外国語の化学論文を読んでいて疑問が有りましたので質問せてください。

化学反応における生成物の収量を現す場合、よく「%,パーセント」の単位を使用しますよね?

ですが、その論文では収量を「Vol%,体積パーセント」で現している様です。

ただの「%」ではなく、「Vol%」を使用するメリットは何かあるのでしょうか?


また、液体の反応生成物の収量を「Vol%」で現すにはどういった方法が有るのでしょうか?


回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

特許には良くあります。


体積が増えるのは輸送コストやタンクの設置数を押し上げるので時には不利ですが、体積当たりの売価が問題になる商品(原油、ガソリン、その他燃料油)もあるので増える方が良いこともあるのです。
そのため、体積百分率は結構便利なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが回答ありがとうございます。
確かに体積当たりの売価が問題となる製品に体積百分率を使えば便利ですね。

お礼日時:2009/05/27 20:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の美術館、フランスの美術館

ご存知の方、教えてください。
○日本(敷地面積)最大の美術館
○フランス(敷地面積)最大の美術館

○日本所蔵作品最大の美術館
○フランス所蔵作品最大の美術館

○日本訪問人数最大の美術館
○フランス訪問人数最大の美術館

また、日仏美術館の比較をしているサイトなどをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

日本は分かりませんが、フランスだとやはりルーブル美術館が
最大だと思います
広さ、所蔵、訪問人数も

Q熱化学方程式-ヘスの法則:反応熱Q=(生成物の生成熱の総和)-(反応物の生成熱の総和)の公式が理解できません。

問)メタン、炭素(黒鉛)、水素の燃焼熱がそれぞれ890,394,286kJ/molであるとき、メタンの生成熱(kJ/mol)を求めよ。
ただし、メタンと水素が燃焼したときに生じる水は液体であるとする。
答え
CH4(気)+2O2(気)=CO2(気)+2H2O(気)+890kJ
C(黒鉛)+O2(気)=CO2(気)+394kJ
H2(気)+(1/2)O2(気)=H2O(液)+286kJ
なので、メタンの生成熱をxkJ/molとおいて
反応熱Q=(生成物の生成熱の総和)-(反応物の生成熱の総和)の公式から、
890=(394+2*286)-x ⇔ x=76
∴ 76kJ
なのですが、生成物・反応物の下に生成熱を書きこむと
左辺が76kJ,0kJ、右辺が394kJ,2*286kJ,890kJで
右辺の方が圧倒的に熱量が大きいので、意味が分からなくなりました。
何故、反応熱Q=(反応物の生成熱の総和)-(生成物の生成熱の総和)でないのか教えてもらえませんか?

*別解(組み立て、エネルギー図)は理解できています。

Aベストアンサー

えっと....
メタンでのみ疑問に思いました? 例えば
C(黒鉛) + O2 (g) = CO2 (g) + 394 kJ
の生成物や反応物の下に生成熱を書き込んでみる (普通しないだろうけど, 「してはいけない」ということもないですよね) と
・左辺は (単体だけなので) 0 kJ
・右辺は 394 kJ と 394 kJ で 788 kJ
になるんだけど, 何かおかしいと思いませんか?
で何がおかしいかというと, 「各物質の下に熱量を書き込むのはいいとしても, 書き込むべき熱量は生成熱ではなく『その物質が持っている (単体からの相対的な) 熱量』でなければならない」ということに気付いていないんです.
つまり,
C + O2 = CO2 + 394 kJ
に対して書き込む熱量は (3つの物質それぞれに対し) 0 kJ, 0 kJ, -394 kJ であるべきです. これなら等号で成り立ちますね.

Q美術館の運営方針、設置目的??

自分が選んだ日本の美術館の詳しい設置目的と運営方針について調べないといけないのですが、美術館のHPにいったくらいじゃ詳しいことはわかりません。どの様にして詳しい運営方針や設置目的を調べればいいでしょうか?私が考えてる美術館は東京国立近代美術館、国立国際美術館、国立西洋美術館、京都市立美術館などがあります。

Aベストアンサー

はじめの3つの美術館の親機関は独立行政法人国立美術館ですね。ここのサイトに目的や規則等、ある程度の情報が掲載してあります。これらの情報に対して、さらにどの部分を深く知りたいのかを貴方自身が明確にして、各美術館に問い合わせることをおすすめします。方針は確実に文書として存在しているでしょうから、質問内容と調査目的をきちんと伝えれば、答えてくれると思います。余談ですが、以前、某博物館に意見のメールを出したら、とても丁寧に回答をいただいて驚いた経験がありますよ。
(ちなみに、京都市立美術館とは京都市美術館ではないですか?)
もう一つの方法は、図書館でレファレンス係に調べてもらう方法。
この場合も、自分がどこまで調べ、あと何が不足しているのかを伝えてあげると、レファレンサーは大変助かると思います。
公的機関をフルに活用しましょう!

参考URL:http://www.momat.go.jp/IAINMoA/

Q化学です!! よく見かけるこの10%水溶液というのは 質量パーセント濃度が10%ということですか??

化学です!!
よく見かけるこの10%水溶液というのは
質量パーセント濃度が10%ということですか???

Aベストアンサー

普通は質量%ですね。

Q世界で最初にできた美術館

美術館の成立について調べています。

現在の「美術館」ができる契機になったのは
18世紀後半に起きたフランス革命で
それによって特権階級が独占していた美術品が
市民に開かれるようになり、
その場所が≪ルーブル美術館≫であったということを
本で読みました。

ところが、その≪ルーブル美術館≫よりも前に
すでに美術館が存在していたということを
この間聞いたのですが、
名前も場所もどのような美術館であったのかも分かりません。
自力で調べてはみたのですが、いかんせん調べ方が悪かったのか
未だに分からないままで・・・。

そこで教えていただきたいのですが
ルーブル美術館よりも前に誕生していた
「世界で最初の美術館」について知っている方、
その名前とどのような美術館であったかを教えていただけませんか?

参考文献やサイトなども合わせて教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カピトリーノ美術館 (Musei Capitolini) は、イタリアのローマにある美術館である。ローマの7つの丘の1つ、カピトリーノの丘に建つこの美術館は、一般市民に公開された美術館としては世界最古のものと言われている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%94%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8E%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

「世界最古の美術館」とググッたら、
最初のページに出てきましたよ。

Qある物質が、化学反応式の反応側から生成側になるときについて

ある物質が、化学反応式の反応側から生成側になるときについて
例えば

SO2+2H2S→2H2O+3S

のとき 
電子がどのようにして授受され 
酸化還元され水と硫黄になるのですか?     

高校生です。

Aベストアンサー

前の質問の続きですか。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5574409.html

>一応電子の授受の面でも考えたのですが やはり、ちんぷんかんぷんです。 

「電子の授受」と書かれているのは半反応式をつくるというレベルの話ですね。

SO2+2H2S→2H2O+3S
この反応は気相でも水相でも起こります。

・気相反応であればイオンはどこにも出てきません。
(この式を見れば気相反応だと思うほうが素直でしょう。SO2もH2Sも気体ですから。)
電子の授受を考えればイオンを考えなくてはいけません。
気体のSO2やH2Sからイオンを見つけ出してくるのは無理です。
(無理にイオンを見つけようとすればややこしい反応機構の話になってしまいます。#1に書かれているのはそういう話でしょう。)

イオン反応でないものを無理に電子の授受で考える必要はないだろうと思います。
(前の質問には「酸素の数の変化」、「水素の数の変化」で答えました。)

燃焼反応は代表的な酸化、還元反応です。でもやはり電子の授受で考えるのは不自然です。
2H2+O2→2H2O
どこにもイオンは出て来ません。

・水溶液中の反応であれば水に溶かしたSO2とH2Sの反応になります。(高等学校でもよくやる実験です。H2Sを溶かした水とSO2を溶かした水を混ぜるとさっと白く濁ります。)
電子の授受を考えるイオン反応式にはH^+が必要です。どちらも酸性の物質ですからH^+を含むイオン反応式を作ることが出来ます。
(水溶液中の反応であればSO2ではなくてH2SO3の反応であるとする方がいいでしょう。でもH2SO3にSO2+H2Oという表現を使ってしまうと両辺からH2Oが1つ消えてしまって気相の反応と同じ式になってしまいます。)
  H2S→S+2H^++2e^-
  SO2+4H^++4e^-→S+2H2O

普通の半反応式は水溶液中での酸化・還元反応を前提にしています。
途中の反応機構は問題にしてはいません。

前の質問の続きですか。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5574409.html

>一応電子の授受の面でも考えたのですが やはり、ちんぷんかんぷんです。 

「電子の授受」と書かれているのは半反応式をつくるというレベルの話ですね。

SO2+2H2S→2H2O+3S
この反応は気相でも水相でも起こります。

・気相反応であればイオンはどこにも出てきません。
(この式を見れば気相反応だと思うほうが素直でしょう。SO2もH2Sも気体ですから。)
電子の授受を考えればイオンを考えなくてはいけま...続きを読む

Qジブリ美術館 長谷川町子美術館 

この夏に、娘(大学生)と二人で東京へ遊びに行きます。
一日目は ジブリ美術館へ行くのですが
二日目に 長谷川町子美術館と東京都現代美術館へ行く予定です。

1)実際に行かれた方や、ご存じの方がおられましたら、感想を聞かせて下さい。

2)二日目に長谷川町子美術館(桜新町)と東京都現代美術館(清澄白河)の二つを同じ日に見ることは可能でしょうか?

3)他におすすめの美術館などありましたら教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ジブリ美術館に行ったことがあり、(1)に対して回答します。
ジブリ美術館では、展示しているものもおしゃれでジブリファンを喜ばせるようなものばかりですが、それ以上に見てきて欲しいのはその美術館の建物自体です。通路はもちろんトイレにいたるまでありとあらゆるところに、クスッとなるような絵や仕掛けがあります。また、構造自体も不思議な感じで今自分が何階にいるのかわからなくなります。
中にある小さな映画館もお勧めです。内容は変わるらしいのですが、私が見たのは老若男女が楽しめるないようでした。
喫茶店でもぜひ何かを食べたほうがいいです。私も食べましたが、食材にもこだわり味もよいので美術館の食事とは思えませんでした。
売店でのお勧めは、パンフレットです。一冊あたりの単価は高いのですが、美術館建設における秘話もあり楽しめ、記念にもなります。

Qvol%とmol%

混合ガス中の各成分のvol%は、mol%と置き換えても良いのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。

はい。置き換え可能です。

理想気体として考えて良いとき、常温で、1モルは、22.4Lで一定なので。

Qアメリカの美術館

ヨーロッパに劣らず、アメリカにも素晴らしい美術館が沢山あると思いますが

1.この美術館にはこんな名作がある!
2.この美術館はここが変わっている!一見の価値あり!

などといったお薦めの美術館を教えてください!

Aベストアンサー

こんばんは。

ボストン美術館もいいですが、ご近所の『イザベラ・ガードナー美術館』もいいですよ。
展示品は大富豪ガードナー夫人の個人コレクションです。
建物もパティオもステキです。ボストン美術館のおまけのような扱いですが・・・。

全然美術とは関係ないのですが、『フィラデルフィア美術館』には、映画『ロッキー』のラストシーンで主人公が駆け上る長い階段があります。

http://www.philamuseum.org/

あともう一つ、イラストレーターの美術館でもいいでしょうか?
マサチューセッツ州西部のバークシャー地方にある『ノーマン=ロックウェル美術館』です。
アメリカでは人気イラストレーターですね。彼の名前は知らなくても、イラストは見たことがある方は多いのではないでしょうか?
車がないと個人で行くのは難しいところなのですが、ボストンには3回行きましたが、ボストン発のツアーはいつも満席で、まだ一度も行ったことがありません。

http://www.nrm.org/

http://plaza7.mbn.or.jp/~narikyo/sub24-23.htm

こんばんは。

ボストン美術館もいいですが、ご近所の『イザベラ・ガードナー美術館』もいいですよ。
展示品は大富豪ガードナー夫人の個人コレクションです。
建物もパティオもステキです。ボストン美術館のおまけのような扱いですが・・・。

全然美術とは関係ないのですが、『フィラデルフィア美術館』には、映画『ロッキー』のラストシーンで主人公が駆け上る長い階段があります。

http://www.philamuseum.org/

あともう一つ、イラストレーターの美術館でもいいでしょうか?
マサチューセッツ州西...続きを読む

Q錯生成反応、中和反応、酸化還元反応について

これら3つの特徴を教えてください。
友達同士とかだと中途半端な答えでもわかってもらえそうなのですが、改めて聞かれてみるとなんと答えれば簡潔でわかりやすく言えるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

錯生成反応:錯体を生じる反応(これじゃわかりませんかね?)

中和反応:酸と塩基が反応して塩と水を生じる反応。

酸化還元反応:原子の酸化数の変化を伴う反応。

簡潔にはしたつもりですが、わかりやすいかどうか・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報