外国語の化学論文を読んでいて疑問が有りましたので質問せてください。

化学反応における生成物の収量を現す場合、よく「%,パーセント」の単位を使用しますよね?

ですが、その論文では収量を「Vol%,体積パーセント」で現している様です。

ただの「%」ではなく、「Vol%」を使用するメリットは何かあるのでしょうか?


また、液体の反応生成物の収量を「Vol%」で現すにはどういった方法が有るのでしょうか?


回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

特許には良くあります。


体積が増えるのは輸送コストやタンクの設置数を押し上げるので時には不利ですが、体積当たりの売価が問題になる商品(原油、ガソリン、その他燃料油)もあるので増える方が良いこともあるのです。
そのため、体積百分率は結構便利なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが回答ありがとうございます。
確かに体積当たりの売価が問題となる製品に体積百分率を使えば便利ですね。

お礼日時:2009/05/27 20:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング