聞いたことがあります。これが事実でしたらもしかしたらという気もしますので、厚労省(旧厚生省)援護局にご祖父のことをだめ元で尋ねられるのも一つの手段かもしれません。

 これまでに出版された資料は、はっきり言えばどれも二番煎じ三番煎じ的な資料だとしか言えない面もあります。これはベースとなる基礎資料が限られているという事情もありますが、そのため新たな歴史的事実を書き記した資料は少なく、いわゆる「帯に短したすきになんとやら」という感は否めません。それでも満鉄関連資料に載っている抑留関係の記事は、どれもごく簡単に触れているだけのものが多いようです。

 出来ることといえばこれまでに出版されている「満鉄」および「シベリア抑留」に関する資料を仔細に読み込んでいくしかないのではないかと考えます。
 
 ご祖父の歩んだ道を歴史を踏まえて勉強されるのも、ある意味あなた自身のルーツ探しにもなるのではないでしょうか。

 明確な回答が出来ないので大変申し訳ないのですが、私などよりもはるかに賢明で満鉄に詳しい識者がこのサイトには沢山いらっしゃると思いますので、この拙い回答がいくらかでも呼び水になって、あなたの求めている本当の回答が投稿されることを祈っております。
 
 

 終戦前後における南満洲鉄道株式会社社員およびその家族の消息は、他の在満邦人の運命から見るとそのほとんどがそれほどの辛酸を舐めることも少なく、幸運にもほとんどが日本国内へ帰国することが出来ました。

 ただそのような中でも現地で召集され戦死したものや、一家が離散し、あるいはあなたのご祖父のようにソ連によって抑留され、過酷な運命を送らざるを得なかった方たちもいたことも事実です。

 とはいえ、ご祖父が満鉄でどのような職種に就かれていたかは知りませんが、当時の状況としては満鉄社員...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報