R*{dg(t)/dt}+q(t)/C=E

q(t)=CE(1-e^-(t/RC))
となる過程を教えてください
お願いします
必死です
http://nkiso.u-tokai.ac.jp/phys/exp/titles/timec …
これの(1)からのへんけいです
お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#3です。


お礼欄の質問を補足します。

といいたいんですが、すでにNo.4さんが回答してくださってますね^^;
本来はNo.4さんのように解きます。変数分離という方法で解きます。ここで自然対数をとることで、expの項が導き出されます。
また、同次解をもとめてから特殊解をもとめて、結合するという方法もよくとられます。
微分方程式の解き方はいろいろあるので、詳しくは微分方程式の本を読んでください。ラプラス変換を使っても解けるはずです。

ですが、この1階微分方程式は簡単で有名なものなので、正直このレベルでいちいち解くのはメンドくさいのです。
なので私は「1階微分で元の関数に戻るんだからexpだね」と考えてパッと出してしまいます。
    • good
    • 0

R*{dq(t)/dt}+q(t)/C=E ...(1)



与えられた式を変形すると
dq/dt=-(1/RC)*(q-CE)

変数を分離して
dq/(q-CE)=-(1/RC)*dt

両辺を積分して
ln(q-CE)={-(1/RC)t}+B

Bは積分定数、B=lnB'とすると都合がいい。
ln(q-CE)-lnB'={-(1/RC)t}

対数の差は比の対数になるので
ln{(q-CE)/B'}={-(1/RC)t}

対数の定義より
(q-CE)/B'=exp{-(1/RC)t}

変形して、
q-CE=B'*exp{-(1/RC)t}

q=CE+B'*exp{-(1/RC)t} ...(2)

t=0のとき q=0になるとすれば、(問題には与えられていないが)
0=CE+B'

これより
B'=-CE

これを(2)に代入して、
q=CE-CE*exp{-(1/RC)t}

q=CE[1-exp{-(1/RC)t}]
となります。
    • good
    • 0

数学的には同次解と特殊解を別々に解くのが定石だと思います。


ですが、この程度の微分方程式なら過渡解と定常解にわけるのも面倒くさいので一度に解きます。

与えられた式を変形すると
dq/dt=-(1/RC)*(q-CE)・・・・(1)
となりますよね。
ここで、qの頭に何もついていないことに注目してください。(qにゴミ(定数係数)をつけないように変形しました)。
定数の係数みたいなゴミは邪魔くさいので、qと分離しておきます。


(1)を更に変形すると
d(q-CE)/dt=-(1/RC)*(q-CE)・・・・(2)
となります。
(CEは定数のため微分してもゼロ。なので左辺に勝手に付け加えました。微分には線型性があるので、この形に変形しても問題ありませんよね。)

ここまでくれば求められますよね?


一応、微分方程式の解き方をご存じないかもしれないので、感覚的に解いておきます。
(2)をq-CEに着目してみてください。
すると、「q-CEについて1回微分すると(左辺)、元の関数q-CEに戻る」という風に見えませんか?
1回微分しても結局同じ関数に戻る関数です。
こんな関数はもちろん、expですよね。
ここで、1回微分するとゴミ(-1/RC)が出てくることに着目してやると、
どうやらこの関数はA*exp(-t/RC)とおけそうじゃありませんか?
(A*exp(-t/RC)は1回微分すると、ゴミ(-1/RC)が出てくるけど、関数自体は変わらないでしょ?)

なので、
q(t)-CE=A*exp(-t/RC)・・・・(3)と書けます。

これに初期条件を代入して、係数Aを定めてやりましょう。
質問者さんのリンク先には初期条件は与えられていませんが、ふつうRC回路は、t=0の時、q=0です。これを(3)に代入すると
0-CE=Aとなる。つまりA=-CE。
これを(3)に代入して
q(t)-CE=-CE*exp(-t/RC)
ゆえに
q(t)=CE(1-exp(-t/RC))
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
ひとつ質問なんですが
exp^(-t/RC)は予測をつけて出したんですか??
もう少しお願いします
まだ微分方程式は習っていません

お礼日時:2009/05/27 13:45

No1です^^;



7行目についてですが・・・dg(t)/dt→dq(t)/dtに訂正です。
    • good
    • 0

これは微分方程式です。


質問文の上の式を(1)、その次の式を(2)としますね。

まずは(1)式の左辺が、=0となる場合について考えます。
すると、その式の解は、
q(t)=A*exp(-t/RC) (Aは任意定数)
となります。

これを、(1)式のdg(t)/dtにのみ代入します。
それでq(t)について解けば、
q(t)=CE(1-Aexp(-t/RC))
が得られます。

ここで、q(0)=0ならA=1なので(2)式が得られます。

これが大まかな流れなので、自分で計算してみてくださいね^^
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCMとかでよく見る99%配合!とか、 99%除去!っていう表記ってなんでアレわざわざ100%じゃなく

CMとかでよく見る99%配合!とか、
99%除去!っていう表記ってなんでアレわざわざ100%じゃなくて99%って表すんですかね?

Aベストアンサー

法律で100%と表示してはならないとされるからです。
ジュースの100%は食品ですから事実なら問題なし。
でも医薬品、部外品等は表記できません。

理由は色々ありますが、例えば マスクで100%としたら「このマスクなら絶対に感染しない」と過度に期待してしまいます。
実際にはマスクの付け方とか顔の形の違いなどの条件があって完璧ではない。

例えばカビ取り剤で100%としてしまうと薬液が届いていない場所でカビ菌が残ったらクレームにもなるでしょう。

その為実験で100であってもPR出来るのは99.9%までと決められているのです。

Qこの問題で解説ではI=envSの公式に代入して計算していますが、I=Q/tより求めようとすると計算で

この問題で解説ではI=envSの公式に代入して計算していますが、I=Q/tより求めようとすると計算できません。
なぜI=Q/tから求められないのでしょうか。

速度=時間としたのは速さv(m/s)で移動している電子は1秒後にv(m)先にいるからです

Aベストアンサー

t=1の時、Q=Sven x 1秒 です。Svenでは次元がマッチしません。

Q一次進みの時定数について。

伝達関数が
 A(1+jωT)/(1+jωt)
と表せるときに、このシステムの時定数はt,Tということになるのでしょうか?
時定数は一次遅れ要素のときのものだと思っていたのですが・・。
時定数というものが良く解らなくなってきました。
時定数に対して、知っておくべき知識というものはどういったものになるのでしょうか?

Aベストアンサー

伝達関数が
  A(1+Ts)/(1+st)  s = jω
だとすると、
  A(1+Ts)/(1+st) = A[(T/t)+{B/(1+st)}]  B = 1-(T/t)
だから時定数は t ですね。

Q電界の強さE=D/εとE=V/dの使い分け

電界の強さはE=D/ε(D:電束密度、ε:誘電率)とE=V/d(V:電圧、d:極板間隔)の2通りがありますが、以下の問題(電験3種過去問題)を解いていて意味が解らなくなりました。

問題(1):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h22/riron/h22r_no02.html
解答(1):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h22/riron/h22r_no02_kaisetsu.pdf
問題(2):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h21/riron/h21r_no02.html
解答(2):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h22/riron/h22r_no02_kaisetsu.pdf
問題(3):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h21/riron/h21r_no17.html
解答(3):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h21/riron/h21r_no17_kaisetsu.pdf

問題(1)では電界Eは誘電率と無関係に電極の形状と位置関係で決まっているのに
問題(2)、(3)では誘電率が影響していると解答にあります。
考えれば考えるほど混乱します。果たしてどちらなんでしょうか?

電界の強さはE=D/ε(D:電束密度、ε:誘電率)とE=V/d(V:電圧、d:極板間隔)の2通りがありますが、以下の問題(電験3種過去問題)を解いていて意味が解らなくなりました。

問題(1):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h22/riron/h22r_no02.html
解答(1):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h22/riron/h22r_no02_kaisetsu.pdf
問題(2):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h21/riron/h21r_no02.html
解答(2):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/...続きを読む

Aベストアンサー

均一な電界なら、どちらも同じです。
計算に使う場合、どういう条件があるか(電束密度Dが一定、あるいは電位差が等しい、など、どのパラメータが先に決まるか)で、どの関係を使って計算するのが楽か、が決まる程度かと思います。

1.は平等電界で、電位差が決まっているのでVを使って計算するのが楽です。
3. は電極間を貫く電束(密度)が一定なので、Dを先に決めて計算するのが楽になります。

Q日本の裁判有罪率99% 悪いのは検察?それとも裁

日本では刑事事件で裁判を行えば99%以上が有罪という状態だそうです。北朝鮮が100%、中国が98%、これら独裁国となんら変わらない水準です。また検察は明らかな有罪事件しか起訴しないことから有罪率99%と解説する評論家もいるそうですが、痴漢行為などの極めて立証が難しかった事件においてもこれまで有罪率は99%以上となっているそうです。
一時時期、この99%以上という事態に一部メディアで検察の批判がされていましたが、個人的には裁判所は何をしていたのかと不思議に思います。

有罪率99%という北朝鮮、中国 並のこの状況、悪いのは検察なのでしょうか?それとも裁判所なのでしょうか?テレビなどのメディアも検察が逮捕すると犯人扱いで報道します。また有罪率99%という北朝鮮、中国 並のこの状況を改善し脱することができるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

仙台筋弛緩剤殺人事件・東電OL殺人事件・ロザール事件・

恵庭OL殺人事件。最近では高知白バイ衝突死事件など、

確たる証拠が無かったり証拠が捏造されたりして有罪とされた

事件が、探せばいくらでもあります。

 警察と検察により無理やり犯人に仕立て上げられ、起訴されたら

最後、裁判所によってほぼ確実に有罪にされてしまいます。

弁護側の証拠は不採用にし検察側の証拠は多少無理が有っても

採用されるのが現実なのです。

 実際に私が傍聴した裁判での事ですが、死体遺棄現場を通りかかった

主婦がその場に2台の車が停まってるのを目撃し、その時遺体を燃やし

ている炎も見たと裁判で証言しました。この方は報復を恐れ顔を隠して

証言したのですが、裁判官は何を思ったのかその証言を「見間違い」

と判断し、証拠採用はしませんでした。

 多分採用すると検察が示した単独犯というシナリオが、根底から

崩れるからだと思いました。

 疑わしきは罰せず、この基本理念に立ち返ると日本の有罪率は

異常な数字だと断定せざるを得ません・・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%8B%E5%BC%9B%E7%B7%A9%E5%89%A4%E7%82%B9%E6%BB%B4%E4%BA%8B%E4%BB%B6

http://www.jca.apc.org/~grillo/rosa/rosa00.htm

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%9B%BBOL%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 こんにちは。

仙台筋弛緩剤殺人事件・東電OL殺人事件・ロザール事件・

恵庭OL殺人事件。最近では高知白バイ衝突死事件など、

確たる証拠が無かったり証拠が捏造されたりして有罪とされた

事件が、探せばいくらでもあります。

 警察と検察により無理やり犯人に仕立て上げられ、起訴されたら

最後、裁判所によってほぼ確実に有罪にされてしまいます。

弁護側の証拠は不採用にし検察側の証拠は多少無理が有っても

採用されるのが現実なのです。

 実際に私が傍聴した裁判での事ですが、死体遺棄現場...続きを読む

Q仕事関数E[J]=hν/e=hc/λe

仕事関数E[J]=hν/e=hc/λeが成り立つらしいのですがこれはなぜですか?

Aベストアンサー

光電効果を
「振動数 ν の光はエネルギーが E=hν の光子からなる」
で説明したのがアインシュタインじゃなかったっけ?

Q時定数

時定数について教えて下さい。サーミスター温度計、棒温度計の2種で時定数の測定をしたのですが、どちらも下降時のほうが時定数が高くなりました。この違いについて原因を教えて頂けると幸いです(>-<)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

nanashisanさんと同じ考えです。もうちょっと詳しく言いますと...

「室温で放置した温度計を、熱いものに突っ込んで読みが上昇していく過程の時定数を測定し、今度は引っこ抜いて、読みが下降していく過程の時定数を測ったら、前者の時定数<後者の時定数となった。」 
つうんじゃないでしょうか?
ホントに冷たいものに突っ込んだ場合にも下降時の方が時定数が大きくなりましたか?「いや、その場合には逆になる」ってことだとすれば....

 温度計全体を被測定物に突っ込まずに、先っちょだけ突っ込んだのでは? もしそうなら、引っこ抜く前の状態に於いて、被計測物と平衡にはなっておらず、温度計自体の中に温度分布が生じていたために、一次遅れ系 1-exp(-t/T) ではなく二次以上の系になっていたものと考えられます。
 時定数Tという概念は、本来一次遅れ系 dX(t)/dt=-X(t)/T において意味を持つもので、そうでない系で時定数を測れば条件によって値が変わってきます。値が変わるんじゃ時「定数」じゃないですね。

 そういうわけで、nanashisanさんが仰るとおり、
> 恒温槽を使って実験されたのでしょうか。
つまり温度計全体を被測定物(恒温槽)に突っ込んだのかどうかがポイントです。

nanashisanさんと同じ考えです。もうちょっと詳しく言いますと...

「室温で放置した温度計を、熱いものに突っ込んで読みが上昇していく過程の時定数を測定し、今度は引っこ抜いて、読みが下降していく過程の時定数を測ったら、前者の時定数<後者の時定数となった。」 
つうんじゃないでしょうか?
ホントに冷たいものに突っ込んだ場合にも下降時の方が時定数が大きくなりましたか?「いや、その場合には逆になる」ってことだとすれば....

 温度計全体を被測定物に突っ込まずに、先っちょだけ突っ込んだ...続きを読む

Q(∂U/∂V)_t=T(∂P/∂T)_v-P

大学の講義で (∂U/∂V)_t=T(∂P/∂T)_v-P
をマクスウェルを使わずに証明していたのですが
写真の?の部分の意味がわからないです…
教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

意味としてはマックスウェルの関係式と同じものですね。

df = fx dx + fy dy

が完全微分である条件は

∂fx/∂y = ∂fy/∂x

という数学の定理。

より一般に,3変数なら

df = fx dx + fy dy + fz dz

fx, fy, fzをベクトルFの成分としたとき,dfが完全微分である条件は

rot F = 0

このとき,ベクトルFを導くスカラーポテンシャルφが存在し

F = grad φ

となるので,

fx = ∂φ/∂x,fy = ∂φ/∂y

したがって,冒頭の

∂fx/∂y = ∂fy/∂x

という条件は

∂(∂φ/∂x)/∂y = ∂(∂φ/∂y)/∂x

Q時定数

微分回路や積分回路、ミラー積分回路などのパルス波形を時定数から理論的な波形を導くためにはどのような式展開から時定数を求めればいいのでしょうか?そもそも時定数の意味とはどういうものなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 
 
>> パルス波形から時定数的な波形を求めるには <<

 微分方程式を立てて、それを解くしかありませんが、お書きの様子から、その前に予備知識が必要なようです。

 3つ同時に欲張らないで 最初の2つだけを攻略です。
時定数の意味はそれを体験しないと分かりません。

http://www12.plala.or.jp/ksp/elemag/RCtransient/


 ミラー積分はオペアンプかトランジスタでの積分ですよね? それは帰還アンプの知識が同時に必要なので、抵抗だけの帰還アンプの解き方を学んでからがいいです。 そのあとアンプを含めた微分方程式を。

http://markun.cs.shinshu-u.ac.jp/learn/OPamp/sekibun.html
 
 

QE/ρ,(E^1/2)/ρ,(E^1/3)/ρについて教えて下さい!!

 材料について勉強しているのですが、E/ρ,(E^1/2)/ρ,(E^1/3)/ρの意味及び使い分けが分からなくて困っています。
 E:ヤング率、ρ:体積密度です。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

E/ρ、 E^(1/2)/ρ、 E^(1/3)/ρ

これらの式、どんなところで使われていましたか ?
何を求めるときに出てきた式でしょうか ?

不勉強かも知れませんが、私には心当たりがありませんので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報